UCS Bシリーズ ブレード サーバ

Cisco UCS M71KR-Q QLogic 統合型ネットワーク アダプタ

データ シート





Cisco UCS M71KR-Q QLogic Converged Network Adapter(CNA; 統合型ネットワーク アダプタ)




Cisco Unified Computing System の概要


Cisco® Unified Computing System は、コンピューティング、ネットワーク、ストレージ アクセス、および仮想化を統合して 1 つのシステムにまとめる、次世代のデータ センター プラットフォームで、総所有コスト(TCO)を削減し、ビジネス アジリティ(俊敏な対応力)を高めることを目的として設計されています。このシステムは、低遅延のロスレス 10 ギガビット イーサネット ユニファイド ネットワーク ファブリックを、エンタープライズクラスの x86 アーキテクチャ サーバと統合します。また、統合されたスケーラビリティの高いマルチシャーシ プラットフォームであり、システム内のすべてのリソースが、統合された管理ドメインの実現に貢献しています。

製品概要


Cisco UCS M71KR-Q QLogic Converged Network Adapter(CNA; 統合型ネットワーク アダプタ)は、QLogic ベースの Fibre Channel over Ethernet(FCoE)メザニン カードで、Cisco Unified Computing System で Cisco UCS B シリーズのブレード サーバに接続性を提供します。

このアダプタは Cisco UCS ブレード用に設計されており、ブレード サーバ シャーシのミッドプレーンにデュアルポート接続して使用します。Cisco UCS M71KR-Q では、同一のメザニン カード上で、ネットワーク トラフィック用に Intel 82598 10 ギガビット イーサネット コントローラを使用し、ファイバ チャネル トラフィック用に QLogic 4 Gbps ファイバ チャネル コントローラを使用しています。オペレーティング システムからは、Cisco UCS M71KR-Q は 2 つの別々のファイバ チャネル ホスト バス アダプタ(HBA)ポートと、2 つのイーサネット ネットワーク ポートとして認識されます(図 1)。

図 1 Cisco UCS M71KR-Q QLogic Converged Network Adapter(CNA; 統合型ネットワーク アダプタ)

図 1 Cisco UCS M71KR-Q QLogic Converged Network Adapter(CNA; 統合型ネットワーク アダプタ)
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon


機能と利点


Cisco UCS M71KR-Q は、QLogic のドライバを使用する 10 ギガビット イーサネットと 4 Gbps ファイバ チャネルの両方の機能を備えているため、次の利点を得ることができます(図 2)。

  • 既存の QLogic アダプタベースの SAN 環境およびドライバとの互換性により、リスクを軽減
  • LAN および SAN のトラフィックを同一のメザニン カードとファブリックに統合することによって、ネットワーク インターフェイス カード(NIC)、HBA、ケーブル、スイッチの全体数を削減し、TCO を削減
  • Cisco UCS Manager による統合管理
図 2 Cisco UCS M71KR-Q QLogic Converged Network Adapter(CNA; 統合型ネットワーク アダプタ)アーキテクチャ

図 2 Cisco UCS M71KR-Q QLogic Converged Network Adapter(CNA; 統合型ネットワーク アダプタ)アーキテクチャ
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon


表 1 は、Cisco UCS M71KR-Q の機能と利点です。

表 1 機能と利点

機能 利点
QLogic ファイバ チャネル コントローラ特定用途向け集積回路(ASIC) ストレージ用の既存の QLogic HBA ソフトウェアとドライバをお客様が利用できる
ユニファイド I/O 同一のメザニン カードとファブリック上で LAN および SAN トラフィックが渡されるため、NIC、HBA、ケーブル、およびスイッチの全体数の統合により、TCO が削減可能
ネットワーク アーキテクチャ ファイバ チャネルとイーサネット トラフィックの両方を運ぶファブリックへのデュアル 10 ギガビット イーサネット ポートを使用することによる、ファブリック インターコネクトへの冗長パスの提供
統合された管理 Cisco UCS Manager を通じて、ブレードとブレード上のメザニン カードを自動的に検出する
イーサネット トラフィック用 Intel 82598 ASIC 効率的で高パフォーマンスなイーサネット サポートを提供する
パケット ロスのないロスレス イーサネットのサポート プライオリティ フロー制御(PFC; Priority Flow Control)と IEEE 802.3x ポーズを使用して、シスコ ユニファイド ファブリックの一部として FCoE を有効にする
ファイバ チャネル N ポート ID バーチャライゼーション(NPIV)セッションのサポート Microsoft Windows オペレーティング システムで 16 セッション、Linux オペレーティング システムで 64 セッションをサポート

