Nexus 1100 シリーズ向け Cisco Prime ネットワーク解析モジュール(NAM)

Cisco Nexus 1000V スイッチの運用状況を可視化

Nexus 1010 向け Cisco Prime NAM には、トラフィックおよびパフォーマンスに関する分析機能が搭載されています。これにより、ネットワーク管理者はパフォーマンスの問題を迅速にトラブルシューティングし、仮想マシン(VM)ネットワークのネットワーク リソースの使用を最適化できます。Cisco Prime NAM を Cisco Nexus 1010 Virtual Services Appliance に統合することで、ネットワークが省スペース化され、導入の簡素化と管理コストの削減が実現します。

Nexus 1010 向け Cisco Prime NAM により、次のことが可能になります。

  • アプリケーション、ホスト/仮想マシン、カンバセーションごとのネットワーク使用状況を分析し、パフォーマンスや可用性に影響を及ぼす可能性のあるボトルネックを特定
  • 仮想マシン間のトラフィック、仮想インターフェイスの統計情報、アプリケーションの応答時間に対する優れた可視化機能を使用して、パフォーマンスの問題をトラブルシューティング
  • 運用状況の可視性の向上により、仮想インフラストラクチャの効率が向上

Nexus 1010 向け Cisco Prime NAM の主な特長は次のとおりです。

  • ワークフロー指向のユーザ エクスペリエンスにより、運用効率とユーザの生産性が向上
  • 履歴分析により、想定外のパフォーマンス問題に対応
  • トラフィック分析により、ネットワーク動作を多面的に可視化
  • パケット キャプチャ、デコード、フィルタ、エラー スキャンにより、根本原因の分析を迅速化
  • 標準ベースの API により、既存の管理資産を有効活用して投資を保護

Nexus 1010 向け Cisco Prime NAM は、Cisco NAM 製品ポートフォリオに属しています。Cisco NAM 製品ファミリを参照してください。

注目のコンテンツ

NAM 5.1 の新機能

NAM 5.1 がどのようにしてパフォーマンス、精度、ネットワーク接続性を向上させるかをご確認ください。
ビデオを観る (8:01 min) [英語]


Cisco NAM 5.0 の威力

可視化することによって、WAN の最適化と、パフォーマンス問題のトラブルシューティングが可能になります。
Web キャストに登録

質問と回答
Cisco Community Central にアクセスして、Cisco Nexus 1000V シリーズ スイッチに関する意見交換にご参加ください。

お問い合わせ先