CiscoWorks Campus Manager

CiscoWorks Campus Manager

注意: 本製品は既に生産/販売を終了しております。


データ シート


CiscoWorks Campus Manager


Campus Manager は、CiscoWorks ファミリの主要なコンポーネントの 1 つです。
Campus Manager は、シスコ製品によるネットワークの管理性、安定性を大きく向上させます。
今日、ネットワークは重要なビジネス資産となっており、レイヤ 2 サービスの管理、監視、設定のために最先端のツールが求められています。
Campus Manager は、ネットワーク運用に適した強力なツールを提供しており、それらのツールを利用することで、複雑な物理ネットワークおよび論理ネットワーク インフラのメンテナンス作業を容易にし、手作業を自動化できます。

Campus Manager の概要

キャンパス ネットワークは、ビジネスの心臓部でありミッションクリティカルなシステムです。 刻々と変化するネットワークの状態を把握し、監視し、対応するためには、最新機能を備えた、使いやすい管理ツールが必要です。
Campus Manager は、CiscoWorks LAN Management Solution の一部として提供されています。

バージョン 3.3 の新機能:

すでに提供されている豊富な管理機能に加えて、Campus Manager 3.3 では、シスコ製品によるネットワークの管理能力をさらに高める拡張機能が提供されています。 新機能には次の利点があります。

  • アプリケーションのパフォーマンス向上
  • エンド ユーザに対する追跡能力を倍増

Campus Manager の主要機能:

  • レイヤ 2 ネットワークに対する情報収集(ディスカバリー)機能と VTP サーバから独立しブラウザからアクセス可能なトポロジ マップへの表示
  • 仮想 LAN(VLAN)または LAN エミュレーション(LANE)と Asynchronous Transfer Mode(ATM)サービスの設定およびそれらのサービスに対するスイッチ ポートの割り当て
  • Simple Network Management Protocol(SNMP)ポーリングに基づいた、リンクとデバイスの状態表示
  • レイヤ 2 設定の不一致の識別
  • エンド ステーションとレイヤ 2、レイヤ 3 のデバイス間の接続性診断ツール
  • Media Access Control(MAC)、IP アドレス、NT または NetWare Directory Services(NDS)のログイン、または UNIX のホスト名による、スイッチ ネットワークへの物理的接続情報も含めたユーザ情報の自動検索および関連付け
  • IP アドレス、Mac アドレス、およびスイッチ ポートへの電話機の追跡はもとより、トポロジ サービスからの Cisco CallManager の参照と起動も可能
  • 発信元と受信先の電話機間のレイヤ 2 およびレイヤ 3 のパス トレース
  • トポロジ マップを Visio へエクスポート可能
  • グラフィカル ユーザ インターフェイス(GUI)のパフォーマンスを向上させる Java プラグイン
  • Topology View で、SysLocation、SysName および IP アドレスまたはサブネット マスクなどの条件に基づいたカスタム グループを作成可能
  • Secure Socket Layer(SSL)プロトコルを使用した、クライアントのブラウザと Campus アプリケーション間のセキュアな通信

Campus Manager を利用すれば、管理者はネットワークの関係を容易に変更、監視、制御できるので、ビジネス上重要な最新のネットワーク サービスを、効率的に提供できます。

Campus Manager のアプリケーションは、すべての Web ベース CiscoWorks が共通に使用する「マネジメントデスクトップ」から起動できます。 Campus Manager には、クライアントのブラウザから起動できる次の 3 種類のアプリケーションがあります。

  • Topology Services:レイヤ 2 ネットワークのさまざまな大規模トポロジ マップ、表形式のサマリー、レポート、設定サービスへの主要なインターフェイス。 ディレクトリ状のツリー インターフェイスで、物理的レイヤ 2 ドメインおよび論理ドメイン、Virtual Trunking Protocol(VTP)ドメイン、および ATM ドメインの各ビューを、それらのビューに関連したデバイスやインターフェイスの表形式のサマリーとともに一覧表示します。

