アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

日本で主に活用されているコースをご紹介します。すべてのコースリストはこちらをご覧ください。

入門コース(オンライン)

■ IoT/DX 入門(Introduction to IoT - プログラミング、ビッグデータ、自動化、AI/ML、セキュリティ)

概要

デジタルトランスフォーメーションとは何かを理解し、DX がいかに前例のない経済的成長機会を生み出しているかについて学びます。デジタルトランスフォーメーションは、単なる業務効率化、生産性向上ではありません。テクノロジーを活用し、企業や社会のプロセスを変革し、より良い顧客体験を創出し、収益性をあげる取り組みです。
 

コースでは、DX を支えるテクノロジーとして、プログラミング(Python)、ビッグデータ、自動化、AI/ML、セキュリティの基礎がカバーされており、これらの活用により、デジタルトランスフォーメーションがどのように可能になるかを世界中の事例と共に学びます。

習得できるスキル

デジタルトランスフォーメーションがもたらすメリットについて理解する。
プログラミング、ビッグデータ、自動化、AI/ML、セキュリティの基礎を広く理解する。

対象

DX とはなにかを学びたい学生、社会人
DX を支えるテクノロジーについて基礎から学びたい学生、社会人

前提知識

不要

言語  日本語
費用  無料 

所要時間

5 時間~

受講リンク

https://www.netacad.com/portal/web/self-enroll/m/course-7463

Sorry, no results matched your search criteria(s). Please try again.

■ サイバーセキュリティ入門(Introduction to Cybersecurity)

概要

2019 年、世界経済フォーラムはグローバル リスク報告書の中で「今後起こりうる世界的なリスク」トップ 5 のひとつとしてサイバー攻撃を挙げました。個人や企業はもちろん、国家の安全保障さえも脅かす危険のあるサイバー攻撃は、いまや自然災害や気候変動といった環境危機に並ぶリスクです。このコースでは、サイバーセキュリティとはなにか、個人や企業のデータを保護する方法、サイバーセキュリティの脅威と安全性の維持について学習します。

習得できるスキル

実践的なセキュリティリテラシーを習得するサイバーセキュリティとは何かを理解する。
サイバーセキュリティの脅威と、自身や組織を脅威から守る方法を理解する。

対象

インターネットを活用するすべての学生、社会人
サイバーセキュリティについての基礎知識、動向を学びたい学生、社会人

前提知識

不要

言語  日本語
費用  無料 

所要時間

3 時間~

受講リンク

https://www.netacad.com/portal/web/self-enroll/m/course-459486

Sorry, no results matched your search criteria(s). Please try again.

■ サイバーセキュリティ基礎(Cybersecurity Essentials)

概要

サイバーセキュリティの脅威、脆弱性、攻撃について学び、企業のセキュリティ対策に活かします。機密性を確保するための暗号化、アクセス制御、データ保護。完全性を高めるためのハッシュアルゴリズム、デジタル証明書。可用性を高めるための、冗長化、BCP。更にネットワーク・セキュリティについて学びます。

習得できるスキル

サイバーセキュリティの機密性、完全性、可用性の原理を理解する。
機密性、完全性、可用性を高めるために必要なテクノロジー、手法を学習する。
ネットワーク・セキュリティの基礎を理解する。

対象

企業内の IT 管理者
エンジニア

前提知識

サイバーセキュリティ入門(Introduction to Cybersecurity)相当
言語  日本語
費用  無料 

所要時間

5 時間~

受講リンク

https://www.netacad.com/portal/web/self-enroll/m/course-10439

Sorry, no results matched your search criteria(s). Please try again.

■ Python Essentials 

概要

世界で最も使用されているプログラミング言語  Python をゼロから学べるコースです。
このコースでは、ソフトウェア開発に関連する業務やキャリアに必要となるジュニア開発者としてのコードの作成はもちろん、コンピューターシステムの設計やソフトウェアのテスト等まで学ぶことができます。ソフトウェア開発、セキュリティ、ネットワーキング、IoT(モノのインターネット)等に関わる仕事を志望する方は、ぜひ受けておきたいコースです。

習得できるスキル

Python 言語でエンコードされたプログラムの設計、作成、デバッグ、実行を可能にするプログラミング知識を学習します。
更に、ソフトウェアの基本的な概念を理解することを目的としています。

対象

プログラミングを基礎から学びたい学生、社会人
Python のグローバル資格である PCEP/PCAP に挑戦したい方

前提知識

不要

言語  英語
費用  無料 

所要時間

42 時間~

その他 本コースは Python の世界標準の資格である PCEP/PCAP に準拠しているコースです。コース修了者には資格試験の受験料割引バウチャーが発行されます。

受講リンク

https://www.netacad.com/portal/web/self-enroll/m/course-397236

Sorry, no results matched your search criteria(s). Please try again.

