Cisco 7800 シリーズ Media Convergence Server

Cisco Media Convergence Server 7825-H1

注意: 本製品は既に生産⁄販売を終了しております。

ダウンロード
Cisco Media Convergence Server 7825-H1

データ シート


Cisco Media Convergence Server 7825-H1


製品概要

Cisco® Media Convergence Server 7825-H1(MCS 7825-H1)は、Cisco Unity™ユニファイド メッセージング システム用の強力なプラットフォームです。Cisco MCS 7825-H1では、1 RUという小さなシャーシで、サーバ プラットフォームで最も必要とされる機能を経済的な価格で提供します。

• Intel Pentium 4 3.4 GHzプロセッサ、800 MHz Front Side Bus(FSB;フロント サイド バス)、および1 MBレイヤ2キャッシュ

• 1 GB PC3200 Double Data Rate 1(DDR1)400 MHz RAM

• ギガビットNIC(ネットワーク インターフェイス カード)×2

• 80 GB Serial Advanced Technology Attachment(SATA)ハード ディスク ドライブ×2(Redundant Array of Independent Disks [RAID] 1構成)

• 取り付けが簡単なサードパーティ製レール キット

• 350 W力率補正(回路)電源装置

• 1 RU(1.75インチ)フォーム ファクタ

• Integrated Lights-Out(ILO)リモート管理

サポートされるアプリケーション

Cisco MCS 7825-H1では現在、Cisco Unityアプリケーションのみがサポートされています。Cisco CallManagerおよび他のシスコIPテレフォニー アプリケーションのサポートが必要であれば、Cisco MCS 7825H-3000を参照してください。

• Cisco Unityユニファイド メッセージング(最大24ポートおよび1000のメールボックス)

Cisco MCS 7825-H1サーバは、Cisco CallManagerとともにCisco Unityを展開する環境のみをサポートしています。Cisco Unity音声カードを使って従来のPBX(構内交換機)と統合するといった展開には適していません。

主な機能と利点

パフォーマンス

Cisco MCS 7825-H1は、最新のIPコミュニケーション アプリケーションのために設計された、アベイラビリティの高い堅牢なサーバ プラットフォームです。Cisco MCS 7825-H1は、Intel Pentium 4 3.4 GHzプロセッサ1基を使用し、800 MHz FSBを装備しています。

保守性

システム ヘルスLED
Cisco MCS 7825-H1の前面および背面には、システム ヘルスLEDとユニット識別ランプが装備されており、システム問題を簡単に特定できます。内部コンポーネントに障害が発生すると、内部コンポーネントLEDがオレンジになり、Cisco MCS 7825-H1の前面パネル上に障害が発生したことが表示されます。ファンのようにサーバのカバーを取り外さないと保守できない部分に障害が発生した場合には、内部ヘルスLEDが点灯します。障害が発生していなければ、システム ヘルスLEDはグリーンです。重大な障害のためにシステムがシャットダウンすると、LEDはレッドになります。

冗長ROM
Cisco MCS 7825-H1では、ROMは2つの論理セクションに分かれます。システム起動時には、プライマリROM側が実行され、サーバの運用に使用されます。ROMフラッシュの際は、バックアップ側がフラッシュされます。フラッシュが完了すると、バックアップ側がプライマリになります。万一、停電などのためにフラッシュが正常に完了しなければ、バックアップを使用してシステムを起動します。イメージが両方とも有効であれば、ユーザはどちらのイメージを使用するかを起動時に選択できます。

保守しやすいSATAディスク ドライブ
Cisco MCS 7825-H1には、RAID 1ミラー セット構成の80 GB SATAディスク ドライブ(ホットプラグ非対応)が2基装備されています。2基のディスク ドライブのいずれかに障害が発生しても、サーバは動作を継続できます。SATAディスク ドライブは、サーバの前面ベゼルを空けるだけで、エンド ユーザでも取り扱うことができます。1基のドライブに障害が発生した場合、エンド ユーザはサーバのダウンタイムをスケジュールに組み込んだうえでサーバの電源を落とし、障害の発生したSATAドライブを取り外して、未設定のスペア ドライブに交換します(各ドライブには、確実にドライブをサーバに接続できるフロント ラッチが装備されています)。サーバを再起動すると、RAID 1ファームウェアによって新しいドライブの再ミラーリングが開始され、Cisco MCS 7825-H1のドライブの冗長性が確保されます。Cisco MCS 7825-H1で採用されているシリアルドライブ テクノロジーによって、信頼性、パフォーマンス、およびコスト効率の高いソリューションが実現されています。

DATテープ ドライブのサポート
Cisco MCS 7825-H1では、オプションで外付けの20/40 GB Digital Audio Tape(DAT)ドライブを使用できます。このテープ ドライブは、Small Computer System Interface(SCSI)ケーブルを使ってSCSIポートに接続します。外付けDATドライブ(部品番号MCS-EXT-DAT)、および外部SCSIポートを提供するPCIベースのSCSIカード(部品番号MCS-EXT-SCSI)は、別売りとなっています。

