Cisco Metapod

Cisco Metapod:ネットワーキングとストレージ

高い柔軟性と経済性

シスコは、OpenStack ソリューションのネットワーキングとストレージの両コンポーネントに対して柔軟性を重視しています。

ネットワーク アーキテクチャ モデル

高い柔軟性を実現する自由なアプローチ

プライベート クラウドの導入においては、一般に、ネットワークの統合が最大の課題になります。 特定のアーキテクチャやハードウェア機器を導入するように求められることもありますが、シスコでは、それとは異なるアプローチを採用しています。 シスコの VLAN+ Network Manager は、複数のリファレンス アーキテクチャで機能し、マルチテナント、フローティング IP アドレス、セキュリティ グループ、連続テナント IP プール、統合ロード バランシングをサポートします。 これは、データセンターで最適なネットワーク アドレスと VLAN を使用するのにも役立ちます。

シスコが目指しているのは、バックエンドの既存のネットワーク アーキテクチャと統合させ、Cisco MetapodTM の API、コマンド ライン、ダッシュボードを通じてパブリック クラウド エクスペリエンスを提供することです。

リファレンス ネットワーク アーキテクチャ

Metapod のネットワーク トポロジは自由度が高く、データセンターのほとんどのタイプのイーサネット環境で機能します。 シスコでは、以下のリファレンス アーキテクチャをベースに、お客様のチームと連携して最適なソリューションを構成します。

Metapod ゲートウェイ モデル

Metapod ゲートウェイ モデルでは、Metapod のコントロール ポイントをアベイラビリティ ゾーンのすべてのプロジェクトに対するデフォルト ゲートウェイとして使用できます。 各コントロール ポイントで、すべてのクラウド サービスおよびネットワーク機能のコア サービスを提供し、高可用性と迅速なフェールオーバーを実現します。 このモデルの利点としては、ダイナミック VLAN の割り当て、レイヤ 3 拡張、フローティング IP アドレスがあります。

ハードウェア ゲートウェイ モデル

ハードウェア ゲートウェイ モデルでは、既存のネットワーク インフラストラクチャとそれらの高度な機能を活用し、Metapod プラットフォームを簡単に統合することができます。 アベイラビリティ ゾーンの各プロジェクトでは、ルータ、ファイアウォール、スイッチング デバイスなどの既存のハードウェアをデフォルト ゲートウェイとして使用します。 この構成でも高可用性と迅速なフェールオーバーのために Metapod のコントロール ポイントが設定されますが、この環境で利用できるのはコア クラウド サービスのみになります。

お問い合わせ