Cisco Expressway シリーズ

イントロダクション


デバイスの種類や場所を問わずに簡単にコラボレーション

Cisco Expressway アドバンスト コラボレーション ゲートウェイを使用することで、ご利用のエンタープライズ ファイアウォールの外側にあるビデオ、音声、コンテンツ、インスタント メッセージ、プレゼンスに対し、シンプルで高度にセキュアなアクセスを実現できます。また、関係者のコミュニティーとのやり取りが可能になります。Cisco Jabber と連携したデバイスを使用することで、遠隔地のモバイル ワーカーとのコラボレーションがより効果的になります。

コラボレーションの簡素化と拡張

コラボレーションの簡素化と拡張

Cisco Collaboration Edge Architecture により、任意のコラボレーションを促進します。

詳細はこちら [英語]

機能と特長

Cisco Expressway は、Cisco Unified Communications Manager が提供する包括的なコラボレーション サービス用に特別に設計されています。この機能は、定評のあるファイアウォール越えテクノロジーを特長としています。そして従来型のエンタープライズ コラボレーションの境界を再定義し、任意のコラボレーションに対するシスコのビジョンを満たします。

Cisco Expressway の主な機能と利点は以下のとおりです。

  • 実証済みの、高度にセキュアなファイアウォール越えテクノロジーを活用することで、コラボレーションを組織全体に広げることができます。
  • 企業間(B2B)および企業と消費者間(B2C)のやり取りを実現します。
  • 単独の VPN クライアントを必要としない、リモート ワーカー向け包括的コラボレーションへのセッション ベース アクセスを実現します。
  • スマートフォン、タブレット、デスクトップ向け Cisco Jabber と連携した多様なデバイスをサポートします。
  • 遠隔地のモバイル ワーカー向けの、個人所有デバイス持ち込み(BYOD)戦略を促進します。
どこからでもコラボレーションが可能

どこからでもコラボレーションが可能

Cisco Jabber および Expressway テクノロジーとのコラボレーションを実現させるための方法と場所を拡大します。(0:45 sec) [英語]

ビデオを観る

関連リソース

お問い合わせ