どちらのワイヤレス アクセスポイントがビジネスをより迅速に推進するでしょうか。

Cisco Aironet ワイヤレス ソリューションが導入されている場合とそうでない場合の会議の運営結果を見てみてください。

Cisco Aironet がある場合
(デュアル5GHz対応)

従業員が一度に会議室に参加し、ワイヤレス ネットワークに負担がかかります。いくつかのアクセス ポイント(AP)は、増加するユーザ密度を把握し、電波を自動で調整し始めます。

Ciscoでないアクセスポイントの場合

従業員が一度に会議室に参加し、ワイヤレス AP に負担がかかります。

主要な場所で、Cisco Aironet AP デュアル 5-GHz 無線に切り替えたことにより、チームはエラーのない接続と重要なリソースへのアクセスを快適に行うことができます。

従業員が大勢で会議室に参加することで、AP はその最大対応能力に達します。ユーザは待ち時間、エラー、および接続の遮断に耐えがたいストレスを抱え、会議がスムーズに進行せず、不満が増大します。

瞬時に集まり、アクション プランを立て、チームは仕事に取りかかります。

会議が終了します。結局、ほとんど進捗がなく、別の会議を(場合によっては複数)スケジュールする必要がでてきてしまいました。

5-GHz の周波数はこのような高密度の環境に最適です。最新の Wi-Fi 802.11ac およびほとんどのユーザのデバイスをサポートします。5-GHz に対応していないデバイスを持つユーザ向けに、いくつかの AP では 2.4-/5-GHz での運用を続けます。

2.4-5Ghz

AP への要求が高まることで、すべてのデバイスをネットワークに接続することが難しくなります。AP は容量を追加できず、またデュアル 5 GHz での運用も対応していないため、パフォーマンスが低下します。

デュアル 5Ghz

従業員とお客様のエクスペリエンスを
Cisco Aironet アクセス ポイントで向上しましょう

  • フレキシブル ラジオ アサインメント:デュアル無線を 2.4 GHz と 5 GHz の間でインテリジェントに切り替え、ユーザの要求に基づいてネットワーク容量を追加します。IT 部門は何もする必要がありません。
  • 802.11 ac Wave 2 のサポート:最新の Wi-Fi 標準を使用して、1 Gbps を大幅に超える速度でを提供します。これは高帯域幅アプリケーションや高密度のシナリオに理想的です。
  • Cisco CleanAir テクノロジー:20 を超える種類の干渉(非 Wi-Fi 干渉を含む)を識別し、排除することで、ユーザ エクスペリエンスを向上させます。
  • Cisco DNA Center アシュアランス:ネットワークのパフォーマンスを最適化し、ネットワーク ポリシーを適用し、トラブルシューティングに費やす時間を短縮します。
  • ワイヤレス セキュリティ モニタリング:2.4 GHz および 5 GHz の両方の周波数をスキャンして、セキュリティに対する脅威を特定して排除します。
Cisco Aironet 2800、3800、
および 4800 アクセス ポイント