Cisco MDS 9700 シリーズ マルチレイヤ ディレクタ

Cisco MDS 9700 48 ポート 10 Gbps Fibre Channel over Ethernet モジュール

データ シート





Cisco MDS 9700 48 ポート 10 Gbps Fibre Channel over Ethernet モジュール



製品概要


マルチプロトコル ストレージ ネットワーキングは、シスコ ユニファイド ファブリックの中心的な機能です。組織の IT 担当者は、この機能を備えたネットワーキング プラットフォームを使用することで、復元性と俊敏性を高めながら、総所有コスト(TCO)の軽減を達成できます。シスコ ユニファイド ファブリックは、データセンターのオペレーティング システムを使用してストレージとデータ ネットワーキングを統合し、コンバージェンス、拡張性、ネットワーク インテリジェンスを提供します。Cisco MDS 9700 シリーズ マルチレイヤ ディレクタ プラットフォームに Cisco MDS 9700 48 ポート 10 Gbps Fibre Channel over Ethernet(FCoE)モジュール(図 1)を搭載すると、16 Gbps ファイバ チャネルと 10 Gbps FCoE のいずれの機能にも対応可能になり、SAN にマルチプロトコルの柔軟性を持たせることができます。Cisco MDS 9700 シリーズにフル ラインレートの FCoE モジュールが加わることで、アクセス レイヤだけでなくデータセンターのコアでも FCoE の利点を活用できるようになります。

Cisco MDS 9700 48 ポート 10 Gbps FCoE モジュールを使用すれば、ファイバ チャネル SAN への投資を保護しながら FCoE を導入できるので、コストの節約、管理の簡素化、電力および冷却要件の軽減、柔軟性の向上といったメリットが得られます。つまり FCoE は、すでに構築されているファイバ チャネル構成をすべて維持しながら I/O を統合できる画期的なアプローチなのです。ファイバ チャネルの持つ遅延、セキュリティ、トラフィック管理の属性は維持され、ファイバ チャネルのツール、トレーニング、SAN への投資も保護されます。さらに、FCoE によってファイバ チャネル SAN の接続性が拡大し、ネットワーク サーバを 100 % SAN に接続できるようになります。

図 1 Cisco MDS 9700 48 ポート 10 Gbps FCoE モジュール

図 1 Cisco MDS 9700 48 ポート 10 Gbps FCoE モジュール


主な機能


Cisco MDS 9700 48 ポート 10 Gbps FCoE モジュールの主な機能は次のとおりです。

  • 高性能:Cisco MDS 9700 シリーズのアーキテクチャは、中央集中型のアービトレーションとクロスバー ファブリックを基盤とし、あらゆるトラフィック条件において、シャーシ内のすべての FCoE ポートに、10 Gbps ラインレート(ノンブロッキング)の予測可能なパフォーマンスを提供します。
  • 効率的なエンコード:FCoE は 10 Gbps イーサネットの効率的なエンコード メカニズムを活用することで、8 Gbps ファイバ チャネル使用時より帯域幅を 50 % 拡大します(8 Gbps ファイバ チャネルの実スループットは 6.8 Gbps)。そのため、8 Gbps リンクよりも少ない 10 ギガビット イーサネット リンク数で同じ帯域幅を得ることができます。
  • 高可用性:Cisco MDS 9700 シリーズ ディレクタは、高い可用性と信頼性を特長とし、ファブリック カードを始めとする主要なすべてのコンポーネントを冗長構成にできる、業界初のディレクタクラス スイッチです。電源装置はグリッド冗長、スーパーバイザは 1+1 の冗長構成となっています。ユーザはファブリック カードを追加することで、ファブリックを N+1 の冗長構成にすることもできます。
  • 拡張性:Cisco MDS 9700 48 ポート 10 Gbps FCoE モジュールは、単一の 9710 シャーシにフル ラインレートの自動検知ポートを最大 384 個提供します。また、Cisco MDS 9706 マルチレイヤ ディレクタ シャーシの場合は、各シャーシに最大 192 個の 10 Gbps フル ラインレート ポートを提供します。
  • 回復力に優れた高性能なスイッチ間リンク(ISL):FCoE ISL は、最大 16 の物理リンクを PortChannel にまとめることで、160 Gbps の大きな論理リンクを構成できます。Cisco Nexus 7000 シリーズ 10 ギガビット イーサネット モジュールを搭載した Cisco Nexus® 7000 シリーズ スイッチに接続すれば、ディレクタクラスの FCoE ポートの数を簡単に拡張できるので、要求の厳しいデータセンター環境のニーズにも対応できます。
  • インテリジェント ネットワーク サービス:VSAN テクノロジー、ハードウェアベースのインテリジェント フレーム処理用のアクセス コントロール リスト(ACL)、およびファブリック全体の Quality of Service(QoS)により、SAN アイランドから全社規模のストレージ ネットワークへの移行が可能となります。
  • 高度な診断機能:Cisco MDS 9700 48 ポート 10 Gbps FCoE モジュールは、インテリジェント診断機能、プロトコル デコード機能、ネットワーク分析ツール、および統合された Cisco Call Home 機能を提供し、信頼性の向上、問題解決の迅速化、およびサービス コストの削減に役立ちます。