プラットフォーム サポートと互換性


Cisco UCS M71KR-Q メザニン カードは、Cisco UCS B シリーズのブレード サーバ用に設計されており、専用の環境で Cisco UCS Manager を使用して動作します。

表 2 は、Cisco UCS M71KR-Q の仕様です。

表 2 製品仕様

項目 仕様
標準 10 ギガビット イーサネット、IEEE 802.3ae(XAUI)、IEEE 802.3、IEEE 802.1Qaz、IEEE 802.1q VLAN サポート、1000BASE-BX、最大 16 KB のジャンボ フレーム、1/2/4 Gbps ファイバ チャネル、T11 FCoE
コンポーネント Cisco ASIC、QLogic ファイバ チャネル ASIC、Intel 82598 ASIC
ポート 10 ギガビット イーサネット 2 基およびメザニン コネクタ
接続 1000BASE-BX および Cisco Unified Computing System ミッドプレーン
メモリ 512 KB の受信バッファ、320 KB の送信バッファ、8 KB の命令キャッシュ、8 KB のデータ キャッシュ
パフォーマンス 1 ポートあたり 150,000 I/O 処理/秒(IOPS)
ネットワーク管理 Cisco UCS Manager v1.0.1
ネットワーク インターフェイス (またはプログラミング他の インターフェイス) 10 ギガビット イーサネット 2 基と、最高 32 の仮想インターフェイス
物理寸法 奥行き = 18.4 cm (7.25 インチ)
幅 = 9.3 cm (3.65 インチ)
通常の消費電力 21 ワット(W)
空気取り入れ口の動作温度範囲 10 〜 35°C(50 〜 95°F)

システム要件


Cisco UCS M71KR-Q は、Cisco UCS B シリーズのブレード サーバでの使用に特化して設計されたメザニン カードです。Cisco UCS B200 M1 2 ソケット ブレード サーバは、それぞれ 1 つのメザニン アダプタをサポートし、Cisco UCS B250 M1 2 ソケット拡張メモリ ブレード サーバは、それぞれ 2 つまでのアダプタをサポートします。このアダプタはこの用途専用に設計されており、他の目的での使用は意図されていません。

保証に関する情報


保証については、Cisco.com の製品保証のページを参照してください。

シスコ ユニファイド コンピューティング サービス


シスコは、業界をリードするパートナー企業と共に、データセンターのリソースを一元的に扱うことで、ユニファイド コンピューティング アーキテクチャへの移行を促進するサービスを提供します。シスコ ユニファイド コンピューティング サービスは、お客様のビジネス ニーズに適切に対応するために、データセンター リソースの迅速な配置、継続的な運用の簡素化、インフラストラクチャの最適化をお手伝いします。これらのサービスおよびその他のシスコのデータセンター サービスの詳細については、http://www.cisco.com/web/JP/services/portfolio/as/as_dcn.html を参照してください。

シスコが選ばれる理由


シスコには、業界標準に基づいてビジネス上の効率を改善するための統合システムを提供し、プラットフォームとしてネットワークを使用してきた長い革新の歴史があります。Cisco Unified Computing System は、この歴史を引き継いでいます。最近の例としては、IP テレフォニー、LAN スイッチ、ユニファイド コミュニケーション、ユニファイド I/O などがあります。シスコは数年前、コンピュータとバーチャライゼーションの各業界から経験豊富な人材を集めてチームを構成し、ネットワーキングとストレージ アクセスの専門知識を増強し、Data Center 3.0 戦略のユニファイド コンピューティングの段階に入りました。その結果として発表されたのが、ユニファイド ファブリックやサーバ仮想化をサポートする Cisco Nexus™ ファミリなど、基盤となるテクノロジーです。この段階は、Cisco Unified Computing System がアーキテクチャ、テクノロジー、パートナーシップ、およびサービスの革新をもたらすことによって完成しました。シスコは、コンピューティングに対してシステム的なアプローチをとることによって、この革新を進めることができる、優位性のある立場にいます。このアプローチでは、ネットワークのインテリジェンスおよびスケーラビリティと、革新的な ASIC、統合された管理、および標準的なコンピューティング コンポーネントとが統合されます。

関連情報


Cisco UCS M71KR-Q QLogic Converged Network Adapter(CNA; 統合型ネットワーク アダプタ)の詳細については、http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/ucs/ucs_b/prodlit/data_sheet_c78-524737.html を参照してください。