Guest

注:この製品の販売は終了しており、サポートも終了している可能性があります。

販売終了のお知らせを参照し、次の情報をご確認ください。 

  • 販売終了日とサポート終了日
  • 代替として利用可能な製品
  • 製品サポートに関する情報

お客様がシームレスなローミング サービスを利用できるように、モバイル事業者はロケーションや移動、無線インフラストラクチャに影響を受けない IP 接続を常に維持する必要があります。また、QoS(Quality of Service)機能、特に各接続に適したレートでパケットを転送する機能も必要です。たとえば、ユーザが無線 WAN に接続しているときに高速の 3G ネットワークにローミングする場合、モバイル事業者は、(高すぎる転送レートが原因の)パケット損失、または(低すぎる転送レートが原因の)低パフォーマンスを回避するために、新しい接続が開始されたときにパケット転送レートを低減する必要があります。

Cisco Mobile Wireless Home Agent は、Cisco Mobile Exchange フレームワークの 1 つで、Internet Engineering Task Force(IETF; インターネット技術特別調査委員会)モバイル IP 標準(RFC 3344)に基づいています。この標準は、デバイスがネットワーク上の物理的な接続ポイントを移動する場合でも、1 つの IP アドレスでホスト デバイスを識別します。これにより、モバイル デバイスを利用する加入者は、アプリケーションを再起動したり、接続を終了して再確立したりしなくても、別のネットワークにローミングできます。

Cisco Mobile Wireless Home Agent はモバイル事業者のデータ センターに導入されます。Cisco Mobile Wireless Home Agent は、Cisco Catalyst 6500 シリーズおよび Cisco 7600 シリーズ プラットフォームで使用される Cisco Catalyst シリーズ Multiprocessor WAN Application Module に常駐します。加入者の端末に送信されるトラフィックはすべて、トラフィックが発信されたネットワークに関係なく、ホーム エージェントを経由してルーティングされます。同様に、加入者の端末からのトラフィックは、最終的な宛先に関係なく、ホーム エージェントを経由してルーティングされます。これにより、加入者は接続を保持し、異なるアクセス ネットワーク間をローミングする場合でもアドレス指定可能な状態を維持できます。つまり、Cisco Mobile Wireless Home Agent は、加入者がリンク タイプを変更する回数やネットワーク境界を越える回数に関係なく、加入者の PC または PDA のアンカー ポイントとして機能します。

サポート