IT 認定とキャリアパス

300-085 CAPPS

Implementing Cisco Collaboration Application v1.0

試験番号 300-085 CAPPS
関連資格 CCNP Collaboration
試験時間 75 分 (55 - 65 問)
試験言語 英語
試験登録 Pearson VUE popup
試験ポリシー 認定試験ポリシーおよび要件
試験チュートリアル 出題形式 popup

この試験では、Cisco Unified Collaboration ソリューションに含まれる Cisco Unified IM and Presence、Cisco Unity Express、Cisco Unity Connection、Cisco Prime Collaboration、Cisco TelePresence Management Suite の統合オプションについてテストします。音声メッセージング導入シナリオ、Cisco Unified IM and Presence 機能、Cisco Jabber の実装に関する内容が出題されます。また、Cisco Prime Collaboration 機能と、Cisco Unified Collaboration ソリューションにおける Cisco TelePresence Management Suite の役割についても出題されます。


試験は参考書持ち込み不可であり、いかなる外部の参考資料の使用も認められません。

次に、この試験の一般的な出題内容を示します。 ただし、試験によっては、ここに示されていない関連分野も出題される場合があります。 試験内容をより適切に反映させ、明確にするために、次のガイドラインは事前の通告なく変更されることがあります。

  • 15%     1.0   TMS

      • 1.1

        TMS の管理と機能(会議コントロール センター、レポート機能など)の運用の説明

      • 1.2

        TMS を使用したコールの設定と確立

  • 14%     2.0   プロビジョニング(TMS)

      • 2.1

        プロビジョニングのためのシステム コンポーネントの理解

      • 2.2

        プロビジョニング有効化のための VCS および TMS の設定

  • 18%     3.0   Cisco Jabber

      • 3.1

        UCM/Presence での Cisco Jabber の設定

      • 3.2

        Cisco Jabber 用の UDS の設定

      • 3.3

        コラボレーション エッジ導入のための Cisco Jabber Video for TelePresence およびその他の Cisco Jabber クライアントに対する VCS Control および TMS の設定

      • 3.4

        Presence の仕組みと VCS または Expressway でのその役割の説明

      • 3.5

        BFCP(デスクトップ共有)の設定

  • 25%     4.0   Cisco Unity Connection の設定

      • 4.1

        Cisco Unity Connection と Cisco Unified Communications Manager の統合

      • 4.2

        Cisco Unity Connection システムの設定

      • 4.3

        コール管理オプションの説明

      • 4.4

        コール ルーティング オプションの設定

      • 4.5

        Cisco Unity Connection のパーティションとサーチ スペースの設定

      • 4.6

        アカウント ポリシー、サブスクライバのサービス クラス、およびサブスクライバ テンプレートの設定

      • 4.7

        Cisco Unity Connection へのユーザ アカウントのインポート

      • 4.8

        Cisco Unity Connection ビデオ機能の設定

      • 4.9

        Cisco Unity Connection のトラブルシューティング

  • 10%     5.0   GUI を使用した Cisco Unity
    Express の設定

      • 5.1

        Cisco Unity Express と Cisco Unified Communications Manager Express の統合

      • 5.2

        Cisco Unity Express システムの設定

      • 5.3

        コール ルーティング オプションの設定

      • 5.4

        自動応答機能の設定

      • 5.5

        アカウント ポリシー、サブスクライバのサービス クラス、およびサブスクライバ テンプレートの設定

      • 5.6

        Cisco Unified Communications Manager Express から Cisco Unity Express へのユーザ アカウントのインポート

      • 5.7

        Cisco Unity Express のトラブルシューティング

  • 18%     6.0   IM and Presence ソリューションの
    実装

      • 6.1

        Cisco Unified IM and Presence の機能と動作の説明

      • 6.2

        Cisco Unified IM and Presence ソリューション コンポーネントの説明

      • 6.3

        Cisco Unified IM and Presence ソリューションの通信フローの説明

      • 6.4

        Cisco Unified IM and Presence との統合のための Cisco Unified Communications Manager の設定

      • 6.5

        Cisco Unified IM and Presence のトラブルシューティング

  • この試験を受けるにあたり、次のコースを受講することを推奨します。

    • Implementing Cisco Collaboration Application v1.0

    上記のコースは、シスコ認定ラーニング パートナーのみ提供可能なシスコの IT トレーニング コースです。指導はすべてシスコ認定インストラクターによって行われます。
    シスコ ラーニング パートナー一覧
    コーススケジュール

    Cisco Press は、シスコの認定資格試験用の教材およびネットワーク テクノロジーの学習教材の発行を許可された唯一の出版社です。こちら [英語] popupから購入できます。

      
    Pearson VUE で試験を申し込む

    ご自身の情報を
    ご確認ください

    シスコは、トラッキングシステムのデータを元にさまざまな情報を提供しています。少なくとも2ヶ月に一度はログインして、記録されている情報のご確認をお願い致します。

    トラッキング システム