Cisco Computer Telephony Integration Option

イントロダクション

Cisco Intelligent Contact Management(ICM)および Enterprise and Cisco IP Contact Center(IPCC)Enterprise を使用すると、企業では、Cisco CTI オプション(旧 Cisco Computer Telephony Integration)を介してエージェントのワークステーションに搭載された包括的な機能を含む、ネットワークとデスクトップ間の完全な CTI 戦略を展開できます。このコンタクト センター ソリューションにより、ビジネス アプリケーションに豊富なデータのセットが送信され、企業全体のコールイベントやカスタマープロファイル情報が、ターゲットとなるエージェントのデスクトップに提供されます。この包括的な CTI 戦略により、顧客とコンタクトする際のビジネス ルールおよび目標をサポートするために、企業データを最大限に利用できます。

Cisco ICM Enterprise および Cisco IPCC Enterprise を使用すると、企業では、インターネット、キャリア ネットワーク、Automatic Call Distributor(ACD; 自動着信呼分配)、Interactive Voice Response(IVR; 対話式音声自動応答)システム、Web サーバ、電子メール サーバ、データベース、およびその他のアプリケーションから収集された情報を利用することで、企業リソースをより効率的に利用できます。Cisco ICM Enterprise および Cisco IPCC Enterprise は、ネットワークとデスクトップ間、および企業間のコンタクト センター システムを、最小限のカスタム開発またはシステム統合によってまとめ、組織が CTI を迅速かつ経済的に実装できるようにして、真の企業 CTI のために新しい標準を確立します。

Cisco ICM Enterprise Edition および Cisco IPCC Enterprise Edition の CTI 機能は、企業全体のデータを利用して、最大限のカスタマーサービス レベルを実現しようと考える企業には不可欠です。システムの機能により、デスクトップへの正確なカスタマー プロファイルとコンタクト センター情報の提供、複数サイトのコール詳細情報のエージェント間転送、最適なデスクトップ ソリューションの選択が可能になるため、企業では、コンタクト センターの効率と顧客の満足度をさらに高めながら、真のカスタマ インタラクション ネットワークを展開することができます。


お問い合わせ