IT 認定とキャリアパス

300-470 CLDAUT

Automating the Cisco Enterprise Cloud

試験番号 300-470
関連資格 CCNP Cloud
試験時間 90 分 (55 - 65 問)
試験言語 英語
試験登録 Pearson VUE popup
試験ポリシー 認定試験ポリシーおよび要件
試験チュートリアル 出題形式 popup

この試験は、プライベート IaaS のプロビジョニング、カタログ スケーリングを使用したプライベート IaaS のプロビジョニング、ネットワーク自動化を使用したプライベート IaaS のプロビジョニング、ハイブリッド IaaS のプロビジョニング、アプリケーションのプロビジョニングとライフサイクル管理を行うために必要な知識と技能が問われます。

試験は参考書持ち込み不可であり、いかなる外部の参考資料の使用も認められません。

次に、この試験の一般的な出題内容を示します。 ただし、試験によっては、ここに示されていない関連分野も出題される場合があります。 試験内容をより適切に反映させ、明確にするために、次のガイドラインは事前の通告なく変更されることがあります。

  • 27%     1.0   プライベート IaaS インフラストラクチャの
                        プロビジョニング

      • 1.1

        クラウド テナントの作成

        • 1.1.a

          インフラストラクチャ デバイスのプロビジョニング

          • 1.1.a.1

            ネットワークのプロビジョニング

          • 1.1.a.2

            コンピューティングのプロビジョニング

          • 1.1.a.3

            ストレージのプロビジョニング


      • 1.2

        ポリシーの開発

        • 1.2.a

          ネットワーク

        • 1.2.b

          ストレージ

        • 1.2.c

          コンピューティング

        • 1.2.d

          コスト モデル

        • 1.2.e

          サービス カタログ


      • 1.3

        仮想データセンターの管理

        • 1.3.a

          仮想データセンターの作成

        • 1.3.b

          VDC 内のアプリケーション カテゴリの管理


      • 1.4

        ワークフローの管理

        • 1.4.a

          入力/出力パラメータの作成

        • 1.4.b

          ワークフロー デザイナへのタスクの追加

        • 1.4.c

          カスタム ワークフロー タスクの作成

        • 1.4.d

          オープン オートメーション ツール キット(SDK)の説明


      • 1.5

        カタログの管理

        • 1.5.a

          標準カタログおよび詳細カタログの公開

        • 1.5.b

          カタログの複製

        • 1.5.c

          ユーザの VM アクション ポリシーの作成

        • 1.5.d

          コスト(金銭)トラッキング


      • 1.6

        Cisco UCS Director でのセルフサービス プロビジョニングの設定

        • 1.6.a

          ポータルのカスタマイズ

        • 1.6.b

          サービス リクエスト ワークフローの作成

        • 1.6.c

          サービス リクエストのモニタリング

  • 17%     2.0   プライベート IaaS カタログの
                        プロビジョニング

      • 2.1

        PSC 11.0 での Cisco UCS Director サービスの公開

        • 2.1.a

          Cisco UCS Director のカタログとテンプレートの検出

        • 2.1.b

          エンドユーザ発注用の RBAC を使用したサービスの発行


      • 2.2

        エンドユーザとしての PSC IaaS サービスの発注

        • 2.2.a

          エンドユーザとしてのログイン

        • 2.2.b

          標準カタログまたは詳細カタログに基づく VM の発注

        • 2.2.c

          カタログ

        • 2.2.d

          サービス コンテナの発注


      • 2.3

        アプリケーション スタック サービスの公開

        • 2.3.a

          アプリケーション スタック サービスの設計

        • 2.3.b

          エンドユーザ発注用の RBAC を使用したアプリケーション スタック サービスの公開

        • 2.3.c

          エンドユーザとしてのアプリケーション スタックの発注

  • 18%     3.0   ネットワーク自動化を使用した
                        プライベート IaaS のプロビジョニング

      • 3.1

        コンテナのポリシーの定義

        • 3.1.a

          コンピューティング ポリシー

        • 3.1.b

          ネットワーク ポリシー

        • 3.1.c

          ストレージ ポリシー

        • 3.1.d

          システム ポリシー


      • 3.2

        グローバル リソース プールの定義

        • 3.2.a

          VLAN/VXLAN プールの設定

        • 3.2.b

          IP サブネット プールの設定

        • 3.2.c

          スタティック IP プールの設定


      • 3.3

        Cisco VACS 3 層内部テンプレートの作成

        • 3.3.a

          テンプレート タイプの指定

        • 3.3.b

          導入オプションの選択

        • 3.3.c

          ネットワーク リソース プールの設定

        • 3.3.d

          VM ネットワークの設定

        • 3.3.e

          テンプレートへの仮想マシンの追加


      • 3.4

        Cisco VACS 3 層外部テンプレートの作成

        • 3.4.a

          3 層外部テンプレート用 ACL の定義

        • 3.4.b

          セキュリティ ゾーンの設定


      • 3.5

        PSC 11.0 で検出される VACS サービスの公開

        • 3.5.a

          VACS コンテナの検出

        • 3.5.b

          VACS アプリケーション コンテナ テンプレートの登録

  • 18%     4.0   ハイブリッド IaaS のプロビジョニング

