Cisco Aironet 3500 シリーズ

Cisco Aironet 3500 シリーズ アクセス ポイント

データ シート





Cisco Aironet 3500 シリーズ アクセス ポイント




Cisco CleanAir テクノロジーを搭載する Cisco® Aironet® 3500 シリーズ アクセス ポイントは、ワイヤレス ネットワークの自己修復および自己最適化を可能にする、業界初の 802.11n アクセス ポイントです。CleanAir テクノロジーは、Cisco Unified Wireless Network がシステム全体に提供する機能です。他のシステムが検知不可能な RF 干渉を検出し、その原因を特定し、地図上でその位置を示し、ワイヤレス カバレッジを最適化するための自動調整を行うことにより、電波品質を改善します。また、この革新的な Cisco Aironet 3500 シリーズ アクセス ポイントは、ミッションクリティカルなモビリティに対する最高性能の 802.11n 接続を提供します。干渉をインテリジェントに回避するため、802.11n ネットワークのパフォーマンスを保護でき、信頼性の高いアプリケーションの配信が保証されます。


優れた RF 性能


Cisco Aironet の優れた RF 性能を継承する 3500 シリーズは、安全で信頼性の高いワイヤレス接続の業界最高水準のパフォーマンスを提供します。エンタープライズクラスのシリコンと最適化された無線により、Cisco M-Drive テクノロジーを駆使した、堅牢なモビリティ エクスペリエンスを提供します。Cisco M-Drive テクノロジーには、以下が含まれます。

  • ClientLink:レガシー クライアントの信頼性とカバレッジを向上
  • BandSelect:混合クライアント環境における 5 GHz クライアント接続を強化
  • VideoStream:マルチキャストを用いてリッチメディア アプリケーションの品質を向上

これらすべての機能により、ワイヤレス ネットワークにおける最高のエンドユーザ エクスペリエンスを保証します。

またシスコは、業界で最も多くの種類の 802.11n アンテナ[英語]を提供しており、さまざまな展開シナリオに対して最適なカバレッジを実現します。

拡張性


Cisco Aironet 3500 シリーズは、Cisco Unified Wireless Network のコンポーネントです。Cisco Unified Wireless Network は、企業の本社、支社、リモート サイトなど、中央および遠隔地全体にわたって、最大 18,000 台のアクセス ポイントに完全なレイヤ 3 モビリティを提供します。Cisco Unified Wireless Network は、業界で最も柔軟性、復元力、拡張性に優れたアーキテクチャです。これは、モバイル サービスおよびアプリケーションへの安全なアクセスを提供するとともに、既存の有線ネットワークとのシームレスな統合により、最小限の総所有コストと、投資保護を実現します。