製品仕様

表1に、Cisco MCS 7825-H1の仕様を示します。

表1 Cisco MCS 7825-H1の製品仕様

プロセッサ(製品投入時)
プロセッサ(CPU) Prescott Pentium 4
プロセッサ内部クロック速度 3.4 GHz(以上)
レベル2キャッシュ
1 MB
最大プロセッサ数
1
出荷時のプロセッサ数 1
BIOSタイプ フラッシュ メモリ
メモリ
最大メモリ容量 4 GB
メモリ バス クロック 400 MHz
メモリ技術 PC3200 DDR SDRAM
ビットエラー緩和 Error Checking and Correction(ECC)
合計RAMスロット数 4
搭載メモリ容量 1 GB(512 MB×2)
RAIDコントローラ
コントローラ モデル HP内蔵型SATA RAIDコントローラ
インターフェイス ボードに組み込み
キャッシュ 64 MB
バッテリ バックアップ式ライト キャッシュ あり(128 MB)
サポートされるRAIDレベル 1
ハード ディスク
搭載ハード ディスク 80 GB×2
ハード ディスクRPM 7200
ハード ディスク インターフェイスのタイプ SATA、1.5 Gbps
ネットワーク接続
イーサネットNIC オンボード10/100/1000×2
コネクタ RJ-45コネクタ×2(サーバ背面)
10 BASE-Tケーブルのサポート EIAカテゴリ3、4、または5 Unshielded Twisted-Pair(UTP;シールドなしツイストペア)(2または4ペア)、最大100 m(328フィート)
100 BASE-TXケーブルのサポート EIAカテゴリ5 UTP(2ペア)、最大100 m(328フィート)
1000 BASE-Tケーブルのサポート EIAカテゴリ6 UTP(推奨)、カテゴリ5E UTP、5 UTP(2ペア)、最大100 m(328フィート)
拡張オプション
ホットプラグ非対応133 MHz、64ビットPCI-Xスロット 1(フルレングス)
ホットプラグ非対応100 MHz、64ビットPCI-Xスロット 1(ハーフレングス)
注:Cisco 7825-H1は、Cisco Unity音声カードを搭載して従来のPBXと統合することはできません。
インターフェイス
シリアル ポート RS-232D×1
パラレル ポート 0
USB 2.0ポート 3(シャーシ前面に1、背面に2)
キーボード ポート PS/2×1
マウス ポート PS/2×1
オーディオ ポート なし
外部SCSIポート なし
セキュリティ
• 電源投入時パスワード
• キーボード パスワード
• ディスケット ドライブ制御
• ディスク ブート制御
• 管理者パスワード
• 着脱式のDVD-ROMおよびディスク ドライブ ユニット
 
電力
最大入力電力 350 W
オート レンジAC入力 あり
力率補正(回路) Power Factor Correction(PFC) あり
入力周波数範囲 47~63 Hz
動作時の入力電圧範囲 90~132 VAC(最小)
180~264 VAC(最大)
入力電流 3.3 A(110 VAC)
1.7 A(220 VAC)
環境仕様
温度(サーバ動作時) 10~35°C(50~95°F)
温度(サーバ停止時) -20~60°C(-4~140°F)
湿度(サーバ動作時) 10~90%(結露しないこと)
湿度(サーバ停止時) 10~95%
BTU定格 870 BTU/h(255 W最大構成あたり)
音響ノイズ(アイドル時) 6.2 bel(動作時)
冷却システム ファン搭載(×5)
外形寸法
フォーム ファクタ 1 RU
ラックマウント 標準のサードパーティ製ラックに対応
重量(最大) 11.15 kg(24.58ポンド)
高さ 4.24 cm(1.67インチ)
48.3 cm(19.0インチ)
奥行 55.6 cm(21.9インチ)

発注情報

表2に、Cisco Unityユニファイド メッセージング システムの発注情報を示します。

表2 Cisco Unityユニファイド メッセージングの発注情報

製品名 製品番号
Cisco Unityユニファイド メッセージング システム UNITY-BUNDLE

サーバのスペア品

スペア サーバを発注する際は、下の表を参照してください。

表3 スペア サーバの発注情報(アプリケーション別)

アプリケーション スペア製品番号
Cisco Unityユニファイド メッセージング システム MCS-7825-H1-ECS1

現場で交換可能なスペア品

サーバのスペア部品を発注する際は、下の表を参照してください。

表4 サーバのスペア部品の発注情報

スペア部品番号 説明
MEM-7825-H1-512= スペア512 MB SDRAM DIMM(Cisco MCS 7825-H1サーバ用)
HDD-7825I1-80=
スペア80 GB SATAハード ディスク ドライブ(ホットプラグ非対応)

サーバのCPU速度の識別情報

Cisco MCS 7825-H1では、Intel社によって高速のプロセッサが更新されると、サーバのプロセッサが変更されます。表5は、シャーシに記載されるシスコの製造部品番号を示しています。これによって個々のサーバのプロセッサ速度を識別できます。

表5 製造部品番号(プロセッサ速度別)

プロセッサ 製造部品番号(サーバに記載) 導入
Intel Pentium 4 3.4 GHz 74-3189-03 サーバの初期生産時

サービスおよびサポート

シスコは、お客様のネットワークへの投資を最大限に活用し、ネットワーク運用を最適化するとともに、最新アプリケーションに対応できるようにネットワークを整備し、よりインテリジェントなネットワークを構築することによって、お客様の事業拡大を支援しています。

保証に関する情報

シスコは、Cisco MCSについて1年間のハードウェア保証を行っています。この保証の条件については、http://www.cisco.com/univercd/cc/td/doc/es_inpck/1y1cen__.htmをご覧ください。



お問い合わせ