Cisco Catalyst 4900 シリーズ

Cisco Catalyst 4948 シリーズ スイッチ

データ シート





Cisco Catalyst 4948 シリーズ スイッチ


ラックに最適な高性能サーバ収容スイッチ


製品概要

Cisco® Catalyst® 4948 は、ワイヤ スピードの動作と低遅延を可能にする レイヤ 2 ~ 4 対応の1 RU 固定構成スイッチで、ラック内でサーバ収容スイッチとして使用するのに適しています。実績のある Cisco Catalyst 4500 シリーズのハードウェアおよびソフトウェア アーキテクチャに基づいた Cisco Catalyst 4948 シリーズは、高性能なサーバやワークステーションのマルチレイヤ アグリゲーションに対して、卓越したパフォーマンスと信頼性を発揮します。

Cisco Catalyst 4948 には、ワイヤ スピードで動作する 48 個の 10/100/1000BASE-T ポート、およびオプションの 1000BASE-X Small Form-Factor Pluggable(SFP)光モジュールを接続できる 4 個の選択型ポートが装備されています *。オプションの内蔵型 AC/DC 1+1 ホットスワップ対応電源装置と、ホットスワップ可能なファン トレイを使用することにより、並外れた信頼性とサービス性が実現されます(図 1 および 2 を参照)。

* Cisco Catalyst 4948 には、前面パネル上に 52 個のスイッチング ポート(10/100/1000 ポート× 48 および SFP ポート× 4)が装備されています。ポート 45 ~ 48 については、個別に 10/100/1000 ポートまたは SFP ポートのどちらかを切り替えて使用することになります。 したがって、同時にアクティブにできるのは、52 ポートのうち最大 48 ポートとなります。

図 1 Cisco Catalyst 4948 シリーズ スイッチ

図 1 Cisco Catalyst 4948 シリーズ スイッチ

図 2 二重化された電源装置と交換可能なファン トレイのある Cisco Catalyst 4948 の背面

図 2 二重化された電源装置と交換可能なファン トレイのある Cisco Catalyst 4948 の背面


主な機能と利点

ワイヤ スピードのパフォーマンスで動作可能な 10/100/1000BASE-T 接続

Cisco Catalyst 4948 は、ハードウェアによる 72 Mpps でのレイヤ 2 ~ 4 トラフィック転送能力を持つ 96 Gbps スイッチング ファブリックを使用し、データ集約型のアプリケーションに対応可能な低遅延でワイヤ スピードのスループットを発揮します。スイッチング パフォーマンスは、ルート エントリの数や、利用可能になっているレイヤ 3 およびレイヤ 4 サービスの数に関係なく保証されます。またスケーラビリティとパフォーマンス強化のため、ハードウェア ベースの Cisco Express Forwarding アーキテクチャが採用されています。

冗長電源によるノンストップ運用

Cisco Catalyst 4948 では、1+1 冗長性をもつホットスワップ可能な内蔵 AC/DC 電源装置により、重要なアプリケーションに対応できるだけの信頼性が確保されています。この 1+1 電源装置の設計では、電源装置をそれぞれの回路に接続していると、A から B へのフェールオーバーが実行されます。AC 電源装置と DC 電源装置を同時に装着することもできるので、展開の柔軟性が増大します。また、Cisco Catalyst 4948 には 4 つのファンを備えたホットスワップ可能なファン トレイがあるため、サービス性と可用性も追加されています。

強固なセキュリティ

1 台の Cisco Catalyst 4948 上で複数のサーバ群を安全に確立できます。スイッチは、IP アドレス空間を変更することなく、各種のレイヤ 2 コミュニティ トラフィックを同時に分離できます。万一サーバに脆弱性があった場合にも、Cisco Catalyst 4948 は、サーバの設定を変更しなくてもコミュニティの他の部分に対する man-in-the-middle 攻撃と IP スプーフィング攻撃を防止できます。また、そうした攻撃を監査用にロギングすることもできます。

