アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

スキャンするだけで Wi-Fi に接続できる QR コードを Meraki Go ならアプリですぐに利用できます。

QR コードで Wi-Fi 接続

Web サイトの URL や SNS のアカウント情報、決済情報など、小さな画像にさまざまな情報を格納できる QR コードですが、実は Wi-Fi の接続情報も格納することができます。QR コードをスキャンすれば買い物の決済ができるのと同様に、QR コードをスキャンするだけで Wi-Fi に接続できます。

Meraki Go ならアプリですぐに QR コードを利用可能

Wi-Fi 接続用の QR コードは、QR コードの開発元である株式会社デンソーウェーブとアララ株式会社による公式 QR コード作成サイトなど、さまざまな Web サイトで作成できます。作成には、Wi-Fi 接続用の SSID(ネットワークの識別名)やパスワードの入力が必要です。
Meraki Go なら、これらの Web サイトで QR コードを作成することなく、アプリですぐに QR コードを利用可能です。Meraki Go アプリで目的の Wi-Fi ネットワークの[共有]ボタンをタップするだけで、その Wi-Fi ネットワークに接続するための QR コードを表示することができます。SSID やパスワードの入力は必要ありません。
これは、とりわけゲスト Wi-Fi で便利な機能です。ゲスト Wi-Fi では不特定多数の利用を想定して、通常よりも高い頻度でパスワードを変更することが推奨されますが、パスワードを変更したら QR コードも再作成する必要があります。Meraki Go なら、パスワードを変更するたびに Web サイトで SSID やパスワードを入力する必要がありません。アプリでパスワードを変更したら、次に表示される QR コードは、パスワードの変更が反映されたものになっています。

Meraki Go アプリを起動して、[ネットワーク]タブをタップ→目的の Wi-Fi ネットワークをタップ→[共有]をタップすれば、QR コードが表示されます。

ゲスト Wi-Fi での QR コード活用

iPhone のスクリーンショット撮影例:撮影後に左下のサムネイル画像をタップすると、すぐに画像の編集や共有ができます。

来客時、アプリで QR コードを表示して、それをそのままお客様にスキャンしてもらえば Wi-Fi 接続を提供できますが、来客数が多い場合や来客頻度が高い場合には面倒かもしれません。個人店舗などでサービスの一環としてゲスト Wi-Fi を提供している場合には、既存の印刷物などに QR コードを追加してサービスの存在を知らせて、お客様が自発的に利用するように促すのがよいでしょう。
アプリで QR コードを表示したらスクリーンショットを撮影して画像として保存し、適宜トリミングやサイズを変更して、印刷物などの原稿で利用します。活用例をいくつか紹介します。

飲食店:

お客様が必ず目を通すメニューにゲスト Wi-Fi(QR コード)を記載すると効果的です。活用例は、飲食店でよく見かけるメニュースタンドで、本日のメニュー(コーヒー)に QR コードを記載しました。

旅館やペンション:

食事の時間などを案内するウェルカムカードや、客室に備え付けの宿泊約款ファイルなどにゲスト Wi-Fi(QR コード)を記載すれば、お客様がスムーズに利用できるでしょう。

イベント:

招待状や案内状に、あらかじめゲスト Wi-Fi(QR コード)を記載しておくとスマートです。なお、Meraki Go には屋外用のアクセスポイントもあるため、野外のイベントなどでも来場者にゲスト Wi-Fi を提供することができます。

Meraki Go について

Meraki Go だとお客さまもゲストも、アプリで QR コードでかんたん接続!

製品や購入方法に関するお問い合わせ