アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

Wi-Fi メッシュで接続可能エリアを広げよう。
LAN ケーブルなしでもアクセスポイントを増設可能
Wi-Fi 接続可能エリアを簡単に拡張できる、それが「Wi-Fi メッシュ」です。

配線の手間をかけずに Wi-Fi 接続可能エリアを広げたい

Wi-Fi を利用したことがあれば、「電波が届きにくい」「電波が弱い」といった経験をしたことがあるはずです。電波は距離や障害物の影響を受けやすく、1 台の Wi-Fi ルータやアクセスポイントでカバーできる範囲には限界があるためです。

電波が不安定な場所がある場合には、Wi-Fi ルータやアクセスポイントを増設してカバーするのが一般的な対処法の 1 つです。これらの機器を設置するためには通常、LAN ケーブルの配線が必要です。ところが、たとえば二階の住居から一階の店舗へ、事務所から離れの工房へなど、配線が難しい、配線できても見た目が悪い、そもそも工事しないと配線できないといったケースが多々あります。

このようなケースで生まれる、配線の手間をかけずに Wi-Fi 接続可能エリアを広げたいというニーズに応えられるのが「Wi-Fi メッシュ」です。

Wi-Fi メッシュの基本と使用例

Wi-Fi メッシュは、複数のアクセスポイントで構成するネットワークです。アクセスポイントは、基地局または中継局という 2 つの役割のいずれかを担います。

  • 基地局:
    ルータやスイッチなど、上位のネットワーク機器に有線接続されるアクセスポイント。有線ネットワーク(インターネット)と Wi-Fi メッシュネットワークの出入り口として機能する。
  • 中継局:
    上位のネットワーク機器に有線接続されないアクセスポイント。PC やスマートフォンと基地局との通信の橋渡し役として機能する。

    Wi-Fi メッシュの最大の特長は、LAN ケーブルの接続を必要としない設置の柔軟性です。図のように、基地局から電波が届く範囲で電源さえ確保できれば、どこにでも中継局を設置できます。
    また、基地局と中継局との直接通信が遮断された場合には別の中継局で迂回通信する、より電波が強いなど安定した通信が可能な経路を自動的に選択するなど、経路を最適化する機能も備わっています。同様に PC やスマートフォンも、基地局または中継局を問わず、最適なアクセスポイントに接続します。

Meraki Go の Wi-Fi メッシュ

Meraki Go での Wi-Fi メッシュネットワークの作成は非常に簡単です。同じ Meraki Go アカウントにハードウェア(シリアル番号)が登録される 2 台目以降の Meraki Go は、起動時に上位のネットワーク機器に有線接続されていれば基地局、有線接続されていなければ中継局として自動的に機能します。
また、基地局が複数存在する環境では、耐障害性も備えています。ある基地局の有線接続が何らかの理由で切断されても、別の基地局から電波が届く範囲にあれば、自動的に中継局に切り替わることで PC やスマートフォンに Wi-Fi 接続を提供し続けることができます。

2 台目以降の Meraki Go は有線接続されていれば基地局として機能する

2 台目以降の Meraki Go は有線接続されていなければ中継局として機能する

基地局が複数存在する場合有線接続が切断されたら基地局から中継局に切り替わる

Meraki Go について

Meraki Go だと Wi-Fi メッシュの設置も非常に簡単!

製品や購入方法に関するお問い合わせ