Cisco Catalyst 4948 には、豊富なネットワーク トラフィック セキュリティ機能が装備されています。セキュリティ ポリシーは、Access Control List(ACL; アクセス制御リスト)を使用して簡単に定義できます。ACL の検索はすべてハードウェアで実行されるため、ネットワークで ACL ベースのワイヤ レート セキュリティを有効にした場合でも、ワイヤ スピードでの転送およびルーティング パフォーマンスに影響はありません。Cisco Catalyst 4948 では、Secure Shell(SSH; セキュア シェル)プロトコル(バージョン 1 およびバージョン 2)、および SNMPv3(簡易ネットワーク管理プロトコル バージョン 3)もサポートされているため、リモート アクセスとネットワーク管理の安全性が確保されます。

包括的管理

Cisco Catalyst 4948 には、専用コンソール ポートが 1 ポートと、オフラインでの障害復旧のための専用管理ポートが 1 ポートあります。リモートからのインバンド管理には、SNMP、Telnet クライアント、BOOTP、および Trivial File Transfer Protocol(TFTP; 簡易ファイル転送プロトコル)を利用します。またローカルまたはリモートからのアウトバンド管理については、コンソール インターフェイスに端末またはモデムを接続することで可能になります。また、管理ポートを使用すると、TFTP サーバから数秒以内で新しいイメージを取得し、Cisco Catalyst 4948 にリロードすることができます。

Cisco Catalyst 4948 には、包括的な管理ツール セットが用意されており、サーバ スイッチングに必要な監視および管理機能を利用できます。Cisco Catalyst 4948 では、CiscoWorks ソリューションと組み込みの CiscoView を使用して設定および管理を行うことにより、デバイス、VLAN(仮想 LAN)、トラフィック、およびポリシーの管理を実行できます。これらの Web ベースの管理ツールでは、ソフトウェアの展開やエラー状態の迅速な分離など、数多くのサービスを利用できます。


ソフトウェア構成オプション

Cisco Catalyst 4948 のソフトウェア構成オプションの概要は、表 1 のとおりです。

表 1 Cisco Catalyst 4948 のソフトウェア構成オプションの概要

ソフトウェア イメージ 説明
IP Base イメージ 標準レイヤ 3 イメージ:Routing Information Protocol(RIP)v1、RIPv2、スタティック ルートを含む
Enterprise Services イメージ 拡張レイヤ 3 イメージ:Open Shortest Path First(OSPF)、Intermediate System-to-Intermediate System(IS-IS)、Enhanced Interior Gateway Routing Protocol(EIGRP)、Border Gateway Protocol(BGP)、AppleTalk、および Internetwork Packet Exchange(IPX)を含む



技術仕様

パフォーマンスとスイッチングの仕様

  • 96 Gbps ノンブロッキング スイッチング ファブリック
  • レイヤ 2 ハードウェア転送(72 Mpps)
  • Cisco Express Forwarding(ハードウェア)によるレイヤ 3 およびレイヤ 4 転送 IP ルーティング(72 Mpps)
  • ハードウェア ベースのレイヤ 2 ~ 4 スイッチング エンジン(Application Specific Integrated Circuit [ASIC; 特定用途向け IC] ベース)
  • ユニキャストおよびマルチキャスト ルーティング エントリ:32,000
  • スイッチあたり 2,048 のアクティブ VLAN と 4,096 の VLAN ID をサポート
  • レイヤ 2 マルチキャスト アドレス:16,384
  • MAC(メディア アクセス制御)アドレス:32,768
  • ポリサー:512 イングレスおよび 512 イグレス
  • ACL または QoS(Quality of Service)エントリ:32,000
  • アップリンク:Gigabit EtherChannel をサポートする選択型 SFP ポート× 4
  • 遅延(レイテンシ):64 バイト パケットに対して 6 μ 秒
  • Switched virtual interface(SVI):2,048
  • STP インスタンス:1,500
  • Internet Group Management Protocol(IGMP)スヌーピング エントリ:8,000

