UCS C シリーズ ラックマウント サーバ

Cisco UCS C250 M1 拡張メモリ ラックマウント サーバ

注意: 本製品は既に生産/販売を終了しております。本製品を含むシリーズ全体については Cisco UCS C シリーズ ラックマウント サーバ をご覧ください。

データ シート





Cisco UCS C250 M1 拡張メモリ ラックマウント サーバ



製品概要


Cisco® UCS C シリーズ ラックマウント サーバは、ユニファイド コンピューティングの革新技術を業界標準のフォーム ファクタに結集したもので、Total Cost of Ownership(TCO; 総所有コスト)を削減し、ビジネスの俊敏性を向上させます。このシリーズはスタンドアロン環境でも Cisco Unified Computing System1 の一部としてでも動作するように設計されています。このシリーズに採用されているシスコ テクノロジーにより、お客様は作業負荷の困難な課題を解決できるようになります。このシリーズには、標準ベースのユニファイド ネットワーク ファブリック、Cisco VN-Link 仮想化のサポート、およびシスコ拡張メモリ テクノロジーが組み込まれています。必要に応じたシステムの拡張が可能なので、お客様は投資を有効に活用しながら、ユニファイド コンピューティングへの移行を進めることができます。

Cisco UCS C250 M1 拡張メモリ ラックマウント サーバは、2 ソケット、2 ラックユニット(2RU)ラックマウント サーバであり、シスコの特許技術であるシスコ拡張メモリ テクノロジーが採用されています(図 1)。要求が厳しいバーチャレイゼーションと大量データセットの作業負荷に対応するために、パフォーマンスと容量を強化するように設計されています。また、メモリ フットプリントが小さいので、コストを削減することが可能です。このサーバは、エンタープライズ データセンター、サービス プロバイダー環境、仮想デスクトップ ホスティングの仮想化の作業負荷用に構築されています。データベース管理システムや、モデリングおよびシミュレーションのアプリケーションなどで、大量のデータ セットを処理する際のパフォーマンスが向上します。現在、メモリの拘束を受けているアプリケーションの場合、Cisco UCS C250 M1 サーバが提供する 384 GB のアドレス可能メモリを使用することによってメリットがあります。

図 1 Cisco UCS C250 M1 サーバ

図 1 Cisco UCS C250 M1 サーバ


用途


48 個の DIMM スロットを使用できる Cisco UCS C250 M1 サーバは、Intel® Xeon® 5500 シリーズ プロセッサに基づく 2 ソケット サーバの中でもユニークな設計になっています。メモリ容量の観点からすると、コストのかかる 4 ソケット サーバが必要となるような状況でメモリというボトルネックが軽減され、大型メモリフットプリントのアプリケーションを実行する場合の価格とパフォーマンスの比率が向上します。メモリコストの観点からすると、このサーバには、低コストの 4 GB DIMM を、合計で 192 GB のメイン メモリまで装備できます。このメモリ構成により、その他の 2 ソケット、Intel Xeon 5500 シリーズ プロセッサベース システムでは 16 GB の DIMM を使用しなければ達成できないメモリ フットプリントが実現されます。メモリ容量の観点からすると、このサーバには、8 GB DIMM を、合計で 384 GB のメモリまで装備できます。

シスコ拡張メモリ テクノロジーのこのような利点は、次の例のように、非常に大きなメモリ フットプリントが必要な場合や、大型で低コストのメモリ フットプリントが望ましいときに役立ちます。