    このツリー構造は、トポロジ マップ、不一致のレポート機能、設定サービスを起動するためにも利用できます。 Topology Services メニューには、VLAN と LANE の統合設定機能、ATM ソフト Permanent Virtual Circuit(PVC; 相手先固定接続)の設定および診断ツールが、物理設定と論理設定の不一致をチェックするレポートおよび強調表示するツールとともに用意されています。

    さらに Cisco Customer Response Applications の検出と表示もサポートしており、これらのデバイスのサービスに関するレポートも利用できます。

グループのメンバーシップに関する動的ルールと静的ルールに基づいて、カスタム グループを作成できます。

ネットワーク管理者とユーザは、それぞれシステム定義グループとユーザ定義グループを作成でき、IP アドレス、サブネット、SysLocation、SysName、SysContact、イメージ バージョンおよびホスト名などの条件に基づいたルールを作成してグループ化できます。
また、ルール エディタを使用して、トポロジ グループの作成と編集およびメンバーシップのルール定義も行えます。


図 1
Topology Services の表形式のビュー


図 2
VTP ドメインのトポロジ マップ


図 3
トポロジ グループの作成


図 4
トポロジ マップ内のトポロジ クループ

  • User Tracking:アクセス スイッチのエンドステーション接続の検索を支援。このアプリケーションは、トラブルシューティングまたは接続性分析に有効なツールです。 自動収集機能によって、エンドユーザ ステーションとレイヤ 2 接続情報のテーブルが作成されます。 このテーブルは分類され検索可能になるので、管理者は簡単にユーザを検索できます。

    ユーザは、名前、IP 電話機、MAC アドレスおよび IP アドレスだけでなく、スイッチ ポートおよび接続されているスイッチ、さらに、ポートに割り当てられた VLAN および VTP でも検索できます。 スイッチ ポートごとの MAC の重複または IP アドレスの重複などの定義済みレポートを利用すれば、管理者がモバイル ユーザやポート ポリシーの違反を探し出すこともできます。

図 5
User Tracking


図 6
サブネット ベースの情報収集

  • Path Analysis:スイッチ ネットワークの管理アプリケーション。接続性に関するトラブルシューティングに絶大な効果を発揮します。 Path Analysis では、User Tracking、トポロジ サービス、およびリアルタイム スパニング ツリー情報を利用して、ネットワーク内の 2 つのエンドポイントまたは IP 電話機のレイヤ 2 およびレイヤ 3 の接続性を判断します。

    その結果得られたトレースは、レイヤ 2 およびレイヤ 3 のデバイス、パスの方向、リンクのタイプを示すグラフィックなトポロジ ビューで、または特定のインターフェイス、IP アドレス、VLAN、およびリンク タイプの情報を表形式のビューで表示されます。

図 7
Path Analysis

VLAN または LANE の設定とポートの割り当て

Campus Manager では、VLAN および LANE のエレメントの作成、修正、削除、あるいはスイッチ ポートの VLAN への割り当てを行うために、GUI を利用した簡単な方法を提供しています。
VLAN を作成または修正すると、ポートとユーザの変更が即座に更新されてスイッチに転送されるので、関連するスイッチを個別に更新したり設定する必要がありません。
VLAN を選択すると、それに所属するポート、ポートの状態、スイッチの情報が表形式のビューに表示され、所属するデバイスと VLAN 接続へのリンクをグラフィックで強調表示するトポロジ マップを起動できるようになります。
さらに別のマップ ツールを利用すれば、管理者がスパニングツリーの状態、VTP トランク、スイッチ ポートのリンク、および既存の LANE サービス エレメントを表示させることもできます。


図 8
VLAN ポートの割り当て

Campus Manager 3.3 は、スイッチ ネットワークの管理には必須の製品で、LAN Management Solution の中心機能として、LAN 環境全体の管理のための広範で包括的なツール群を提供しています。

Campus Manager 3.3 の機能

Campus Manager では、ネットワーク管理者が、ネットワーク インフラの変更を把握、監視、設定、診断できる能力を向上させ、問題が発生する前に対処できるよう、Topology Services、User Tracking、Path Analysis、VLAN ポートおよび LANE ポートの割り当ての各分野でさまざまな機能を提供しています。

