注意: 本製品は既に生産/販売を終了しております。


データ シート


CiscoWorks Campus Manager


Campus Manager は、CiscoWorks ファミリの主要なコンポーネントの 1 つです。
Campus Manager は、シスコ製品によるネットワークの管理性、安定性を大きく向上させます。
今日、ネットワークは重要なビジネス資産となっており、レイヤ 2 サービスの管理、監視、設定のために最先端のツールが求められています。
Campus Manager は、ネットワーク運用に適した強力なツールを提供しており、それらのツールを利用することで、複雑な物理ネットワークおよび論理ネットワーク インフラのメンテナンス作業を容易にし、手作業を自動化できます。

Campus Manager の概要

キャンパス ネットワークは、ビジネスの心臓部でありミッションクリティカルなシステムです。 刻々と変化するネットワークの状態を把握し、監視し、対応するためには、最新機能を備えた、使いやすい管理ツールが必要です。
Campus Manager は、CiscoWorks LAN Management Solution の一部として提供されています。

バージョン 3.3 の新機能:

すでに提供されている豊富な管理機能に加えて、Campus Manager 3.3 では、シスコ製品によるネットワークの管理能力をさらに高める拡張機能が提供されています。 新機能には次の利点があります。

Campus Manager の主要機能:

Campus Manager を利用すれば、管理者はネットワークの関係を容易に変更、監視、制御できるので、ビジネス上重要な最新のネットワーク サービスを、効率的に提供できます。

Campus Manager のアプリケーションは、すべての Web ベース CiscoWorks が共通に使用する「マネジメントデスクトップ」から起動できます。 Campus Manager には、クライアントのブラウザから起動できる次の 3 種類のアプリケーションがあります。

グループのメンバーシップに関する動的ルールと静的ルールに基づいて、カスタム グループを作成できます。

ネットワーク管理者とユーザは、それぞれシステム定義グループとユーザ定義グループを作成でき、IP アドレス、サブネット、SysLocation、SysName、SysContact、イメージ バージョンおよびホスト名などの条件に基づいたルールを作成してグループ化できます。
また、ルール エディタを使用して、トポロジ グループの作成と編集およびメンバーシップのルール定義も行えます。


図 1
Topology Services の表形式のビュー


図 2
VTP ドメインのトポロジ マップ


図 3
トポロジ グループの作成


図 4
トポロジ マップ内のトポロジ クループ


図 5
User Tracking


図 6
サブネット ベースの情報収集


図 7
Path Analysis

VLAN または LANE の設定とポートの割り当て

Campus Manager では、VLAN および LANE のエレメントの作成、修正、削除、あるいはスイッチ ポートの VLAN への割り当てを行うために、GUI を利用した簡単な方法を提供しています。
VLAN を作成または修正すると、ポートとユーザの変更が即座に更新されてスイッチに転送されるので、関連するスイッチを個別に更新したり設定する必要がありません。
VLAN を選択すると、それに所属するポート、ポートの状態、スイッチの情報が表形式のビューに表示され、所属するデバイスと VLAN 接続へのリンクをグラフィックで強調表示するトポロジ マップを起動できるようになります。
さらに別のマップ ツールを利用すれば、管理者がスパニングツリーの状態、VTP トランク、スイッチ ポートのリンク、および既存の LANE サービス エレメントを表示させることもできます。


図 8
VLAN ポートの割り当て

Campus Manager 3.3 は、スイッチ ネットワークの管理には必須の製品で、LAN Management Solution の中心機能として、LAN 環境全体の管理のための広範で包括的なツール群を提供しています。

Campus Manager 3.3 の機能

Campus Manager では、ネットワーク管理者が、ネットワーク インフラの変更を把握、監視、設定、診断できる能力を向上させ、問題が発生する前に対処できるよう、Topology Services、User Tracking、Path Analysis、VLAN ポートおよび LANE ポートの割り当ての各分野でさまざまな機能を提供しています。

Topology Services

Topology Services を利用すれば、広範な物理トポロジおよび論理トポロジのマップ、デバイス、ポート、およびサマリーリストを見ることができます。 また、Topology Services は、トポロジ関連の設定および診断ツールを起動するためにも利用できます。

Campus Manager 3.3 では、フラットなレイヤ 2 のビューから大規模なキャンパス ネットワークも表示できるサマリー ビューまで、さまざまな方法でネットワーク トポロジ マップを表示できます。
これらのサマリー ビューは、管理対象ドメイン、ネットワーク ビュー、トポロジ グループの 3 つのグループに分類されています。


これらのビューは、管理者(admin ユーザ)が作成したカスタム ビューのシステム定義グループと、CiscoWorks のユーザが作成したユーザ定義ビューの 2 種類のグループに分類できます。 これらのグループのメンバーシップは、自動的またはユーザの要求によってチェックされるルールによって定義されています。またこれらのグループにより、レイヤ 2 ビューのサブセットであるカスタム ビューの作成が容易になります。