主な利点


コンバージド ネットワークでは、サーバ ワークロードが増大しても、複雑さを軽減しながら、データセンターの消費電力を削減し、既存の資産のライフサイクルを延長できます。また、SAN の接続率も高くなり、仮想マシンのモビリティが簡素化されます。

MDS 9700 10 Gbps 48 ポート FCoE モジュールを使用して、データセンターのコアへのアクセス レイヤで I/O を統合することにより、さまざまなメリットが得られます。なかでも最も重要と考えられるのは次の 3 つです。

  • 投資保護:FCoE は、ファイバ チャネルと同じ管理モデルを使用する画期的なテクノロジーです。FCoE を使用すれば、ファイバ チャネルのツール、トレーニング、SAN への投資を有効に活用できます。Cisco MDS 9700 FCoE モジュールは、図 2 のように FCoE SAN(サーバ側ネットワークからのトラフィック)とファイバ チャネル SAN(ストレージ アレイに向かうトラフィック)の間を透過的につなぐことにより、既存のファイバ チャネル ストレージへの投資の保護に役立ちます。
図 2 MDS 9700 による FCoE SAN とファイバ チャネル SAN の相互接続

図 2 MDS 9700 による FCoE SAN とファイバ チャネル SAN の相互接続


  • 俊敏性:コンバージド ネットワークでは、長期的に見て LAN 環境と SAN 環境の両方でネットワーク容量を効率的に使用できます。帯域幅キャパシティが拡大するため、あらゆるトラフィック タイプで応答性が向上します。また、FCoE がもたらすエンドツーエンドの利点として、物理資産と仮想資産のいずれについても、セットアップ、移動、変更にかかる時間が大幅に短縮され、障害ポイントも少なくなります。
  • 簡素化:統合によって、複雑さが軽減され、投資回収率(ROI)が高くなります。

このモジュールは、FCoE トラフィックのみを送信する FCoE イニシエータおよびターゲットへの接続もサポートしているので、コンバージェンスが必要なければ、専用の FCoE SAN の導入にも利用できます。