レイヤ 2 機能

  • レイヤ 2 ハードウェア転送(72 Mpps)
  • レイヤ 2 スイッチ ポートおよび VLAN トランク
  • IEEE 802.1Q VLAN カプセル化
  • Inter-Switch Link(ISL; スイッチ間リンク)VLAN カプセル化
  • Dynamic Trunking Protocol(DTP; ダイナミック トランキング プロトコル)
  • VLAN Trunking Protocol(VTP; VLAN トランキング プロトコル)および VTP ドメイン
  • Per-VLAN Spanning-Tree Protocol(PVST+)および Per-VLAN Rapid Spanning-Tree Protocol(PVRST)
  • スパニングツリー PortFast および PortFast ガード
  • スパニングツリー UplinkFast および BackboneFast
  • 802.1s
  • 802.1w
  • スパニングツリー ルート ガード
  • Cisco Discovery Protocol(CDP)
  • IGMP スヌーピング v1、v2、v3
  • 802.3ad
  • Cisco EtherChannel® テクノロジー、Cisco Fast EtherChannel テクノロジー、および Cisco Gigabit EtherChannel テクノロジーをサポート
  • Port Aggregation Protocol(PAgP; ポート集約プロトコル)
  • SFP ポートでの Unidirectional Link Detection(UDLD; 単一方向リンク検出)プロトコルおよびアグレッシブ UDLD
  • ハードウェアでの Q-in-Q
  • レイヤ 2 プロトコル トンネリング
  • 全ポートでジャンボ フレームをサポート(最大 9,216 バイト)
  • ベビー ジャイアント(最大 1,600 バイト)
  • ハードウェア ベースのストーム制御(「ブロードキャストおよびマルチキャスト抑制」と呼ばれている機能)
  • コミュニティ プライベート VLAN(PVLAN)
  • 強制 10/100 オートネゴシエーション

レイヤ 3 機能

  • Cisco Express Forwarding によるハードウェア ベースの IP ルーティング(72 Mpps)
  • スタティック IP ルーティング
  • IP ルーティング プロトコル:EIGRP、OSPF、RIP、RIP2
  • BGPv4 および Multicast Border Gateway Protocol(MBGP)
  • Hot Standby Router Protocol(HSRP)
  • IPX および AppleTalk のソフトウェア ルーティング
  • IS-IS ルーティング プロトコル
  • IGMPv1、v2、および v3
  • アクセス ポートおよびトランク ポートでの IGMP フィルタリング
  • IP マルチキャスト ルーティング プロトコル(Protocol Independent Multicast [PIM]、Source Specific Multicast [SSM]、および Distance Vector Multicast Routing Protocol [DVMRP])
  • Pragmatic General Multicast(PGM)
  • Cisco Group Management Protocol(GMP)サーバ
  • Internet Control Message Protocol(ICMP)を完全サポート
  • ICMP Router Discovery Protocol
  • Policy-Based Routing(PBR; ポリシー ベース ルーティング)
  • Virtual Route Forwarding-lite(VRF-lite)
  • IPv6 ソフトウェア スイッチングをサポート
  • OSPF 高速コンバージェンス

高度な QoS とトラフィック管理

  • ポート単位の QoS 設定
  • ポート単位、VLAN 単位の QoS
  • ハードウェアでポートあたり 4 つのキューをサポート
  • 完全優先キューイング
  • IP DiffServ Code Point(DSCP)と IP precedence
  • IP Type of Service(ToS; サービス タイプ)または DSCP に基づく分類とマーキング
  • 完全レイヤ 3 およびレイヤ 4 ヘッダに基づく分類とマーキング(IP 専用)
  • レイヤ 3 およびレイヤ 4 ヘッダに基づく入力および出力のポリシング(IP 専用)
  • 512 のイングレス ポリサーと 512 のイグレス ポリサーをサポートし、集約または個別ポリサーとして設定可能
  • 出力キューのシェーピングと共有の管理
  • Dynamic Buffer Limiting(DBL):高度な輻輳回避機能
  • パフォーマンスを損なわない精細な QoS 機能

安定したパフォーマンス

  • 96 Gbps スイッチング ファブリック
  • レイヤ 2 ハードウェア転送(72 Mpps)
  • Cisco Express Forwarding によるレイヤ 3 ハードウェア ベースの IP ルーティング(72 Mpps)
  • ハードウェア ベースのレイヤ 4 TCP/UDP フィルタリング(72 Mpps)
  • パフォーマンスを損なわずに高度なレイヤ 3 およびレイヤ 4 サービスを利用可能
  • 連続 500 ホスト/秒のソフトウェア ベース ラーニング
  • 32,768 の MAC アドレスをサポート
  • 32,000 のルーティング テーブル エントリをサポート(ユニキャストとマルチキャストで共有)
  • 512 イングレス ポリサーと 512 イグレス ポリサーのサポート
  • 32,000 の ACL および QoS エントリをサポート
  • 2,048 個の仮想ポートをサポートするスケーラビリティ(VLAN ポート インスタンス)
  • 8,000 の IGMP スヌーピング エントリをサポートするスケーラビリティ
  • 1,500 の STP インスタンスをサポートするスケーラビリティ
  • Cisco Gigabit EtherChannel テクノロジーによる最大 16 Gbps の帯域幅集約
  • ハードウェア ベースのワイヤ スピードでのマルチキャスト管理
  • ハードウェア ベースのワイヤ スピードでの ACL

