Cisco Prime Infrastructure

Cisco Prime Infrastructure 2.0 オーダーおよびライセンス ガイド

オーダーガイド





Cisco Prime Infrastructure 2.0 オーダーおよびライセンス ガイド



概要


Cisco Prime Infrastructure™ は、シスコのルータ、スイッチ、ワイヤレス デバイスのライフサイクルを総合管理し、エンドユーザ接続とアプリケーション パフォーマンスを高度に可視化できる単一の統合ソリューションです。

本ガイドでは、Cisco Prime Infrastructure 2.0 のオーダーおよびライセンス情報について説明します。本ガイドは、新規のお客様と、Cisco Prime Infrastructure 2.0 にアップグレードする Cisco Prime Infrastructure 1.x、Cisco Prime Network Control System(NCS)、Cisco® Wireless Control System(WCS)、または Cisco Prime LAN Management Solution(LMS)の既存のお客様を対象としています。

Cisco Prime Infrastructure 2.0 には、Cisco Prime Infrastructure に切り替える準備ができていないお客様のために、Cisco Prime LAN Management Solution 4.2 を使用するためのソフトウェアとライセンスが付属しています。

提供開始日


Cisco Prime Infrastructure 2.0 は 2013 年 9 月にオーダー可能になりました。

Cisco Prime Infrastructure 2.0 は Cisco Commerce Workspace を使用してオーダーいただけます。Cisco Commerce Workspace は、全ビジネス トランザクションのエンドツーエンドのシングル ワークスペースとして、案件の登録のほか、シスコの製品やソフトウェア、サービスの見積、構成、価格設定、オーダーに使用されます。http://www.cisco.com/web/JP/ordering/index.html を参照してください。オーダーに関してご不明な点は、シスコ代理店(http://www.cisco.com/go/customerservice/)までお問い合わせください。

保証範囲とテクニカル サービスのオプション


Cisco Prime Infrastructure 2.0 には、シスコによる 90 日間のソフトウェア保証が付いています。また、メンテナンス リリース、マイナー アップデートやメジャー リリース アップデート、オンライン リソース、Technical Assistance Center(TAC)のサポート サービスなど、保証に含まれないサービスも利用できるサポート契約をオプションでご購入いただけます。

シスコの保証の詳細については、http://www.cisco.com/go/warranty/ をご覧ください。

Cisco Prime Infrastructure 1.x では、Software Application Support plus Upgrade(SASU)がオプションで提供されています。Cisco Prime Infrastructure 2.0 には、Essential Operate Service(ESW)と、Cisco Prime Product Assured Software Subscription という新しいサポート契約がオプションで提供されます。ESW は SAS と同等で、Cisco TAC サポート、ソフトウェア パッチ、マイナー リリース アップグレードにアクセスできます。Cisco Prime Product Assured Software Subscription は、SASU の「U」の部分をカバーしており、規定された契約期間中のメジャー リリース アップグレードの権限を付与します。Cisco Prime Product Assured Software Subscription の契約期間は、1 年間、2 年間、3 年間、5 年間です。サポートを購入しないこともできますし、ESW 単独でのご購入や、ESW と Cisco Prime Product Assured Software Subscription を併せてご購入いただくことも可能です。Cisco Prime Product Assured Software Subscription は、ESW なしではご購入いただけません。

Cisco Prime Product Assured Software Subscription についてよく寄せられる質問(FAQ)の詳細は、
http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/netmgt/prime_infra/index.html の [Data Sheets and Literature] > [Q&A] を参照してください。

シスコのテクニカル サービスについては、http://www.cisco.com/jp/go/tss/ を参照してください。

Cisco Prime Infrastructure のライセンス タイプ


Cisco Prime Infrastructure には、次のようなライセンス タイプがあります。

ベース ライセンス:Cisco Prime Infrastructure 管理ノード(物理または仮想アプライアンス)を使用できます。ベース ライセンスは各管理ノードに 1 つ必要で、Cisco Prime Infrastructure のライフサイクル ライセンスおよびアシュアランス ライセンス追加時の前提条件となります。

ライフサイクル ライセンス:ライフサイクル機能セットを使用できます。この機能セットには、デバイス構成管理、ソフトウェア イメージ管理、健全性とパフォーマンスの基本的なモニタリング、障害管理、トラブルシューティング、ネットワーク クライアントの可視化が含まれます。ライフサイクル ライセンスは、管理対象デバイス数に基づいて決定します。ライフサイクル ライセンスは、25、50、100、500、1000、2500、5000、10,000、15,000 デバイスのバンドル サイズで提供され、必要な合計ライセンス数に応じて組み合わせて使用できます。