  • 大規模な仮想化環境では、サーバのメモリ フットプリントを大きくして、より多くの仮想マシンまたはより大きな仮想マシンをホストでき、既存の実装がメモリに拘束されている場合はパフォーマンスを向上できます。
  • データベース アプリケーションは仮想化環境と非仮想化環境で拡大できます。サーバが、大きいメモリ フットプリントと最高速の Intel プロセッサを組み合わせて使用するためです。
  • このサーバのパフォーマンスとメモリ フットプリントは、多くのメモリを必要とする、工業デザイン オートメーション(EDA)アプリケーションや地球物理モデリング アプリケーションなど、従来のハイパフォーマンス コンピューティング(HPC)アプリケーションで役立ちます。EDA アプリケーションや、石油および地震のアプリケーションは、他の 2 ソケット サーバのメモリ容量 144 GB を超えて拡張しており、より大きなメモリ フットプリント(384 GB)またはより経済的なメモリ フットプリント(192 GB)でアプリケーションを加速できます。メモリで拘束されているその他の HPC アプリケーションは、Cisco UCS C250 M1 サーバ上でパフォーマンスが向上する傾向があります。
  • エンタープライズ リソース プランニング(ERP)アプリケーションは、Cisco UCS C250 M1 サーバ上でホストされた場合、メイン メモリの大量データ セットでパフォーマンスが改善されます。

機能と利点


Cisco UCS C250 M1 サーバは、シスコ拡張メモリ テクノロジーを含むシスコ ユニファイド コンピューティングの革新技術を、業界標準のラックマウント フォーム ファクタに拡張したものです。これは、今後ユニファイド コンピューティングに移行できる方法が組み込まれた最初のラックマウント サーバです。ラックマウント サーバ固有の利益を提供することによって、お客様の選択肢を増やし、これまで仮想化データセンターのニーズに対応できる製品がなかった商品市場に、差別化と新たな価値をもたらします。表 1 は、Cisco UCS C250 M1 サーバの機能と利点です。