Campus Manager のトポロジ サービスの主要機能には次のものがあります。


図 9
トポロジのビューとツール

VLAN または LANE の設定とポートの割り当て

Campus Manager では、VLAN および LANE のエレメントの作成、修正、削除、あるいはスイッチ ポートの VLAN への割り当てを行うために、グラフィックを利用した簡単な方法を提供しています。
VLAN を作成または修正すると、ポートとユーザの変更が即座に更新されてスイッチに転送されるので、関連するスイッチを個別に更新したり設定する必要がありません。
VLAN を選択すると、それに所属するポート、ポートの状態、スイッチの情報が表形式のビューに表示され、所属するデバイスと VLAN 接続へのリンクをグラフィックで強調表示するトポロジ マップを起動できるようになります。
さらに別のマップ ツールを利用すれば、管理者がスパニングツリーの状態、VTP トランク、スイッチ ポートのリンク、および既存の LANE サービス エレメントを表示させることもできます。

VLAN 管理サービスには次の機能があります。

ATM の管理

Campus Manager では、設定とパフォーマンス監視を簡素化するために、複雑な ATM ネットワークを管理するためのグラフィカルなツールを提供しています。
ATM ネットワークがトポロジ マップに表示され、論理 VLAN ビューおよび ATM ドメイン ビューには、ATM スイッチおよび LANE エレメントを示すグラフィックが表示されます。
「ドリル ダウン(掘り下げ)」機能によって、設定ツールやパフォーマンス監視ツールにもアクセスできます。 ATM 管理機能には次のものがあります。

User Tracking

User Tracking では、サーバとエンドユーザ ワークステーション、およびシスコ製 Voice over IP(VoIP)の電話機とそれらのシスコ製レイヤ 2 スイッチへの接続を自動的に検索します。 この検出作業中には、エンド ステーションの次のような特定の接続情報のテーブルも作成します。

Campus Manager は、エンドユーザ ステーションを検索するのに使用可能な多数の分類パラメータを提供することにより、ビジネス環境で頻繁に起こる変更への対応を簡素化します。
User Tracking は、スイッチ ポートに接続されたエンド ステーションを自動的に検出して、エンド ユーザとその VLAN の割り当て、ホスト ステーションの接続を識別できるようにしています。
また、User Tracking は、音声とデータのコンバージェンスもサポートしています。検出した VoIP 電話機の IP アドレスと MAC アドレスを、割り当てられた電話番号とユーザを対応付けるために Cisco CallManager とも情報のやりとりを行うのです。

User Tracking には次の機能があります。


図 10
スケジューリングされた User Tracking レポートのエクスポート

Path Analysis

Path Analysis は、Campus Manager が検出したエンドステーションのデータ、VLAN または LANE の設定情報、リアルタイムのレイヤ 3 パス トレース情報、およびスパニングツリーを利用して、選択した 2 個のエンドポイント間のレイヤ 2 およびレイヤ 3 の状態を診断する強力なツールです。
パス情報は、トポロジ マップと表形式の両方で表示できます。 Path Analysis の主要機能には、次のものがあります。

CiscoWorks Management Server を利用したシステム構築

CiscoWorks Management Server は、Web サービス、検出機能、共用データベースとデータベース サービス、および管理デスクトップなど、共通のリソースを提供しています。
CiscoWorks2000 サーバのサービスの 1 つである、Cisco Management Connection は、インターネット ベースの標準機能やテクノロジーを利用して、アプリケーションを管理デスクトップに統合するためのツール群を提供しています。 これらのツールを利用すれば、ユーザが Web ベースの管理アプリケーションを CiscoWorks ファミリの製品に統合したり、アプリケーション開発者が認証登録メカニズムを利用して Web ベースのアプリケーションを簡単にリンクしたりすることができます。

Cisco Management Connection は、シスコおよび Hewlett-Packard 社、Computer Associates 社、Sun Microsystems 社、Tivoli Systems 社など、30 社を超えるネットワーク管理製品のベンダーで利用実績があり、各社のアプリケーションが Cisco Management Connections として認定されています。 このメカニズムが急速に採用されているため、ユーザの好みに合った Web ベースの管理アプリケーションをリンクして管理イントラネットを簡単に構築できる環境が整いました。

仕様

サーバ、クライアント、および Web ブラウザのシステム要件

サーバ、クライアント、および Web ブラウザのシステム要件については、Routed WAN Solution および LAN Management Solution の製品概要ドキュメントおよびシスコのメイン オンライン ドキュメント サイトの CiscoWorks の各ソリューションのページをご覧ください。
これらのソリューションのセットアップと設定に関する詳細情報は、各製品のインストレーション ドキュメントをご覧ください。

サポートするシスコ製デバイス

Cisco AVVID デバイスに加えて、ほとんどのシスコ製ルータ、Catalyst® および LightStream スイッチ。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/cscowork/ps563/products_device_support_tables_list.html

サポートする Cisco IOS のバージョン

アベイラビリティ

Campus Manager 3.3 は、さまざま CiscoWorks ソリューションの主要部分として利用されており、個別の製品としては販売していません。 Campus Manager の詳細情報については、次をご覧ください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/cscowork/index.html

製品をご注文される場合は、お近くのシスコの販売担当者までお問い合せください。