デバイスは、割り当てられた IP アドレスとシステム オブジェクト識別子(SysOid)の組み合わせによって一意に識別されます。ルータ、スイッチ、Lightweight/Unified アクセス ポイント、Cisco Prime Network Analysis Module(NAM)は、このライセンスに対してカウントされます。スイッチ スタックが 1 つの IP アドレスで管理されている場合は、1 つのデバイスとしてカウントされます。一方、1 台のシャーシが複数の IP アドレスを使って構成されている場合は、複数のデバイスとしてカウントされます。たとえば、ファイアウォールなど、複数のサービス カードを持つスイッチや、スタックを構成している各スイッチに IP アドレスが割り当てられたスタッカブル スイッチは、Cisco Prime Infrastructure 内では複数のデバイスとして扱われます。Cisco Wireless LAN Controllers(WLC)、自律アクセス ポイント、他社製デバイスは、ライセンスとしてカウントされません。

アシュアランス ライセンス:アシュアランス機能セットを使用できます。この機能セットは、ネットワーク上のアプリケーションおよびサービス パフォーマンスのエンドツーエンドの可視化を実現して、高品質のエンドユーザ体感品質を保証します。アシュアランス機能セットにはさらに、複数のシスコ ネットワーク分析モジュール(NAM)間でデータとビューを管理および集約する機能も含まれています。アシュアランス ライセンスは、ライフサイクル ライセンスと同じバンドルサイズ(25、50、100、500、1000、2500、5000、10,000、15,000 デバイス)で使用できます。

NetFlow 機能が有効なルータやスイッチは、アシュアランス ライセンスを消費します。WLC にアソシエートし、Application Visibility and Control(AVC)機能が有効になっているアクセス ポイントは、アシュアランス ライセンスを消費します。NAM のデータ収集が有効になっている場合は、アシュアランス ライセンスを消費します。

コレクタ ライセンス:Cisco Prime Infrastructure 管理ノードの 1 秒あたりの NetFlow 処理フロー制限を 20,000 から 80,000 フローに増強します。このライセンスはアシュアランス ライセンスと組み合わせて使用します。

プラグ & プレイ ゲートウェイ Right to Use(RTU):プラグ & プレイ機能用に独立したゲートウェイを導入し、新しいデバイスからゲートウェイにコールして、構成とソフトウェア イメージを受信できるようにします。プラグ & プレイ RTU は、導入するゲートウェイ インスタンスの数に基づいて決定します。現在のところ、1 つの Cisco Prime Infrastructure インスタンスにつき 1 つのゲートウェイしか導入できません。

ハイ アベイラビリティ(HA)RTU:Cisco Prime Infrastructure をハイ アベイラビリティ構成(プライマリ インスタンス 1 個、セカンダリ インスタンス 1 個の HA ペア)として導入する場合は、HA RTU が必要です。プライマリ インスタンスには、通常ライセンス 1 セット(ベース ライセンスやライフサイクル ライセンスなど)のみをご購入いただくだけで済みます。ハイ アベイラビリティ RTU が必要になるのは、新規に Cisco Prime Infrastructure 2.x を導入する場合のみです。NCS または Cisco Prime Infrastructure 1.x でハイ アベイラビリティ機能をすでに使用しており、Cisco Prime Infrastructure 2.x にアップグレードする場合は、ハイ アベイラビリティ RTU を購入する必要はありません。

コンプライアンス ライセンス:政府や業界の一般的な適合規格に基づいたコンプライアンス(法令遵守)レポートを使用できます。現在サポートされている規格は、PCI、HIPAA、CIS、DHS、DISA、NSA、SANS、SOX、ISO17799、および Cisco SAFE です。コンプライアンス ライセンスは、管理対象デバイスの数に基づいて決定します。コンプライアンス ライセンスは、25、50、100、500、1000、2500、5000、10,000 デバイスのバンドル サイズで提供され、必要な合計ライセンス数に応じて組み合わせて使用できます。コンプライアンス ライセンスを使用するには、ライフサイクル ライセンスの購入が前提条件となります。コンプライアンス レポートを実行できるデバイスの数は、コンプライアンス ライセンスの数に基づいて制限されます。注:このライセンス タイプは、現在、Cisco Prime Infrastructure 2.0 バンドルに含まれている Cisco Prime LAN Management Solution 4.2 のみで使用されています。Cisco Prime Infrastructure におけるコンプライアンス機能は、Cisco Prime Infrastructure の今後のリリースに搭載される予定です。

