Cisco cBR-8 コンバージド ブロードバンド ルータ

イントロダクション

Evolved CCAP でさらなる収益増加を

マルチギガビット ブロードバンド サービスで業界トップクラスのデータ レートを競い、収益増に結びつく Internet-of-Everything(IoE)サービスを加入者に提供する事ができます。Cisco cBR-8 は次世代の Evolved Converged Cable Access Platform(CCAP)で、ケーブル事業者は今後複数年にわたり、業界最小の TCO でこれらのサービスを提供できます。

ファイル

初となる Evolved CCAPをリリース

Cisco cBR-8 は、ケーブル事業者のマルチギガビット サービスおよび Internet-of-Everything サービスを少ない TCO で実現します。

今すぐ観る

主な利点

  • 将来のケーブル事業のイノベーションに備え、ネットワークとビジネスをより俊敏なアーキテクチャに変革
  • 復元力とセキュリティに優れたプラットフォームによる、加入者が享受できる価値の向上
  • TCO の大幅な削減

特長

  • 現行の Advanced Telecommunications Computing Architecture(ATCA)ベースのシャーシに比べて 20 倍の容量
  • マルチギガビット DOCSIS 3.1 サービスをサポート
  • サービス グループあたり 96 チャネルを超える規模で複数のサービスを統合して導入可能
  • コントロール プレーンとデータ プレーンの分離による、優れたソフトウェア復元力
  • Remote-PHY による分散アクセス アーキテクチャ
  • ソフトウェア定義型ネットワーク(SDN)のサポートと仮想化対応へのパス

仕様一覧

属性 仕様
Cisco ISO-XE によるキャリアクラス システム 99.999 % の可用性を実現
コンパクトかつ高密度の CCAP 13 RU、10 スロット シャーシ
サービス グループの拡張性 64 のサービス グループ(N+1 冗長性で 56)、Remote-PHY による最大 256 のサービス グループ
ダウンストリーム容量 ライン カードあたり 768 の独立した D3.0 QAM(シャーシあたり 6144)。将来、ポートあたり 2 つの直交周波数分割多重方式(OFDM)ブロックに拡張可能
アップストリーム容量 ライン カードあたり 96 チャネル。ポートあたり 2 つの OFDMA ブロック(各 96 MHz)に拡張可能
完全に統合され拡張性に優れたプラットフォームにより、広帯域幅の新しいサービスを導入可能 1 テラビットを超えるバックプレーンと 8 + 8 10 GE WAN ポート、80 + 80 Gbps WAN バックホール
サービス インテリジェンスとしての転送能力 機能がアクティブな状態で最大 200 Gbps

関連リソース

データ シートおよび製品資料

お問い合わせ