慶應義塾大学 - シスコ コラボレーション ソリューション導入事例

Cisco WebEx の全学展開により、 グローバル化の加速とデジタル時代の「学び方」「働き方」改革を推進

Cisco WebEx の全学展開により、 グローバル化の加速と
デジタル時代の「学び方」「働き方」改革を推進


製品&サービス

  • Cisco WebEx
  • Cisco Collaboration Meeting Rooms (CMR)Cloud

課題

  • 教職員、学生ともに場所に捉われないコミュニケーションの機会が増加
  • 海外の大学や研究機関との連携、留学生への対応などグローバル化が進展
  • 導入していた Cisco WebEx のライセンス数の制限により、柔軟な利用が困難

ソリューション

  • Cisco WebEx のアカデミック オファーにより、大学のすべての教職員、学生が Cisco WebEx を利用できる環境を整備
  • 慶應義塾共通認証システムとの連携により、既存のユーザ ID とパスワードで Cisco WebEx を利用可能
  • Cisco CMR Cloud で、既存のビデオ会議システムとの相互接続性を向上

結果~今後

  • 教育、研究、学習や大学業務への活用を促進
  • 学外とのコラボレーションを活性化させるツールとして活用を期待
Cisco WebEx はとても安定していて、より多くの人に使ってほしいと思っていました。グローバルで利用実績が豊富であることも、全学で展開する大きな理由です。
金子 康樹 氏
慶應義塾 インフォメーション テクノロジー センター(ITC)本部 事務長

メディアの選択