図 1 を参照してください。

図 1 Cisco Prime Infrastructure のライセンス タイプと依存関係

図 1 Cisco Prime Infrastructure のライセンス タイプと依存関係popup_icon


サービス プロバイダーの特殊ケース向けに、Cisco Prime Infrastructure にはさらに 3 つのライセンス タイプがあります。

マルチカスタマー RTU:Cisco Prime Infrastructure で複数のお客様を管理する場合は、管理対象のお客様ごとにこの RTU が 1 つ必要になります。

ベース - サービス プロバイダー:通常のベース ライセンスの代わりとなる、サービス プロバイダー向けの特別ベース ライセンスです。ペーパー ライセンスが送付され、ライセンス ファイル自体はシスコのアカウント チームやパートナーを介して手動で提供されます。

ライフサイクル - サービス プロバイダー:通常のライフサイクル ライセンスの代わりとなる、サービス プロバイダー向けの特別ライフサイクル ライセンスです。サービス プロバイダーのライフサイクル ライセンスでは、1 つのデバイス ライセンスが提供されます。ペーパー ライセンスが送付され、ライセンス ファイル自体はシスコのアカウント チームやパートナーを介して手動で提供されます。

ライセンス ノードのロック


Cisco Prime Infrastructure ライセンスは、物理アプライアンスでは Unique Device Identifier(UDI)、仮想アプライアンスでは Virtual Unique Device Identifier(VUDI)に基づいて、特定の Cisco Prime Infrastructure インスタンスに固定されます。この識別子を検索するには、Cisco Prime Infrastructure のユーザ インターフェイスで [Administration] > [Licenses] を選択します。または、物理アプライアンスでコマンドライン インターフェイス(CLI)を使用している場合は、show udi コマンドを使用します。この識別子は、製品 ID とシリアル番号の 2 つの要素で構成されています。Cisco Prime Infrastructure ライセンスを申請する場合は、ご使用の Cisco Prime Infrastructure インスタンスの製品 ID とシリアル番号の提示を求められます。

ライセンスは必要に応じてリホストすることができます。詳細については、licensing@cisco.com まで E メールにて英語でお問い合わせください。

電子配布(eDelivery)


Cisco Prime Infrastructure のソフトウェアとランセンスは、電子配布(eDelivery)されます。Cisco Prime Infrastructure の全ソフトウェアおよびライセンス権利証明書のダウンロード方法と場所を示す E メールが送信されます。

新規のお客様向けオーダー情報


Cisco Prime Infrastructure 1.x、Cisco Prime NCS、Cisco WCS、または Cisco Prime LMS をお持ちでない新規のお客様は、次の手順に従ってください。この手順は、すでに Cisco Prime Infrastructure 2.0 を所有していて、ライセンス数を増やしたいお客様もご使用になれます。その場合は、ベース ライセンスをもう 1 つ購入する必要はありません。

  1. Cisco Commerce Workspace を使用する場合は、トップレベル製品番号 R-PI2X-K9 を入力します。
  2. ベース ライセンス 1 つと Cisco Prime Infrastructure 2.0 ソフトウェアをオーダーします。機能ライセンスを追加する前に、ベース ライセンスを 1 つオーダーする必要があります。表 1 の「ソフトウェアおよびベース ライセンス オプション」を参照してください。
  3. 必要に応じて、ライフサイクル ライセンスをいくつか組み合わせてオーダーします。表 1 の「ライフサイクル ライセンス オプション」を参照してください。
  4. 必要に応じてアシュアランス ライセンスをいくつか組み合わせてオーダーします。ライフサイクル ライセンスの数は、アシュアランス ライセンスの数と同じか、それ以上である必要があります。表 1 の「アシュアランス ライセンス オプション」を参照してください。
  5. NetFlow 処理要件が 1 秒あたり 20,000 フローを超える場合は、コレクタ ライセンスをオーダーしてください。
  6. プラグ & プレイ機能用に独立したゲートウェイを導入する必要がある場合は、プラグ & プレイ Gateway RTU を 1 つオーダーします。
  7. Cisco Prime Infrastructure をハイ アベイラビリティ構成(プライマリ インスタンス 1 個、セカンダリ インスタンス 1 個の HA ペア)にて導入する場合は、ハイ アベイラビリティ RTU をオーダーします。
  8. Cisco Prime LAN Management Solution 4.2 を使用していて、コンプライアンス管理機能が必要な場合は、コンプライアンス レポートを実行したいデバイスをカバーする数のコンプライアンス ライセンスをオーダーします。
  9. 必要な導入オプションが仮想アプライアンスではなく物理アプライアンスである場合は、物理アプライアンスを購入します。表 2 を参照してください。
  10. オーダーに必要な製品番号を選択すると、Cisco Commerce Workspace で該当する ESW と Cisco Prime Product Assured Software Subscription の製品番号をオーダーできるようになります。

