スマート+コネクテッド ライティング

都市管理の改善

マルチセンサー データを監視および管理して、住民によりよいサービスを提供します。

Improve City Management

マルチセンサーを搭載した Internet of Everything プラットフォーム

概要

都市環境には街灯が欠かせません。住民に対しては安心感を与え、その場所らしさを演出します。また、ビジネスや観光にも影響します。しかし街灯はまた、大量のエネルギーを消費します。

各都市では電力需要を減らすために、40 億本の街灯の大半を発光ダイオード(LED)に移行する取り組みを進めています。こうした移行が世界的な規模で進むと、さまざまなスマートシティ ソリューションの基盤となる共通のプラットフォームが必要になってきます。

価値提案

スマート+コネクテッド ライティング ソリューションをスマート+コネクテッド マルチセンサー ノードと組み合わせることで、強力な光センサー ネットワーク(LSN)を構築できます。こうした高性能な標準ベースのシステムは、湿度、二酸化炭素と酸素、紫外線 A 波と B 波、粒子状物質、振動や地震、ビデオ、音声などの環境データを収集します。

データは LSN 経由で送信され、警察、環境の改善、交通の監視、地震対策など、共通のインフラストラクチャ全体にわたるさまざまな都市サービスをサポートします。

都市が実現できること:

  • エネルギー消費、コスト、メンテナンスの削減
  • 交通ルール遵守率と違反に対する検挙率の向上、税収の増加
  • 各公共機関における状況認識、リアルタイムのコラボレーション、意思決定の強化
  • 大規模な物理インフラの導入なしに、インテリジェントな Internet of Everything(IoE)イノベーションを、交通機関、公共施設、治安、環境モニタリングに導入

主な機能

  • 低遅延(または最小遅延)でのリアルタイム データ通信により、安全性とセキュリティを強化
  • 強力な分析機能による、高解像度(HD)の raw ビデオ ストリームのリアルタイム分析
  • 高帯域幅の機器がなくても大量データのコンテンツを転送できるアルゴリズム
  • ノードからクラウドまでのシステム全体に階層化されたセキュリティにより、新たなアプリケーションや要件を長期的にサポート

注目のコンテンツ

お問い合わせ

シスコをフォロー