Topology Services

Topology Services を利用すれば、広範な物理トポロジおよび論理トポロジのマップ、デバイス、ポート、およびサマリーリストを見ることができます。 また、Topology Services は、トポロジ関連の設定および診断ツールを起動するためにも利用できます。

Campus Manager 3.3 では、フラットなレイヤ 2 のビューから大規模なキャンパス ネットワークも表示できるサマリー ビューまで、さまざまな方法でネットワーク トポロジ マップを表示できます。
これらのサマリー ビューは、管理対象ドメイン、ネットワーク ビュー、トポロジ グループの 3 つのグループに分類されています。

  • 管理対象ドメインは、ATM スイッチ ファブリックと VTP ドメイン周辺に配置されたデバイスの論理グループのトポロジを示すビューです。
  • ネットワーク ビューは、ネットワークの物理的な表示で、LAN エッジのビュー、レイヤ 2 のビュー、未接続デバイスのビュー、VTP のビューなど、フル ビューとサマリー ビューが表示できます。
  • トポロジ グループは、ビューの作成時に定義したグループ ルールに基づくネットワーク全体のサブセットのカスタム ビューです。

これらのビューは、管理者(admin ユーザ)が作成したカスタム ビューのシステム定義グループと、CiscoWorks のユーザが作成したユーザ定義ビューの 2 種類のグループに分類できます。 これらのグループのメンバーシップは、自動的またはユーザの要求によってチェックされるルールによって定義されています。またこれらのグループにより、レイヤ 2 ビューのサブセットであるカスタム ビューの作成が容易になります。

Campus Manager のトポロジ サービスの主要機能には次のものがあります。

  • Cisco Discovery Protocol(CDP)および SNMP を使用した、シスコ製スイッチ、ルータ、およびプローブの自動検出と表示
  • 検出した LAN 環境内の物理的および論理的レイヤ 2 接続の表示
  • スイッチ、Route Switch Module(RSM; ルート スイッチ モジュール)、Fast Ethernet、EtherChannel®、ATM リンク、Cisco Customer Response Applications、および他のシスコ製デバイス エレメントなど、デバイスやリンクの特定のクラスを識別するための強調表示ツール
  • 2000 台を超えるシスコ製デバイスをサポートするスケーラビリティ
  • フロー マスクやショートカットなどデバイス間の論理的関係の強調表示機能を備えた、マルチレイヤのスイッチやコンポーネント(スイッチング エンティティおよびルート処理エンティティ)の表示機能
  • CDP、ILMI、ELMI、および SNMP が使用できる場合、トポロジ マップ上にデバイスの状態表示が可能
  • 検出時に自動的に不一致を報告するので、接続上の問題、リンクのミスマッチ、論理設定の誤りを強調表示可能
  • イーサネット、トークン リング、およびトランスペアレントな VLAN 用に VLAN および LANE を作成するためのグラフィカル インターフェイス
  • 検索パラメータを使用したスイッチ ポートの検索および VLAN への個別または一括割り当てを行うためのグラフィカル インターフェイス
  • ATM ソフト PVC の設定と診断

図 9
トポロジのビューとツール

VLAN または LANE の設定とポートの割り当て

Campus Manager では、VLAN および LANE のエレメントの作成、修正、削除、あるいはスイッチ ポートの VLAN への割り当てを行うために、グラフィックを利用した簡単な方法を提供しています。
VLAN を作成または修正すると、ポートとユーザの変更が即座に更新されてスイッチに転送されるので、関連するスイッチを個別に更新したり設定する必要がありません。
VLAN を選択すると、それに所属するポート、ポートの状態、スイッチの情報が表形式のビューに表示され、所属するデバイスと VLAN 接続へのリンクをグラフィックで強調表示するトポロジ マップを起動できるようになります。
さらに別のマップ ツールを利用すれば、管理者がスパニングツリーの状態、VTP トランク、スイッチ ポートのリンク、および既存の LANE サービス エレメントを表示させることもできます。

