アカウントをお持ちの場合

  •   パーソナライズされたコンテンツ
  •   製品とサポート

アカウントをお持ちでない場合

アカウントを作成

ケース スタディ:Bank Simpanan Nasional

銀行が窓口係の負担を分散する取り組みを開始

Bank Simpanan Nasional は、シスコのユニファイド コミュニケーションを使用してVTM(バーチャル テラー マシン)を導入しています。BSN は動的に都市と地方の支店間のサービスのバランスを調整しています。セキュリティで保護されたこれらのマシンにより、あらゆる場所の窓口係がリモートからいつでも顧客にサービスを提供することができます。

まとめ

課題

  • 収益性、持続性、規制遵守のニーズをバランスよく調整
  • 新たなジェネレーション Y(1980 ~ 1990 年代生まれの世代)の顧客を獲得
  • 生産性とコスト効率性の向上

ソリューション

成果

  • 顧客の獲得と維持に役立つ新しいチャネル
  • リテール バンキングの基盤を拡大するコスト効率の高い方法
  • 待ち時間を短縮し優れたカスタマー エクスペリエンスを実現

お客様の声

「より快適な暮らしをご提供することが当行の約束です。シスコはその約束の達成をサポートしてくれています。」

Frederick Siew, 副経営責任者, Bank Simpanan Nasional

Bank Simpanan Nasional 会社概要

企業: Bank Simpanan Nasional
業種: 
金融サービス
所在地: 
マレーシア
企業規模: 
従業員数 7,100 名