包括的管理

  • Windows 用ネットワーク管理ソフトウェア CiscoWorks により、ポート単位およびスイッチ単位で管理でき、シスコのルータ、スイッチ、およびハブに共通の管理インターフェイスを提供
  • Cisco Network Assistant による管理が可能
  • SNMPv1、v2、v3 により、包括的なインバンド管理が可能
  • CLI(コマンドライン インターフェイス)ベースの管理コンソールにより詳細なアウトバンド管理が可能
  • Remote Monitoring(RMON)ソフトウェア エージェントで 4 つの RMON グループ(履歴、統計、アラーム、イベント) をサポートし、トラフィックの管理、モニタリング、および分析を強化
  • Cisco SwitchProbe® アナライザ(Switched Port Analyzer [SPAN; スイッチド ポート アナライザ])ポートを使用して 9 つの RMON グループをすべてサポートすることにより、単一のネットワーク アナライザまたは RMON プローブから、単一ポート、ポート グループ、またはスイッチ全体のトラフィックをモニタリング
  • イングレス ポート、イグレス ポート、VLAN SPAN などの分析をサポート
  • レイヤ 2 Traceroute
  • Remote SPAN(RSPAN)
  • Smartport マクロ
  • SPAN ACL フィルタリング
  • Dynamic Host Configuration Protocol(DHCP)によるクライアントの自動設定
  • IfIndex 持続性
  • HTTPS
  • Time Domain Reflectometry(TDR; タイム ドメイン リフレクトメータ)

高度なセキュリティ

  • TACACS+ および RADIUS によってスイッチを集中管理し、無許可のユーザによる設定変更を防止
  • 全ポートで標準および拡張 ACL をサポート
  • 802.1X ユーザ認証(VLAN 割り当て、ポート セキュリティ、音声 VLAN、およびゲスト VLAN 拡張機能で使用)
  • 802.1X アカウンティング
  • 802.1X 認証エラー
  • 802.1X プライベート VLAN 割り当て
  • 802.1X プライベート ゲスト VLAN
  • 802.1X RADIUS タイムアウト
  • トラスト バウンダリ
  • 全ポートで Router ACL(RACL)をサポート(パフォーマンス低下なし)
  • VLAN ACL(VACL)
  • Port ACL(PACL)
  • アクセス ポートおよびトランク ポートの PVLAN
  • DHCP スヌーピング
  • DHCP Option 82
  • DHCP Option 82 の挿入
  • DHCP Option 82 パススルー
  • ポート セキュリティ
  • トランク ポート セキュリティ
  • スティッキ ポート セキュリティ
  • SSHv1 および v2
  • VLAN Management Policy Server(VMPS; VLAN マネジメント ポリシー サーバ)クライアント
  • ユニキャスト MAC フィルタリング
  • ユニキャスト ポート フラッディング ブロッキング
  • Dynamic Address Resolution Protocol(ARP)検査
  • IP ソース ガード
  • コミュニティ PVLAN

トラフィックおよび輻輳の管理

  • キューの数:ポートあたり 4 キュー
  • バッファ タイプ:ダイナミック

スイッチ アーキテクチャ仕様

  • パケット バッファリング:ダイナミック、16 MB の共有メモリ
  • CPU 速度:266 MHz
  • フラッシュ メモリ:64 MB
  • Synchronous dynamic RAM(SDRAM):256 MB

