Cisco UCS C240 M3 ラック サーバ

イントロダクション

高い処理性能と大容量のメモリ・内蔵ディスク容量を同時に提供

Cisco UCS C240 M3 ラック サーバは、大量のデータからコラボレーションまでの幅広いストレージ集約型のインフラストラクチャ処理を、パフォーマンスと拡張性の両方を実現するために設計されています。

ビデオ データ シート

ビデオ データ シート

大容量の内蔵ディスクを必要とするサーバにおけるパフォーマンスと拡張性の向上を実現します。(3:11 min)[英語]

データ シートを読む

Cisco UCS C240 M3 は、定評のある Cisco UCS C210 M2 ラック サーバを基に基幹系クラスのサーバ ニーズを、2 ラック ユニット(2 RU)のフォーム ファクタによって実現し Cisco Unified Computing System ポートフォリオを拡張します。Intel® Xeon® プロセッサ E5-2600 および E5-2600 v2 プロセッサ製品ファミリを搭載することで、パフォーマンスと柔軟性、効率の向上の最適な組み合わせを実現します。

Cisco UCS C240 M3 は最大 768 GB の RAM、24 基のディスク スロット、およびマザーボードに組み込まれた 4 つの 1GE LAN インターフェイスを搭載しており、非常に高いレベルの内蔵メモリとストレージ容量と拡張性、および高度なパフォーマンスをお届けします。

特長および機能

仕様一覧

  • 最大 2 基の Intel® Xeon® E5-2600 または E5-2600 v2 プロセッサ
  • 24 DIMM スロットで最大 768 GB の RAM を搭載可能
  • 12(LFF)または 24(SFF)の SAS/SATA/SSD を利用可能、大容量の内部ストレージを必要とする処理に対応
  • マザーボードに PCI Express Gen 3 スロット 5 個と 1GE LAN インターフェイス 4 個を搭載
  • ハードウェア認証トラステッド プラットフォーム モジュール(TPM)搭載可能(ツールレスでアクセス可能)

Cisco UCS のエネルギー消費効率情報は、「シスコのトップランナー基準に対する取り組み」ページよりご参照ください。

技術仕様の表示

製品サポート サービス

シスコのサービスは、業務効率の向上、サポート コストの削減、可用性リスク管理の向上に役立ちます。

関連リソース

お問い合わせ

 
カタログガイドブック
Cisco UCS C シリーズ 今日から始めるシスコ ラックマウント サーバ