IT 認定とキャリアパス

300-101J ROUTE

Implementing Cisco IP Routing

試験番号 300-101J ROUTE
関連資格 CCNP Routing and Switching
CCDP
試験時間 120 分 (45 - 65 問)
試験言語 日本語、英語
試験登録 Pearson VUE popup
試験ポリシー 認定試験ポリシーおよび要件
試験チュートリアル 出題形式 popup

Implementing Cisco IP Routing (ROUTE 300-101J) は、問題数 50 〜 60 問、解答時間 120 分の試験です。Cisco CCNP Routing and Switching 認定と CCDP 認定を取得するには、この試験に合格する必要があります。ROUTE 300-101J は、ルーティングに関する知識とスキルを証明する試験です。この試験の合格者は、高度な IP アドレッシングとルーティングを使用して、拡張性とセキュリティに優れたシスコ ルータを LAN、WAN、IPv6 に接続する能力があると認定されます。 この試験の内容には、ブランチ オフィスとモバイル ワーカーに対応できる、高セキュリティ ルーティング ソリューションの設定も含まれています。


試験は参考書持ち込み不可であり、いかなる外部の参考資料の使用も認められません。

次に、この試験の一般的な出題内容を示します。 ただし、試験によっては、ここに示されていない関連分野も出題される場合があります。 試験内容をより適切に反映させ、明確にするために、次のガイドラインは事前の通告なく変更されることがあります。

  • 10%     1.0   ネットワークの基本事項

      • 1.1

        シスコ エクスプレス フォワーディング概念の理解

        • 1.1.a

          FIB

        • 1.1.b

          隣接関係テーブル


      • 1.2

        一般的なネットワーク課題の説明

        • 1.2.a

          ユニキャスト

        • 1.2.b

          不正なパケット

        • 1.2.c

          非対称ルーティング


      • 1.3

        IP 動作の説明

        • 1.3.a

          ICMP の到達不能とリダイレクト

        • 1.3.b

          IPv4 と IPv6 のフラグメンテーション

        • 1.3.c

          TTL


      • 1.4

        TCP 動作の説明

        • 1.4.a

          IPv4 と IPv6 の(P)MTU

        • 1.4.b

          MSS

        • 1.4.c

          遅延

        • 1.4.d

          ウィンドウ制御

        • 1.4.e

          帯域幅遅延積

        • 1.4.f

          グローバル同期


      • 1.5

        UDP 動作の説明

        • 1.5.a

          スターベーション

        • 1.5.b

          遅延


      • 1.6

        ネットワークに対する変更案の理解

        • 1.6.a

          ルーティング プロトコルのパラメータに対する変更

        • 1.6.b

          IPv6 への部分的なネットワーク移行

        • 1.6.c

          ルーティング プロトコルの移行

  • 10%     2.0   レイヤ 2 テクノロジー

      • 2.1

        PPP の設定と確認

        • 2.1.a

          認証(PAP、CHAP)

        • 2.1.b

          PPPoE(クライアント側のみ)


      • 2.2

        フレーム リレーの説明

        • 2.2.a

          動作

        • 2.2.b

          ポイントツーポイント

        • 2.3.c

          マルチポイント

  • 40%     3.0   レイヤ 3 テクノロジー

      • 3.1

        IPv4 のアドレッシングおよびサブネット化の理解、設定、確認

        • 3.1.a

          アドレス タイプ(ユニキャスト、ブロードキャスト、マルチキャスト、VLSM)

        • 3.1.b

          ARP

        • 3.1.c

          DHCP リレーおよびサーバ

        • 3.1.d

          DHCP プロトコルの動作


      • 3.2

        IPv6 のアドレッシングおよびサブネット化の理解

        • 3.2.a

          ユニキャスト

        • 3.2.b

          EUI-64

        • 3.2.c

          ND、RS/RA

        • 3.2.d

          Autoconfig (SLAAC)

