Cisco Carrier Routing System

Cisco CPAK 100GBASE モジュール

データ シート





Cisco CPAK 100GBASE モジュール



光ファイバ ライン カードは、競合モデルに比べ、電力消費量を最大 70 % 削減しながら、業界最高のポート密度を実現します。


製品概要


Cisco® スイッチおよびルータ対応の Cisco CPAK™ 100GBASE 光ファイバ モジュールは、選りすぐりの高密度 100 Gbps 接続ソリューションを提供します。モジュールは、特に、企業とサービス プロバイダーのデータセンター内、およびサービス プロバイダー エッジネットワーク内の接続に適しています。

ライン カードは、Cisco CPAK フォーム ファクタを採用しており、 C Form-Factor Pluggable 2(CFP2)モジュールに比べ 20 % 小さく、電力消費量は 40 % 少なく、CFP インターフェイスと比べると 70 % 少ない消費電力量です。Cisco CPAK モジュールは、競合製品に比べ、最大 20 % 増のポート密度とフロントパネル帯域幅を提供します。

網羅する必要のある距離、お使いの光ファイバ ケーブルのタイプ、お使いのシスコ ネットワーク製品に適合するモデルを選択してください。Cisco CPAK 100GBASE モジュールは、ASR 9000 シリーズ ルータ、CRS-X キャリア ルーティング システム、NCS 2000/4000/6000 シリーズ ルータ、Nexus 7000 および 7700 シリーズ スイッチ、および Cisco ONS 転送プラットフォームといったシスコ ネットワーク機器と連携動作します。

Cisco CPAK 100GBASE モジュールには、Cisco CPAK 100GBASE-LR4 モジュール、Cisco CPAK 10x10GBASE-LR モジュール、Cisco CPAK 100GBASE-ER4 Lite モジュール、および Cisco CPAK 100GBASE-SR10 モジュールの 4 種類があります(図 1)。

図 1 4 種類の Cisco CPAK 100GBASE モジュール

図 1 4 種類の Cisco CPAK 100GBASE モジュール


機能と利点


Cisco CPAK モジュールには、市場で入手可能な中で、最高の密度と最大の帯域幅、さらに最低の電力消費を実現する機能が組み合わされています。投資を保護し、製品の選択の幅を広げるために、IEEE 準拠の 100GBASE-LR4 または 100GBASE-SR10 と相互運用可能です。Cisco CPAK 100GBASE-LR4 を含む一部のモデルは、シスコの相補型金属酸化膜半導体回路(CMOS)光テクノロジーを使用して、業界をリードする光統合、パフォーマンス、省力化、および拡張性を提供します。

Cisco CPAK 100GBASE モジュールの主な特長を表 1 に示します。

表 1 Cisco CPAK 100GBASE モジュールの機能と利点

要件 Cisco CPAK モジュールがサポートしている機能
増え続ける帯域幅要件に対応 最大 10 の 100 ギガビット イーサネット接続が 1 Tbps 相当のフロントパネル帯域幅を提供
コストの制御 フォーム ファクタは、消費電力が CFP2 に比べ 40 % 少なく、CFP フォーム ファクタに比べ 70 % 少ない
不動産の維持 最小限のフットプリントで、競合製品に比べ 20 % 高いポート密度と帯域幅を実現
ビジネスの継続性に対応するネットワークの高可用性 ホットスワップ可能な入出力デバイスによる、Cisco CPAK モジュールベースのスイッチ、ルータ、光プラットフォーム ポートへのプラグイン
距離および光ファイバ タイプに関するさまざまな要件に対応 柔軟にインターフェイスを選択可能
投資を保護し、手頃な価格でより高帯域幅へ移行
  • 「成長に応じて拡張可能な」投資モデルをサポート
  • Cisco 100 Gbps、40 Gbps、および 10 Gbps ライン カードを Cisco CPAK モジュールにプラグイン可能(Cisco AnyPort ソリューションをサポート)
パフォーマンスの管理 デジタル オプティカル モニタリング(DOM)のサポート
機器の柔軟性と選択の幅を広げるための標準準拠 IEEE 準拠の 100GBASE-LR4 または 100GBASE-SR10 フォーム ファクタとの相互運用性
すべてのシスコ プラットフォームでの適切な機能とハイ パフォーマンス シスコが認定およびテストしたモジュールかどうかをシスコ プラットフォームが認識できるようにする、シスコの品質確認(ID)機能をサポート


Cisco CPAK 100GBASE-LR4 モジュール


Cisco CPAK 100GBASE-LR4 モジュール(図 2)の主な用途は、SC コネクタで終端された標準のシングル モード ファイバ(SMF、G.652)を経由した 100 Gbps 光リンクのサポートです。公称電力消費量は 5.5 W 未満です。

