Cisco 7800 シリーズ Media Convergence Server

Cisco Media Convergence Server 7825-I1

注意: 本製品は既に生産⁄販売を終了しております。

ダウンロード
Cisco Media Convergence Server 7825-I1

データ シート


Cisco Media Convergence Server 7825-I1


図1 Cisco MCS 7825-I1



製品概要

Cisco® Media Convergence Server 7825-I1(MCS 7825-I1)は、Cisco Unity™ユニファイド メッセージング システム用の強力なプラットフォームです。Cisco MCS 7825-I1では、1 RUという小さなシャーシで、サーバ プラットフォームで最も必要とされる機能を経済的な価格帯で提供します(図1を参照)。

  • Intel Pentium 4 3.4 GHzプロセッサ、800 MHz Front Side Bus(FSB;フロント サイド バス)、および1 MBレイヤ2キャッシュ
  • PC3200(1 GB)Double Data Rate 1(DDR1)メモリ(400 MHz SDRAMを使用)
  • オンボード ギガビットNIC(ネットワーク インターフェイス カード)×2
  • 80 GB Serial Advanced Technology Attachment(SATA)ハード ディスク ドライブ×2(Redundant Array of Independent Disks [RAID] 1構成)
  • 取り付けが簡単なサードパーティ製レール キット
  • 300 W力率補正(回路)電源装置
  • 1 RU(1.75インチ)フォーム ファクタ、奥行20インチ

サポートされるアプリケーション

Cisco MCS 7825-I1では現在、Cisco Unityアプリケーションのみがサポートされています。Cisco CallManagerおよび他のシスコのIPテレフォニー アプリケーションのサポートが必要であれば、Cisco MCS 7825I-3000を参照してください。

  • Cisco Unityユニファイド メッセージング(最大24ポートおよび1000のメールボックス)

Cisco MCS 7825-I1サーバは、Cisco CallManagerとともにCisco Unityを展開する環境のみをサポートしています。Cisco Unity音声カードを使って従来のPBX(構内交換機)と統合するといった展開には適していません。

主な機能と利点

パフォーマンス
Cisco MCS 7825-I1は、最新のIPコミュニケーション アプリケーションのために設計された、アベイラビリティの高い堅牢なサーバ プラットフォームです。Cisco MCS 7825-I1は、Intel Pentium 4 3.4 GHzプロセッサ1基を使用し、800 MHz FSBを装備しています。

メモリ
Cisco MCS 7825-I1は、DDRメモリを4 GBまで搭載できます。プロセッサの性能向上とDDRメモリの採用によって、情報検索と情報処理をより高速かつ効率的に実行できます。DDRメモリでは、従来のSDRAMメモリに比べて1サイクルあたりの動作数が2倍になっているので、メモリおよびプロセッサ間のデータ交換速度が実質的に2倍になります。

速度可変式ファンのサポート
Cisco MCS 7825-I1では、速度可変式ファンの採用により、運用時の騒音が低減されています。サーバ内の温度センサを使用してファンの速度を調整し、適正な冷却制御を行います。冷却が必要なときにのみ冷却要件に基づいた速度でファンを作動させることにより、ファンから発生する騒音を抑制します。

SATAおよび内蔵型RAID
Cisco MCS 7825-I1サーバは、内蔵型のRAIDレベル1、および前面から取り扱い可能で簡単に交換できるSATAハード ディスク ドライブの採用により、保守性が強化されています。1基のハード ドライブに障害が発生しても、ユーザ データはミラーリングされたドライブで保全され、システム管理者は、サーバをラックから取り出すことなく障害の発生しているドライブを簡単に交換できます。これによってダウンタイムが短縮されるとともに、小型でコスト効率の高いサーバでデータの信頼性を確保できます。

システム エラーLED
Cisco MCS 7825-I1の前面には、システム エラーLEDとシステム ロケータLEDが装備されているので、システム問題を簡単に特定できます。システム エラーが発生すると、Cisco MCS 7825-I1の前面パネルに障害が発生したことが表示されます。障害が発生していなければ、システム エラーLEDは点灯しません。

DATテープ ドライブのサポート
Cisco MCS 7825-I1では、オプションで外付けの20/40 GB Digital Audio Tape(DAT)ドライブを使用できます。このテープ ドライブは、Small Computer System Interface(SCSI)ケーブルを使ってSCSIポートに接続します。外付けDATドライブ(部品番号MCS-EXT-DAT)、および外部SCSIポートを提供するPCIベースのSCSIカード(部品番号MCS-EXT-SCSI)は、別売りとなっています。