        • 3.2.e

          DHCP リレーおよびサーバ

        • 3.2.f

          DHCP プロトコルの動作


      • 3.3

        スタティック ルーティングの設定と確認

      • 3.4

        デフォルト ルーティングの設定と確認

      • 3.5

        ルーティング プロトコル タイプの評価

        • 3.5.a

          ディスタンス ベクトル

        • 3.5.b

          リンク ステート

        • 3.5.c

          パス ベクトル


      • 3.6

        アドミニストレーティブ ディスタンスの説明

      • 3.7

        パッシブ インターフェイスのトラブルシューティング

      • 3.8

        VRF lite の設定と確認

      • 3.9

        任意のプロトコルでのフィルタリングの設定と確認

      • 3.10 

        任意のルーティング プロトコル間またはルーティング ソース間での再配布の設定と確認

      • 3.11 

        任意のプロトコルでの手動集約および自動集約の設定と確認

      • 3.12 

        ポリシーベース ルーティングの設定と確認

      • 3.13 

        最適ではないルーティングの理解

      • 3.14 

        ROUTE マップの説明

      • 3.15 

        ループ防止メカニズムの設定と確認

        • 3.15.a

          ルート タギングとフィルタリング

        • 3.15.b

          スプリットホライズン

        • 3.15.c

          ルート ポイズニング


      • 3.16 

        RIPv2 の設定と確認

      • 3.17 

        RIPng の説明

      • 3.18 

        EIGRP パケット タイプの説明

      • 3.19 

        EIGRP ネイバー関係および認証の設定と確認

      • 3.20 

        EIGRP スタブの設定と確認

      • 3.21 

        EIGRP ロード バランシングの設定と確認

        • 3.21.a

          等コスト

        • 3.21.b

          不等コスト


      • 3.22 

        EIGRP メトリックの説明と最適化

      • 3.23 

        EIGRP for IPv6 の設定と確認

      • 3.24 

        OSPF パケット タイプの説明

      • 3.25 

        OSPF ネイバー関係および認証の設定と確認

      • 3.26 

        ネットワーク タイプ、エリア タイプ、ルータ タイプの設定と確認

        • 3.26.a

          ポイントツーポイント、マルチポイント、ブロードキャスト、非ブロードキャスト

        • 3.26.b

          LSA タイプ、エリア タイプ:バックボーン、標準、中継、スタブ、NSSA、完全スタブ

        • 3.26.c

          内部ルータ、バックボーン ルータ、ABR、ASBR

        • 3.26.d

          仮想リンク


      • 3.27 

        OSPF パス プリファレンスの設定と確認

      • 3.28 

        OSPF 動作の設定と確認

      • 3.29 

        OSPF for IPv6 の設定と確認

      • 3.30 

        BGP ピア関係および認証の説明、設定、確認

        • 3.30.a

          ピア グループ

        • 3.30.b

          アクティブ、パッシブ

        • 3.30.c

          状態とタイマー


      • 3.31 

        eBGP(IPv4 と IPv6 のアドレス ファミリ)の設定と確認

        • 3.31.a

          eBGP

        • 3.31.b

          4 バイトの AS 番号

        • 3.31.c

          プライベート AS


      • 3.32 

        BGP 属性とベストパス選択の説明

  • 10%     4.0   VPN テクノロジー

      • 4.1

        GRE の設定と確認

      • 4.2

        DMVPN(シングル ハブ)の説明

      • 4.3

        Easy Virtual Networking(EVN)の説明

  • 10%     5.0   インフラストラクチャのセキュリティ

      • 5.1

        ローカル データベースを使用した IOS AAA の説明

      • 5.2

        TACACS+ および RADIUS と IOS AAA を使用したデバイス セキュリティの説明

        • 5.2.a

          AAA と TACACS+ および RADIUS

        • 5.2.b

          権限許可のローカル フォールバック


      • 5.3

        デバイス アクセス コントロールの設定と確認

        • 5.3.a

          回線(VTY、AUX、コンソール)

        • 5.3.b

          管理プレーン保護

        • 5.3.c

          パスワードの暗号化


      • 5.4

        ルータのセキュリティ機能の設定と確認

        • 5.4.a

          IPv4 アクセス コントロール リスト(標準、拡張、時間ベース)

        • 5.4.b

          IPv6 トラフィック フィルタ

        • 5.4.c

          ユニキャスト リバース パス転送

  • 20%     6.0   インフラストラクチャ サービス

      • 6.1

        デバイス管理の設定と確認

        • 6.1.a

          コンソールと VTY

        • 6.1.b

          Telnet、HTTP、HTTPS、SSH、SCP

        • 6.1.c

          (T)FTP


      • 6.2

        SNMP の設定と確認

        • 6.2.a

          V2

        • 6.2.b

          V3


      • 6.3

        ロギングの設定と確認

        • 6.3.a

          ローカル ロギング、Syslog、デバッグ、条件付きデバッグ

        • 6.3.b

          タイムスタンプ


      • 6.4

        ネットワーク タイム プロトコル(NTP)の設定と確認

        • 6.4.a

          NTP マスター、クライアント、バージョン 3、バージョン 4

        • 6.4.b

          NTP 認証


      • 6.5

        IPv4 および IPv6 の DHCP の設定と確認

        • 6.5.a

          DHCP クライアント、IOS DHCP サーバ、DHCP リレー

        • 6.5.b

          DHCP オプション(説明)


      • 6.6

        IPv4 Network Address Translation(NAT)の設定と確認

        • 6.6.a

          スタティック NAT、ダイナミック NAT、PAT


      • 6.7

        IPv6 NAT の説明

        • 6.7.a

          NAT64

        • 6.7.b

          NPTv6


      • 6.8

        SLA アーキテクチャの説明

      • 6.9

        IP SLA の設定と確認

        • 6.9.a

          ICMP


      • 6.10 

        オブジェクト トラッキングの設定と確認

        • 6.10.a

          オブジェクトのトラッキング

        • 6.10.b

          異なるエンティティのトラッキング(例:インターフェイス、IPSLA 結果)


      • 6.11 

        Cisco NetFlow の設定と確認

        • 6.11.a

          NetFlow v5、v9

        • 6.11.b

          ローカル取得

        • 6.11.c

          エクスポート(設定のみ)

  • この試験を受けるにあたり、次のコースを受講することを推奨します。

    • Implementing Cisco IP Routing v2.0 (ROUTE)

    上記のコースは、シスコ認定ラーニング パートナーのみ提供可能なシスコの IT トレーニング コースです。指導はすべてシスコ認定インストラクターによって行われます。
    シスコ ラーニング パートナー一覧
    コーススケジュール

    Cisco Press は、シスコの認定資格試験用の教材およびネットワーク テクノロジーの学習教材の発行を許可された唯一の出版社です。英語版はこちらpopupから、日本語版はこちらpopupから購入できます。

      
    Pearson VUE で試験を申し込む

    ご自身の情報を
    ご確認ください

    シスコは、トラッキングシステムのデータを元にさまざまな情報を提供しています。少なくとも2ヶ月に一度はログインして、記録されている情報のご確認をお願い致します。

    トラッキング システム