      • 4.1

        Intercloud Fabric 接続の設定

        • 4.1.a

          プロバイダー クラウド アカウントの設定

        • 4.1.b

          インフラストラクチャ イメージのセットアップ

        • 4.1.c

          セキュアな拡張のセットアップ

        • 4.1.d

          ポート プロファイルの追加

        • 4.1.e

          VM 用 IP プールの作成

        • 4.1.f

          ユーザ グループとユーザの作成

        • 4.1.g

          vDC の設定

        • 4.1.h

          ネットワークおよびシステム ポリシーの設定


      • 4.2

        ハイブリッド クラウドで新しいワークロードを導入するための VM テンプレートの作成

        • 4.2.a

          仮想マシン テンプレートの設定

        • 4.2.b

          ネットワーク ポリシーの設定

        • 4.2.c

          システム ポリシーの設定

        • 4.2.d

          ストレージ ポリシーの設定

        • 4.2.e

          VMware ポリシー(ネットワーク、システム、コンピューティング、およびストレージ)の設定

        • 4.2.f

          テンプレート用カタログの作成


      • 4.3

        パブリック クラウドとプライベート クラウドの間でワークロードを移行するための VM テンプレートの作成

        • 4.3.a

          仮想マシン テンプレートの設定

        • 4.3.b

          ネットワーク ポリシーの設定

        • 4.3.c

          システム ポリシーの設定

        • 4.3.d

          ストレージ ポリシーの設定

        • 4.3.e

          VMware ポリシー(ネットワーク、システム、コンピューティング、およびストレージ)の設定

        • 4.3.f

          テンプレート用カタログの作成


      • 4.4

        ハイブリッド クラウドでのセキュリティ アプライアンスの導入

        • 4.4.a

          ICF 経由でのインフラストラクチャ ウィザードの実行による、ICS サービス コントローラとクラウド コンポーネント(PNSC など)の起動

        • 4.4.b

          コンピューティング ファイアウォールの追加

        • 4.4.c

          コンピューティング セキュリティ プロファイルの定義

        • 4.4.d

          オブジェクト グループ、ゾーン、ルール、ポリシーの定義

        • 4.4.e

          サービス パスの作成

        • 4.4.f

          ポート プロファイルへのサービス パスのバインド


      • 4.5

        ハイブリッド クラウド VM 間のセキュアな通信を実現するためのルーティング ポリシーの設定

        • 4.5.a

          エッジ ルータの追加

        • 4.5.b

          システム ポリシーの追加

        • 4.5.c

          ネットワーク ポリシーの追加

        • 4.5.d

          ルーティング ポリシーの追加

        • 4.5.e

          VM の割り当て


      • 4.6

        ハイブリッド クラウド環境内の仮想マシンを管理するためのエンドユーザ ワークフローの設定

        • 4.6.a

          バースト

        • 4.6.b

          開発用サンドボックス

        • 4.6.c

          ディザスタ リカバリ

        • 4.6.d

          公共の環境での実稼動展開

  • 20%     5.0   アプリケーションのプロビジョニングと
                        ライフサイクル管理

      • 5.1

        PSC 11.0 での仮想サーバの発注

        • 5.1.a

          標準カタログまたは詳細カタログに基づく VM の発注

        • 5.1.b

          サービス コンテナの発注


      • 5.2

        PSC 11.0 での物理サーバの発注

        • 5.2.a

          ベアメタル物理サーバの発注

        • 5.2.b

          仮想物理サーバの発注


      • 5.3

        PSC 11.0 での多層アプリケーション コンテナの発注

        • 5.3.a

          3 層アプリケーション コンテナの発注


      • 5.4

        アプリケーション コンテナの管理

        • 5.4.a

          アプリケーション コンテナ レポートへのアクセス

        • 5.4.b

          アプリケーション コンテナの電源オン

        • 5.4.c

          アプリケーション コンテナの電源オフ

        • 5.4.d

          アプリケーション コンテナへの VM の追加

        • 5.4.e

          アプリケーション コンテナからの VM の削除

        • 5.4.f

          アプリケーション コンテナの削除


      • 5.5

        ライフサイクルの管理

        • 5.5.a

          VM

        • 5.5.b

          コンピューティング

        • 5.5.c

          ストレージ

        • 5.5.d

          ネットワーク


      • 5.6

        スナップショット

        • 5.6.a

          種類

        • 5.6.b

          要件

        • 5.6.c

          制限事項

  • この試験を受けるにあたり、次のコースを受講することを推奨します。

    • Cisco Enterprise Cloud (CLDAUT) v1.0

    上記のコースは、シスコ認定ラーニング パートナーのみ提供可能なシスコの IT トレーニング コースです。指導はすべてシスコ認定インストラクターによって行われます。
    シスコ ラーニング パートナー一覧
    コーススケジュール

    Cisco Press は、シスコの認定資格試験用の教材およびネットワーク テクノロジーの学習教材の発行を許可された唯一の出版社です。英語版はこちらpopupから購入できます。

      
    Pearson VUE で試験を申し込む

    ご自身の情報を
    ご確認ください

    シスコは、トラッキングシステムのデータを元にさまざまな情報を提供しています。少なくとも2ヶ月に一度はログインして、記録されている情報のご確認をお願い致します。

    トラッキング システム