Cisco Meraki Japan

アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

クラウド管理型
セキュリティと
SD-WAN

包括的なセキュリティとインターネットおよび VPN 接続をオールインワンで提供するクラウド管理型セキュリティ & SD-WAN アプライアンス

 

安全、迅速

Cisco Meraki セキュリティ アプライアンスは、ゼロ タッチ クラウド プロビジョニング機能を利用することで、リモートから数分で導入できます。テンプレートを使用して、数千ものサイト全体でセキュリティ設定を同期できるため、シンプルです。Auto VPN テクノロジーによって、直感的な Web ベースのダッシュボードを利用して 3 回のクリックでブランチを安全に接続できます。

数分でサイトを 保護

1

Meraki セキュリティ アプライアンスをダッシュボードに追加

2

侵入防御機能を有効化

3

必要な脅威防御レベルを選択

単一システムで
包括的なセキュリティ

すべての Meraki セキュリティ アプライアンスは、ネットワークを保護するために、ステートフル ファイアウォールや Sourcefire 統合侵入防御(IPS)エンジンなどのさまざまな機能をサポートしています。すべての拠点には、最新の脆弱性や問題のある Web サイトに対する最先端の防御機能が備わっており、脅威の定義とフィルタ リストはシームレスに更新されます。

ワンボックスで SD-WAN

すべてのセキュリティ アプライアンスに組み込まれている SD-WAN 機能によって運用コストが削減され、マルチサイト環境での機器の利用効率を向上します。ネットワーク管理者は、より効率よく帯域幅を利用できるため、セキュリティやデータのプライバシーを損なうことなく、重要なアプリケーションのパフォーマンスを最大限まで高めることができます。

耐障害性

Meraki セキュリティ アプライアンスに組み込まれている冗長性:インターネット接続を維持するためのデュアル WAN およびセルラー アップリンク、サービスの整合性を確保する機器のウォーム スペア フェールオーバー、ブランチとパブリック クラウド IT サービスを安全に接続する自己修復型サイト間 VPN

    直感的な一元管理

    ネットワーク管理者は、Meraki ダッシュボードを利用して、サイト全体の接続されたクライアント数、帯域幅使用状況、アプリケーション利用状況を確認できます。また、ポリシーを適用することで、様々なアプリをブロック、シェーピングしたり、逆にホワイトリストを作成してアクセスを許可するなど、パフォーマンスとユーザ エクスペリエンスを最適化できます。優れた可視性と制御により、場所や時間を問わず、インターネットにアクセスできるデバイスから実用的な分析情報を取得できます。

    Meraki MX には、すぐに使える強力で包括的な機能が搭載されています。

    ID ベース
    ファイアウォール

    社員用や来訪者用など、ユーザの属性(ID)に応じて適用可能なファイアウォール /トラフィック シェーピング

    侵入防御システム

    IDS/IPS のコア エンジンには、高い検知率と信頼性で業界標準となっている Cisco Snort を搭載

    自動 VPN

    わずらわしい設定は最小限。ダッシュボードでの数回のクリックで拠点間 VPN を自動構成

    コンテンツ
    フィルタリング

    80 以上のカテゴリでフィルタリングおよび外部データベースと連携して、数十億の URL をフィルタリング可能

    高度なマルウェア防御

    業界をリードする Cisco AMP で、既知および未知の脅威をブロック。侵入してしまった脅威も迅速に検知 / 対応

    高可用性 / フェールオーバー

    デュアル WAN や LTE などアップリンク冗長化、アクティブ / パッシブ構成のデバイス冗長化、自己修復可能な VPN

    アプリの可視化と制御

    アプリケーションの利用状況を可視化。Office 365 や Salesforce など、業務に必要な通信を優先

    一元管理

    本社、拠点、在宅ワークなど、ネットワークの規模や場所を問わず単一のダッシュボードで一元管理

    Meraki SD-WAN について

    セキュリティを担保しながらローカルブレイクアウト をワンボックスで実現できるのはMeraki だけ

    帯域幅の拡大、コストの削減

    Meraki MX SD-WAN およびセキュリティ アプライアンスは、重要なクラウド アプリケーションに必要なレベルのパフォーマンスを維持しながら WAN の総コストを大幅に削減する、最も簡単で最も速い方法です。

