Cisco MDS 9500 シリーズ マルチレイヤ ディレクタ

Cisco MDS 9513 マルチレイヤ ディレクタ

データ シート





Cisco MDS 9513 マルチレイヤ ディレクタ



製品概要


Cisco® MDS 9513 マルチレイヤ ディレクタ(図 1)は、ディレクタクラスの Storage Area Networking(SAN; ストレージ エリア ネットワーク)スイッチであり、大規模な拡張性の高い企業クラウドを導入してビジネスに変革をもたらすことを目的として設計された製品です。Cisco MDS 9513 は、プロトコルに依存しない高性能なスイッチ ファブリック上に一連の包括的なインテリジェント機能を積み重ねることで、大規模仮想データセンター ストレージ環境に要求される厳しい要件に対応します。新しいテクノロジーの徹底したハイ アベイラビリティ、セキュリティ、スケーラビリティ、使いやすい管理機能、および透過的な統合により、きわめて柔軟性の高いデータセンター SAN ソリューションが実現されます。Cisco MDS 9513 は、他のシスコ データセンター スイッチと同じオペレーティング システムおよび管理インターフェイスを共有することで、高性能なファイバ チャネルと Fibre Channel over Ethernet(FCoE)接続によるユニファイド ファブリックのシームレスな導入が可能になり、Total Cost of Ownership(TCO; 総所有コスト)の削減が実現されます。あらゆる世代の Cisco MDS 9000 ファミリ スイッチング モジュールと互換性を持つことで、Cisco MDS 9513 は継続的に優れた投資保護を提供します。

図 1 Cisco MDS 9513 マルチレイヤ ディレクタ

図 1 Cisco MDS 9513 マルチレイヤ ディレクタ


製品の特徴


Cisco MDS 9513 には次の主要な特徴があります。

  • 業界最高レベルのスケーラビリティ:Cisco MDS 9513 は、運用を中断する必要のないソフトウェア アップグレード、ステートフルなプロセス再起動とフェールオーバー、および全主要コンポーネントの完全冗長性を組み合わせて、クラス最高水準の可用性を実現します。8.4 テラビット/秒(Tbps)のシステム帯域幅と、単一シャーシで最大 528 個の 1/2/4/8 Gbps 自動検知ファイバ チャネル ポートまたは単一ラックで最大 1584 個のファイバ チャネル ポートを備えている Cisco MDS 9513 は、スケーラビリティの点で業界をリードしており、最大規模のデータセンター ストレージ環境の要件に対応できるように設計されています。さらに、Cisco MDS 9513 は、全世代の Cisco MDS 9000 ファミリ スイッチング モジュールをサポートしており、それにより優れた投資保護を実現しています。
  • マルチプロトコル アーキテクチャ:Cisco MDS 9000 ファミリのマルチレイヤ アーキテクチャにより、プロトコルに依存しないスイッチ ファブリック上で、一貫したフィーチャ セットが実現されます。Cisco MDS 9513 により、1 つのシステム内でファイバ チャネル、FCoE、IBM Fiber Connectivity(FICON)、Internet Small Computer System Interface(iSCSI)、および Fibre Channel over IP(FCIP)が透過的に統合されます。
    • 1/2/4/8 Gbps および 10 Gbps ファイバ チャネル:Cisco MDS 9513 は、1/2/4/8 Gbps ポートと 10 Gbps ポートの両方を、既存の 10 Gbps および 8 Gbps Cisco MDS 9000 ファミリ ファイバ チャネル スイッチング モジュールだけでなく、新しい 8 Gbps アドバンスド ファイバ チャネル スイッチング モジュール上でもサポートします。
    • 10 Gbps マルチホップ FCoE:Cisco MDS 9513 は、マルチホップ FCoE をサポートしており、それにより接続を FCoE/ファイバ チャネル ファブリックから FCoE/ファイバ チャネル ストレージ デバイスにまで拡張します。10 Gbps マルチホップ FCoE スイッチング モジュールにより、Cisco MDS 9513 は、イーサネット上で FCoE プロトコルを使用して接続されるデバイスにまでファイバ チャネル SAN を拡張できます。それにより、インテリジェント サービスの豊富な機能をユニファイド ファブリックに展開できます。
    • 1/2/4/8 Gbps および 10 Gbps FICON:Cisco MDS 9513 は、カスケード FICON ファブリック、VSAN に対応したメインフレーム環境とオープン システム環境の混在、メインフレーム Linux パーティション用の N_Port ID virtualization(NPIV; N ポート ID バーチャライゼーション)などの高度な FICON サービスをサポートします。Cisco Control Unit Port(CUP)のサポートにより、メインフレーム管理コンソールから Cisco MDS 9000 ファミリ スイッチのインバンド管理が可能になります。
  • インテリジェント ネットワーク サービス:VSAN テクノロジー、ハードウェアベースのインテリジェント フレーム処理用の Access Control List(ACL; アクセス コントロール リスト)、およびファブリック全体の Quality of Service(QoS)により、SAN アイランドから企業規模のストレージ ネットワークに移行することが可能になります。さらに、Cisco 調停ローカル スイッチング機能により、同じ 8 Gbps アドバンスド ファイバ チャネル スイッチング モジュールに接続されたすべてのホストおよびそれらに関連付けられたストレージ デバイスの間で予測可能かつ公正な高性能スイッチングが実現されます。
    • 統合されたハードウェアベースの VSAN および Inter-VSAN Routing(IVR; VSAN 間ルーティング):ポートレベルのハードウェアに VSAN が統合されることにより、システムまたはファブリック内の任意のポートを任意の VSAN に区分化できます。ハードウェアベースの統合的な IVR により、外部ルーティング アプライアンスを使用することなく、システムまたはファブリック内の任意のポート間でラインレート ルーティングが提供されます。
    • 調停ローカル スイッチング:Cisco 調停ローカル スイッチング機能により、シャーシ内の他のモジュールとのトラフィックにパフォーマンスの低下や遅延の増加を発生させずに同一モジュール上のすべてのポートにラインレート スイッチングが提供されます。この機能は、Cisco MDS 9500 シリーズ マルチレイヤ ディレクタのクロスバー アーキテクチャで中央アービターがローカルなトラフィックおよび他のモジュールとのトラフィックの間を公平に調停することにより実現されます。
  • インテリジェントなストレージ アプリケーション用のプラットフォーム:Cisco MDS 9513 は、データ レプリケーションおよびバックアップ用のストレージ アプリケーションの高速化、テープとディスク用のストレージ メディア暗号化、データ マイグレーション、継続的なデータ保護やリモート レプリケーションなどのサードパーティ製アプリケーションといったインテリジェント サービスに対してプラットフォームの役割を果たします。
    • IO Acceleration(IOA):Cisco IOA は、トランスポートおよび速度に依存しないトラフィック アクセラレーション サービスであり、距離(遅延)がアプリケーション スループットに与える影響を軽減することができます。それにより、データセンターの設置場所を柔軟に選択できるようになります。IOA は、Cisco MDS 9000 18/4 ポート マルチサービス モジュール(MSM)および 16 ポート ストレージ サービス ノード(SSN-16)上でサポートされます。
    • Cisco Storage Media Encryption(SME):Cisco SME サービスは、企業が Payment Card Industry(PCI)Data Security Standards(DSS)2.0 に準拠したり、Health Insurance Portability and Accountability Act(HIPAA; 医療保険の相互運用性と責任に関する法律)などの他の法的規制に対応したりすることを可能にするソリューションを提供します。こうした規格や規制では、指定された年数が経過するまでデータを保管および保護し、セキュリティ違反は一般に公開することが義務付けられます。Cisco SME は、ファブリックベースのサービスなので、スケーラブルかつ非中断的であり、異機種環境に対応できます。Cisco SME により、ディスク アレイ上、テープ上、および Virtual Tape Library(VTL; 仮想テープ ライブラリ)内のデータを圧縮、暗号化、および認証することが可能になり、一元化されたセキュリティ管理およびデータ管理/回復が実現されます。Cisco SME サービスにはアベイラビリティの高いソリューションを提供するためクラスタリング テクノロジーが採用されています。暗号化クラスタ形成により、信頼性とアベイラビリティが向上し、自動ロード バランシングとフェールオーバーも提供されます。また個々のスイッチやモジュールとしてではなく、単一の SAN ファブリック サービスとしてプロビジョニングされるため、プロビジョニング手順も簡素化されます。Cisco Key Management Center(KMC)は、Cisco SME の包括的なキー管理機能を提供します。単一サイト展開および複数サイト展開に対応しています。Cisco KMC は、キーのアーカイブ、配信のための安全なエクスポート、インポート、変換、およびキーの分割などの重要な機能を提供します。
    • Cisco Data Mobility Manager(DMM):Cisco DMM は、ファブリックベースのデータ マイグレーション ソリューションです。ホストがオンラインかオフラインかに関係なく、異種ストレージ ボリューム間および遠隔地間で中断を発生させずにブロック データを転送します。このデータセンタークラスのソリューションは、ダウンタイムやサーバにデータ マイグレーション ソフトウェアを追加する必要性、データの損失や破損の可能性といった、データ移行時に見られる課題に対処するのに役立ちます。SAN 内の任意の場所にある Cisco MDS 9000 18/4 ポート マルチサービス モジュール上で Cisco DMM 機能を有効にすると、ホスト エージェントなし、再配線なしでデータ マイグレーションを設定することが可能になり、パフォーマンスへの影響は最小限に抑えられ、ダウンタイムは発生しません。
  • 仮想マシンの透過性:Cisco MDS 9000 ファミリは、卓越したハードウェア パフォーマンスと、仮想マシンが物理サーバと同じ SAN 属性を持てるようにする包括的なフィーチャ セットを提供します。Cisco MDS 9000 NX-OS ソフトウェアは、仮想マシン単位で VSAN、QoS ポリシー、アクセス コントロール、パフォーマンス モニタリング、およびデータ保護を提供して、仮想マシンのスケーラビリティとモビリティを高めます。Cisco Data Center Network Manager for SAN(DCNM-SAN)は、仮想マシンからストレージに至るまでのすべての経路をエンドツーエンドで可視化できます。また、ミッションクリティカルな仮想環境で迅速なトラブルシューティングを可能にするために、仮想マシン単位でリソース割り当て、パフォーマンス測定、および予測を利用できます。
  • 包括的なセキュリティ:Cisco MDS 9000 ファミリは、VSAN、ハードウェア強制ゾーニング、ACL、VSAN 単位の Role-Based Access Control(RBAC; ロールベース アクセス コントロール)、テープおよびディスク向けの Cisco SME、Cisco TrustSec® ファイバ チャネル リンク暗号化といったサービスのサポートに加え、RADIUS と TACACS+、Fibre Channel Security Protocol(FC-SP)、Secure File Transfer Protocol(SFTP)、Secure Shell(SSH; セキュア シェル)プロトコル、および Advanced Encryption Standard(AES; 高度暗号化規格)を実装した Simple Network Management Protocol Version 3(SNMPv3; 簡易ネットワーク管理プロトコル バージョン 3)で構成される包括的なセキュリティ フレームワークをサポートします。Cisco TrustSec ファイバ チャネル リンク暗号化は、8 Gbps アドバンスド ファイバ チャネル スイッチング モジュール上での 10 Gbps ラインレート暗号化に加え、両方の世代の 8 Gbps ファイバ チャネル スイッチング モジュール上でファイバ チャネル データの透過的な、ハードウェアベースの 8 Gbps ラインレート暗号化を提供します。
  • 統合 SAN 管理:Cisco MDS 9000 ファミリには、Command-Line Interface(CLI; コマンドライン インターフェイス)経由、またはユニファイド ファブリックの管理を簡素化する中央集中型管理ツールである Cisco Data Center Network Manager(DCNM、旧称 Cisco Fabric Manager)経由ですべての機能を利用できる組み込み型ストレージ ネットワーク管理が含まれます。Cisco DCNM は、サードパーティ製のストレージ管理アプリケーションとの統合をサポートしており、それにより既存の管理ツールのシームレスな操作が可能になっています。Cisco DCNM は、最大 10 台の Cisco DCNM サーバの連合をサポートしており、単一の管理ペインを使用して最大 150,000 台のデバイスを管理できます。
  • 高度な診断機能:Cisco MDS 9513 は、インテリジェント診断機能、プロトコル デコード機能、ネットワーク分析ツール、および統合された Call Home 機能によって、信頼性の向上、問題解決の迅速化、およびサービス コストの削減を実現します。