製品仕様


表 1 に、Cisco Aironet 3500 シリーズ アクセス ポイントの製品仕様を示します。

表 1. Cisco Aironet 3500 シリーズ アクセス ポイントの製品仕様

項目 仕様
製品番号 Cisco Aironet 3500 シリーズ アクセス ポイント
コントローラベースのアクセス ポイント
Cisco Aironet 3500i モード:屋内環境(アンテナ内蔵)
  • AIR-CAP3502I-x-K9:デュアルバンド コントローラベースの 802.11a/g/n
  • AIR-CAP3501I-x-K9:シングルバンド コントローラベースの 802.11g/n
  • AIR-CAP3502I-xK910:エコパック(デュアルバンド 802.11a/g/n) 10 台のアクセス ポイント
Cisco Aironet 3500e モード:要件の厳しい屋内環境(外部アンテナ付き)
  • AIR-CAP3502E-x-K9:デュアルバンド コントローラベースの 802.11a/g/n
  • AIR-CAP3501E-x-K9:シングルバンド コントローラベースの 802.11g/n
  • AIR-CAP3502E-xK910:エコパック(デュアルバンド 802.11a/g/n) 10 台のアクセス ポイント
アンテナ内蔵の Cisco Aironet 3500i 向け Cisco SMARTnet® サービス
  • CON-SNT-CAP352Ix:SMARTnet 8x5xNBD 3500i アクセス ポイント(デュアルバンド 802.11 a/g/n)
  • CON-SNT-CAP351Ix:SMARTnet 8x5xNBD 3500i アクセス ポイント(シングルバンド 802.11 g/n)
  • Qty(10) CON-SNT-CAP352Ix:SMARTnet 8x5xNBD 10 台のエコパック 3500i アクセス ポイント(デュアルバンド 802.11a/g/n)
外部アンテナ付き Cisco Aironet 3500e モデル向け SMARTnet サービス
  • CON-SNT-CAP3502x:SMARTnet 8x5xNBD 3500e アクセス ポイント(デュアルバンド 802.11 a/g/n)
  • CON-SNT-CAP3501x:SMARTnet 8x5xNBD 3500e アクセス ポイント(シングルバンド 802.11 g/n)
  • Qty(10) CON-SNT-CAP3502x:SMARTnet 8x5xNBD 10 台のエコパック 3500e アクセス ポイント(デュアルバンド 802.11a/g/n)
規制ドメイン:(x = 規制ドメイン)
各国における使用認可については、利用者が直接確認をとる必要があります。認可状況および特定の国に対応する規制ドメインを確認するには、http://www.cisco.com/go/aironet/compliance [英語] を参照してください。
すべての規制ドメインで使用が認可されているわけではありません。使用が認可され次第、グローバル価格表に製品番号が記載されます。
ソフトウェア Cisco Unified Wireless Network ソフトウェア リリース 7.0 以降
802.11n バージョン 2.0 および関連機能
  • 2x3 multiple-input multiple-output(MIMO; 複数入力複数出力)と 2 つの空間ストリーム
  • 最大比合成(MRC)
  • レガシーなビーム形成
  • 20 および 40 MHz チャネル
  • 最大 300 Mbps の PHY データ レート
  • パケット アグリゲーション:A-MPDU(Tx/Rx)、A-MSDU(Tx/Rx)
  • 802.11 dynamic frequency selection(DFS)
  • Cyclic shift diversity(CSD)のサポート
サポートされるデータ レート 802.11a:6、9、12、18、24、36、48、および 54 Mbps
802.11g:1、2、5.5、6、9、11、12、18、24、36、48、および 54 Mbps
802.11n データ レート(2.4 GHz および 5 GHz):
MCS インデックス1 GI2 = 800ns GI = 400ns
  20 MHz レート(Mbps) 40 MHz レート(Mbps) 20 MHz レート(Mbps) 40 MHz レート(Mbps)
0 6.5 13.5 7.2 15
1 13 27 14.4 30
2 19.5 40.5 21.7 45
3 26 54 28.9 60
4 39 81 43.3 90
5 52 108 57.8 120
6 58.5 121.5 65 135
7 65 135 72.2 150
8 13 27 14.4 30
9 26 54 28.9 60
10 39 81 43.3 90
11 52 108 57.8 120
12 78 162 86.7 180
13 104 216 115.6 240
14 117 243 130 270
15 130 270 144.4 300
周波数帯域および 20 MHz 動作チャネル A(A 規制ドメイン):
  • 2.412 〜 2.462 GHz、11 チャネル
  • 5.180 〜 5.320 GHz、8 チャネル
  • 5.500 〜 5.700 GHz、8 チャネル (5.600 〜 5.640 GHz を除く)
  • 5.745 〜 5.825 GHz、5 チャネル
C(C 規制ドメイン):
  • 2.412 〜 2.472 GHz、13 チャネル
  • 5.745 〜 5.825 GHz、5 チャネル
E(E 規制ドメイン):
  • 2.412 〜 2.472 GHz、13 チャネル
  • 5.180 〜 5.320 GHz、8 チャネル
  • 5.500 〜 5.700 GHz、8 チャネル (5.600 〜 5.640 GHz を除く)
I(I 規制ドメイン):
  • 2.412 〜 2.472 GHz、13 チャネル
  • 5.180 〜 5.320 GHz、8 チャネル
K(K 規制ドメイン):
  • 2.412 〜 2.472 GHz、13 チャネル
  • 5.180 〜 5.320 GHz、8 チャネル
  • 5.500 〜 5.620 GHz、7 チャネル
  • 5.745 〜 5.805 GHz、4 チャネル
N(N 規制ドメイン):
  • 2.412 〜 2.462 GHz、11 チャネル
  • 5.180 〜 5.320 GHz、8 チャネル
  • 5.745 〜 5.825 GHz、5 チャネル
Q(Q 規制ドメイン):
  • 2.412 〜 2.472 GHz、13 チャネル
  • 5.180 〜 5.320 GHz、8 チャネル
  • 5.500 〜 5.700 GHz、11 チャネル
S(S 規制ドメイン):
  • 2.412 〜 2.472 GHz、13 チャネル
  • 5.180 〜 5.320 GHz、8 チャネル
  • 5.745 〜 5.825 GHz、5 チャネル
T(T 規制ドメイン):
  • 2.412 〜 2.462 GHz、11 チャネル
  • 5.280 〜 5.320 GHz、3 チャネル
  • 5.500 〜 5.700 GHz、11 チャネル
  • 5.745 〜 5.825 GHz、5 チャネル
注:各国における使用認可については、利用者が直接確認をとる必要があります。認可状況および特定の国に対応する規制区域を確認するには、http://www.cisco.com/go/aironet/compliance [英語]を参照してください。
非オーバーラップ チャネルの最大数 2.4 GHz

