Cisco IOS ゲートウェイと SIP

イントロダクション

音声ネットワーキングのための単一プラットフォーム

SIP(Session Initiation Protocol; セッション開始プロトコル)をサポートするCisco IOS ゲートウェイは、SIP IETF 規格に基づく業界最先端のテクノロジーであり、企業の本社および支社、およびサービス プロバイダー ネットワークにおける統合サービスのためのプラットフォームを提供します。このゲートウェイを導入することで、現在の音声ネットワーキングのニーズを満たすとともに、将来の新しいアプリケーションを活用できるようになります。

Cisco IOS ゲートウェイは、SIP を使用することで、メディアの終端、および PSTN(Public Switched Telephone Network; 公衆電話交換網)と IP ネットワークの間のシグナル変換を行います。これにより、相互運用性の範囲が拡大し、投資の保護が促進され、次のような機能を利用できるようになります。

  • QoS とコール アドミッション制御:DSCP(Differentiated Services Code Point)パケット マーキング、IP Precedence、LLQ(Low Latency Queuing; 低遅延キューイング)、CBWFQ(Class-Based Weighted Fair Queuing)、Service Assurance Agent、Response Time Reporter、Resource Availability Check、および RSVP(Resource Reservation Protocol; リソース予約プロトコル)などがあります。
  • 耐障害性と復元力:プライマリ SIP プロキシまたはバックツーバック ユーザ エージェントへの接続障害が起きた場合に備え、ブランチ オフィス ルータの PSTN テレフォニー インターフェイスに対してフェールオーバー機能をサポートします。
  • マルチプロトコル サポート:MGCP および H.323 プロトコルにより、ネットワークの柔軟な設計と、プロトコル移行の簡素化が可能になります。
  • シンプルな設定と管理:使い慣れたシスコ コマンドライン インターフェイスと CiscoWorks 製品などの各種の管理ツールを使って設定および管理を行うことができます。


お問い合わせ