LR4 モジュールは、IEEE 802.3ba 準拠で、標準 SMF、G.652 経由で最大 10 km のリンク長をサポートします。LAN 波長分割多重(WDM)により、レーンあたり 25 Gbps(公称)の波長 4 つを使用して 100 Gbps の集約データ信号を伝送します。4 つの波長の光多重化および逆多重化は、モジュール内で管理されます。

図 2 Cisco CPAK 100GBASE-LR モジュール

図 2 Cisco CPAK 100GBASE-LR モジュール


Cisco CPAK 100GBASE-ER4 Lite モジュール


Cisco CPAK 100GBASE-ER4 Lite モジュール(図 3)の主な用途は、SC コネクタで終端された標準のシングル モード ファイバ(SMF、G.652)を経由した 100 Gbps 光リンクのサポートです。公称電力消費量は 7.5 W 未満です。

ER4 Lite モジュールは 100GBASE-ER4 標準との互換性を備え、標準 SMF、G.652 経由で最大約 25 km のリンク長をサポートします。LAN 波長分割多重(WDM)により、レーンあたり 25 Gbps(公称)の波長 4 つを使用して 100 Gbps の集約データ信号を伝送します。モジュールは、両端が CPAK-100G-ER4L モジュールで調整されたリンクで、より長い距離を経由するために使用できます。4 つの波長の光多重化および逆多重化は、モジュール内で管理されます。

図 3 Cisco CPAK 100GBASE-ER4 Lite モジュール

図 3 Cisco CPAK 100GBASE-ER4 Lite モジュール


Cisco CPAK 10x10GBASE-LR モジュール


Cisco CPAK 10x10G-LR モジュール(図 4)は、リボン SMF とデュプレックス SMF のブレークアウト ケーブルを併用して 10 X 10 Gb モードで使用すると、10 個の 10GBASE-LR 光インターフェイスとの接続が可能になります。標準 SMF、G.652 経由で最大 10 km のリンク長をサポートします。モジュールは、MPO/MTP コネクタで終端された 24 本の光ファイバ リボン ケーブル経由で 100 Gbps リンクを提供します。

図 4 Cisco CPAK 10X 10GBASE-LR モジュール

図 4 Cisco CPAK 10X 10GBASE-LR モジュール


Cisco CPAK 100GBASE-SR10 モジュール


Cisco CPAK 100GBASE-SR10 モジュール(図 5)は、MPO/MTP コネクタで終端された 24 本の光ファイバ リボン ケーブル経由で 100 Gbps リンクを提供します。また、リボン ファイバとデュプレックス ファイバのブレークアウト ケーブルを併用して 10 X 10 Gb モードで使用すると、10 個の 10GBASE-SR 光インターフェイスとの接続が可能になります。レーザーに最適化された OM3 と OM4 マルチファイバ ケーブルでは、それぞれ、100 m と 150 m のリンク長をサポートします。

図 5 Cisco CPAK 100GBASE-SR10 モジュール

図 5 Cisco CPAK 100GBASE-SR10 モジュール


プラットフォームのサポート


Cisco CPAK モジュールは、シスコのハイエンドのスイッチ、ルータ、および転送機器でサポートされています。

  • ASR 9000 シリーズ ルータ
  • Cisco CRS-X キャリア ルーティング システム
  • NCS 2000、4000、および 6000 シリーズ ルータ
  • Nexus 7000 および 7700 シリーズ スイッチ
  • Cisco ONS 転送プラットフォーム

コネクタおよびケーブル:

  • デュアル SC/PC コネクタ(Cisco CPAK 100GBASE-LR4 & Cisco CPAK 100GBASE-ER4 Lite モジュール)
  • 24 ファイバ MPO/MTP コネクタ(Cisco CPAK 100GBASE-SR10 モジュールにはメス型の MPO/MTP-24 コネクタを接続)
  • 24 ファイバ MPO/MTP コネクタ(Cisco CPAK 10x10G-LR モジュールにはメス型の MPO/MTP-24 コネクタを接続)

注: サポートされるのは、PC または UPC コネクタ付きのパッチ コードの接続のみです (APC コネクタ付きのパッチ コードはサポートされていません)。使用されているすべてのケーブルとケーブル アセンブリが「適合標準規格」セクションに指定された標準に準拠している必要があります

互換性の詳細については、Cisco 100 ギガビット イーサネット トランシーバ モジュールの互換性マトリクス [英語] を参照してください。

製品仕様


表 2 と 3 は、Cisco CPAK ポートのケーブル配線とモジュールの仕様を示しています。

表 2 Cisco CPAK ポートのケーブル配線仕様

Cisco CPAK モジュール 波長(nm) ケーブル タイプ コア サイズ(ミクロン) モーダル帯域幅(MHz*km)*** ケーブル長*
Cisco CPAK 100GBASE-LR4 1310 SMF デュプレックス 9 ミクロン コア
SMF(G.652)
- 10 km
Cisco CPAK 100GBASE-ER4Lite 1310 SMF デュプレックス 9 ミクロン コア
SMF(G.652)
- 25 km
Cisco CPAK 10x10G-LR 1310 SMF(24 ファイバ) 9 ミクロン コア
SMF(G.652)
- 10 km
Cisco CPAK 100GBASE-SR10 850 MMF(24 ファイバ) 50.0
50.0
2000(OM3)
4700(OM4)
100m
150m**