管理

  • CiscoWorks/LAN Management Solution(LMS)(CiscoWorks Resource Manager Essentials を含む)
  • Cisco Network Assistant
  • 組み込みの CiscoView
  • SNMPv1、v2、および v3
  • RMON I および II
  • RFC 1213-MIB(MIB II)
  • UDP-MIB
  • TCP-MIB
  • CISCO-FLASH-MIB
  • CISCO-IMAGE-MIB
  • RFC 2233(IF-MIB)
  • CISCO-CONFIG-MAN-MIB
  • CISCO-MEMORY-POOL
  • CISCO-CDP-MIB
  • RMON-MIB lite(RFC 1757)
  • RMON2-MIB lite(RFC 2021)
  • HC-RMON-MIB
  • SMON-MIB
  • ENTITY-MIB(V1-RFC 2037)(V2- RFC 2737)
  • CISCO-PROCESS-MIB
  • CISCO-CONFIG-COPY-MIB
  • CISCO-ENTITY-EXT-MIB
  • CISCO-ENTITY-ASSET-MIB
  • CISCO-ENTITY-FRU-CONTROL-MIB
  • CISCO-ENTITY-SENSOR-MIB
  • CISCO-ENVMON-MIB
  • BRIDGE-MIB(RFC 1493)
  • CISCO-PAGP-MIB
  • CISCO-PRIVATE-VLAN-MIB
  • CISCO-STP-EXTENSIONS-MIB
  • CISCO-VLAN-MEMBERSHIP-MIB
  • CISCO-VLAN-IFTABLE-RELATIONSHIP-MIB
  • IGMP-MIB
  • PIM-MIB
  • OSPF-MIB
  • CISCO-ENTITY-VENDORTYPE-OID-MIB
  • CISCO-SYSLOG-MIB
  • BGP4-MIB
  • CISCO-BULK-FILE-MIB
  • CISCO-CLASS-BASED-QOS-MIB
  • CISCO-FTP-CLIENT-MIB
  • CISCO-HSRP-MIB
  • CISCO-IGMP-FILTER-MIB
  • CISCO-IPMROUTE-MIB
  • CISCO-PORT-SECURITY-MIB
  • CISCO-RMON-CONFIG-MIB
  • CISCO-VTP-MIB
  • ETHERLIKE-MIB
  • EXPRESSION-MIB
  • CISCO-PORT-STORM-CONTROL-MIB
  • IS-IS MIB
  • RIP SNMP MIB

業界規格

  • イーサネット:IEEE 802.3 および 10BASE-T
  • ファスト イーサネット:IEEE 802.3u および 100BASE-TX
  • ギガビット イーサネット:IEEE 802.3z および 802.3ab
  • IEEE 802.1D Spanning-Tree Protocol(STP; スパニングツリー プロトコル)
  • IEEE 802.1w によるスパニングツリーの高速再構成
  • IEEE 802.1s によるスパニングツリーでの複数 VLAN インスタンス
  • IEEE 802.3ad Link Aggregation Control Protocol(LACP)
  • IEEE 802.1p の Class of Service(CoS; サービス クラス)による優先順位付け
  • IEEE 802.1Q VLAN
  • IEEE 802.1X のユーザ認証
  • 1000BASE-X(SFP)
  • 1000BASE-SX
  • 1000BASE-LX/LH
  • 1000BASE-ZX
  • RMON I および II 規格

パネル表示とポートの仕様

  • ファン、PS1、PS2
  • 電源装置ステータス:グリーン(稼働中)/レッド(障害発生)
  • システム ステータス:グリーン(稼働中)/レッド(障害発生)
  • コンソール:RJ-45 メス
  • SFP ポート:リンク
  • 管理ポート:10/100BASE-TX(RJ-45 メス)Data Terminal Equipment(DTE; データ端末装置)- グリーン(良好)、オレンジ(ディセーブル)、消灯(切断)

サポートされている SFP

Cisco Catalyst 4948 でサポートされている SFP は、次のとおりです。

  • ギガビット イーサネット SFP、LC コネクタ LH トランシーバ
  • ギガビット イーサネット SFP、LC コネクタ SX トランシーバ
  • ギガビット イーサネット SFP、LC コネクタ ZX トランシーバ
  • ギガビット イーサネット SFP、RJ-45 コネクタ、10/100/1000BASE-T トランシーバ
  • Cisco Coarse Wavelength-Division Multiplexing(CWDM; 低密度波長分割多重)SFP 1470 nm、ギガビット イーサネットおよび 1G/2G FC(グレー)
  • Cisco CWDM SFP 1490 nm、ギガビット イーサネットおよび FC(バイオレット)
  • Cisco CWDM SFP 1510 nm、ギガビット イーサネットおよび FC(ブルー)
  • Cisco CWDM SFP 1530 nm、ギガビット イーサネットおよび 1G/2G FC(グリーン)
  • Cisco CWDM SFP 1550 nm、ギガビット イーサネットおよび FC(イエロー)
  • Cisco CWDM SFP 1570 nm、ギガビット イーサネットおよび FC(オレンジ)
  • Cisco CWDM SFP 1590 nm、ギガビット イーサネットおよび FC(レッド)
  • Cisco CWDM SFP 1610 nm、ギガビット イーサネットおよび FC(ブラウン)