主な利点


企業クラウドの導入によるビジネスの変革

企業クラウドは、企業に柔軟なコンピューティング機能とネットワーク機能を提供することにより、ニーズに応じて IT リソースを迅速かつコスト効率の良い方法で拡大または縮小することを可能にします。Cisco MDS 9513 が提供するのは、企業クラウドのスケーラビリティ ニーズを満たす業界最高レベルのスケーラビリティと成長に合わせた段階的な投資による柔軟性、マルチプロトコル ユニファイド ファブリック内でストレージをプロビジョニングするために必要なマルチホップ FCoE、マルチテナント クラウド アプリケーションに要求される堅牢なセキュリティ、厳しい Service Level Agreement(SLA; サービス レベル契約)を満たすために要求される予測可能な高いパフォーマンス、常時接続のクラウド インフラストラクチャに必要な復元力のある接続、および迅速かつコスト効率の良い方法で柔軟なネットワーク機能をクラウド アプリケーションに割り当てるための QoS やポート帯域幅予約などの高度なトラフィック管理機能です。さらに、Cisco DCNM-SAN により、効率的で統合された企業クラウドの導入を実現する仮想マシン単位でのリソース モニタリングと容量計画、大規模なクラウドを容易に管理するための最大 10 台の Cisco DCNM サーバの連合、および IT をサービスとして提供するために Storage Management Initiative Specification(SMI-S)ベースの API 経由で入手可能なリソース使用状況情報が提供されます。

マルチホップ FCoE との統合

FCoE ではファイバ チャネル構造全体が保持され、ファイバ チャネルの遅延、セキュリティ、およびトラフィック管理の属性が維持されるうえ、ファイバ チャネル ツール、トレーニング、SAN への投資も保護されるため、ネットワークおよび I/O の統合の実現に大きく近づくことができます。マルチホップ FCoE 接続を使用すると、Cisco MDS 9513 により、高度なファブリック サービスが、Cisco Nexus® ファミリ データセンター スイッチに接続されたユニファイド ファブリック展開にまで拡張されます。Cisco MDS 9513 は、Cisco Nexus スイッチと同じオペレーティング システムおよび管理プレーンを共有することで、ファイバ チャネル、FCoE、iSCSI、および Network-Attached Storage(NAS; ネットワーク接続ストレージ)にユニファイド ファブリック内での Any-to-Any 接続によるシームレスな共存を提供します。

SAN 統合による TCO の削減

今日のビジネス環境におけるデータの急激な増加に伴い、企業は大規模な SAN を最も効率的かつコスト効果の高い方法で導入することが必要になっています。TCO を管理しながらスケーラビリティの要件を満たすために、Cisco MDS 9513 では、業界最高レベルのポート密度であるシャーシあたり最大 528 個の 8 Gbps ファイバ チャネル ポートまたは最大 264 個の 10 Gbps ファイバ チャネル ポート、マルチホップ FCoE、スロット単位の高いパフォーマンス、圧倒的な機能を実現するインテリジェント ファブリック サービス、論理的な構成を維持したまま個々の物理的な SAN アイランドを統合する VSAN、そして VSAN 間でリソースを共有するための IVR が提供されます。これらの機能により、より少数で、より規模の大きい、より管理しやすい SAN に企業のデータ資産を統合することが可能になります。それにより、ハードウェア設置スペースおよび関連する初期投資と運用コストが削減されます。ロスレス イーサネットを使用して LAN と SAN が統合されているユニファイド ファブリック展開の場合、Cisco MDS 9513 は、マルチホップ FCoE 機能を提供して、複数プロトコルにわたる Any-to-Any 接続により既存のストレージ インフラストラクチャに対する投資を保護します。

