IT 認定とキャリアパス

640-875 SPNGN1

Building Cisco Service Provider Next-Generation Networks
Part 1

試験番号 640-875 SPNGN1
関連資格 CCNA Service Provider
試験時間 90 分 (65-75 問)
試験言語 英語
試験登録 Pearson VUE popup
試験ポリシー 認定試験ポリシーおよび要件
試験チュートリアル 出題形式 popup

「Building Cisco Service Provider Next Generation Networks(SPNGN1)Part 1」(640-875)はCCNA SP 認定に関連する試験です。この試験では、サービス プロバイダー ネットワークをサポートするために必要な基本知識とスキルが問われます。この試験は制限時間 90 分で 65 〜 75 問が出題されます。

試験は参考書持ち込み不可であり、いかなる外部の参考資料の使用も認められません。

次に、この試験の一般的な出題内容を示します。 ただし、試験によっては、ここに示されていない関連分野も出題される場合があります。 試験内容をより適切に反映させ、明確にするために、次のガイドラインは事前の通告なく変更されることがあります。

  • 12%     1.0   IP ネットワーク

      • 1.1   さまざまなネットワーク デバイス(コア、ディストリビューション、
                 アクセスの各レイヤに配置)の目的と機能の説明
         
      • 1.2   所定のネットワークの仕様に対応する機能コンポーネントの特定
         
      • 1.3   OSI モデルと TCP/IP モデルおよびその関連プロトコルを使用した
                 ネットワーク内のデータ フローの説明
         
      • 1.4   一般的なネットワーク アプリケーションと、それらがネットワークに
                 与える影響の説明
         
      • 1.5   ネットワーク ダイアグラムの解釈
         
      • 1.6   階層化モデル方式を使用した、レイヤ 1、2、3、4 および 7 での
                 一般的なネットワーク問題のトラブルシューティング
         
      • 1.7   LAN および WAN の動作と機能の違いの説明
         
  • 13%     2.0   IPv4 および IPv6 アドレッシング

      • 2.1   IPv4 および IPv6 アドレス構造の説明
         
      • 2.2   VLSM、CIDR およびルート集約の概念の説明
         
      • 2.3   さまざまな種類の IPv4 および IPv6 アドレスの説明
         
      • 2.4   指定の要件に基づいた IP サブネット化プランの立案
         
  • 12%     3.0   スイッチド ネットワーク テクノロジー I

      • 3.1   ブリッジングの概念とレイヤ 2 イーサネット フレームの説明
         
      • 3.2   Cisco IOS スイッチ上での基本的なスパニング ツリー動作の設定
         
      • 3.3   基本的な各種 show コマンドおよび debug コマンドの出力の解釈による
                 シスコ スイッチド ネットワークの動作ステータスの確認
         
      • 3.4   基本的なスイッチ セキュリティの設定(ポート セキュリティ、
                 未使用ポートのセキュリティ)
         
      • 3.5   イーサネット リンク バンドリング、LACP、PAgP および Flex Link の説明
         
  • 10%     4.0   ルーテッド ネットワーク テクノロジー I

      • 4.1   クラスフル ルーティングとクラスレス ルーティングの説明
         
      • 4.2   ルーティング プロトコルの基本知識の説明(メトリック、IGP と EGP)
         
      • 4.3   RIPv1、RIPv2、RIPNG の説明
         
      • 4.4   Cisco IOS、IOS-XE および IOS-XR ルータ上での
                 EIGRPv4 および EIGRPv6 の実装
         