VLAN 管理サービスには次の機能があります。

  • 所属するポート、デバイス、リンク、およびポートの状態に関する情報を表示する、表形式の VLAN のサマリー ビュー
  • 管理を簡素化する、VLAN(トランスペアレントな VLAN を含む)および VLAN のメンバーシップのグラフィカルな設定機能
  • 運用および技術的作業をさらに効率化するために、LANE 設定サービスを VLAN 設定ツールに統合
  • 管理者が多様な条件で迅速に検索し、選択したスイッチ ポートを VLAN に個別または一括に割り当てるための専用インターフェイス
  • VLAN 設定の論理表示により、スイッチ接続を視覚的に容易に把握可能
  • 自動的に不一致を報告するので、接続上の問題やリンクのミスマッチを強調表示可能
  • VLAN メンバーシップ自動登録機能により、管理と設定に必要な作業を削減

ATM の管理

Campus Manager では、設定とパフォーマンス監視を簡素化するために、複雑な ATM ネットワークを管理するためのグラフィカルなツールを提供しています。
ATM ネットワークがトポロジ マップに表示され、論理 VLAN ビューおよび ATM ドメイン ビューには、ATM スイッチおよび LANE エレメントを示すグラフィックが表示されます。
「ドリル ダウン(掘り下げ)」機能によって、設定ツールやパフォーマンス監視ツールにもアクセスできます。 ATM 管理機能には次のものがあります。

  • Switched Virtual Circuit(SVC; 相手先選択接続)および PVC 接続を含む ATM スイッチの自動検出
  • SVC 接続および PVC 接続の接続性チェック
  • 接続性の診断を支援する、エンドツーエンドの仮想回線パスのトレースと分析
  • LANE のトラブルシューティングとパフォーマンス分析
  • サービス品質(QoS)テンプレートにより、ビデオや Constant-Bit-Rate(CBR; 固定ビット レート)など、代表的なトラフィックの設定を簡素化
  • ソフト PVC の設定の簡素化
  • ATM Remote Monitoring(RMON)によるデータの収集と分析

User Tracking

User Tracking では、サーバとエンドユーザ ワークステーション、およびシスコ製 Voice over IP(VoIP)の電話機とそれらのシスコ製レイヤ 2 スイッチへの接続を自動的に検索します。 この検出作業中には、エンド ステーションの次のような特定の接続情報のテーブルも作成します。

  • VLAN の名前、タイプ、および VTP ドメイン
  • スイッチのポート番号、名前、および状態
  • エンド ステーションの MAC アドレスおよび IP アドレスとサブネット
  • スイッチ ポートに接続されたすべてのエンドユーザ ワークステーション、サーバおよび IP 電話機のソート可能な表形式のリスト
  • エンド ステーションが検出された最新の情報収集日時を示すタイムスタンプ
  • Windows NT Primary Domain Controller、Novell Directory Structure、または UNIX ホストから自動的に転送されたユーザ ログイン名

Campus Manager は、エンドユーザ ステーションを検索するのに使用可能な多数の分類パラメータを提供することにより、ビジネス環境で頻繁に起こる変更への対応を簡素化します。
User Tracking は、スイッチ ポートに接続されたエンド ステーションを自動的に検出して、エンド ユーザとその VLAN の割り当て、ホスト ステーションの接続を識別できるようにしています。
また、User Tracking は、音声とデータのコンバージェンスもサポートしています。検出した VoIP 電話機の IP アドレスと MAC アドレスを、割り当てられた電話番号とユーザを対応付けるために Cisco CallManager とも情報のやりとりを行うのです。

User Tracking には次の機能があります。

  • 60,000 個のエンド ステーションをサポートするスケーラビリティ
  • MAC アドレスおよび IP アドレスの重複、複数の MAC アドレスおよび重複した sysname を持つポートを識別する、定義済みのレポート機能
  • 検出した VoIP 電話機の IP アドレスおよび MAC アドレスを、割り当てられた電話番号とユーザとともに表示
  • スイッチ ポートに接続されたすべてのエンドユーザ ワークステーションおよび IP 電話機のソート可能な表形式のリスト
  • ユーザ定義の詳細レポート用にカスタマイズされたテーブルの提供
  • ユーザ追跡情報テーブルを設定する GUI で、ダイナミックに変化するユーザやモバイル ユーザをサポート
  • アドレス変更の更新を自動化するためのスケジューリング マネージャ
  • 使いやすい検索ユーティリティ ボックスで、MAC アドレス、IP アドレス、DNS ホスト名、スイッチ ポートのラベルおよび電話機(オプション)からユーザを検索可能
  • User Tracking をスケジューリング可能。 User Tracking レポートのエクスポートも行えます。
  • サブネット範囲に基づいた情報収集の定義が可能