* 最小ケーブル長:LR4 モジュールは 2 m(IEEE 802.3ba に基づく)
** 設計上コネクタに割り当てられる最大 1 dB のリンクとスプライス損失を考慮
*** 伝送波長で指定される

表 3 は、Cisco CPAK 100GBASE モジュールの主な光特性と仕様を示しています。

表 3 送信および受信の光仕様

モジュール タイプ 送信パワー(dBm)* 受信パワー(dBm)* 送信および受信中心波長範囲(nm)
最大 最小 最大 最小
Cisco CPAK 100GBASE-LR4 100GBASE-LR4
1310 nm SMF
レーンあたり 4.5 レーンあたり -4.3 レーンあたり 4.5 レーンあたり -10.6 4 つのレーン:
1294.53 〜 1296.59
1299.02 〜 1301.09
1303.54 〜 1305.63
1308.09 〜 1310.19
Cisco CPAK 100GBASE-ER4Lite 100GBASE-LR4
1310 nm SMF
レーンあたり 2.9 レーンあたり -2.9 レーンあたり 4.5 レーンあたり -16** 4 つのレーン:
1294.53 〜 1296.59
1299.02 〜 1301.09
1303.54 〜 1305.63
1308.09 〜 1310.19
Cisco CPAK 10x10GBASE-LR 1310 nm SMF レーンあたり 0.5 レーンあたり -8.2 レーンあたり 0.5 レーンあたり -14.4 10 のレーン 1260 〜 1355 nm
Cisco CPAK 100GBASE-SR10 100GBASE-SR10
850 nm MMF
レーンあたり -1.0 レーンあたり -7.6 レーンあたり 2.4 レーンあたり -9.5 10 のレーン:850 〜 860 nm


* 別途明記されていない限り、送受信のパワーは平均値です。
** レシーバの感度は IEEE 100GBASE-ER4 仕様を完全に満たしていません。このモジュールの用途は、両端が Cisco CPAK モジュールであるリンクで、25 km 未満のリンクを対象にしています。

寸法

Cisco CPAK モジュールの最大外形寸法(高さ X 幅 X 奥行):
11.6 X 34.8 X 101.2 mm(0.46 X 1.37 X 3.98 インチ)

通常の重量は約 127 g(4.48 オンス)です。

環境条件と所要電力

  • 保管温度範囲:-40 〜 85 °C(-40 〜 185 °F)
  • 動作温度範囲:0 〜 70 °C(32 〜 158 °F)
  • Cisco CPAK 100GBASE-LR4 消費電力(70 °C):最大 6.75 W 未満
  • Cisco CPAK 100GBASE-ER4L 消費電力(70 °C):最大 7.5 W 未満
  • Cisco CPAK 10x 10GBASE-LR 消費電力(70 °C):最大 4.5W 未満
  • Cisco CPAK 100GBASE-SR10 消費電力(70 °C):最大 4.5 W 未満

発注情報


表 4 Cisco CPAK モジュールと関連ケーブルの発注情報を示します。

表 4 発注情報

説明 製品番号
SMF 用 100GBASE-LR4 Cisco CPAK モジュール CPAK-100G-LR4
SMF 用 100GBASE-ER4Lite Cisco CPAK モジュール CPAK-100G-ER4L
SMF 用 10x10G-LR Cisco CPAK モジュール CPAK-100G-10x10G-LR
MMF 用 100GBASE-SR10 Cisco CPAK モジュール CPAK-100G-SR10


保証


  • 標準保証:90 日
  • 延長保証(オプション):Cisco CPAK モジュールは、シスコのスイッチやルータ シャーシ向けの Cisco SMARTnet® Service サポート契約の保証対象

適合標準規格


規格:

  • GR-20-CORE:光ファイバと光ファイバ ケーブルの一般的要件
  • GR-326-CORE:シングル モード光コネクタとジャンパ アセンブリの一般的要件
  • GR-1435-CORE:マルチファイバ光コネクタの一般的要件
  • IEEE 802.3ba(LR4、ER4、10GBASE-LR、SR10)
  • 有害物質の使用規制(ROHS)6 に準拠

安全性:

  • レーザー クラス 1 21CFR-1040 LN50 7/2001
  • レーザー クラス 1 IEC60825-1

次の手順


Cisco CPAK 100GBASE スイッチおよびルータ モジュールの詳細については、販売担当者にお問い合わせください。または、http://www.cisco.com/jp/go/dcnm/ をご覧ください。