Cisco UCS C シリーズ ラックマウント サーバ

Cisco UCS C200 M1 高密度ラックマウント サーバ

注意: 本製品は既に生産/販売を終了しております。本製品を含むシリーズ全体については Cisco UCS C シリーズ ラックマウント サーバ をご覧ください。

コンピューティング パフォーマンスと I/O の柔軟性のバランスに優れた高密度サーバ

UCS C シリーズ ラックマウント サーバを比較

Cisco UCS C200 M1 のインタラクティブ モデルを表示

Cisco UCS C200 M1 サーバは、ネットワーク インフラストラクチャ、Web サービス、メインストリーム データ センター、ブランチ オフィス、リモート オフィスの実稼動レベルの用途に対応できるように構築された、高密度 2 ソケット 1RU ラックマウント サーバです。特徴は次のとおりです。

  • 最大 2 基の Intel Xeon 5500 シリーズ マルチコア プロセッサ
  • 最大 96 GB の業界標準 DDR3 メイン メモリ
  • 最大 4 つの内蔵 SAS ドライブまたは SATA ドライブによって、総容量を 4 テラバイト(TB)まで拡張可能
  • 最大 4 つの SATA ドライブで組み込みの RAID 0 および 1 をサポート。オプションのメザニン カードを使用して最大 4 つの SAS ドライブまたは SATA ドライブで RAID 0 および 1 をサポート。オプションの LSI MegaRAID カードを使用して最大 4 つの SAS ドライブまたは SATA ドライブで RAID 0、1、5、6、10 をサポート
  • ハーフレングスの x8 PCIe スロット 2 個:フルハイトとロー プロファイル各 1 個、両方に x16 コネクタを搭載、ロー プロファイル、ハーフレングス x8 PCI Express(PCIe)カードを最大 2 つ搭載可能
  • 内蔵ギガビット イーサネット ポート 2 つと 10/100 Mbps イーサネット管理ポート 1 つ(Cisco UCS Integrated Management Controller へのアクセスに使用可能)
  • 前面パネルにビデオ接続、USB 接続× 2、シリアル ポート接続のインターフェイスを装備。背面パネルにビデオ コネクタ、USB コネクタ× 2、シリアル ポート コネクタを装備
  • Climate Saver 仕様に適合したオプションのデュアル冗長電源モジュールによる信頼性、可用性、サービサビリティの強化
  • サーバ構成に電源を効率的に適合させる 2 つの電源オプション(450W と 650W)
注目のコンテンツ

Cisco Unified Computing の相互運用性ベンチマーク
Cisco Unified Computing はトップクラスのパフォーマンス ベンチマークを示します。受賞歴を誇り、お客様を成功に導きます。パフォーマンス ベンチマーク情報はこちらを参照ください。
Cisco Unified Computingは、主要なアプリケーション・仮想化・OSとの相互運用性を認定されたプラットフォームであり、データセンターの主要なシステム管理ツールとの相互運用も可能です。相互運用情報はこちらを参照ください。

Cisco UCS C200 M1 の概要(PDF - 2.0 MB)
実稼動レベルのさまざまな用途に対応するように構築されたこの高密度サーバについて詳しく説明しています。

Cisco UCS C シリーズ サーバの管理(PDF - 330 KB)
包括的で柔軟性に優れた標準ベースの管理能力について詳しく説明しています。

概要:シスコ ユニファイド コンピューティング システム(PDF - 3.68 MB)[英語]
シスコ ユニファイド コンピューティング システムは、コンピューティング、ネットワーク、ストレージ アクセス、および仮想化を 1 つの緊密なシステムに統合し、総所有コスト(TCO)を削減して、ビジネスの俊敏性を高めることを目的として設計されています。

お問い合わせ