製品仕様


表 1 に、Cisco MDS 9700 48 ポート 10 Gbps FCoE モジュールの仕様を示します。

表 1 製品仕様

項目 仕様
製品の互換性 Cisco MDS 9700 シリーズ マルチレイヤ ディレクタ
ソフトウェアの互換性 Cisco MDS NX-OS ソフトウェア リリース 6.2(7)以降が必要
ファイバ チャネルおよび FCoE プロトコル ファイバ チャネル標準:
  • FC-BB-5、Revision 2.0(ANSI INCITS 462-2010)
  • FC-BB-4、Revision 2.7(ANSI INCITS 419-2008)
  • FC-BB-3、Revision 6.8(ANSI INCITS 414-2006)
  • FC-BB-2、Revision 6.0(ANSI INCITS 372-2003)
  • FC-FS-3、Revision 1.11(ANSI INCITS 470-2011)
  • FC-FS-2、Revision 1.01(ANSI INCITS 424-2007)
  • FC-FS-2、Amendment 1(ANSI INCITS 424-2007/AM1-2007)
  • FC-FS、Revision 1.9(ANSI INCITS 373-2003)
  • FC-LS-2、Revision 2.21(ANSI INCITS 477-2011)
  • FC-LS、Revision 1.62(ANSI INCITS 433-2007)
  • FC-SW-5、Revision 8.5(ANSI INCITS 461-2010)
  • FC-SW-4、Revision 7.5(ANSI INCITS 418-2006)
  • FC-SW-3、Revision 6.6(ANSI INCITS 384-2004)
  • FC-SW-2、Revision 5.3(ANSI INCITS 355-2001)
  • FC-GS-6、Revision 9.4(ANSI INCITS 463-2010)
  • FC-GS-5、Revision 8.51(ANSI INCITS 427-2007)
  • FC-GS-4、Revision 7.91(ANSI INCITS 387-2004)
  • FC-GS-3、Revision 7.01(ANSI INCITS 348-2001)
  • FCP-4、Revision 2
  • FCP-3、Revision 4(ANSI INCITS 416-2006)
  • FCP-2、Revision 8(ANSI INCITS 350-2003)
  • FCP、Revision 12(ANSI INCITS 269-1996)
  • FC-SB-4、Revision 3.0(ANSI INCITS 466-2011)
  • FC-SB-3、Revision 1.6(ANSI INCITS 374-2003)
  • FC-SB-3、Amendment 1(ANSI INCITS 374-2003/AM1-2007)
  • FC-SB-2、Revision 2.1(ANSI INCITS 349-2001)
  • FC-VI、Revision 1.84(ANSI INCITS 357-2002)
  • FC-SP、Revision 1.8(ANSI INCITS 426-2007)
  • FAIS-2、Revision 2.23(ANSI INCITS 449-2008)
  • FAIS、Revision 1.03(ANSI INCITS 432-2007)
  • FC-IFR、Revision 1.06(ANSI INCITS 475-2011)
  • FC-MI-2、Revision 2.6(INCITS TR-39-2005)
  • FC-MI、Revision 1.92(INCITS TR-30-2002)
  • FC-DA、Revision 3.1(INCITS TR-36-2004)
  • FC-FLA、Revision 2.7(INCITS TR-20-1998)
  • FC-PLDA、Revision 2.1(INCITS TR-19-1998)
  • FC-Tape、Revision 1.17(INCITS TR-24-1999)
ファイバ チャネルの機能:
  • T11 規格準拠 FCoE
  • T11 FCoE Initialization Protocol(FIP)
  • FCoE Forwarder(FCF)
  • 仮想 E(VE)ポートを使用したマルチホップ FCoE のサポート
  • 統合拡張イーサネット(CEE)との相互運用性
  • FCoE ターゲットへの直接接続
  • サービス クラス:Class 2、Class 3、Class F
  • ファイバ チャネル拡張ポート タイプ:VE、TE、VF
  • F ポート トランキング
  • F ポート チャネリング
  • VSAN
  • ファイバ チャネル PortChannel
  • VSAN トランキング
  • Fabric Device Management Interface(FDMI)
  • 永続的ファイバ チャネル ID(FCID)
  • 分散デバイス エイリアス サービス
  • 順次配信
  • ポート トラッキング
  • N ポート仮想化(NPV)
  • N ポート ID 仮想化(NPIV)
  • ファブリック サービス:ネーム サーバ、Registered State Change Notification(RSCN)、ログイン サービス、ネームサーバ ゾーン分割
  • VSAN 単位のファブリック サービス
  • Cisco Fabric Services
  • Fabric Shortest Path First(FSPF)
  • Diffie-Hellman Challenge Handshake Authentication Protocol(DH-CHAP)およびファイバ チャネル セキュリティ プロトコル(FC-SP)
  • ホスト/スイッチ間およびスイッチ間の FC-SP 認証
  • ファイバ チャネルのファブリック バインディング
  • ポート セキュリティ
  • 標準ゾーン分割
  • ドメインおよびポート ゾーン分割
  • 拡張ゾーン分割
  • Cisco Fabric Analyzer
  • ファイバ チャネル Traceroute
  • ファイバ チャネル Ping
  • ファイバ チャネルのデバッグ
  • Cisco Fabric Manager のサポート
  • Storage Management Initiative Specification(SMI-S)
イーサネット プロトコル
  • IEEE 802.3、搬送波感知多重アクセス/衝突検出(CSMA/CD)アクセス方式および物理層(phy)仕様
  • IEEE 802.1Q、MAC アドレス ブリッジおよび仮想ブリッジ LAN
  • IEEE 802.1Qbb、優先度ベース フロー制御(PFC)
  • IEEE 802.1Qaz、拡張伝送選択(ETS)