優れた投資保護

Cisco MDS 9513 は、非常に高いレベルでシステムの共通性を実現しています。すべての Cisco MDS 9000 ファミリ ファイバ チャネル スイッチング モジュールは、すべての Cisco MDS 9500 シリーズ マルチレイヤ ディレクタと互換性があります。ご使用のストレージ環境に合わせて拡張できるように設計された Cisco MDS 9513 は、円滑な移行、共通のスペア、および優れた投資保護を提供します。

エンタープライズクラスの可用性

Cisco MDS 9513 は、最初からハイ アベイラビリティの実現を目指して設計されました。Cisco MDS 9513 ソフトウェア アーキテクチャでは、運用を中断する必要のないソフトウェア アップグレードとすべての重要なハードウェア コンポーネントの冗長性といった基本的な要件を満たすだけでなく、最高レベルの可用性が実現されています。Cisco MDS 9500 シリーズ スーパーバイザ モジュールにより、障害の発生したプロセスは自動的に再起動されます。それにより Cisco MDS 9513 の堅牢性は非常に高くなっています。スーパーバイザ モジュールがリセットされるという事態が発生しても、アクティブとスタンバイのスーパーバイザ モジュール間で完全な同期が行われているので、トラフィックが中断することなくステートフル フェールオーバーが確実に行われます。

ハイ アベイラビリティは、堅牢かつ高性能な Inter-Switch Link(ISL; スイッチ間リンク)を使用してファブリック レベルで実装されます。PortChannel により、最大 16 本の物理リンクを 1 つの論理バンドルに集約できます。このバンドルはシャーシ内の速度の一致する任意のポートで構成できるため、ポート、ASIC(特定用途向け集積回路)、またはモジュールで障害が発生してもバンドルをアクティブに保つことができます。Cisco MDS 9513 は、ハイ アベイラビリティを新たなレベルに引き上げることで、今日の最も要求の厳しい環境に必要な 99.999 パーセント アップタイムを超えるソリューションを実現できます。

統合されたメインフレーム サポート

Cisco MDS 9513 はメインフレームに対応しており、IBM System z FICON と Linux 環境を完全にサポートします。Cisco MDS 9513 は、IBM System z 動作環境内のすべての FICON 対応デバイスへの接続に関する IBM の認定を受けており、カスケードおよび非カスケード ファブリックの両方の FICON プロトコルの伝送をサポートするとともに、同じスイッチ上の FICON とオープン システムのファイバ チャネル プロトコルの混在トラフィックをサポートします。VSAN は、z/OS 環境、メインフレーム Linux 環境、およびオープン システム環境の間で SAN リソースを簡単に混在させることができます。それにより、SAN 利用率が向上し、SAN 管理が簡素化されます。ゾーニング ベースの混在手法に伴いがちの不確実さや不安定さも、VSAN ベースの混在モードでは発生することはありません。また VSAN では、ある VSAN の設定ミスやコンポーネント障害が他の VSAN の運用に影響を与える可能性もなくなります。VSAN ベースの管理アクセス コントロールによってメインフレーム環境とオープン システム環境間の SAN 管理責任の区分が簡素化されるため、結果的にセキュリティが向上します。FICON VSAN の管理には、内蔵の Cisco Data Center Network Manager や、Cisco CLI に加えて、SA/390、Resource Measurement Facility(RMF)、Dynamic Channel Path Management(DCM; ダイナミック チャネル パス管理)などの IBM CUP 対応管理ツールを利用できます。IBM z/OS Global Mirror ダイナミック アップデートについては、Extended Remote Copy(XRC)アクセラレーションにより、WAN リンク上でのパフォーマンスと帯域利用率が改善されます。

高度なトラフィック管理

Cisco MDS 9513 には高度なトラフィック管理機能が組み込まれているため、大規模ファブリックの展開と最適化を容易に行うことができます。

  • 仮想出力キューイング:ヘッドオブライン ブロッキングを回避することにより、トラフィック パターンに関係なく各ポートでラインレート パフォーマンスが確保されます。
  • 最大 4095 個のバッファツーバッファ クレジット:個々のポートに割り当てて、遠隔地との間の帯域利用率を最適化できます。
  • PortChannel:最大 16 本の物理 ISL を 1 つの論理バンドルに集約して、すべてのリンクで全体的に帯域利用率を最適化できます。このバンドルはシャーシ内の任意のモジュールから速度の一致する任意のポートを使用して構成できるため、モジュールで障害が発生した場合でもバンドルをアクティブに保つことができます。
  • FSPF ベースのマルチパス:最大 16 本の FC または FCoE 等コスト パスの間でインテリジェントなロード バランスが可能です。スイッチで障害が発生した場合は、トラフィックが動的に再ルーティングされます。
  • Quality of Service:帯域幅を管理し、遅延を制御することで、重要なトラフィックを優先させることができます。
  • ポート帯域幅予約:ポート単位で専用帯域幅を定義できます。

容易な管理

あらゆるユーザのニーズを満たすために、Cisco MDS 9513 では、Cisco MDS 9000 ファミリ CLI、Cisco DCNM、およびサードパーティ製ストレージ管理ツールとの統合といった 3 種類の主要な管理モードを用意しています。

Cisco MDS 9513 は、一貫性のあるロジカルな CLI をユーザに提供します。普及している Cisco IOS® ソフトウェア CLI の構文に準拠しているため、Cisco MDS 9000 ファミリ CLI は、習得しやすく、広範な管理機能を提供できます。Cisco MDS 9000 ファミリ CLI は、非常に効率的で直接的なインターフェイスで、企業環境の管理者に最適な機能を提供するように設計されています。

Cisco DCNM(旧称 Cisco Fabric Manager)は、複数スイッチと統合ファブリックに対して管理を簡素化する使いやすいアプリケーションです。仮想マシン対応ファブリックの効率的な運用および管理をサポートすることに注力した Cisco DCNM は、現在および将来の仮想データセンターで要求されるルーティング、スイッチング、およびストレージ管理のニーズを満たす、堅牢なフレームワークと豊富なフィーチャ セットを提供します。Cisco DCNM は、ユニファイド ファブリックのプロビジョニングを簡素化し、LAN と SAN のコンポーネントを予防的に監視します。Cisco DCNM では、SAN 環境と LAN 環境を組み合わせて管理するライセンスも用意しています。

Cisco DCNM は、単独で使用することも、サードパーティ製管理アプリケーションと組み合わせて使用することもできます。シスコは、サードパーティ製およびユーザ開発の管理ツールとの統合用に拡張 API を提供しています。

堅牢なセキュリティのための包括的なソリューション

ストレージ ネットワークで要求される確実なセキュリティを実現するため、Cisco MDS 9513 は、今日のエンタープライズ ネットワーク上で送受信される非常に機密性の高いデータを保護する広範なセキュリティ フレームワークを提供します。Cisco MDS 9513 では、ハードウェアでゾーンを実現するための ACL の適用、VSAN、高度なポート セキュリティ機能など、ポート レベルでのインテリジェントなパケット インスペクションが採用されています。VSAN を使用すると、同一の物理 SAN に接続されたデバイス間の完全な分離が可能になり、より高度なセキュリティとより大きな安定性が得られます。IVR により、VSAN 間でリソースの分配の制御が可能になります。さらに、FC-SP を使用すると、RADIUS または TACACS+ に対応したスイッチ間およびホスト/スイッチ間 Diffie-Hellman Challenge Handshake Authentication Protocol(DH-CHAP; Diffie-Hellman チャレンジ ハンドシェーク認証プロトコル)認証が提供され、許可されたデバイスしか、保護されているストレージ ネットワークにアクセスできなくなります。Cisco TrustSec ファイバ チャネル リンク暗号化は、Cisco MDS 9000 ファミリ 8 Gbps モジュール上で利用可能であり、ラインレートの 8 Gbps または 10 Gbps ファイバ チャネル レートで ISL を透過的に暗号化することで、データセンター内およびデータセンター間のトラフィックに追加の保護レイヤを提供します。

