部門紹介

エンタープライズ営業

部門の役割

部門の役割

エンタープライズ営業では、従業員数の規模が3,000名以上の大手企業の市場を担当しています。お客様の規模が大きいため、1社1社と深くお付き合いしていくのが特徴的です。エンタープライズ営業部門のミッションは、お客様のビジネスを深く知り、実際に製品を活用する利用者の課題までを把握した上で、経営課題を踏まえたソリューションを提案すること。それによりお客様のビジネスを成長させることです。特にエンタープライズ営業の場合、近年ではビジネス拡大によるグローバリゼーションや M&A に伴って、コラボレーションの基盤整備といった課題があげられることも多くあります。そのため、"時差や場所に左右されないコミュニケーション"、"企業を跨ぐ情報システムの統合化"の実現に向け、Advanced Technology 製品(Security、Unified Communication、Wireless LAN、Storage など)を活かしたソリューションの提案を行っています。

部門で身に付けられるスキル

部門で身に付けられるスキル

近年シスコの主力製品は、ルーター、スイッチなど利用者の目に直接触れない製品だけでなく、IP Phone や Tele Presence をはじめとした利用者が日常で活用する製品(Advanced Technology 製品)に変わってきています。そのため、利用者にとっていかに価値のあるソリューションを提案するかが求められてきています。それには、ネットワークを語れるだけでなく、きちんとお客様のビジネスを理解して経営課題を踏まえた提案をしていくことが必要です。こうした経験を通してビジネスコンサルティングに近い知識、スキルが身についていくため、IT の知識に留まらず、真のビジネスパーソンを目指したい方にマッチする部門です。