製品仕様

表1に、Cisco MCS 7825-I1の製品仕様を示します。

表1 Cisco MCS 7825-I1の製品仕様

プロセッサ(製品投入時)
プロセッサ(CPU) Prescott Pentium 4
プロセッサ内部クロック速度 3.4 GHz(以上)
レベル2キャッシュ 1 MB
最大プロセッサ数 1
出荷時のプロセッサ数 1
BIOSタイプ フラッシュ メモリ
メモリ
最大メモリ容量 4 GB
メモリ バス クロック 400 MHz
メモリ技術 PC2700 DDR SDRAM
ビットエラー緩和 Error Checking and Correction(ECC)
合計RAMスロット数 4
搭載メモリ容量 1 GB(512 MB×2)
RAIDコントローラ
コントローラ モデル IBM ServeRAID-7eコントローラ(メザニン型)
インターフェイス ボードに組み込み
キャッシュ なし
バッテリ バックアップ式ライト キャッシュ なし
サポートされるRAIDレベル 1
ハード ディスク
搭載ハード ディスク 80 GB×2
ハード ディスクRPM 7200
ハード ディスク インターフェイスのタイプ SATA、1.5 Gbps
ネットワーク接続
イーサネットNIC オンボード10/100/1000×2
コネクタ RJ-45コネクタ×2(サーバ背面)
10 BASE-Tケーブルのサポート EIAカテゴリ3、4、または5 Unshielded Twisted-Pair(UTP;シールドなしツイストペア)(2または4ペア)、最大100 m(328フィート)
100 BASE-TXケーブルのサポート EIAカテゴリ5 UTP(2ペア)、最大100 m(328フィート)
1000 BASE-Tケーブルのサポート EIAカテゴリ6 UTP(推奨)、カテゴリ5E UTP、5 UTP(2ペア)、最大100 m(328フィート)
拡張オプション
ホットプラグ非対応66 MHz/64ビットPCI-Xスロット 1(フルハイト、3/4レングス)
ホットプラグ非対応66 MHz/64ビットPCI-Xスロット 1(ハーフハイト、ハーフレングス)
注:Cisco 7825-I1は、Cisco Unity音声カードを搭載して従来のPBXと統合することはできません。
インターフェイス
シリアル ポート RS-232D×1
パラレル ポート 0
USB 2.0ポート 4(シャーシ前面に2、背面に2)
キーボード ポート PS/2×1
マウス ポート PS/2×1
オーディオ ポート なし
外部SCSIポート なし
セキュリティ
  • 電源投入時パスワード
  • キーボード パスワード
  • ディスケット ドライブ制御
  • ディスク ブート制御
  • 管理者パスワード
  • 着脱式のDVD-ROMおよびディスク ドライブ ユニット
 
電力
最大入力電力 300 W
オート レンジAC入力 あり
力率補正(回路)Power Factor Correction(PFC) あり
入力周波数範囲 47~63 Hz
動作時の入力電圧範囲 90~139 VAC(最小)
180~264 VAC(最大)
入力電流 3.0 A(110 VAC)
1.5 A(220 VAC)
環境仕様
温度(サーバ動作時) 10~35°C(50~95°F)
温度(サーバ停止時) -40~60°C(-104~140°F)
湿度(サーバ動作時) 8~80%(結露しないこと)
湿度(サーバ停止時) 8~80%
BTU定格 853 BTU/h(250 W最大構成あたり)
音響ノイズ(アイドル時) 6.5 B(動作時)
冷却システム ファン搭載(×6)
外形寸法
フォーム ファクタ 1 RU
ラックマウント 標準のサードパーティ製ラックに対応
重量(最大) 12.7 kg(28.0ポンド)
高さ 4.37 cm(1.75インチ)
43.0 cm(16.69インチ)
奥行 50.8 cm(20.0インチ)


発注情報

表2に、Cisco Unityユニファイド メッセージング システムの製品番号を示します。

表2 Cisco Unityユニファイド メッセージング システムの発注情報

製品名 製品番号
Cisco Unityユニファイド メッセージング システム UNITY-BUNDLE


サーバのスペア品

表3に、スペア サーバの発注情報を示します。

表3 スペア サーバの発注情報(アプリケーション別)

アプリケーション スペア製品番号
Cisco Unityユニファイド メッセージング システム MCS-7825-I1-ECS1


現場で交換可能なスペア品

表4に、サーバのスペア部品の発注情報を示します。

表4 サーバのスペア部品の発注情報

スペア部品番号 説明
MEM-7825-I1-512= スペア512 MB SDRAM DIMM(Cisco MCS 7825-I1サーバ用)
HDD-7825-I1-80= スペア80 GB SATAハード ディスク ドライブ(ホットプラグ非対応)


サーバのCPU速度の識別方法

Cisco MCS 7825-I1では、Intel社によって高速のプロセッサが更新されると、サーバのプロセッサが変更されます。表5は、シャーシに記載されるシスコの製造部品番号を示しています。これによって個々のサーバのプロセッサ速度を識別できます。

表5 製造部品番号(プロセッサ速度別)

プロセッサ 製造部品番号(サーバに記載) 導入
Intel Pentium 4 3.4 GHzプロセッサ 74-3528-01 サーバの初期生産時


サービスおよびサポート

シスコは、お客様のネットワークへの投資を最大限に活用し、ネットワーク運用を最適化するとともに、最新アプリケーションに対応できるようにネットワークを整備し、よりインテリジェントなネットワークを構築することによって、お客様の事業拡大を支援しています。

保証に関する情報

シスコは、Cisco MCSについて1年間のハードウェア保証を行っています。この保証の条件については、
http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/es_inpck/1y1cen__.htmをご覧ください。



お問い合わせ