アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

Cisco 2020 アジア太平洋地域の 中小企業 デジタル成熟度調査

デジタル トランスフォメーションの価値を引き出す

デジタル化への競争が始まっています。企業はテクノロジー主導のトランスフォメーショを進めており、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響でその勢いはさらに増しています。2020 アジア太平洋地域 中小企業 デジタル化成熟度調査では、シスコと IDC 社が協力して、デジタル トランスフォメーションを推進する 中小企業 による GDP への経済的貢献と、中小企業 が直面している課題および機会について明らかにしました。調査結果から、アジア太平洋地域の 中小企業 の約 70% が、新型コロナウイルスの影響を受けてビジネスのデジタル化をさらに推進していることがわかりました。デジタル トランスフォーメーションを進める 中小企業 が増えた場合、アジア太平洋地域では 2024 年までに GDP がさらに 3.1 兆米ドル増加すると予測されています。中小企業 がアジア太平洋地域全体のデジタル化成熟度のどの段階にあるか、デジタルリーダーはどのような点で他とは一線を画しているかについて詳細をご覧ください。

中小企業 のデジタル成熟度

全体的に、アジア太平洋地域のすべての市場でデジタル成熟度が高まり、インドネシアとベトナムの進歩が顕著でした。シンガポール、日本、ニュージーランドは引き続きデジタル オブザーバー グループをリードし、2019 年と比較してランキングに変化はありません。ただし、中国、台湾、タイはそれぞれ韓国、香港、マレーシアを上回っています。

主なポイント

新型コロナウイルスの影響を受け 中小企業 の 69% がビジネスのデジタル化をさらに推進しています。

中小企業 の 50% がデジタル チャレンジャー ステージ(ステージ 3)に移行すると、2024 年までにアジア太平洋地域の GDP が 2.6 ~ 3.1 兆米ドル増加する可能性があります。

中小企業 におけるテクノロジー投資の最優先事項は、クラウド、セキュリティ、IT インフラストラクチャのアップグレードです。

中小企業 は、デジタル チャレンジャー ステージ(ステージ 3)に進むと、収益と生産性が平均 50% 増加します。

2020 アジア太平洋地域のデジタル成熟度指数

これは、中小企業 の全体的なデジタル成熟度であり、4 つの段階に分かれています。

31%

ステージ 1:

デジタルへの無関心

53%

ステージ 2:

デジタルオブザーバー

13%

ステージ 3:

デジタルチャレンジャー

3%

ステージ 4:

デジタルネイティブ

 

デジタルチャレンジャーになる方法:成功への 7 つのステップ

中小企業 の 86% は「テクノロジーが業界を変えつつある」考えています。テクノロジーのエキスパートではなくてもビジネスを変革できると、シスコは考えています。必要なのは、お客様を第一に考えるパートナーです。シンプルな 7 つのステップを通じて、テクノロジーを容易に管理できます。

デジタル トランスフォーメーションの成功事例

成長を続けるビジネスを変革し拡大するために、他の 中小企業 がシスコとどのように提携しているかをご覧ください

福島コンピューターシステム株式会社

緊急事態宣言発令に伴い、全社員を対象とした在宅勤務が必要に。Cisco Meraki Z3 導入で早期のテレワーク環境整備を実現。

ステップアップ塾(NPO法人維新隊ユネスコクラブ)

Cisco Webex によるリモート教育で、COVID-19 緊急事態宣言下でも教育格差是正の取り組みを円滑に継続

株式会社光文社

画期的なコンセプトを持つセキュア インターネット ゲートウェイ「Cisco Umbrella」の導入が低コスト、低負荷で高いセキュリティ レベルを実現