電源装置の仕様

Cisco Catalyst 4948 では、300 W の AC または DC 電源装置を選択できます。このスイッチは 1 台の電源装置を搭載すれば動作可能です。2 台の電源装置を搭載した場合は、電源装置間で電力負荷が分散されます(表 2 を参照)。

表 2 AC および DC 電源装置の仕様

  300 W AC 300 W DC
入力電流
  • 4 A @ 100 V
  • 2 A @ 240 V
8 A @ -48 ~ -60 V
出力電流 25 A @ 12 VDC
25 A @ 12 VDC
重量 2.0 kg 2.0 kg
熱放散 1023 BTU/Hr 1023 BTU/Hr


寸法

  • 幅:43.9 cm/17.290 インチ
  • 奥行:41.0 cm/16.14 インチ
  • 高さ:4.4 cm/1.712 インチ
  • 重量:7.5 kg/16.5 ポンド(電源装置を 1 つ搭載したとき)

ソフトウェアの要件

Cisco Catalyst 4948 は、Cisco IOS® ソフトウェアでのみサポートされており、Cisco Catalyst OS ソフトウェアではサポートされていません。最低のソフトウェア バージョンは次のとおりです。

  • Cisco Catalyst 4948 は、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2(20)EWA 以降でサポートされています。

環境条件

  • 動作温度:0 ~ 40°C(32 ~ 104°F)
  • 保管温度:-40 ~ 75°C(-40 ~ 167°F)
  • 相対湿度:10 ~ 90%(結露しないこと)
  • 動作高度:-60 ~ 2,000 m

適合標準規格

Cisco Catalyst 4948 の適合標準規格については、表 3 を参照してください。

表 3 Cisco Catalyst 4948 の適合規格

仕様 説明
適合規格 本製品は 89/336/EEC および 73/23/EEC のCE Marking を取得しています。これには、以下の安全性および EMC 標準が含まれています。
安全性
  • UL 60950-1
  • CAN/CSA-C22.2 No. 60950-1
  • EN 60950-1
  • IEC 60950-1
  • AS/NZS 60950
  • IEC 60825-1
  • IEC 60825-2
  • EN 60825-1
  • EN 60825-2
  • 21 CFR 1040
EMC
  • FCC Part 15(CFR 47)クラス A
  • ICES-003 クラス A
  • EN55022 クラス A
  • CISPR22 クラス A
  • AS/NZS 3548 クラス A
  • VCCI クラス A
  • EN55024
  • ETS300 386
  • EN50082-1
  • EN61000-3-2
  • EN61000-3-3


Cisco Catalyst 4948 の EMC、安全性、および環境に関する業界規格については、表 4 を参照してください。

表 4 Cisco Catalyst 4948 の EMC、安全性、および環境に関する業界規格

仕様 説明
Network Equipment Building Standards(NEBS)
  • GR-63-Core NEBS レベル 3
  • GR-1089-Core NEBS レベル 3
European Telecommunications Standards Institute(ETSI)
  • ETS 300 019 Storage クラス 1.1
  • ETS 300 019 Transportation クラス 2.3
  • ETS 300 019 Stationary Use クラス 3.1