      • 4.5   ルート再配布の説明
         
      • 4.6   VRF の説明
         
      • 4.7   GRE の説明E
         
  • 10%     5.0   IP サービス

      • 5.1   Cisco ルータ上での NAT(IPv4)の設定
         
      • 5.2   Cisco ルータ上での DHCP(IPv4 および IPv6)動作の設定
         
      • 5.3   ICMPv4 および ICMPv6 の説明
         
      • 5.4   DNS の説明
         
  • 15%     6.0   シスコ オペレーティング システムと
                       プラットフォーム I

      • 6.1   基本的な Cisco IOS、IOS-XE、および IOS-XR CLI 操作の実行
         
      • 6.2   基本的な Cisco IOS、IOS-XE、および IOS-XR ルータ設定の実装
         
  •   9%     7.0   転送テクノロジー

      • 7.1   SONET および SDH の説明
         
      • 7.2   DWDM、IPoDWDM および ROADM の説明
         
      • 7.3   Cisco ルータ上での 10 ギガビット イーサネット、40 ギガビット
                 イーサネットおよび 100 ギガビット イーサネット インターフェイスの設定
         
      • 7.4   フレーム リレーの説明
         
      • 7.5   ATM の説明
         
      • 7.6   メトロ イーサネットの説明
         
      • 7.7   DSL の説明
         
      • 7.8   T1、T3、E1、E3 および ISDN の説明
         
      • 7.9   Cisco ルータのシリアルおよび POS インターフェイス上での
                 PPP カプセル化の実装
         
      • 7.10   ケーブル(DOCSIS)の説明
         
      • 7.11   IP NGN における主な BRAS および BNG ルータ機能の説明
         
      • 7.12   さまざまな受動光ネットワーク(PON)アクセス テクノロジーおよび
                    FTTx の説明
         
  • 10%     8.0   ネットワークにおけるセキュリティ

      • 8.1   Cisco IOS スイッチ上のレイヤ 2 セキュリティ機能の説明
         
      • 8.2   Cisco ルータおよび IOS スイッチ上での管理プレーンの
                 セキュリティの設定
         
      • 8.3   IPSec の説明
         
      • 8.4   コントロール プレーン セキュリティの説明
         
      • 8.5   Cisco ルータ上での基本的な AAA(TACACS+ および RADIUS)
                 サービスの設定
         
      • 8.6   シスコ ルータ間のルーティング プロトコル認証の設定
         
      • 8.7   IOS-XR におけるユーザ、ユーザ グループ、タスク グループおよび
                 タスク ID の関係の説明
         
      • 8.8   一般的なネットワーク攻撃の種類の説明
         
  •   9%     9.0   ネットワーク管理

      • 9.1   Cisco ルータ上での NTP サーバまたはクライアントの設定
         
      • 9.2   Cisco ルータ上での IP SLA の設定
         
      • 9.3   Cisco ルータおよび IOS スイッチ上での CDP の設定
         
      • 9.4   Cisco ルータ上での SNMP の設定
         
      • 9.5   Cisco ルータ上での NetFlow の設定
         
      • 9.6   Cisco ルータ上での syslog サーバへのロギングの設定
         
      • 9.7   Cisco IOS Call-Home 機能の説明
         
      • 9.8   Cisco TAC 手順およびシスコのサポート ツール(CCO)の操作
         
      • 9.9   管理アクセス(SSH、telnet、アウトオブバンド管理設計)の実装
         
      • 9.10   SPAN、RSPAN、ERSPAN の実装
         
      • 9.11   FTP、SCP、TFTP、SFTP、および RCP を使用したネットワーク
                    デバイス設定管理およびイメージ管理のためのファイル転送の実装
         
  • この試験を受けるにあたり、次のコースを受講することを推奨します。

    • Building Cisco Service Provider Next-Generation Networks, Part 1 (SPNGN1)

    上記のコースは、シスコ認定ラーニング パートナーのみ提供可能なシスコの IT トレーニング コースです。指導はすべてシスコ認定インストラクターによって行われます。
    シスコ ラーニング パートナー一覧
    コーススケジュール

    Cisco Press は、シスコの認定資格試験用の教材およびネットワーク テクノロジーの学習教材の発行を許可された唯一の出版社です。英語版はこちらpopupから、日本語版はこちらpopupから購入できます。

      
    Pearson VUE で試験を申し込む

    ご自身の情報を
    ご確認ください

    シスコは、トラッキングシステムのデータを元にさまざまな情報を提供しています。少なくとも2ヶ月に一度はログインして、記録されている情報のご確認をお願い致します。

    トラッキング システム