図 10
スケジューリングされた User Tracking レポートのエクスポート

Path Analysis

Path Analysis は、Campus Manager が検出したエンドステーションのデータ、VLAN または LANE の設定情報、リアルタイムのレイヤ 3 パス トレース情報、およびスパニングツリーを利用して、選択した 2 個のエンドポイント間のレイヤ 2 およびレイヤ 3 の状態を診断する強力なツールです。
パス情報は、トポロジ マップと表形式の両方で表示できます。 Path Analysis の主要機能には、次のものがあります。

  • レイヤ 2 およびレイヤ 3 のパス情報を、エンド ステーション、レイヤ 2 デバイス、レイヤ 3 デバイス、ルートの方向、およびカットスルー パスとともにマップ形式で表示可能
  • IP アドレスと通過したインターフェイス、VLAN と VTP ドメインの名前、ポートの速度と全二重/半二重の設定など、レイヤ 2 およびレイヤ 3 のパスの詳細を表示可能
  • トレース機能の即時実行またはスケジューリングが可能
  • IP アドレス、DNS 名、音声コールの場合は電話番号のいずれかを開始点および終了点としたトレースを実行可能
  • 特定の音声コールの呼詳細レコードを呼び出すインターフェイスを利用して、シスコ製音声エレメント間のレイヤ 2 およびレイヤ 3 のトレース情報を提供
  • パス トレースの実行をスケジューリング可能。 パス トレース データのエクスポートも行えます。

CiscoWorks Management Server を利用したシステム構築

CiscoWorks Management Server は、Web サービス、検出機能、共用データベースとデータベース サービス、および管理デスクトップなど、共通のリソースを提供しています。
CiscoWorks2000 サーバのサービスの 1 つである、Cisco Management Connection は、インターネット ベースの標準機能やテクノロジーを利用して、アプリケーションを管理デスクトップに統合するためのツール群を提供しています。 これらのツールを利用すれば、ユーザが Web ベースの管理アプリケーションを CiscoWorks ファミリの製品に統合したり、アプリケーション開発者が認証登録メカニズムを利用して Web ベースのアプリケーションを簡単にリンクしたりすることができます。

Cisco Management Connection は、シスコおよび Hewlett-Packard 社、Computer Associates 社、Sun Microsystems 社、Tivoli Systems 社など、30 社を超えるネットワーク管理製品のベンダーで利用実績があり、各社のアプリケーションが Cisco Management Connections として認定されています。 このメカニズムが急速に採用されているため、ユーザの好みに合った Web ベースの管理アプリケーションをリンクして管理イントラネットを簡単に構築できる環境が整いました。

仕様

サーバ、クライアント、および Web ブラウザのシステム要件

サーバ、クライアント、および Web ブラウザのシステム要件については、Routed WAN Solution および LAN Management Solution の製品概要ドキュメントおよびシスコのメイン オンライン ドキュメント サイトの CiscoWorks の各ソリューションのページをご覧ください。
これらのソリューションのセットアップと設定に関する詳細情報は、各製品のインストレーション ドキュメントをご覧ください。

サポートするシスコ製デバイス

Cisco AVVID デバイスに加えて、ほとんどのシスコ製ルータ、Catalyst® および LightStream スイッチ。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/cscowork/ps563/products_device_support_tables_list.html

サポートする Cisco IOS のバージョン

  • Cisco IOS® バージョン 10.3 以降
  • Catalyst Supervisor code 2.1 以降

アベイラビリティ

Campus Manager 3.3 は、さまざま CiscoWorks ソリューションの主要部分として利用されており、個別の製品としては販売していません。 Campus Manager の詳細情報については、次をご覧ください。

http://www.cisco.com/en/US/products/sw/cscowork/index.html

製品をご注文される場合は、お近くのシスコの販売担当者までお問い合せください。



お問い合わせ