キャリアコース(インストラクタによる講義形式)

■ ネットワーク基礎(Networking Essentials)

概要

このコースは、スモールオフィスや家庭内ネットワーキングなど、小規模ネットワーク環境を題材にしてネットワーキングの基礎となる知識やスキルを学びます。Cisco Packet Tracer を使用した実践的な学習を提供します。

習得できるスキル

小規模なネットワークを構築、管理するために必要なスキルを学びます。また、ネットワーク技術者、サポートエンジニアになるために必要なスキルの一部を受講生が取得することに役立ちます。

CCNA 手前のコースとして、IT 以外の分野を勉強 している受講生も、IT およびネットワーキング入門コースとしてお使いいただけます。

コース内容

  • 9 章
  • 21 つの演習
  • 17 の Cisco Packet Tracer 演習課題
  • ビデオ
  • スキルアセスメント、章末問題、模擬最終試験、最終試験

形式

インストラクタによる講義形式

インストラクタ育成 不要
対象 学生

言語

日本語

所要時間

70 時間 ※部分使用可能
その他 修了者全員に修了証を提供します。

Sorry, no results matched your search criteria(s). Please try again.

■ CCNA

概要

2020 年 2 月に改定された新しいシスコ技術者認定 CCNA に準拠したコースです。小規模ネットワークから企業ネットワークまでを設計、保護、運用、およびトラブルシューティングするための包括的な知識やスキルを、実践的な演習を通して学びます。

習得できるスキル

資格取得に向けて必要なスキルを実践を通して学びます。情報通信技術(ICT)業界でのジュニアレベルのエンジニアとして活躍することができます。

コース内容

  • 3 つのコースのシリーズ:
    1. Introduction to Networks (ITN)
    2. Switching, Routing and Wireless Essentials (SRWE)
    3. Enterprise Networking, Security and Automation(ENSA)
  • ハンズオンラボと Cisco Packet Tracer 演習
  • ビデオ
  • モジュールクイズ、理解の確認クイズ、模擬最終試験、最終試験

形式

認定インストラクタによる講義形式

インストラクタ育成 必要
対象 学生

言語

日本語

所要時間

210 時間(70 時間×3)※部分使用可能
その他 修了者全員にデジタルバッジを提供します。一定の条件にてコースを修了した方には、シスコ技術者認定資格 CCNA 受験料の割引バウチャを提供します。

Sorry, no results matched your search criteria(s). Please try again.

■ CCNA Cyber Ops / Cyber Ops Associate

概要

Security Operation Center(SOC) でエントリレベルのセキュリティ アナリストとして活躍する人材を育成します。サイバー犯罪、サイバースパイ、インサイダー脅威、高度な持続的脅威、規制要件、および組織が直面しているその他のサイバーセキュリティ問題の監視、検出、分析、対応するのに必要なコアセキュリティの概念とスキルを実践的に学びます。

習得できるスキル

  • 組織のセキュリティシステムの監視能力
  • サイバー攻撃の検出能力
  • サイバー空間の脅威への対応能力

コース内容

  • 13 章
  • Virtual Machine を使用した演習、ハンズオン
  • Cisco Packet Tracer 演習
  • ビデオ
  • スキルアセスメント、章末問題、最終試験模擬試験、最終試験

形式

認定インストラクタによる講義形式

インストラクタ育成 必要
対象 学生

言語

日本語

所要時間

70 時間 ※部分使用可能
その他 修了者全員に修了証を提供します。一定の条件にてコースを修了した方には、シスコ技術者認定資格 Cyber Ops Associate の受験料の割引バウチャを提供します。
  現在の日本語版は旧 CCNA Cyber Ops に準拠しています。今後、Cyber Ops Associate 資格に準拠したコースの日本語化する予定です。

Sorry, no results matched your search criteria(s). Please try again.