コラボレーションに関するシスコ検証済みデザイン

イントロダクション

エンタープライズにおけるコラボレーションの導入

エンタープライズ環境にシスコのコラボレーション テクノロジーを導入する際に参考となる推奨アーキテクチャとシステム設計をご紹介します。[英語]

エンタープライズにおけるコラボレーションの導入
Cisco Validated Design(CVD)

シスコ ユニファイド コミュニケーション、ビデオ コラボレーション、コンタクト センターなどのサービスによるコラボレーションを活用した社員の強化について、その方法に関するガイダンスをご覧ください。Cisco Preferred Architecture や Cisco Validated Design(CVD)は、強力で包括的かつ拡張性に優れたコラボレーション アーキテクチャを設計するために役立ちます。

これらのガイドでは、一般的な導入例や現行のシステム設計上の優先事項に基づき、システム設計のフレームワークを提示しています。それぞれの CVD は、シスコのエンジニアがテストを実施し、文書にまとめたもので、導入作業の迅速性、信頼性、予測可能性を高めて、確実に導入を進めていただけるようにすることを目的としています。

Preferred Architecture ガイド

Preferred Architecture 設計概要は、設計の手本となるエンドツーエンドのアーキテクチャを示したものです。各ドキュメントには、個々の製品とアーキテクチャ全体におけるその製品の役割に加え、設計における基本的なベスト プラクティスも提示されています。

中規模市場向けコラボレーション CVD ガイド

中規模市場向けの CVD には、中規模市場のお客様がコラボレーションを導入する際に役立つ詳細な設計と具体的な導入手順が推奨アーキテクチャに沿って示されています。

Cisco Unified Configurator for Collaboration

Cisco Unified Configurator for Collaboration(UCC)は、基本的なテクノロジーとシンプルな音声メッセージングのインストール、設定、展開を迅速に進めるために役立ちます。『Cisco Business Edition(BE)6000 を使用したユニファイド コミュニケーション テクノロジー デザイン ガイド』も併せてご利用ください。Microsoft Windows 向けと Apple Mac 向けの Cisco UCC があります。

その他のコラボレーション CVD ガイド