高度な診断ツールおよびトラブルシューティング ツール

大規模ストレージ ネットワークを管理するには、予防的な診断機能、接続とルートの遅延を確認できるツール、およびトラフィックのキャプチャと分析のためのメカニズムが必要です。Cisco MDS 9513 には、高度な分析ツールとデバッグ ツールが組み込まれています。Power-On Self Test(POST; 電源投入時自己診断テスト)とオンライン診断は、予防的なヘルス モニタリング機能を提供します。Cisco MDS 9513 は、フローの正確なパスとタイミングを詳細に把握するための Fibre Channel Traceroute、ネットワーク トラフィックをインテリジェントにキャプチャする Switched Port Analyzer(SPAN; スイッチド ポート アナライザ)と Remote Switched Port Analyzer(RSPAN; リモート スイッチド ポート アナライザ)などといった診断機能を実装するために必要な機能を内蔵しています。トラフィックがキャプチャされると、組み込みのファイバ チャネル アナライザである Cisco Fabric Analyzer で分析できます。ポートベースおよびフローベースの包括的な統計情報によって、高度なパフォーマンス分析と Service-Level Agreement(SLA; サービスレベル契約)アカウンティングが可能になります。Cisco MDS 9513 によって、シスコはストレージ ネットワークのトラブルシューティングと分析を行う包括的なツールセットを提供します。

