IT 認定とキャリアパス

300-080 CTCOLLAB

Troubleshooting Cisco IP Telephony & Video v1.0

試験番号 300-080 CTCOLLAB
関連資格 CCNP Collaboration
試験時間 75 分 (55 - 65 問)
試験言語 英語
試験登録 Pearson VUE popup
試験ポリシー 認定試験ポリシーおよび要件
試験チュートリアル 出題形式 popup

この試験では、Cisco Unified Collaboration ソリューションのトラブルシューティングに必要な知識とスキルを評価します。トラブルシューティングのメソッド、トリアージ、リソース、およびツールに関する内容が出題されます。また、Cisco Unified Communications Manager、Cisco Video Communication Server(VCS)Control、Cisco Expressway シリーズ、Cisco TelePresence Management Suite、およびメディア リソース(音声/ビデオ会議を含む)についても出題されます。


試験は参考書持ち込み不可であり、いかなる外部の参考資料の使用も認められません。

次に、この試験の一般的な出題内容を示します。 ただし、試験によっては、ここに示されていない関連分野も出題される場合があります。 試験内容をより適切に反映させ、明確にするために、次のガイドラインは事前の通告なく変更されることがあります。

  • 15%     1.0   登録に関するトラブルシューティング

      • 1.1

        エンドポイント登録に関するトラブルシューティング

      • 1.2

        ゲートウェイに関するトラブルシューティング

      • 1.3

        CUCM および VCS 登録に関するトラブルシューティング

      • 1.4

        Cisco Unified Communications Manager、VCS および Expressway でのデータベース レプリケーションに関するトラブルシューティング

  • 25%     2.0   コールの設定に関する
    トラブルシューティング

      • 2.0

        コールの設定に関するトラブルシューティング

      • 2.1

        サイト間コールの設定に関するトラブルシューティング

      • 2.2

        サイト内コールの設定に関するトラブルシューティング

      • 2.3

        マルチポイント コールのトラブルシューティング

      • 2.4

        オフネット コールの設定に関するトラブルシューティング

      • 2.5

        ダイヤル プランのトラブルシューティング

      • 2.6

        片通話の音声/ビデオのトラブルシューティング

      • 2.7

        コールの設定のトラブルシューティングと分析

  • 15%     3.0   コール制御検出および
    ILS のトラブルシューティング

      • 3.1

        Service Advertisement Framework のフォワーダに関するトラブルシューティング

      • 3.2

        Service Advertisement Framework のクライアント制御に関するトラブルシューティング

      • 3.3

        Service Advertisement Framework のコール制御検出に関するトラブルシューティング

      • 3.4

        URI ダイヤル/ILS のトラブルシューティング

      • 3.5

        H.323 および SIP トレース/ログ/デバッグのトラブルシューティング

  • 7%     4.0   アプリケーションに関する
    トラブルシューティング

      • 4.1

        Cisco Extension Mobility に関するトラブルシューティング

      • 4.2

        Cisco Unified Communications Manager のデバイス モビリティに関するトラブルシューティング

      • 4.3

        Cisco Unified Mobility に関するトラブルシューティング

  • 13%     5.0   メディア リソースの
    トラブルシューティング

      • 5.1

        会議ブリッジ(IOS ルータ、MCU、Telepresence Server)のトラブルシューティング

      • 5.2

        トランスコーダのトラブルシューティング

      • 5.3

        MTP のトラブルシューティング

      • 5.4

        会議に関する(会議室/アドホック会議室、参加者の上限、および一般的な会議全体の設定)トラブルシューティング

  • 13%     6.0   コール品質に関する
    トラブルシューティング

      • 6.1

        ドロップされたコールのトラブルシューティング

      • 6.2

        音声品質に関するトラブルシューティング

      • 6.3

        ビデオに関連する一般的なネットワーク問題の特定

      • 6.4

        ビデオ信号の品質に関するトラブルシューティング

  • 12%     7.0   ビデオ会議アーキテクチャの
    トラブルシューティング

      • 7.1

        TMS を使用した TMS で管理されるシステムのトラブルシューティング

      • 7.2

        エンドポイント(ログ、トレース、音声/ビデオ)のトラブルシューティング

      • 7.3

        エンドポイントとインフラストラクチャ間の帯域幅の不一致に関するトラブルシューティング

  • この試験を受けるにあたり、次のコースを受講することを推奨します。

    • Troubleshooting Cisco IP Telephony & Video (CTCOLLAB) v1.0

    上記のコースは、シスコ認定ラーニング パートナーのみ提供可能なシスコの IT トレーニング コースです。指導はすべてシスコ認定インストラクターによって行われます。
    シスコ ラーニング パートナー一覧
    コーススケジュール

    Cisco Press は、シスコの認定資格試験用の教材およびネットワーク テクノロジーの学習教材の発行を許可された唯一の出版社です。こちら [英語] popupから購入できます。

      
    Pearson VUE で試験を申し込む

    ご自身の情報を
    ご確認ください

    シスコは、トラッキングシステムのデータを元にさまざまな情報を提供しています。少なくとも2ヶ月に一度はログインして、記録されている情報のご確認をお願い致します。

    トラッキング システム