Guest

常に変化するデータセンターの可視化と性能検証を実現

Cisco UCS Performance Manager では、複数の UCS システムを構成するネットワーク、サーバの各構成要素を 1 つのコンソールで可視化し、性能監視とキャパシティの計画ができます。データセンターにおける、アプリケーションが実行される物理および仮想インフラの性能に関連づけ、全体的なインフラとしてのサービス保証とアプリケーション性能の情報を提供します。これにより、IT 部門は IT リソースを最適化し、ユーザのサービス レベルを向上させることができます。

機能と特長


DC IT 基盤に対する統合されたインフラ管理

Cisco UCS Performance Manager は、データセンター運用管理のソリューションです。Cisco UCS が利用されているシステム環境の動的変化、サーバ、ネットワーク、ストレージの混在基盤、および、物理および仮想化されたデータセンターにおいて、主要なアプリケーション、業務サービス、および統合基盤を一元的にモニタリングします。

Cisco Performance Managerは、Zenoss の技術を採用し、環境に応じてカスタマイズ可能な 1 つのコンソールからデバイスをきめ細かくモニタリングできます。Cisco UCS Performance Manager は、UCS API を通して UCS Manager からデータを収集し、UCS システムを構成するすべてのコンポーネントについて包括的に情報を表示します。

データセンター管理者は、カスタマイズ可能な監視画面を使用してアプリケーション サービス状況を確認し、Cisco UCS に 統合されたインフラのコンポーネントもしくはサービスの稼働状況、およびその性能情報を把握できます。たとえば、仮想または物理サーバ上で稼働している、重要な業務アプリケーションの性能評価となる情報を確認できます。また、Cisco UCS シャーシ内の個々コンポーネントレベル(たとえばファンの状態)の確認も、このツールで実行できます(他ツールを別に利用する必要がありません)。

主な機能

UCS Performance Manager は、UCS サーバ、ネットワーク、ストレージ、および仮想マシン ホストの情報をエージェントレスで動的、定期的に情報収集します。ソリューション:

  • Cisco UCS をベースとした統合基盤の性能および状態について、1 つの管理ツールで統合的に提供
  • ファブリックおよびデータセンター スイッチの帯域幅使用状況とキャパシティのしきい値をリアルタイムに表示
  • 各システムの接続関係を検出、作成し、すべてのコンポーネントの現状の状態として一元的に表示
  • 障害分析や障害解決のために、UCS を構成する個々のコンポーネントレベルまで確認可能

主な特長

UCS Performance Manager は、UCS システムを設定、構成するサービス プロファイル、シャーシ、ファブリック エクステンダ、アダプタ、仮想インターフェイス カード、ポート、およびアップリンクなどの性能状態を表示することができ、データセンターインフラをきめ細かく可視化・監視できます。

UCS Performance Manager を利用することで、リソース割り当ての不足や性能低下の防止のために、システムリソースの割り当てを最適化することで、サービス レベル契約(SLA)を維持できます。

管理者は、重要なシステムリソースに対してシステム構成要素からの視点またはアプリケーション視点からの監視を定義できるため、SLA の状況と性能状況を一元化されたコンソールから監視できます(複数のツールを使用する必要がありません)。



Let Us Help