表 1 機能と利点

機能 利点
シスコ拡張メモリ テクノロジー
  • 8 GB DIMM を使用した、最大 384 GB のメイン メモリ、または 4 GB DIMM を使用した、最大 192 GB のメイン メモリ
  • 大幅にメモリ フットプリントを増やすことで、パフォーマンスと容量を強化し、要件の多いバーチャライゼーションおよび大量データセットの作業負荷に対応する
  • 仮想と物理の統合比率が高いため、サーバ数が減りライセンス コストが低減
  • 48 個の DIMM スロットにより、高価な高密度 DIMM の代わりに低密度 DIMM を使用して、よりコスト効率の高いメモリ フットプリントを実現できる
10 Gbps ユニファイド ネットワーク ファブリック
  • 低遅延、ロスレスの 10 Gbps イーサネットと業界標準の Fibre Channel over Ethernet(FCoE)ファブリック
  • I/O 設定を変更しても、アダプタを取り付けたり、ラックやスイッチの配線を変える必要のない wire-once(配線は初回のみ)の導入モデル
  • 購入、電源投入、設定、保守が必要なインターフェイス カード、ケーブル、アップストリーム ネットワーク ポートが少ない
仮想化への最適化
  • Cisco VN-Link テクノロジー、I/O 仮想化、そして Intel Xeon 5500 シリーズ プロセッサの機能により、仮想マシンにまでネットワークを拡張
  • 一貫性があり、スケーラブルな運用モデル
  • 複雑さが軽減し、セキュリティと効率が向上
統合管理* (Cisco Unified Computing System に統合した場合)
  • Cisco UCS Manager で、ソリューション全体を単一エンティティとして管理し、運用効率と柔軟性を改善
  • ロールベースおよびポリシーベースの管理を実装するサービス プロファイルとテンプレートを使用することにより、熟練したサーバ管理者、ネットワーク管理者、ストレージ管理者をより効率的に活用
  • プロビジョニングの自動化とビジネスの俊敏性の向上により、データセンター管理者は、数日ではなく数分でアプリケーションをプロビジョニング可能
ホットスワップ可能な冗長電源装置 可用性の向上
ホットスワップと前面アクセスが可能な冗長ファン サービサビリティの向上、ダウンタイムの短縮
最大 5 つの PCI Express(PCIe)2.0 スロットのサポート
  • 柔軟性とパフォーマンスの向上、および業界標準との互換性
  • 2 個の x16 スロットまたは 3 個の x8 スロットによる I/O パフォーマンスと柔軟性
  • オプションの LSI MegaRAID コントローラにより、5 個のスロットのうちいずれかを使用して RAID を設定可能
  • PCIe 2.0 スロットは、帯域幅を前世代の 2 倍にしてさらなる柔軟性を提供しながらも、PCIe 1.1 との互換性を維持
クアッドコア Intel Xeon 5500 シリーズ プロセッサ
  • アプリケーションのニーズに応じてサーバ パフォーマンスをインテリジェントに調整。必要なときにだけ自動的にパフォーマンスが増大するので、消費エネルギーの大幅な節約が可能
  • 必要とされるパフォーマンスを実現しながらも、プロセッサとメモリの電力状態を可能なかぎり自動的に節約することによって、エネルギー コストを削減
  • 移行および直接 I/O のためのプロセッサ サポートを含め、仮想化環境のパフォーマンスを最適化する柔軟な仮想化テクノロジー
ホットスワップ可能な SAS および SATA ドライブ
  • 前面アクセスとホットスワップが可能な Small Form-Factor(SFF)6G SAS ドライブまたは SATA ドライブを最大 8 台サポート
  • 10,000 RPM ドライブをサポートし、価値と容量の両方を実現
  • 15,000 RPM ドライブをサポートし、最大のパフォーマンスを実現
  • 大容量(500 GB)で経済的な SATA ドライブ、または高パフォーマンスのエンタープライズクラス SAS ドライブ(73,146、および 300 GB)を選択し、ストレージ特性をアプリケーション要件に合わせることが可能
RAID 0、1、5、6、10、50、60 の サポート 2 つの RAID コントローラ オプションを選択可能。最大 8 台の SAS ドライブまたは SATA ドライブでデータ パフォーマンスとデータ保護を提供
Cisco UCS Integrated Management Controller
  • サーバ管理、アドミニストレーション、仮想メディア用の Web ユーザ インターフェイス
  • リモートのキーボード、ビデオ、およびマウス(KVM)および CD/DVD ドライブをまるでローカルであるかのように操作できる、仮想メディアのサポート
  • サードパーティ製エンタープライズ管理システムを使用したアウトオブバンド管理用に、Intelligent Platform Management Interface(IPMI; インテリジェント プラットフォームの管理インターフェイス) 2.0 をサポート
  • サーバ管理用 Command-line interface(CLI; コマンド ライン インターフェイス)
統合 4 ギガビット イーサネット
  • 優れたネットワーク I/O パフォーマンス、およびネットワーク効率と柔軟性の向上
  • フェールオーバー構成で設定した場合、ネットワーク可用性が向上
光学式ドライブ CD メディアと DVD メディアに前面パネルから直接アクセス