製品仕様


表 1 に、Cisco MDS 9513 マルチレイヤ ディレクタの製品仕様を示します。

表 1 技術仕様

機能 説明
製品の互換性 Cisco MDS 9000 ファミリ
ソフトウェアの互換性 Cisco MDS SAN-OS ソフトウェア リリース 3.0(1) 以降
注:MDS 9513 クロスバー スイッチング ファブリック 3 モジュールでは、Cisco NX-OS ソフトウェア リリース 5.2 以降が必要
プロトコル
  • ファイバ チャネル標準
    • FC-PH、Revision 4.3(ANSI INCITS 230-1994)
    • FC-PH、Amendment 1(ANSI INCITS 230-1994/AM1-1996)
    • FC-PH、Amendment 2(ANSI INCITS 230-1994/AM2-1999)
    • FC-PH-2、Revision 7.4(ANSI INCITS 297-1997)
    • FC-PH-3、Revision 9.4(ANSI INCITS 303-1998)
    • FC-PI、Revision 13(ANSI INCITS 352-2002)
    • FC-PI-2、Revision 10(ANSI INCITS 404-2006)
    • FC-PI-3、Revision 4(ANSI INCITS 460-2011)
    • FC-PI-4、Revision 8(ANSI INCITS 450-2008)
    • FC-PI-5、Revision 6(ANSI INCITS 479-2011)
    • FC-FS、Revision 1.9(ANSI INCITS 373-2003)
    • FC-FS-2、Revision 1.01(ANSI INCITS 424-2007)
    • FC-FS-2、Amendment 1(ANSI INCITS 424-2007/AM1-2007)
    • FC-FS-3、Revision 1.11(ANSI INCITS 470-2011)
    • FC-LS、Revision 1.62(ANSI INCITS 433-2007)
    • FC-LS-2、Revision 2.21(ANSI INCITS 477-2011)
    • FC-SW-2、Revision 5.3(ANSI INCITS 355-2001)
    • FC-SW-3、Revision 6.6(ANSI INCITS 384-2004)
    • FC-SW-4、Revision 7.5(ANSI INCITS 418-2006)
    • FC-SW-5、Revision 8.5(ANSI INCITS 461-2010)
    • FC-GS-3、Revision 7.01(ANSI INCITS 348-2001)
    • FC-GS-4、Revision 7.91(ANSI INCITS 387-2004)
    • FC-GS-5、Revision 8.51(ANSI INCITS 427-2007)
    • FC-GS-6、Revision 9.4(ANSI INCITS 463-2010)
    • FCP、Revision 12(ANSI INCITS 269-1996)
    • FCP-2、Revision 8(ANSI INCITS 350-2003)
    • FCP-3、Revision 4(ANSI INCITS 416-2006)
    • FCP-4、Revision 2
    • FC-SB-2、Revision 2.1(ANSI INCITS 349-2001)
    • FC-SB-3、Revision 1.6(ANSI INCITS 374-2003)
    • FC-SB-3、Amendment 1(ANSI INCITS 374-2003/AM1-2007)
    • FC-SB-4、Revision 3.0(ANSI INCITS 466-2011)
    • FC-BB-2、Revision 6.0(ANSI INCITS 372-2003)
    • FC-BB-3、Revision 6.8(ANSI INCITS 414-2006)
    • FC-BB-4、Revision 2.7(ANSI INCITS 419-2008)
    • FC-BB-5、Revision 2.0(ANSI INCITS 462-2010)
    • FC-VI、Revision 1.84(ANSI INCITS 357-2002)
    • FC-SP、Revision 1.8(ANSI INCITS 426-2007)
    • FAIS、Revision 1.03(ANSI INCITS 432-2007)
    • FAIS-2、Revision 2.23(ANSI INCITS 449-2008)
    • FC-IFR、Revision 1.06(ANSI INCITS 475-2011)
    • FC-FLA、Revision 2.7(INCITS TR-20-1998)
    • FC-PLDA、Revision 2.1(INCITS TR-19-1998)
  • FC-Tape、Revision 1.17(INCITS TR-24-1999)
  • FC-MI、Revision 1.92(INCITS TR-30-2002)
  • FC-MI-2、Revision 2.6(INCITS TR-39-2005)
  • FC-DA、Revision 3.1(INCITS TR-36-2004)
  • サービス クラス:Class 2、Class 3、Class F
  • ファイバ チャネル標準ポート タイプ:E、F、FL、B
  • ファイバ チャネル拡張ポート タイプ:SD、ST、TE
  • T11 規格準拠 FC-BB-5 Revision 2.0
  • T11 FCoE Initialization Protocol(FIP)(FC-BB-5)
  • Fibre Channel forwarding(FCF; ファイバ チャネル フォワーディング)
  • ファイバ チャネル拡張ポート タイプ:VE、TE、VF
  • IP over Fibre Channel(RFC 2625)
  • IPv6、IPv4、ARP over Fibre Channel(RFC 4338)
  • 拡張 IETF 規格に基づく TCP/IP、SNMPv3、および Remote Monitoring(RMON)MIB
プロトコル(続き)
  • IP 標準
    • RFC 791 IPv4
    • RFC 793、1323 TCP
    • RFC 894 IP/イーサネット
    • RFC 1041 IP/802
    • RFC 792、950、1256 ICMP
    • RFC 1323 TCP パフォーマンス拡張
    • RFC 2338 VRRP
    • RFC 2460、4291 IPv6
    • RFC 2463、4443 ICMPv6
    • RFC 2461、2462 IPv6 ネイバー ディスカバリおよびステートレスな自動設定
    • RFC 2464 IPv6/イーサネット
    • RFC 3270、3980 iSCSI
    • RFC 3643、3821 FCIP
  • イーサネット標準
    • IEEE 802.3-2005 イーサネット
    • IEEE 802.1Q-2005 VLAN
  • IPsec
    • RFC 2401、4301 IP 用セキュリティ アーキテクチャ
    • RFC 2403、2404 HMAC
    • RFC 2405、2406、2451、4303 IP ESP
    • RFC 2407、2408 ISAKMP
    • RFC 2412 OAKLEY Key Determination Protocol
    • RFC 3566、3602、3686 AES
  • Internet Key Exchange(IKE; インターネット キー エクスチェンジ)
    • RFC 2409 IKEv1
    • RFC 4306 IKEv2
  • CEE DCB
    • Priority Flow Control(PFC; プライオリティ フロー制御)
    • Data Center Bridging Exchange(DCBX)
    • Enhanced Transmission Selection(ETS; 拡張伝送選択)
シャーシのスロット構成
  • ラインカード スロット:11
  • スーパーバイザ スロット:2
  • クロスバー スイッチング ファブリック スロット:2
  • ファン トレイ:前面ファン トレイ、背面ファン トレイ
  • 電源装置ベイ:2
  • クロック モジュール スロット:2
パフォーマンス/スケーラビリティ
  • 8.4 Tbps 内部スイッチング帯域幅
  • サポートされるファイバ チャネル ポート速度
    • 1/2/4/8 Gbps 自動検知、オプションで設定可能
    • 1/2/4 Gbps 自動検知、オプションで設定可能
    • 10 Gbps 固定レート
  • サポートされる FCoE ポート速度
    • 10 Gbps 固定レート
  • サポートされるイーサネット ポート速度
    • 1 Gbps 固定レート
  • バッファ クレジット:32 および 48 ポート 8 Gbps アドバンスド ファイバ チャネル モジュール:
    • ポートあたり 32(共有モード ポート)
    • ポートあたり最大 500(専用モード ポート)標準
    • 個々のポート上で最大 4095(専用モード ポート、オプションの Cisco MDS 9000 エンタープライズ パッケージ ライセンスがアクティブな場合)
  • バッファ クレジット:24 および 48 ポート 8 Gbps ファイバ チャネル モジュール:
    • ポートあたり 32(共有モード ポート)
    • ポートあたり最大 500(専用モード ポート)標準
    • 個々のポート上で最大 4095(専用モード ポート、オプションの Cisco MDS 9000 エンタープライズ パッケージ ライセンスがアクティブな場合)
  • バッファ クレジット:4/44 ポート 8 Gbps ファイバ チャネル モジュール:
    • ポートあたり 32(共有モード ポート)
    • ポートあたり最大 250(専用モード ポート)標準
