部門紹介

公共営業

部門の役割

部門の役割

公共営業では、中央省庁、自治体、学校、病院などの公共機関をお客様としています。日本の社会基盤をシスコのネットワークで支えるという大きなミッションを抱えています。
たとえば医療の現場に求められているのは、正確でタイムリーな情報。一刻一秒を争う医療現場では、医療過誤を防止し、瞬時に判断できる IT システムが、時間を節約し、医療の安全性と質を高めます。政府機関、自治体には、国民の満足度を向上させるべく IT を活用し、効率的に業務が遂行できるインフラや、過疎地域を活性化させるための施策を提案、展開しています。教育機関には、IT を活用した高度な教育環境を提案、教育の質の向上に大きく貢献しています。

この部門で働く魅力

この部門で働く魅力

政府機関をはじめ、自治体、大学、病院などの重要な社会基盤を支えている責任とやりがいを感じることができます。また、営業活動で培った顧客とのリレーションを駆使し、新たな社会インフラを創造、提案していくことで、先進的な事例に携えることができ、幅広いスキルと顧客リレーションが構築されます。