  • IEEE 802.1Qaz、Data Center Bridging Exchange(DCBX)プロトコル
ポート
  • 48 個の 10 Gbps 自動検知式 FCoE 固定ポート
スロット
  • Cisco MDS 9710 マルチレイヤ ディレクタの 8 個のペイロード スロットのいずれかまたはすべてに使用可能
  • Cisco MDS 9706 マルチレイヤ ディレクタの 4 個のペイロード スロットのいずれかまたはすべてに使用可能
機能と特長
ファブリック サービス
  • ネーム サーバ
  • RSCN
  • ログイン サービス
  • Cisco Fabric Configuration Server(FCS)
  • パブリック ループ
  • ブロードキャスト
  • 順次配信
高度な機能
  • VSAN
  • PortChannel(マルチパス ロード バランシングを使用)
  • QoS:フローベースおよびゾーンベース
診断ツールおよびトラブルシューティング ツール
  • 電源投入時自己診断テスト(POST)
  • オンライン診断
  • ファイバ チャネル Ping
  • ファイバ チャネルのデバッグ
  • Cisco Fabric Analyzer
  • Syslog
  • オンライン システム ヘルス
  • ポートレベル統計情報
  • Real-Time Transport Protocol(RTP)デバッグ
  • Online Health Monitoring System(OHMS)または Cisco Generic Online Diagnostics(GOLD)
  • 拡張版着脱可能小型フォーム ファクタ(SFP+)デジタル診断
セキュリティ
  • VSAN
  • ACL
  • VSAN 単位の RBAC(ロールベース アクセス コントロール)
  • ファイバ チャネル ゾーン分割
  • ポート セキュリティおよびファブリック バインディング
  • Cisco Switched Port Analyzer(SPAN)
  • 管理アクセス
    • Secure Shell(SSH)Protocol Version 2(v2)による Advanced Encryption Standard(AES)の実装
    • Simple Network Management Protocol(SNMP)Version 3 による AES の実装
    • セキュア FTP(SFTP)
サービサビリティ
  • 中断のない同時コード ローディングおよびアクティベーション
  • コンフィギュレーション ファイル管理
  • 稼働が中断しないソフトウェア アップグレード
  • Cisco Call Home
  • 電源管理 LED
  • ポート ビーコン
  • システム LED
  • アラート用 SNMP トラップ
  • ネットワーク ブート
パフォーマンス
  • ポート速度:10 Gbps の固定帯域幅
  • PortChannel:最大 16 ポート
信頼性とアベイラビリティ
  • ホットスワップ可能なモジュール
  • ホットスワップ可能な SFP オプティクス
  • オンライン診断
  • ステートフルなプロセス再起動
  • 稼働が中断しないスーパーバイザ フェールオーバー
  • 任意のモジュールおよび任意のポートで構成する PortChannel
  • ファブリックベースのマルチパス
  • VSAN 単位のファブリック サービス
  • ポート トラッキング
ネットワーク管理
  • Cisco MDS 9700 シリーズ スーパーバイザ モジュール経由のアクセス方法:
    • アウトオブバンドの 10/100/1000 イーサネット ポート(Supervisor-2A)
    • RS-232 シリアル コンソール ポート
    • インバンド IPFC
    • DB-9 COM ポート
  • アクセス プロトコル
    • CLI(コンソールおよびイーサネット ポート経由)
    • SNMPv3(イーサネット ポート経由およびインバンド IPFC アクセス)
    • Storage Networking Industry Association(SNIA)SMI-S
  • ネットワーク セキュリティ
    • VSAN 単位の RBAC(RADIUS ベースおよび TACACS+ ベースの認証、許可、およびアカウンティング(AAA)機能を使用)
    • SFTP
    • SSHv2 による AES の実装
    • SNMPv3 による AES の実装
  • 管理アプリケーション
    • Cisco MDS 9000 ファミリ CLI
    • Cisco Data Center Network Manager(DCNM)for SAN
    • Cisco Device Manager
    • CiscoWorks Resource Manager Essentials(RME)および Device Fault Manager(DFM)
プログラミング インターフェイス
  • スクリプト可能 CLI
  • Cisco DCNM for SAN GUI
  • Cisco Device Manager GUI
環境
  • 温度(動作時):0 〜 40 °C(32 〜 104 °F)
  • 温度(非動作時および保管時):-40 〜 70 °C(-40 〜 158 °F)
  • 相対湿度(動作時、結露しないこと):5 〜 90 %
  • 相対湿度(非動作時および保管時、結露しないこと):5 〜 95 %
  • 高度(動作時):-60 〜 2000 m(-197 〜 6500 フィート)
寸法
  • 寸法(高さ X 幅 X 奥行):4.4 X 40.39 X 55.37 cm(1.75 X 15.9 X 21.8 インチ)
  • Cisco MDS 9700 シリーズ シャーシのスロット 1 個を占有
  • 重量:7.7 kg(17.0 ポンド)
電源
  • 標準:400 ワット(W)
認定および適合規格
  • 安全規格:
    • CE マーキング
    • UL 60950
    • CAN/CSA-C22.2 No. 60950
    • EN 60950
    • IEC 60950
    • TS 001
    • AS/NZS 3260
    • IEC60825
    • EN60825
    • 21 CFR 1040
  • EMC コンプライアンス:
    • FCC Part 15(CFR 47)Class A
    • ICES-003 Class A
    • EN 55022 Class A
    • CISPR 22 Class A
    • AS/NZS 3548 Class A
    • VCCI Class A
    • KN22 Class A
    • CNS13438 Class A
    • CISPR24
    • EN 55024
    • EN 50082-1
    • EN 61000-6-1
    • EN 61000-3-2
    • EN 61000-3-3
    • EN300 386


