IT 認定とキャリアパス

CCT TelePresence

Cisco CCT™ TelePresence 認定は、Cisco TelePresence システムのオンサイト サポートと保守に必要な技能に重点を置いています。この分野の技術者は、Cisco TelePresence のモデル、アクセサリ、ケーブル配線およびインターフェイス、Cisco TelePresence 動作モード、一般的なソフトウェアについて理解できる必要があります。また、シスコのコマンドライン インターフェイス(CLI)を使用して、製品の接続とサービスを実施し、Cisco TelePresence システムの基本的な調整ができることも必要です。CCT TelePresence 認定を取得するには、Cisco CCT Routing & Switching 認定を最初に取得する必要があります。

認定条件

受験者は、CCT TelePresence 認定を取得する前に、CCT Routing & Switching 認定を取得する必要があります。

試験および推奨トレーニング

試験 推奨トレーニング
640-792 TPTECH popup Supporting Cisco TelePresence System Devices (TPTECH popup )

再認定

CCT 認定の有効期限は 3 年間です。再認定を受けるには、認定の有効期限内に次のいずれかの条件を満たす必要があります。

  • 現行の CCT TelePresence 試験(TPTECH)に合格
  • 現行の ICND1 試験および現行の ICND2 試験に合格
  • 現行の CCNA Composite 試験に合格
  • 現行の CCDA 試験に合格
  • 現行の CCNA Concentration 試験の 1 つ (CCNA Wireless、CCNA Security、CCNA Voice、CCNA SP Operations)に合格
  • 現行の 642-XXX プロフェッショナル レベル試験の 1 つに合格
  • 現行の シスコ スペシャリスト試験の 1 つ (Sales Specialist、MeetingPlace Specialist、Implementing Cisco Telepresence Installations [ITI] 試験を除く) に合格
  • 現行の CCIE の筆記試験の 1 つに合格
  • 現行の CCDE の筆記試験または現行の CCDE 実技試験に合格
  • アーキテクト インタビューおよびアーキテクト委員会審査に合格 (下位の認定の拡大に必要)

CCT ビデオデータシート

このビデオを閲覧するには、最新バージョンの Flash プレイヤーをインストールし、JavaScriptを有効にする必要があります。

Flash プレイヤーを入手する popup

シスコ技術者認定 CCNA CCNP CCIE 学習情報サイト シスコラーニングネットワーク

ご自身の情報を
ご確認ください

シスコは、トラッキングシステムのデータを元にさまざまな情報を提供しています。少なくとも2ヶ月に一度はログインして、記録されている情報のご確認をお願い致します。

トラッキング システム