  • 802.11b/g:
    ・20 MHz:3
  • 802.11n:
    ・20 MHz:3
    ・40 MHz:1
5 GHz
  • 802.11a:
    ・20 MHz:21
  • 802.11n:
    ・20 MHz:21
    ・40 MHz:9
注:この値は規制ドメインによって異なります。各規制ドメインの個別の詳細については、製品マニュアルを参照してください。
受信感度 802.11b(CCK)
-101 dBm @ 1 Mb/s
-98 dBm @ 2 Mb/s
-92 dBm @ 5.5 Mb/s
-89 dBm @ 11 Mb/s
802.11g(HT20 以外)
-92 dBm @ 6 Mb/s
-92 dBm @ 9 Mb/s
-92 dBm @ 12 Mb/s
-90 dBm @ 18 Mb/s
-86 dBm @ 24 Mb/s
-84 dBm @ 36 Mb/s
-79 dBm @ 48 Mb/s
-78 dBm @ 54 Mb/s
802.11a(HT20 以外)
-93 dBm @ 6 Mb/s
-93 dBm @ 9 Mb/s
-92 dBm @ 12 Mb/s
-90 dBm @ 18 Mb/s
-87 dBm @ 24 Mb/s
-84 dBm @ 36 Mb/s
-79 dBm @ 48 Mb/s
-79 dBm @ 54 Mb/s
  2.4 GHz
802.11n(HT20)
-92 dBm @ MCS0
-90 dBm @ MCS1
-88 dBm @ MCS2
-85 dBm @ MCS3
-82 dBm @ MCS4
-77 dBm @ MCS5
-76 dBm @ MCS6
-74 dBm @ MCS7
-92 dBm @ MCS8
-90 dBm @ MCS9
-87 dBm @ MCS10
-85 dBm @ MCS11
-82 dBm @ MCS12
-77 dBm @ MCS13
-75 dBm @ MCS14
-74 dBm @ MCS15
2.4 GHz
802.11n(HT40)
-89 dBm @ MCS0
-87 dBm @ MCS1
-85 dBm @ MCS2
-82 dBm @ MCS3
-79 dBm @ MCS4
-73 dBm @ MCS5
-72 dBm @ MCS6
-70 dBm @ MCS7
-90 dBm @ MCS8
-87 dBm @ MCS9
-85 dBm @ MCS10
-81 dBm @ MCS11
-78 dBm @ MCS12
-74 dBm @ MCS13
-72 dBm @ MCS14
-71 dBm @ MCS15
5 GHz
802.11n(HT20)
-93 dBm @ MCS0
-91 dBm @ MCS1
-89 dBm @ MCS2
-86 dBm @ MCS3
-83 dBm @ MCS4
-78 dBm @ MCS5
-77 dBm @ MCS6
-75 dBm @ MCS7
-87 dBm @ MCS8
-87 dBm @ MCS9
-85 dBm @ MCS10
-83 dBm @ MCS11
-79 dBm @ MCS12
-75 dBm @ MCS13
-73 dBm @ MCS14
-72 dBm @ MCS15
5 GHz
802.11n(HT40)
-91 dBm @ MCS0
-89 dBm @ MCS1
-87 dBm @ MCS2
-83 dBm @ MCS3
-80 dBm @ MCS4
-75 dBm @ MCS5
-74 dBm @ MCS6
-72 dBm @ MCS7
-86 dBm @ MCS8
-85 dBm @ MCS9
-84 dBm @ MCS10
-80 dBm @ MCS11
-77 dBm @ MCS12
-72 dBm @ MCS13
-71 dBm @ MCS14
-70 dBm @ MCS15
最大送信電力 2.4 GHz
  • 802.11b
    ・2 アンテナで 23 dBm
  • 802.11g
    ・2 アンテナで 20 dBm
  • 802.11n(非 HT 二重モード)
    ・2 アンテナで 20 dBm
  • 802.11n(HT20)
    ・2 アンテナで 20 dBm
  • 802.11n(HT40)
    ・2 アンテナで 20 dBm
5 GHz