発注情報


表 2 に、Cisco MDS 9700 48 ポート 10 Gbps FCoE モジュールの発注情報を示します。

表 2 発注情報

説明 製品番号
Cisco MDS 9700 10 Gbps 48 ポート FCoE モジュール DS-X9848-480K9
Cisco MDS 9700 10 Gbps 48 ポート FCoE モジュール、スペア DS-X9848-480K9=
10GBase-SR SFP+ モジュール DS-SFP-10GE-SR
SFP-10G-SR
10GBASE-SR SFP+ モジュール、スペア DS-SFP-10GE-SR=
SFP-10G-SR=
10GBase-LR SFP+ モジュール DS-SFP-10GE-LR
SFP-10G-LR
10GBASE-LR SFP+ モジュール、スペア DS-SFP-10GE-LR=
SFP-10G-LR=
10GBASE-DWDM SFP+ DWDM-SFP10G-xx.xx1
10GBASE-CU SFP+ ケーブル 1 m SFP-H10GB-CU1M
10GBASE-CU SFP+ ケーブル 1 m、スペア SFP-H10GB-CU1M=
10GBASE-CU SFP+ ケーブル 3 m SFP-H10GB-CU3M
10GBASE-CU SFP+ ケーブル 3 m、スペア SFP-H10GB-CU3M=
10GBASE-CU SFP+ ケーブル 5 m SFP-H10GB-CU5M
10GBASE-CU SFP+ ケーブル 5 m SFP-H10GB-CU5M=
10GBASE-CU SFP+ アクティブ銅ケーブル 7 m SFP-H10GB-ACU7M
10GBASE-CU SFP+ アクティブ銅ケーブル 7 m、スペア SFP-H10GB-ACU7M=
10GBASE-CU SFP+ アクティブ銅ケーブル 10 m SFP-H10GB-ACU10M
10GBASE-CU SFP+ アクティブ銅ケーブル 10 m、スペア SFP-H10GB-ACU10M=


1 40 種類の波長を提供。その他の製品番号および情報は、次の高密度波長分割多重(DWDM)SFP 光モジュールのデータ シートを参照してください。
http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/modules/ps5455/ps6576/data_sheet_c78-711186.html [英語]

サービスとサポート


シスコとそのパートナーは、Cisco Lifecycle Services の考え方を活用して、ネットワークのビジネス価値と ROI を高めるために役立つ幅広いエンドツーエンド サービスを提供しています。このアプローチでは、テクノロジーとネットワークの複雑さに応じて、シスコ テクノロジーの適切な導入および運用を支援し、ネットワーク ライフサイクル全体にわたるパフォーマンスの最適化のために必要最小限のアクティビティを定義します。

関連情報


Cisco MDS 9700 ファミリ ファイバ チャネル スイッチング モジュールの詳細については、
http://www.cisco.com/jp/go/storage/ を参照するか、最寄りのシスコ代理店までお問い合わせください。

サポートされる光モジュールの詳細については、Cisco MDS 9000 ファミリ Pluggable(プラグ着脱可能)トランシーバを参照してください。