    現実的な WAN の課題

    グローバルでのビジネス トラフィックと SaaS アプリケーションの使用量の急増により、ブランチ サイトでは、かつてないほど多くの帯域幅が必要になっています。そのため、従来のビジネス WAN リンク(MPLS など)が、当初設計されていたキャパシティを急速に上回っています。

    コスト効率の高い帯域幅が必要

    ブロードバンドや光ファイバなどの低コスト WAN リンクを Meraki MX と合わせて活用することで、WAN コストを大幅に削減しながら、ビジネス クリティカルなクラウド アプリケーションに必要なレベルのパフォーマンスを実現できます。

    インテリジェントな WAN/VPN

    通常は高度な知識が必要とされる拠点間 VPN も、わずか数回のクリックで完了。インテリジェントな機能を今すぐご確認ください。

    数分で SD-WAN ポリシーを作成

    1. Web アプリケーションの許容可能なパフォーマンスしきい値を定義
    2. 組み込みレイヤ 7 カテゴリおよびアプリケーションを選択
    3. 優先アップリンクとフェールオーバーのタイミングを選択

    Meraki サイト間自動 VPN テクノロジーをベースに構築

    WAN リンクを 2 回クリックするだけで、数千もの SD-WAN 対応サイトを安全に接続

    MX アプライアンスは、サイト間の IPsec VPN トンネルを安全に自動プロビジョニングすることで、Meraki SD-WAN のフレームワークを容易に作成できます。Meraki ダッシュボードを利用すれば、1 つの組織内のすべての Meraki MX アプライアンスに関して、VPN ルート、認証/暗号化プロトコル、キー交換を自動的にネゴシエーションし、ハブアンドスポーク型またはメッシュ型 VPN トポロジを作成できます。

    ダイレクト インターネット アクセス

    複数のブランチ サイトが 1 つのアプライアンス(Meraki MX)を使用して、パブリック インターネット リンク経由でクラウド アプリケーションに直接アクセスできるようにします。

    Meraki Insight を搭載した MX アプライアンスによって、ブランチで高度なセキュリティを実現できるだけでなく、LAN を離れるとクラウド アプリケーションがどうなるかを可視化することができます。

    LAN オールインワンを超える高度なセキュリティと可視性

    VPN トンネル、またはパブリック インターネットを直接利用して通信する、重要な Web アプリケーションのパフォーマンスをトラッキング

    アプリケーション パフォーマンス低下の原因(LAN、WAN、またはサーバ)を簡単に特定

    Cisco Advanced Malware Protection と Threat Grid

    Snort 侵入検知および保護(IDS/IPS)

    コンテンツ フィルタリング

    Enterprise ライセンス

    • ステートフル ファイアウォール
    • サイト間 VPN
    • クライアント VPN
    • ブランチ ルーティング
    • リンク ボンディング/フェールオーバー
    • アプリケーション制御
    • Web キャッシング

    Advanced Security ライセンス

    Enterprise ライセンスのすべての機能に加えて以下の機能
    • コンテンツ フィルタリング
    • 位置情報ベースの IP ファイアウォール
    • Google SafeSearch および YouTube for Schools
    • 侵入検知/防御(IDS/IPS)
    • 高度なマルウェア防御(AMP)
    • Cisco Threat Grid1

      1 Threat Grid クラウド サブスクリプションが必要 (詳細はこちら)

    すべての MX セキュリティ アプライアンスには、アップグレード、電話サポート、ライフタイム保証(追加コストなし)が含まれています。

    MX を実際に試して、クラウド ネットワークの力をご確認ください。