    • 個々のポート上で最大 4095(専用モード ポート、オプションの Cisco MDS 9000 エンタープライズ パッケージ ライセンスがアクティブな場合)
  • バッファ クレジット:18/4 ポート MSM:
    • ポートあたり 16(共有モード ポート)
    • ポートあたり最大 250(専用モード ポート)標準
    • 個々のポート上で最大 4095(専用モード ポート、オプションの Cisco MDS 9000 エンタープライズ パッケージ ライセンスがアクティブな場合)
  • シャーシあたりのポート数
    • 最大 528 個の 1/2/4/8 Gbps ファイバ チャネル ポート
    • 最大 264 個の 10 Gbps ファイバ チャネル ポート
    • 最大 88 個の 10 Gbps FCoE ポート
    • 最大 176 個の 1 Gbps イーサネット ポート
  • ラックあたりのポート数
    • 最大 1584 個の 1/2/4/8 Gbps ファイバ チャネル ポート
    • 最大 792 個の 10 Gbps ファイバ チャネル ポート
    • 最大 264 個の 10 Gbps FCoE ポート
    • 最大 528 個の 1 Gbps イーサネット ポート
  • PortChannel:最大 16 ポート(シャーシ内の任意のモジュール上の速度の一致する任意のポートにわたってチャネルを定義可能)
機能
ファブリック サービス
  • ネーム サーバ
  • Registered State Change Notification(RSCN)
  • ログイン サービス
  • Fabric Configuration Server(FCS)
  • パブリック ループ
  • ブロードキャスト
  • 順次配信
高度な機能
  • VSAN
  • IVR
  • PortChannel(マルチパス ロード バランシングを使用)
  • QoS フローベース、ゾーンベース
  • N ポート ID バーチャライゼーション
診断ツールおよびトラブルシューティング ツール
  • POST 診断
  • オンライン診断
  • 内部ポート ループバック
  • SPAN および RSPAN
  • ファイバ チャネル Traceroute
  • ファイバ チャネル Ping
  • ファイバ チャネルのデバッグ
  • Cisco Fabric Analyzer
  • Syslog
  • オンライン システム ヘルス
  • ポートレベル統計情報
  • リアルタイム プロトコル デバッグ
ネットワーク セキュリティ
  • VSAN
  • ACL
  • VSAN 単位の RBAC
  • ファイバ チャネル ゾーニング
    • N ポート WWN
    • N ポート FC-ID
    • Fx ポート WWN
    • Fx ポート WWN およびインターフェイス インデックス
    • Fx ポート ドメイン ID およびインターフェイス インデックス
    • Fx ポート ドメイン ID およびポート番号
  • FC-SP
    • DH-CHAP スイッチ間認証
    • DH-CHAP ホスト/スイッチ間認証
  • ポート セキュリティおよびファブリック バインディング
  • 管理アクセス
    • SSHv2 による AES の実装
    • SNMPv3 による AES の実装
    • SFTP
  • Cisco TrustSec ファイバ チャネル リンク暗号化
FICON
  • FC-SB-3 準拠
  • カスケード FICON ファブリック
  • FICON およびファイバ チャネル FCP トラフィックの混在
  • CUP 管理インターフェイス
保守性
  • コンフィギュレーション ファイル管理
  • 運用を中断させずにファイバ チャネル インターフェイスのソフトウェア アップグレードが可能
  • Call Home
  • 電源管理 LED
  • ポート ビーコン
  • システム LED
  • アラート用 SNMP トラップ
  • ネットワーク ブート
信頼性とアベイラビリティ
  • 運用を中断させずにオンラインでのソフトウェア アップグレードが可能
  • 運用を中断させないステートフル スーパーバイザ フェールオーバー
  • ホットスワップ可能な冗長スーパーバイザ モジュール
  • ホットスワップ可能な冗長クロスバー モジュール
  • ホットスワップ可能な冗長クロック モジュール
  • ホットスワップ可能な 1+1 冗長電源
  • ホットスワップ可能なファン トレイ(温度管理と電源管理を内蔵)
  • ホットスワップ可能な Small Form-Factor Pluggable(SFP)光モジュール(1/2/4 Gbps)
  • ホットスワップ可能な Enhanced SFP(SFP+)光モジュール(2/4/8/10 Gbps)
  • ホットスワップ可能な小型の着脱可能(X2)光モジュール(10 Gbps)
  • ホットスワップ可能なスイッチング モジュール
  • ステートフルなプロセス再起動
  • 任意のモジュールおよび任意のポートで構成する PortChannel
  • ファブリックベースのマルチパス
  • VSAN 単位のファブリック サービス
  • オンライン診断
  • ポート トラッキング
  • 管理用の Virtual Routing Redundancy Protocol(VRRP; 仮想ルータ冗長プロトコル)
ネットワーク管理
  • Cisco MDS 9500 シリーズ スーパーバイザ 2A モジュール経由のアクセス方法
    • アウトオブバンド 10/100/1000 イーサネット ポート
    • RS-232 シリアル コンソール ポート
    • インバンド IP over Fibre Channel
    • DB-9 COM ポート
  • Cisco MDS 9000 ファミリ ファイバ チャネル スイッチング モジュール経由のアクセス方法
    • インバンド FICON CUP over Fibre Channel
  • アクセス プロトコル
    • CLI(コンソールおよびイーサネット ポートを使用)
    • SNMPv3(イーサネット ポートおよびインバンド IP over Fibre Channel アクセスを使用)
    • Storage Networking Industry Association(SNIA)Storage Management Initiative Specification(SMI-S)
    • FICON CUP
  • 分散型デバイス エイリアス サービス
  • ネットワーク セキュリティ
    • VSAN 単位のロールベース アクセス コントロール(RADIUS および TACACS+ ベースの認証、許可、およびアカウンティング(AAA)機能を使用)
    • SFTP
    • SSHv2 による AES の実装
    • SNMPv3 による AES の実装
  • 管理アプリケーション
    • Cisco MDS 9000 ファミリ CLI
    • Cisco Data Center Network Manager
    • Cisco Device Manager
    • CiscoWorks Resource Manager Essentials(RME)および Device Fault Manager(DFM)
プログラミング インターフェイス
  • スクリプト可能 CLI
  • Data Center Network Manager の Web サービス API
  • デバイス マネージャ GUI
電源および冷却装置
  • 電源装置(6000 W AC)
    • 入力:公称 100-240 V AC(全範囲 ±10 %)、最大 16 A、公称 50-60 Hz(全範囲 ±3 Hz)
    • 出力:2900 W(16 A で 100 V AC)、6000 W(16 A で 200 V AC)
  • エアーフロー
    • システム ファン アセンブリによって 300 フィート/分(lfm)
  • 過熱を防ぐために、壁面とシャーシ換気口の間には 15 cm(6 インチ)以上の空間を確保し、シャーシ間には水平方向に 30.5 cm(12 インチ)以上の隙間をあけることを推奨します。
消費電力 Cisco MDS 9513
ポート 通常(ワット)
192 ポート 1,765
384 ポート 2,833
528 ポート 3,634
環境仕様
  • 周囲温度(動作時):0 〜 40 °C(32 〜 104 °F)
  • 周囲温度(非動作時および保管時):-40 〜 75 °C(-40 〜 167 °F)
  • 周囲湿度(動作時、結露しないこと):10 〜 90 %
  • 周囲湿度(非動作時および保管時、結露しないこと):10 〜 95 %
  • 高度(動作時):-60 〜 2000 m(-197 〜 6500 フィート)
物理寸法
  • 寸法(高さ X 幅 X 奥行):62.3 X 44.1 X 71.1 cm (24.5 X 17.37 X 28.0 インチ)
  • 14 RU
重量
  • シャーシ(ファンとクロック モジュールを含む):45.4 kg(100.0 ポンド)
  • 電源装置(6000 W AC):14.7 kg(32.5 ポンド)
  • ファブリック モジュール:2.6 kg(5.75 ポンド)
  • Cisco MDS 9500 シリーズ スーパーバイザ 2 およびスーパーバイザ 2A モジュール:3.3 kg(7.2 ポンド)
認定および適合規格
  • 安全規格
    • CE マーキング
    • UL 60950
    • CAN/CSA-C22 2 No. 60950
    • EN 60950
    • IEC 60950
    • TS 001
    • AS/NZS 3260
    • IEC60825
    • EN60825
    • 21 CFR 1040
  • EMC 適合規格
    • FCC Part 15(CFR 47)クラス A
    • ICES-003 クラス A
    • EN 55022 クラス A
    • CISPR 22 クラス A
    • AS/NZS 3548 クラス A
    • VCCI クラス A
    • EN 55024
    • EN 50082-1
    • EN 61000-6-1
    • EN 61000-3-2
    • EN 61000-3-3
  • FIPS 認定
    • FIPS 140-2 Level 2