表 1 Cisco Prime Infrastructure 2.0 の製品番号

製品番号 説明
R-PI2X-K9 Cisco Prime Infrastructure 2.x
ソフトウェアおよびベース ライセンス オプション
R-PI20-SW-K9 Cisco Prime Infrastructure 2.0 ソフトウェア
L-PI2X-BASE Cisco Prime Infrastructure 2.x ベース ライセンス
ライフサイクル ライセンス オプション
L-PI2X-LF-25 Cisco Prime Infrastructure 2.x ライフサイクル 25 デバイス ライセンス
L-PI2X-LF-50 Cisco Prime Infrastructure 2.x ライフサイクル 50 デバイス ライセンス
L-PI2X-LF-100 Cisco Prime Infrastructure 2.x ライフサイクル 100 デバイス ライセンス
L-PI2X-LF-500 Cisco Prime Infrastructure 2.x ライフサイクル 500 デバイス ライセンス
L-PI2X-LF-1K Cisco Prime Infrastructure 2.x ライフサイクル 1000 デバイス ライセンス
L-PI2X-LF-2.5K Cisco Prime Infrastructure 2.x ライフサイクル 2500 デバイス ライセンス
L-PI2X-LF-5K Cisco Prime Infrastructure 2.x ライフサイクル 5000 デバイス ライセンス
L-PI2X-LF-10K Cisco Prime Infrastructure 2.x ライフサイクル 10,000 デバイス ライセンス
L-PI2X-LF-15K Cisco Prime Infrastructure 2.x ライフサイクル 15,000 デバイス ライセンス
アシュアランス ライセンス オプション
L-PI2X-AS-25 Cisco Prime Infrastructure 2.x アシュアランス 25 デバイス ライセンス
L-PI2X-AS-50 Cisco Prime Infrastructure 2.x アシュアランス 50 デバイス ライセンス
L-PI2X-AS-100 Cisco Prime Infrastructure 2.x アシュアランス 100 デバイス ライセンス
L-PI2X-AS-500 Cisco Prime Infrastructure 2.x アシュアランス 500 デバイス ライセンス
L-PI2X-AS-1K Cisco Prime Infrastructure 2.x アシュアランス 1000 デバイス ライセンス
L-PI2X-AS-2.5K Cisco Prime Infrastructure 2.x アシュアランス 2500 デバイス ライセンス
L-PI2X-AS-5K Cisco Prime Infrastructure 2.x アシュアランス 5000 デバイス ライセンス
L-PI2X-AS-10K Cisco Prime Infrastructure 2.x アシュアランス 10,000 デバイス ライセンス
L-PI2X-AS-15K Cisco Prime Infrastructure 2.x アシュアランス 15,000 デバイス ライセンス
オプション
L-PI2X-GW Cisco Prime Infrastructure 2.x - プラグ & プレイ ゲートウェイ RTU
L-PI2X-CL Cisco Prime Infrastructure 2.x コレクタ ライセンス
L-PI2X-MSP-1 Cisco Prime Infrastructure 2.x マルチカスタマー 1 カスタマー RTU
L-PI2X-HA Cisco Prime Infrastructure 2.x ハイ アベイラビリティ RTU
コンプライアンス ライセンス オプション*
L-PI2X-CM-25 Cisco Prime Infrastructure 2.x コンプライアンス 25 デバイス ライセンス
L-PI2X-CM-50 Cisco Prime Infrastructure 2.x コンプライアンス 50 デバイス ライセンス
L-PI2X-CM-100 Cisco Prime Infrastructure 2.x コンプライアンス 100 デバイス ライセンス
L-PI2X-CM-500 Cisco Prime Infrastructure 2.x コンプライアンス 500 デバイス ライセンス
L-PI2X-CM-1K Cisco Prime Infrastructure 2.x コンプライアンス 1000 デバイス ライセンス
L-PI2X-CM-2.5K Cisco Prime Infrastructure 2.x コンプライアンス 2500 デバイス ライセンス
L-PI2X-CM-5K Cisco Prime Infrastructure 2.x コンプライアンス 5000 デバイス ライセンス
L-PI2X-CM-10K Cisco Prime Infrastructure 2.x コンプライアンス 10,000 デバイス ライセンス


