IT 認定とキャリアパス

200-601 IMINS2

Managing Industrial Networks for Manufacturing with Cisco Technologies

試験番号 200-601 IMINS2
関連資格 CCNA Industrial
試験時間 90 分 (65 - 75 問)
試験言語 英語
試験登録 Pearson VUE popup
試験ポリシー 認定試験ポリシーおよび要件
試験チュートリアル 出題形式 popup

この試験では、自動化された製造環境に共通する一般的な概念とテクノロジーについてテストします。Common Industrial Protocol(CIP)や ProfiNET などの産業プロトコル、および産業イーサネットの効率を最大限に高めるネットワーク インフラストラクチャの設計に関するテストが含まれます。

試験は参考書持ち込み不可であり、いかなる外部の参考資料の使用も認められません。

次に、この試験の一般的な出題内容を示します。 ただし、試験によっては、ここに示されていない関連分野も出題される場合があります。 試験内容をより適切に反映させ、明確にするために、次のガイドラインは事前の通告なく変更されることがあります。

  • 20%     1.0   IP ネットワーキング

      • 1.1

        企業環境と産業環境の違い

      • 1.2

        産業環境におけるデータ フローの可用性と予測性を高めるコンポーネントについて(QoS、IP アドレッシング、プロトコル、ハードウェアの復元力)

      • 1.3

        QoS に関連する問題の特定および診断

      • 1.4

        冗長性と復元力の要件の違い/企業と製造現場のアプローチの違い

      • 1.5

        各スイッチ タイプの機能の違い

      • 1.6

        マルチキャスト グループのライフ サイクルについて

      • 1.7

        NAT の動作と使用例について、およびその設定

      • 1.8

        スタティック ルーティングの動作について、およびその設定

      • 1.9

        仮想スイッチへの VLAN トランキングについて、およびその設定

      • 1.10

        レイヤ 2 の復元性プロトコルについて、およびその設定(スパニング ツリー、REP、Flex Link、EtherChannel)

      • 1.11

        スイッチ ポートの設定(マクロ、しきい値アラーム)

  • 19%     2.0   CIP

      • 2.1

        CIP 接続確立プロセスについて

      • 2.2

        プロデューサ/コンシューマ モデルと、暗黙/明示メッセージ モデルについて

      • 2.3

        さまざまなハードウェア/ハードウェア世代(バージョン)の通信能力を認識する

      • 2.4

        CIP Motion および CIP Safety を可能にするテクノロジーを特定して説明する

      • 2.5

        DLR 実装の適用性、制限、コンポーネントを特定する

      • 2.6

        LAN 内で CIP 用にマルチキャスト機能を実装する

      • 2.7

        指定されたパラメータで CIP 接続の RPI を最適化する

      • 2.8

        システム レベルで IEEE 1588 PTP を有効にして設定する

      • 2.9

        Studio 5000 のアドオン プロファイル(AOP)を使用して Stratix を設定する


  • 19%     3.0   ProfiNET

      • 3.1

        Cisco Catalyst スイッチと Cisco Industrial Ethernet(IE)スイッチの ProfiNET のサポートの違い

        • 3.1.a

          VLAN 0 のサポート

        • 3.1.b

          ProfiNET LLDP のサポート

        • 3.1.c

          GSD のサポート(SIMATIC STEP 7 に統合)


      • 3.2

        ProfiSAFE の動作と目的


      • 3.3

        ProfiNET の 3 つの基本デバイスとコンフォーマンス クラスについて


      • 3.4

        ProfiNET のアプリケーション クラスと通信チャネルについて


      • 3.5

        DHCP をデバイスの IP アドレッシングおよび設定転送に使用する方法


      • 3.6

        ProfiNET のリング ネットワークの要件


      • 3.7

        スイッチで ProfiNET を有効にする


      • 3.8

        レイヤ 2 QoS を有効にして ProfiNET を優先するように設定する


      • 3.9

        Cisco Industrial Ethernet スイッチを SIMATIC STEP 7 に統合する


      • 3.10

        IE スイッチで ProfiNET のアラーム プロファイルを設定および監視する


  • 12%     4.0   セキュリティ

      • 4.1

        産業ゾーンを保護する多層防御アプローチについて

      • 4.2

        ネットワーク デバイスにセキュリティ コンポーネント(ハードウェア/ソフトウェア)を適用して多層防御のネットワーク セキュリティの定義を満たす方法を特定する

      • 4.3

        ネットワーク デバイスの強化について

      • 4.4

        論理的なセグメント化の実装に関する概念とメカニズム

      • 4.5

        ゾーン間のトラフィックの制御に使用できる方法を特定する(ACL、ファイアウォール、VLAN)

  • 10%     5.0   ワイヤレス

      • 5.1

        802.11a/b/g/n/ac の違い

      • 5.2

        単一アクセス ポイントで複数のワイヤレス ネットワークを構築するために必要なコンポーネントについて

      • 5.3

        自律アクセス ポイントとコントローラベース アクセス ポイントの違い、および、ワイヤレス ワークグループ ブリッジについて


      • 5.4

        自律アクセス ポイントおよびコントローラベース アクセス ポイントの典型的なスイッチポート設定を示す


      • 5.5

        制御通信でのワークグループ ブリッジの使用に関する制限について

  • 20%     5.0   トラブルシューティング

      • 6.1

        機械的劣化、電磁雑音の問題、インフラストラクチャの不整合など、高度なレイヤ 1 の問題のトラブルシューティング

      • 6.2

        VLAN トランキングのトラブルシューティング

      • 6.3

        エラーにより無効になったポートのトラブルシューティング

      • 6.4

        スパニング ツリーのポート状態およびルート プライオリティに関する基本的な問題のトラブルシューティング

      • 6.5

        ルート テーブルと NAT テーブルを調べてレイヤ 3 の問題のトラブルシューティングを行う

      • 6.6

        VRF-Lite 対応の環境でレイヤ 3 のトラブルシューティング

      • 6.7

        マルチスイッチ ネットワーク内で IP アドレスからデバイスの場所を特定する

      • 6.8

        CIP 環境の通信の問題に対するトラブルシューティングの方法


      • 6.9

        イーサネット/IP 参照ツール、コマンド ライン、Web ブラウザを使用して CIP のトラブルシューティングを行う

      • 6.10

        デバイス通信のパフォーマンスに関するトラブルシューティング

      • 6.11

        DLR でケーブルやデバイスの故障の原因を特定する

      • 6.12

        ProfiNET 環境の通信の問題に対するトラブルシューティング方法

      • 6.13

        SIMATIC STEP 7 でネットワーク トポロジを表示し、スイッチのコマンド ラインを使用して、ProfiNET のトラブルシューティングを行う

  • この試験を受けるにあたり、次のコースを受講することを推奨します。

    • Managing Industrial Networking for Manufacturing with Cisco Technologies (IMINS2)

    上記のコースは、シスコ認定ラーニング パートナーのみ提供可能なシスコの IT トレーニング コースです。指導はすべてシスコ認定インストラクターによって行われます。
    シスコ ラーニング パートナー一覧
    コーススケジュール

    Cisco Press は、シスコの認定資格試験用の教材およびネットワーク テクノロジーの学習教材の発行を許可された唯一の出版社です。こちら [英語] popup から購入できます。

      
    Pearson VUE で試験を申し込む

    ご自身の情報を
    ご確認ください

    シスコは、トラッキングシステムのデータを元にさまざまな情報を提供しています。少なくとも2ヶ月に一度はログインして、記録されている情報のご確認をお願い致します。

    トラッキング システム