  • 802.11a
    ・2 アンテナで 20 dBm
  • 802.11n 非 HT 二重モード
    ・2 アンテナで 20 dBm
  • 802.11n(HT20)
    ・2 アンテナで 20 dBm
  • 802.11n(HT40)
    ・2 アンテナで 20 dBm
注:最大電力設定は、チャネルおよび各国の規制によって異なります。個別の詳細については、製品マニュアルを参照してください。
使用可能な送信電力設定 2.4 GHz
23 dBm(200 mW) CCK のみ
20 dBm(100 mW)
17 dBm(50 mW)
14 dBm(25 mW)
11 dBm(12.5 mW)
8 dBm(6.25 mW)
5 dBm(3.13 mW)
2 dBm(1.56 mW)
-1 dBm(0.78 mW)
5 GHz
20 dBm(100 mW)
17 dBm(50 mW)
14 dBm(25 mW)
11 dBm(12.5 mW)
8 dBm(6.25 mW)
5 dBm(3.13 mW)
2 dBm(1.56 mW)
-1 dBm(0.78 mW)
注:最大電力設定は、チャネルおよび各国の規制によって異なります。個別の詳細については、製品マニュアルを参照してください。
統合アンテナ
  • 2.4 GHz、ゲイン 4 dBi、内部 Omni、水平ビーム幅 360°
  • 5 GHz、ゲイン 3 dBi、内部 Omni、水平ビーム幅 360°
外部アンテナ(別売)
  • シスコは、業界で最も多くの種類の 802.11n アンテナ[英語]を提供しており、さまざまな展開シナリオに対して最適なカバレッジを実現します。
インターフェイス
  • 10/100/1000BASE-T 自動感知(RJ-45)
  • 管理コンソール ポート(RJ-45)
インジケータ ステータス LED によるブート ローダー ステータス、アソシエーション ステータス、動作ステータス、ブート ローダー警告、ブート ローダー エラーの表示
寸法(幅×奥行×高さ)
  • アクセス ポイント(マウント ブラケットを除く):22.1 x 22.1 x 4.7 cm(8.7 x 8.7 x 1.84 インチ)
重量
  • 1.04 kg(2.3 ポンド)
環境仕様 Cisco Aironet 3500i
  • 非動作(保管)時の温度:-30 〜 85°C(-22 〜 185°F)
  • 動作温度:0 〜 40°C(32 〜 104°F)
  • 動作湿度:10 〜 90%(結露しないこと)
Cisco Aironet 3500e
  • 非動作(保管)時の温度:-40 〜 85°C(-40 〜 185°F)
  • 動作温度:-20 〜 +55°C(-4 〜 +131°F)
  • 動作湿度:10 〜 90%(結露しないこと)
システム メモリ
  • 128 MB の DRAM
  • 32 MB のフラッシュ メモリ
入力電力要件
  • AP3500:44 〜 57 VDC
  • 電源およびパワー インジェクタ:100 〜 240 VAC、50 〜 60 Hz
電源オプション
  • 802.3af イーサネット スイッチ
  • Cisco AP3500 パワー インジェクタ(AIR-PWRINJ4=)
  • Cisco AP3500 ローカル電源(AIR-PWR-B=)
消費電力
  • AP3500:12.95 W
注:Power over Ethernet(PoE)を使用する場合、相互接続ケーブルの長さに応じて、給電装置から引き出される電力が若干高くなります。この余分な電力が 2.45 W に達する場合があります。このようなケースにおけるシステム全体の消費電力(アクセス ポイント + ケーブル)は 15.4 W になります。
保証 制限付きライフタイム ハードウェア保証
適合規格
  • 安全性:
    ・UL 60950-1
    ・CAN/CSA-C22 2 No. 60950-1
    ・UL 2043
    ・IEC 60950-1
    ・EN 60950-1
  • 無線の認可:
    ・FCC Part 15.247、15.407
    ・RSS-210(カナダ)
    ・EN 300.328、EN 301.893(欧州)
    ・ARIB-STD 33(日本)
    ・ARIB-STD 66(日本)
    ・ARIB-STD T71(日本)
    ・EMI および感受性(クラス B)
    ・FCC Part 15.107 および 15.109
    ・ICES-003(カナダ)
    ・VCCI(日本)
    ・EN 301.489-1 および -17(欧州)
    ・Medical 指令(93/42/EEC)に関する EN 60601-1-2 EMC 要件
  • IEEE 規格:
    ・IEEE 802.11a/b/g、IEEE 802.11n 2.0、IEEE 802.11h、IEEE 802.11d
  • セキュリティ:
    ・802.11i、Wi-Fi Protected Access 2(WPA2)、WPA
    ・802.1X
    ・Advanced Encryption Standards(AES)、Temporal Key Integrity Protocol(TKIP)
  • EAP タイプ:
    ・Extensible Authentication Protocol-Transport Layer Security(EAP-TLS)
    ・EAP-Tunneled TLS(TTLS)または Microsoft Challenge Handshake Authentication Protocol Version 2(MSCHAPv2)
    ・Protected EAP(PEAP)v0 または EAP-MSCHAPv2
    ・Extensible Authentication Protocol-Flexible Authentication via Secure Tunneling(EAP-FAST)
    ・PEAPv1 または EAP-Generic Token Card(GTC)
    ・EAP-Subscriber Identity Module(SIM)
  • マルチメディア:
    ・Wi-Fi Multimedia(WMM™)
  • その他:
    ・FCC Bulletin OET-65C
    ・RSS-102
1 MCS インデックス:Modulation and Coding Scheme (MCS; 変調および符号化方式)インデックスは、空間ストリーム数、変調、符号化レート、およびデータ レート値を決定します。
2 GI:シンボル間の ガード インターバル(GI)により、レシーバーはマルチパス遅延の影響を抑制することができます。

制限付きライフタイム ハードウェア保証


Cisco Aironet 3500 シリーズ アクセス ポイントには、制限付きライフタイム保証が付属します。この保証は、製品を最初に購入したエンド ユーザがそれを所有または使用し続ける限り、ハードウェアに対する完全な保証を提供するというものです。さらにこれは、10 日間以内対応のハードウェア交換を含み、ソフトウェア メディアに 90 日間、障害が発生しないことを保証します。詳細については、www.cisco.com/go/warranty [英語]を参照してください。

シスコ ワイヤレス LAN サービス


モバイル サービスをシームレスに統合し、シスコとそのパートナーのサービスによって Cisco Unified Wireless Network のシステム全体にわたる機能を最大限に活用します。CleanAir テクノロジーと 802.11n 規格への移行を簡素化しつつ、CleanAir テクノロジーのシリコンレベルのインテリジェンスに組み込まれた自己修復および自己最適化機能と、802.11n 規格の高いパフォーマンスを、より効果的に活用します。

関連情報


Cisco Aironet 3500 シリーズの詳細については、http://www.cisco.com/jp/go/wireless/ を参照してください。