製品仕様


表 2 は Cisco UCS C250 M1 サーバの仕様です。

表 2 製品仕様

項目 仕様
プロセッサ
  • Intel Xeon 5500 シリーズ プロセッサ 2 基
  • プロセッサの選択肢:Intel Xeon X5570、X5550、E5540
メモリ
  • 最大 48 個の DIMM スロット
  • DDR3-1333MHz registered DIMM をサポート
  • DDR3-1333MHz 低電圧 DIMM をサポート
  • アドバンスド ECC
  • ミラーリング オプション
PCIe スロット
  • 5 個の PCIe 2.0 スロットを使用可能
    • ロープロファイル、ハーフレングス x8 スロット× 3
    • フルハイト、ハーフレングス x16 スロット× 2
    • すべてのスロットで x16 コネクタ
ハード ドライブ 最大 8 台の 2.5 インチ SAS または SATA ドライブ(前面アクセス、ホットスワップ可能)
ハード ディスク オプション
  • 73 GB SAS、6G、15,000 RPM
  • 146 GB SAS、6G、10,000 RPM
  • 300 GB SAS、6G、10,000 RPM
  • 500 GB SATA、7200 RPM
光学式ドライブ 24x CD±R/RW DVD±R/RW 光学式ドライブ
統合グラフィック ServerEngines Pilot-2 BMC に Matrox G200 コアを組み込み済み
Cisco UCS Integrated Management Controller
  • Integrated ServerEngines Pilot-2 BMC
  • IPMI 2.0 に準拠(管理および制御)
  • 10/100BASE-T アウトオブバンド管理インターフェイス× 2
  • 自動 Lights Out 管理用の CLI および WebGUI 管理ツール
  • KVM
Baseboard management controller(BMC) Integrated ServerEngines Pilot-2 BMC
前面パネル コネクタ アクセスしやすい前面パネル ビデオ ポート、USB ポート(2 個)、シリアル コンソール
前面パネル ロケータ LED 大規模データセンター環境で管理者の注意を特定サーバに喚起するインジケータ
その他の背面コネクタ DB-15 ビデオ ポート(1 個)、USB 2.0 ポート(2 個)、DB-9 シリアル ポート(1 個)を含む追加のインターフェイス
寸法(高さ×幅×奥行) 2RU:8.61 × 44.45 × 71.12 cm (3.39 × 17.5 × 28 インチ)
温度:動作時 10 〜 35 °C(50 〜 95 °F)
温度:非動作時 -40 〜 65 °C(-40 〜 149 °F)
湿度:動作時 5 〜 93%(結露しないこと)
湿度:非動作時 5 〜 93%(結露しないこと)
高度:動作時 0 〜 3000 m(0 〜 10,000 フィート)
高度:非動作時 12,000 m(40,000 フィート)


適合規格


表 3 は適合標準規格の情報です。

表 3 適合標準規格:安全性および EMC

仕様 説明
安全性
  • UL 60950-1 No. 21CFR1040
  • CAN/CSA-C22.2 No. 60950-1
  • NOM-NYCE
  • NOM-10-SCFI-10993
  • IRAM IEC60950-1
  • CB IEC60950-1
  • EN 60950-1
  • IEC 60950-1
  • GOST IEC60950-1
  • SASO
  • SABS/CB IEC6095-1
  • CCC*/CB GB4943-1995
  • CNS14336
  • CB IEC60950-1
  • AS/NZS 60950-1
  • GB4943
EMC:放射
  • 47CFR Part 15 (CFR 47) Class A
  • AS/NZS CISPR22 Class A
  • CISPR2 2 Class A
  • EN55022 Class A
  • ICES003 Class A
  • VCCI Class A
  • EN61000-3-2
  • EN61000-3-3
  • EN60601
  • KN22 Class A
  • CNS13438 Class A
EMC:イミュニティ
  • EN50082-1
  • EN61000-6-1
  • EN55024
  • CISPR24
  • EN300386
  • KN 61000-4 シリーズ


発注用製品番号情報 [英語]

シスコ ユニファイド コンピューティング サービス:Cisco C シリーズ ラックマウント サーバ


シスコは、業界をリードするパートナー企業とともに、データセンターのリソースを一元的に扱うことで、Cisco UCS C シリーズ ラックマウント サーバ ソリューションへの移行を促進するサービスを提供します。シスコ ユニファイド コンピューティング サービスを利用することにより、サーバの配置や、ビジネス ニーズに応じた運用の最適化、シスコのユニファイド コンピューティング アーキテクチャへの移行を加速することができます。詳細については、http://www.cisco.com/go/unifiedcomputingservices/ [英語] を参照してください。

関連情報


http://www.cisco.com/jp/go/unifiedcomputing/ を参照してください。

Cisco UCS のエネルギー消費効率情報は、「シスコのトップランナー基準に対する取り組み」ページよりご参照ください。

http://www.cisco.com/web/JP/product/toprunner/index.html#~computer



1製品の出荷開始(FCS)後に使用可能になる計画段階の機能