アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

Wi-Fi ってなに ?
スマートフォンの普及によって、すっかり身近な言葉となった「Wi-Fi」。
あらためてその意味を尋ねられたら、ちゃんと答えられるでしょうか?

Wi-Fi = 無線ネットワーク ?

スマートフォンの普及によって、「Wi-Fi(ワイファイ)」という言葉がすっかり身近なものになりました。今では「Wi-Fi つながる?」「ここの Wi-Fi 速い/遅い」のような表現を日常会話でも使います。ノートパソコンやスマートフォンの設定には「Wi-Fi」という項目があり、「Wi-Fi 対応」と謳う家電製品も当たり前になってきました。
「Wi-Fi」は、ケーブルを使わずに電波を使って通信を可能にする「無線ネットワーク」です。しかし、この無線ネットワークには、Wi-Fi 以外にもいくつかの種類があります。代表的なものは 4G(LTE)です。

Wi-Fi と 4G

ネットワークは規模によって、LAN(Local Area Network:ローカルエリア ネットワーク)と WAN(Wide Area Network:ワイドエリア ネットワーク)に分類されます。
LAN は、1 つの建物やオフィスなど、限定された場所(範囲)で構築されるネットワークです。一方、WAN は、離れた場所(LAN)をつなぐネットワークです。たとえば、東京の LAN と大阪の LAN をつなぐネットワークが WAN であり、おなじみのインターネットも WAN の 1 つと言えます。

Wi-Fi は、この LAN で使用される無線技術です。Wi-Fi の電波が届くのは一般的に、とても見通しのよい環境にアクセスポイントを設置した場合でも、技術な制限から100メートル程度です。このため、離れた場所をつなぐには限界があります。

— 方、WAN で使用される無線技術の代表が 4G です。LTE(Long Term Evolution)とも呼ばれ、近い将来には 5G という進化した技術も商用化されます。日本ではほぼどこでも使うことができる携帯電話のネットワークでもあり、NTTドコモや KDDI などの大手通信会社がサービスを提供しています。

4G は通信会社が提供するサービスのため、パケットの使用量に応じて使用料金がかかります。そのため、家庭やオフィスでは Wi-Fi、外出先など Wi-Fi が使えない場合には 4G と使い分けて、リーズナブルにネット接続することが一般的になっています。

Wi-Fi の規格

市場に出回っているパソコンやスマートフォンなどの端末機器、Wi-Fi ルータやアクセスポイントなどのネットワーク機器のほとんどが、IEEE(アイトリプルイー)802.11ac という規格に対応しています。
この規格は、異なる機器間での接続および通信を実現するために、アメリカに本部を置く IEEE(Institute of Electrical and Electronics Engineers;電気電子学会)によって定められた、IEEE 802.11 規格の 1 つです。
Wi-Fi ルータのパッケージには、この IEEE 802.11ac の省略形である「11ac」や「ac」のような記載があります。2019 年 6 月現在、11ac が最新で最速の規格です。この 11ac には Wave 1 と Wave 2 という 2 つの世代があります。Wave 2 は、Wave 1 と比べて通信速度や通信効率がより高度になっています。Meraki Go は、この最新の 11ac Wave 2 に対応したアクセスポイントです。
なお、11ac よりも古い規格には「11n」「11g」「11b」「11a」などがあり、11ac とは後方互換性があります。11ac 対応アクセスポイントに、古い 11n 対応パソコンを接続することが可能です。

製品や購入方法に関するお問い合わせ