発注情報


表 2 に、Cisco MDS 9513 マルチレイヤ ディレクタの発注情報を示します。

表 2 発注情報

製品番号 製品の説明
MDS 9513 コンポーネント
DS-C9513 Cisco MDS 9513 シャーシ
DS-C9513-4AK9 Cisco MDS 9513 基本構成:シャーシ、2 Sup2A、2 Fabric3、2 6K AC PS
DS-C9513-3AK9 MDS 9513 基本構成:シャーシ、2 Sup-2A、2 Fabric2、2 6K AC PS
DS-X9530-SF2AK9 Cisco MDS 9500 スーパーバイザ/ファブリック 2A
DS-X9232-256K9 Cisco MDS 9000 ファミリ 32 ポート 8 Gbps アドバンスド ファイバ チャネル スイッチング モジュール
DS-X9248-256K9 Cisco MDS 9000 ファミリ 48 ポート 8 Gbps アドバンスド ファイバ チャネル スイッチング モジュール
DS-X9224-96K9 Cisco MDS 9000 ファミリ 1/2/4/8 Gbps 24 ポート ファイバ チャネル モジュール
DS-X9248-96K9 Cisco MDS 9000 ファミリ 1/2/4/8 Gbps 48 ポート ファイバ チャネル モジュール
DS-X9248-48K9 Cisco MDS 9000 ファミリ 1/2/4/8 Gbps 4/44 ポート ホスト最適化ファイバ チャネル モジュール
DS-X9304-18K9 Cisco MDS 9000 ファミリ 18/4 ポート マルチサービス モジュール
DS-X9316-SSNK9 Cisco MDS 9000 ファミリ 16 ポート GE ストレージ サービス ノード
DS-X9704 Cisco MDS 9000 ファミリ 10 Gbps 4 ポート ファイバ チャネル スイッチング モジュール
DS-X9708-K9 Cisco MDS 9000 10 Gbps 8 ポート FCoE モジュール
SFP-10G-SR 10GBASE-SR SFP+ モジュール(DS-X9708-K9 でのみサポート)
SFP-10G-LR 10GBASE-LR SFP+ モジュール(DS-X9708-K9 でのみサポート)
SFP-H10GB-CU1M 10GBASE-CU SFP+ ケーブル 1 m、パッシブ(DS-X9708-K9 でのみサポート)
SFP-H10GB-CU3M 10GBASE-CU SFP+ ケーブル 3 m、パッシブ(DS-X9708-K9 でのみサポート)
SFP-H10GB-CU5M 10GBASE-CU SFP+ ケーブル 5 m、パッシブ(DS-X9708-K9 でのみサポート)
SFP-H10GB-ACU7M 10GBASE-CU SFP+ アクティブ銅ケーブル 7 m(DS-X9708-K9 でのみサポート)
SFP-H10GB-ACU10M 10GBASE-CU SFP+ アクティブ銅ケーブル 10 m(DS-X9708-K9 でのみサポート)
DS-SFP-FC10G-SW Cisco MDS 9000 ファミリ 10 Gbps ファイバ チャネル:短波長、SFP+、LC(DS-X9232-256K9 と DS-X9248-256K9 でのみサポート)
DS-SFP-FC10G-LW Cisco MDS 9000 ファミリ 10 Gbps ファイバ チャネル:長波長、SFP+、LC(DS-X9232-256K9 と DS-X9248-256K9 でのみサポート)
DS-SFP-FC8G-SW Cisco MDS 9000 ファミリ 2/4/8 Gbps ファイバ チャネル:短波長、SFP+、LC
DS-SFP-FC8G-LW Cisco MDS 9000 ファミリ 2/4/8 Gbps ファイバ チャネル:長波長、SFP+、LC(伝送距離 10 km)
DS-SFP-FC8G-ER 2/4/8 Gbps ファイバ チャネル延長到達距離 SFP+、LC(伝送距離 40 km)
DS-SFP-FC4G-SW Cisco MDS 9000 ファミリ 1/2/4 Gbps ファイバ チャネル:短波長、SFP、LC(1/2/4 Gbps と 1/2/4/8 Gbps FC ポートでのみサポート)
DS-SFP-FC4G-LW Cisco MDS 9000 ファミリ 1/2/4 Gbps ファイバ チャネル:長波長、SFP、LC(伝送距離 10 km)(1/2/4 Gbps と 1/2/4/8 Gbps FC ポートでのみサポート)
DS-SFP-FCGE-SW 1 Gbps イーサネットおよび 1/2 Gbps ファイバ チャネル:短波長 SFP、LC
DS-SFP-FCGE-LW 1 Gbps イーサネットおよび 1/2 Gbps ファイバ チャネル:長波長 SFP、LC
DS-X2-FC10G-SR 10 Gbps ファイバ チャネル:短距離 X2、SC(DS-X9704 でのみサポート)
DS-X2-FC10G-LR 10 Gbps ファイバ チャネル:長距離 X2、SC(DS-X9704 でのみサポート)
DS-X2-FC10G-ER 10 Gbps ファイバ チャネル:ER X2、SC(DS-X9704 でのみサポート)
DS-SFP-GE-T ギガビット イーサネット銅 SFP、RJ-45
DS-13SLT-FAB2 Cisco MDS 9513 ファブリック 2 モジュール
DS-13SLT-FAB3 MDS 9513 クロスバー スイッチング ファブリック 3 モジュール
DS-CAC-6000W 6000 W AC 電源
MEM-MDS-FLD512M Cisco MDS 9500 スーパーバイザ コンパクト フラッシュ ディスク、512 MB
CAB-9K16A-AUS 電源コード 250 VAC 16 A、オーストラリア、電源プラグ AU20S3
CAB-9K16A-CH 電源コード 250 VAC 16 A、中国、電源プラグ GB16C
CAB-9K16A-EU 電源コード 250 VAC 16 A、ヨーロッパ、電源プラグ CEE 7/7
CAB-9K16A-INT 電源コード 250 VAC 16 A、国際、電源プラグ IEC 309
CAB-9K16A-ISR 電源コード 250 VAC 16 A、イスラエル、電源プラグ SI16S3
CAB-9K16A-SA 電源コード 250 VAC 16 A、南アフリカ、電源プラグ EL 208、SABS 164-1
CAB-9K16A-SW 電源コード 250 VAC 16 A、スイス、電源プラグ SEV 5934-2 タイプ 23
CAB-9K16A-US1 電源コード 250 VAC 16 A、米国/日本、電源プラグ NEMA 6-20
CAB-9K16A-US2 電源コード 250 VAC 16 A、米国/日本、電源プラグ NEMA L6-20
CAB-9K20A-NA 電源コード、125 VAC 20 A NEMA 5-20 プラグ、北米/日本
CAB-9K16A-KOR 電源コード 250 VAC 16 A、韓国、電源プラグ
CAB-C19-CBN キャビネット ジャンパ電源コード、250 VAC 16 A、C20-C19 コネクタ
ライセンス ソフトウェア
M9500EXT1AK9 Cisco MDS 9500 シリーズでの 18/4 ポート マルチサービス モジュール 1 台用 SAN Extension Over IP パッケージ
M95EXTSSNK9 MDS 9500 での SSN-16 モジュール用 SAN 拡張ライセンス(1 エンジン)
M9500ENT1K9 Cisco MDS 9500 シリーズ エンタープライズ パッケージ
DCNM-SAN-M95-K9 MDS 9500 用 DCNM for SAN アドバンスド エディション
DCNM-S-PAK-M95-K9 MDS 9500 用 DCNM for SAN アドバンスド エディション設定可能パック(DCNM-SAN-PAK= に含まれる)
L-DCNM-S-M95-K9 MDS 9500 用 DCNM for SAN アドバンスド エディション パック(L-DCNM-S-PAK= に含まれる)、eDelivery
DCNM-SAN-M95-K9 MDS 9500 用 DCNM for SAN アドバンスド エディション
M9500FIC1K9 Cisco MDS 9500 シリーズ メインフレーム パッケージ
M95DMM184K9 18/4 X 1 用 MDS 9500 Data Mobility Manager(DMM)ライセンス
M9500SME1MK9 18/4 ポート マルチサービス モジュール X 1 用 Storage Media Encryption パッケージ
M95IOA184 MDS 9500 での MSM-18/4 用 Cisco I/O アクセラレータ ライセンス、スペア
M95IOASSN MDS 9500 での SSN-16 用 Cisco I/O アクセラレータ ライセンス(1 エンジン)
スペア コンポーネント
DS-C9513= Cisco MDS 9513 シャーシ、スペア
DS-X9232-256K9= Cisco MDS 9000 ファミリ 32 ポート 8 Gbps アドバンスド ファイバ チャネル スイッチング モジュール、スペア
DS-X9248-256K9= Cisco MDS 9000 ファミリ 48 ポート 8 Gbps アドバンスド ファイバ チャネル スイッチング モジュール、スペア
DS-X9530-SF2AK9= Cisco MDS 9500 スーパーバイザ/ファブリック 2A、スペア
DS-X9224-96K9= Cisco MDS 9000 ファミリ 1/2/4/8 Gbps 24 ポート ファイバ チャネル モジュール、スペア
DS-X9248-96K9= Cisco MDS 9000 ファミリ 1/2/4/8 Gbps 48 ポート ファイバ チャネル モジュール、スペア
DS-X9248-48K9= Cisco MDS 9000 ファミリ 1/2/4/8 Gbps 4/44 ポート ホスト最適化ファイバ チャネル モジュール、スペア
DS-X9304-18K9= Cisco MDS 9000 ファミリ 18/4 ポート マルチサービス モジュール、スペア
DS-X9316-SSNK9= Cisco MDS 9000 ファミリ 16 ポート GE ストレージ サービス ノード、スペア
DS-X9704= Cisco MDS 9000 ファミリ 10 Gbps 4 ポート ファイバ チャネル スイッチング モジュール、スペア
DS-X9708-K9= Cisco MDS 9000 10 Gbps 8 ポート FCoE モジュール、スペア
DS-C9513-CL= Cisco MDS 9513 クロック モジュール、スペア
DS-13SLT-FAN-F= Cisco MDS 9513 前面ファン トレイ、スペア
DS-13SLT-FAN-R= Cisco MDS 9513 背面ファン トレイ、スペア
DS-13SLT-FAB2= Cisco MDS 9513 ファブリック 2 モジュール、スペア
DS-13SLT-FAB3= MDS 9513 クロスバー スイッチング ファブリック 3 モジュール、スペア
DS-CAC-6000W= 6000 W AC 電源、スペア
MEM-MDS-FLD512M= Cisco MDS 9500 スーパーバイザ コンパクト フラッシュ ディスク、512 MB、スペア
SFP-10G-SR= 10GBASE-SR SFP+ モジュール、スペア(DS-X9708-K9 でのみサポート)
SFP-10G-LR= 10GBASE-LR SFP+ モジュール、スペア(DS-X9708-K9 でのみサポート)
SFP-H10GB-CU1M= 10GBASE-CU SFP+ ケーブル 1 m、パッシブ、スペア(DS-X9708-K9 でのみサポート)
SFP-H10GB-CU3M= 10GBASE-CU SFP+ ケーブル 3 m、パッシブ、スペア(DS-X9708-K9 でのみサポート)
SFP-H10GB-CU5M= 10GBASE-CU SFP+ ケーブル 5 m、パッシブ、スペア(DS-X9708-K9 でのみサポート)
SFP-H10GB-ACU7M= 10GBASE-CU SFP+ アクティブ銅ケーブル 7 m、スペア(DS-X9708-K9 でのみサポート)
SFP-H10GB-ACU10M= 10GBASE-CU SFP+ アクティブ銅ケーブル 10 m、スペア(DS-X9708-K9 でのみサポート)
