Cisco Unified Survivable Remote Site Telephony

イントロダクション

投資を活かしてコミュニケーションを保護

顧客満足度を向上させ、ビジネスを中断することなく遂行するためには、ブランチ オフィスのスタッフに常時利用可能な信頼性の高いコミュニケーション ツールを提供する必要があります。Cisco Unified Survivable Remote Site Telephony は、こうした企業のニーズを満たす優れた機能です。

Cisco Unified Survivable Remote Site Telephony は、Cisco ルータで稼働するソフトウェアに組み込まれている機能です。集中管理を行う Cisco Unified Communications Manager および Cisco Unified Communications Manager Business Edition を導入している企業に対して、リモート オフィスの WAN 接続が使用不能になった場合に既存ネットワークを活用して、多機能かつ冗長化された呼処理機能を提供します。

Cisco Unified Survivable Remote Site Telephony の機能は、次のとおりです。

  • ローカル環境で冗長化された呼処理機能を提供し、ビジネスの継続性を維持
  • IT 担当者や通信事業者の手を借りることなく、インテリジェントかつ自動的にフェールオーバーを実行
  • 音声およびデータの統合ネットワークによる運用コストの効率化
  • 中央集中型 IP テレフォニーの設定と管理
  • 投資の保護と容易な移行

Cisco Unified Survivable Remote Site Telephony は、Cisco ISR 1800/2800/3800 シリーズ サービス統合型ルータと、3700 シリーズ マルチサービス アクセス ルータで利用でき、追加のハードウェアは必要ありません。

製品資料

お問い合わせ