マルチチャネルポートアダプタ

イントロダクション

機器および管理コストの軽減を実現するマルチチャネルポートアダプタ

 マルチチャネルネットワーキングは、専用回線やフレームリレーを使ってセントラルサイトと多くのリモートサイトを、それぞれ必要に応じたスピードで接続するための柔軟性を提供します。この手法は、1つのインタフェースを使って多くのリモートサイトとの接続を実現するため、機器の購入コストおよび管理コストを大幅に削減できます。

  「マルチチャネル」は、T1やE1回線だけでなく、DS0(64kbps)チャネルをサポートする際にも使われる用語です。Cisco 7500および7200用のマルチチャネルポートアダプタは、機器コストや管理コストを軽減するだけでなく、必要なラックスペースを削減し、スペア部品を簡素化して、ユーザーのWAN運用を効率化します。また、専用回線をシリアルインタフェースに変換するための外部DSU/CSUが必要なくなり、これまでのソリューションよりもずっと少ないポート数で多くのサイトをサポートできます。


製品資料

データ シート