DS-SFP-FC10G-SW= Cisco MDS 9000 ファミリ 10 Gbps ファイバ チャネル:短波長、SFP+、LC、スペア(DS-X9232-256K9 と DS-X9248-256K9 でのみサポート)
DS-SFP-FC10G-LW= Cisco MDS 9000 ファミリ 10 Gbps ファイバ チャネル:長波長、SFP+、LC、スペア(DS-X9232-256K9 と DS-X9248-256K9 でのみサポート)
DS-SFP-FC8G-ER= 2/4/8 Gbps ファイバ チャネル延長到達距離 SFP+、LC、スペア(伝送距離 40 km)
DS-SFP-FC8G-SW= Cisco MDS 9000 ファミリ 2/4/8 Gbps ファイバ チャネル:短波長、SFP+、LC、スペア(1/2/4/8 Gbps FC ポートでのみサポート)
DS-SFP-8G-SW-4= Cisco MDS 9000 ファミリ 2/4/8 Gbps ファイバ チャネル:短波長、SFP+、LC、4 パック、スペア(1/2/4/8 Gbps FC ポートでのみサポート)
DS-SFP-FC8G-LW= Cisco MDS 9000 ファミリ 2/4/8 Gbps ファイバ チャネル:長波長、SFP+、LC(伝送距離 10 km)、スペア(1/2/4/8 Gbps FC ポートでのみサポート)
DS-SFP-4G-SW= 1/2/4 Gbps ファイバ チャネル:短波長、SFP、LC、スペア(1/2/4 Gbps と 1/2/4/8 Gbps FC ポートでのみサポート)
DS-SFP-4G-SW-4= 1/2/4 Gbps ファイバ チャネル:短波長、SFP、LC、4 パック、スペア(1/2/4 Gbps と 1/2/4/8 Gbps FC ポートでのみサポート)
DS-SFP-FC4G-LW= 1/2/4 Gbps ファイバ チャネル:長波長、SFP、LC(伝送距離 10 km)、スペア(1/2/4 Gbps と 1/2/4/8 Gbps FC ポートでのみサポート)
DS-X2-FC10G-SR= 10 Gbps ファイバ チャネル:短距離 X2、SC、スペア(10 Gbps FC ポートでのみサポート)
DS-X2-FC10G-LR= 10 Gbps ファイバ チャネル:長距離 X2、SC、スペア(10 Gbps FC ポートでのみサポート)
DS-X2-FC10G-ER= 10 Gbps ファイバ チャネル:ER X2、スペア(10 Gbps FC ポートでのみサポート)
DS-X2-E10G-SR= 10 Gbps イーサネット:SR X2、スペア(10 Gbps FC ポートでのみサポート)
DS-SFP-FCGE-SW= 1 Gbps イーサネットおよび 1/2 Gbps ファイバ チャネル:短波長、SFP、LC、スペア
DS-SFP-FCGE-LW= 1 Gbps イーサネットおよび 1/2 Gbps ファイバ チャネル:長波長、SFP、LC、スペア
DS-SFP-GE-T= ギガビット イーサネット銅 SFP、RJ-45、スペア
DS-CWDM-XXXX= Cisco XXXX NM CWDM ギガビット イーサネットおよび 1/2 Gbps ファイバ チャネル SFP、スペア(XXXX=1470、1490、1510、1530、1550、1570、1590、1610)
DS-CWDM4GXXXX= Cisco XXXX NM CWDM 4 Gbps ファイバ チャネル SFP、スペア(XXXX=1470、1490、1510、1530、1550、1570、1590、1610)
ONS-SC-4G-xx.x= Cisco 4 Gbps DWDM SFP トランシーバ、スペア(xxx = 50.1、50.9、51.7、52.5、54.1、54.9、55.7、56.5、58.1、58.9、59.7、60.6、30.3、31.1、31.9、32.6、33.4、34.2、35.0、35.8、36.6、37.4、38.1、38.9、39.7、40.5、41.3、42.1、42.9、43.7、44.5、45.3、46.1、46.9、47.7、48.5、49.3、53.3、57.3、61.4)
DWDM-SFP-XXXX= Cisco 15XX.XX NM DWDM 1/2 Gbps ファイバ チャネル SFP、スペア(XXXX=6061、5979、5898、5817、5655、5575、5494、5413、5252、5172、5092、5012、4851、4772、4692、4612、4453、4373、4294、4214、4056、3977、3898、3819、3661、3582、3504、3425、3268、3190、3112、3033)
DWDM-X2-YY.YY= 10GBASE-DWDM 15YY.YY nm X2、スペア(100 GHz ITU グリッド)(YYYY=6061、5979、5898、5817、5655、5575、5494、5413、5252、5172、5092、5012、4851、4772、4692、4612、4453、4373、4294、4214、4056、3977、3898、3819、3661、3582、3504、3425、3268、3190、3112、3033)
DS-SCR-K9= Cisco MDS 9000 ファミリ スマート カード リーダー、スペア
DS-SC-K9= Cisco MDS 9000 ファミリ スマート カード、スペア
CAB-9K16A-AUS 電源コード 250 VAC 16 A、オーストラリア、電源プラグ AU20S3
CAB-9K16A-CH= 電源コード 250 VAC 16 A、中国、電源プラグ GB16C、スペア
CAB-9K16A-CH= 電源コード 250 VAC 16 A、中国、電源プラグ GB16C、スペア
CAB-9K16A-EU= 電源コード 250 VAC 16 A、ヨーロッパ、電源プラグ CEE 7/7、スペア
CAB-9K16A-INT= 電源コード 250 VAC 16 A、国際、電源プラグ IEC 309、スペア
CAB-9K16A-ISR= 電源コード 250 VAC 16 A、イスラエル、電源プラグ SI16S3、スペア
CAB-9K16A-SA= 電源コード 250 VAC 16 A、南アフリカ、電源プラグ EL 208、SABS 164-1、スペア
CAB-9K16A-SW= 電源コード 250 VAC 16 A、スイス、電源プラグ SEV 5934-2 タイプ 23、スペア
CAB-9K16A-US1= 電源コード 250 VAC 16 A、米国/日本、電源プラグ NEMA 6-20、スペア
CAB-9K16A-US2= 電源コード 250 VAC 16 A、米国/日本、電源プラグ NEMA L6-20、スペア
CAB-9K20A-NA= 電源コード、125 VAC 20 A NEMA 5-20 プラグ、北米/日本、スペア
CAB-9K16A-KOR= 電源コード 250 VAC 16 A、韓国、電源プラグ、スペア
CAB-C19-CBN= キャビネット ジャンパ電源コード、250 VAC 16 A、C20-C19 コネクタ、スペア
M9500ENT1K9= MDS 9500 スイッチ X 1 用 Cisco MDS 9500 エンタープライズ パッケージ ライセンス、スペア
DCNM-SAN-M95-K9= Cisco MDS 9500 スイッチ用 DCNM SAN ライセンス、スペア
M9500FIC1K9= MDS 9500 スイッチ X 1 用 Cisco MDS 9500 メインフレーム パッケージ ライセンス、スペア
M9500XRC= Cisco MDS 9500 XRC Accel for IBM、スペア
M9500EXT1AK9= Cisco MDS 9500 シリーズでの 18/4 ポート マルチサービス モジュール X 1 用 SAN Extension over IP パッケージ、スペア
M95EXTSSNK9= Cisco MDS 9500 での SSN-16 モジュール用 SAN 拡張ライセンス(1 エンジン)、スペア
M95EXTSSN4XK9= MDS 9500 での SSN-16 モジュール用 SAN 拡張ライセンス(4 エンジン)、スペア
L-M95EXTSSNK9= MDS 9500 での SSN-16 モジュール用 SAN 拡張ライセンス(1 エンジン)、スペア
M95IOA184= MDS 9500 での MSM-18/4 用 Cisco I/O アクセラレータ ライセンス、スペア
M95IOASSN= Cisco MDS 9500 での SSN-16 用 Cisco I/O アクセラレータ ライセンス(1 エンジン)、スペア
M95IOASSN4X= MDS 9500 での SSN-16 用 Cisco I/O アクセラレータ ライセンス(4 エンジン)、スペア
L-M95IOASSN= MDS 9500 での SSN-16 用 Cisco I/O アクセラレータ ライセンス(1 エンジン)、スペア、eDelivery
M9500SME1MK9= MPS 18/4 ポート X 1 用 Storage Media Encryption パッケージ、スペア
M95SMESSNK9= Cisco MDS 9500 での SSN-16 X 1 用 Storage Media Encryption ライセンス(1 エンジン)、スペア
M95SMESSN4XK9= MDS 9500 での SSN-16 用 Cisco Storage Media Encryption ライセンス(4 エンジン)、スペア
L-M95SMESSNK9= MDS 9500 での SSN-16 用 Cisco Storage Media Encryption ライセンス(1 エンジン)、スペア(eDelivery)
M95DMM184K9= 18/4 ポート マルチサービス モジュール X 1 用 MDS 9500 Data Mobility Manager(DMM)ライセンス、スペア
M95DMM184TSK9= 18/4 ポート マルチサービス モジュール用 MDS 9500 Data Mobility Manager(DMM)ライセンス、180 日間、スペア
L-M95IOA184= MDS 9500 での MSM-18/4 用 Cisco I/O アクセラレータ ライセンス、スペア、eDelivery
L-M95DMM184K9= 18/4 X 1 用 MDS 9500 Data Mobility Manager(DMM)ライセンス、eDelivery
L-M95DMM184TSK9= 18/4 用 MDS 9500 Data Mobility Manager(DMM)ライセンス、180 日間、eDelivery
M9500SSE184K9= MDS 9500 での MSM-18/4 用 Storage Services Enabler ライセンス、スペア
L-DCNM-S-PAK= DCNM for SAN アドバンスド エディション設定可能パック、eDelivery
DCNM-SAN-PAK= DCNM for SAN アドバンスド エディション設定可能パック、eDelivery
L-DCNM-S-M95-K9= DCNM for SAN アドバンスド エディション MDS 9500、スペア、eDelivery
DCNM-SAN-M95-K9= Cisco MDS 9500 用 DCNM for SAN アドバンスド エディション、スペア


関連情報


サポートされる光モジュールの詳細については、「Cisco MDS 9000 ファミリ Pluggable(プラグ着脱可能)トランシーバ」を参照してください。

サービスおよびサポート


シスコは、お客様の成功を支援する幅広いサービス プログラムを用意しています。これらのサービスは、スタッフ、プロセス、ツール、パートナーをそれぞれに組み合わせて提供され、お客様から高い評価を受けています。ネットワークへの投資を無駄にすることなく、ネットワーク運用を最適化し、ネットワーク インテリジェンスの強化や事業の拡張を進めていただくためにシスコのサービスを是非お役立てください。シスコ サービスの詳細については、「シスコ テクニカル サポート サービス」または「シスコ アドバンスド サービス」を参照してください。

関連情報


Cisco MDS 9513 の詳細については、
http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/storage/mds9000/index.html を参照するか、最寄りの代理店にお問い合わせください。

.

お問い合わせ