Cisco Catalyst 4948 の発注情報については、表 5 を参照してください。

表 5 Cisco Catalyst 4948 の発注情報

製品番号 説明
WS-C4948-S Cisco Catalyst 4948、IP Base ソフトウェア イメージ(RIP、スタティック ルート)、AC 電源装置× 1、ファン トレイ
WS-C4948-E Cisco Catalyst 4948、Enterprise Services ソフトウェア イメージ(IPX、AppleTalk、OSPF、EIGRP、IS-IS、BGP)、AC 電源装置× 1、ファン トレイ
WS-C4948 Cisco Catalyst 4948、ソフトウェア イメージは選択可能、電源装置オプション、ファン トレイ
S49L3K9-12220EWA(=) SMI ソフトウェア イメージ:RIP、スタティック ルート、IPX、AppleTalk、3DES イメージ
S49L3-12220EWA(=) SMI ソフトウェア イメージ:RIP、スタティック ルート、IPX、AppleTalk
S49L3EK9-12220EWA(=) EMI ソフトウェア イメージ:OSPF、IS-IS、EIGRP、BGP、3DES イメージ
S49L3E-12220EWA(=) EMI ソフトウェア イメージ:OSPF、IS-IS、EIGRP、BGP
PWR-C49-300AC(=) Cisco Catalyst 4900 300 W AC 電源装置
PWR-C49-300AC/2 Cisco Catalyst 4900 300 W AC 冗長電源装置
PWR-C49-300DC(=) Cisco Catalyst 4900 300 W DC 電源装置
PWR-C49-300DC/2 Cisco Catalyst 4900 300 W DC 冗長電源装置
WS-X4991= Cisco Catalyst 4900 ファン トレイ(スペア)
C4948-ACC-KIT= スペア ラックマウントおよびケーブル ガイド
C4948-BKT-KIT= C4900 前面および背面マウント ブラケット
電源ケーブル オプション
CAB-7KAC AC 電源コード(北米)
CAB-7KACA AC 電源コード(オーストラリア)
CAB-7KACE AC 電源コード(欧州)
CAB-7KACI AC 電源コード CD12(イタリア)
CAB-7KACR AC 電源コード(アルゼンチン)
CAB-7KACSA AC 電源コード(南アフリカ)
CAB-7KACU AC 電源コード(英国)
SFP オプション
GLC-LH-SM= ギガビット イーサネット SFP、LC コネクタ LH トランシーバ
GLC-SX-MM= ギガビット イーサネット SFP、LC コネクタ SX トランシーバ
GLC-ZX-SM= ギガビット イーサネット SFP、LC コネクタ ZX トランシーバ
GLC-BX-D= 1000BASE-BX10-D ダウンストリーム双方向シングル ファイバ(DOM を使用)
GLC-BX-U= 1000BASE-BX10-U アップストリーム双方向シングル ファイバ(DOM を使用)
CWDM-SFP-1470= Cisco CWDM SFP 1470 nm、ギガビット イーサネットおよび 1G/2G FC(グレー)
CWDM-SFP-1490= Cisco CWDM SFP 1490 nm、ギガビット イーサネットおよび FC(バイオレット)
CWDM-SFP-1510= Cisco CWDM SFP 1510 nm、ギガビット イーサネットおよび 1G/2G FC(ブルー)
CWDM-SFP-1530= Cisco CWDM SFP 1530 nm、ギガビット イーサネットおよび 1G/2G FC(グリーン)
CWDM-SFP-1550= Cisco CWDM SFP 1550 nm、ギガビット イーサネットおよび 1G/2G FC(イエロー)
CWDM-SFP-1570= Cisco CWDM SFP 1570 nm、ギガビット イーサネットおよび 1G/2G FC(オレンジ)
CWDM-SFP-1590= Cisco CWDM SFP 1590 nm、ギガビット イーサネットおよび 1G/2G FC(レッド)
CWDM-SFP-1610= Cisco CWDM SFP 1610 nm、ギガビット イーサネットおよび 1G/2G FC(ブラウン)
CSS5-CABLX-LCSC= Cisco CSS11500 光ファイバ シングルモード LX LC/SC コネクタ(10 m)
CSS5-CABSX-LC= Cisco CSS11500 光ファイバ マルチモード SX LC コネクタ(10 m)
CSS5-CABSX-LCSC= Cisco CSS11500 光ファイバ マルチモード SX LC/SC コネクタ(10 m)
CAB-SM-LCSC-1M 光ファイバ シングルモード LC/SC コネクタ(1 m)
CAB-SM-LCSC-5M 光ファイバ シングルモード LC/SC コネクタ(5 m)



その他の情報

Cisco Catalyst 4948 の詳細については、次のサイトをご覧ください。
http://www.cisco.com/jp/product/hs/switches/cat4900/cat4948/