* コンプライアンス ライセンスは、現在、Cisco Prime LAN Management Solution 4.2 のみで使用されています。Cisco Prime Infrastructure におけるコンプライアンス機能は、Cisco Prime Infrastructure の今後のリリースに搭載される予定です。

表 2 Cisco Prime アプライアンス

製品番号 説明
PRIME-NCS-APL-K9 Cisco Prime アプライアンス
AIR-SRVR-300GB-HD= 現場交換可能 300 GB ハード ディスク ドライブ
AIR-SRVR-PWR= 現場交換可能パワーサプライ
AIR-SRVR-URMK= 汎用ラック マウント レール キット


サービス プロバイダーのお客様は、表 3 に示した製品番号を使用して、オプションでベース ライセンスとライフサイクル ライセンスをオーダーできます。

表 3 Cisco Prime Infrastructure 2.0 製品番号 サービス プロバイダーのお客様のみ

製品番号 説明
R-PI2X-SP-K9 Cisco Prime Infrastructure 2.x サービス プロバイダー
オプション
R-PI20-SW-K9 Cisco Prime Infrastructure 2.0 ソフトウェア
L-PI2X-BASE-SP-K9 Cisco Prime Infrastructure 2.x ベース RTU およびソフトウェア サービス プロバイダー
L-PI2X-LF-1-SP Cisco Prime Infrastructure 2.x ライフサイクル 1 デバイス RTU サービス プロバイダー


Cisco Prime Infrastructure 1.x の既存のお客様向けオーダー情報


Cisco Prime Infrastructure 1.x の有効な SASU サービス契約をお持ちのお客様は、アップグレードのための購入やオーダーは一切必要ありません。Cisco.com から最新の Cisco Prime Infrastructure 2.0 ソフトウェアをダウンロードするだけで、アップグレードできます。

既存の Cisco Prime Infrastructure 1.x バンドルの合計ライセンス数を確認し、表 4 に示されている Cisco Prime Infrastructure メジャー リリース アップグレードのライセンスを同じ数だけオーダーします。Cisco Commerce Workspace を使用する場合は、トップレベル製品番号 R-P-PI2X-U-K9 を入力してオプションにアクセスします。アップグレード製品番号は 2 セットあり、どちらか 1 セットのみ選択可能です。最初のセットは Cisco Prime Product Assured Software Subscription がオプションでオーダー可能で、1 年間または 2 年間の Cisco Prime Product Assured Software Subscription を選択できます。もう一つのセットは最初のセットよりも安価ですが、3 年間または 5 年間の Cisco Prime Product Assured Software Subscription 契約が必須です。

表 4 Cisco Prime Infrastructure 1.x の既存のお客様用 Cisco Prime Infrastructure 2.0 メジャー リリース アップグレードの製品番号

製品番号 説明
R-P-PI2X-U-K9 Cisco Prime Infrastructure 1.x から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのアップグレード
ソフトウェア
R-PI20-SW-K9 Cisco Prime Infrastructure 2.0 ソフトウェア
ライセンス(Cisco Prime Product Assured Software Subscription オプション、1 年または 2 年契約)
L-PI2X-LF-25-U Cisco Prime Infrastructure 1.x から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 25 デバイス
L-PI2X-LF-50-U Cisco Prime Infrastructure 1.x から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 50 デバイス
L-PI2X-LF-100-U Cisco Prime Infrastructure 1.x から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 100 デバイス
L-PI2X-LF-500-U Cisco Prime Infrastructure 1.x から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 500 デバイス
L-PI2X-LF-1K-U Cisco Prime Infrastructure 1.x から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 1000 デバイス
L-PI2X-LF-2.5K-U Cisco Prime Infrastructure 1.x から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 2500 デバイス
L-PI2X-LF-5K-U Cisco Prime Infrastructure 1.x から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 5000 デバイス
L-PI2X-LF-10K-U Cisco Prime Infrastructure 1.x から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 10,000 デバイス
ライセンス(Cisco Prime Product Assured Software Subscription 、3 年または 5 年契約が必須)
L-PI2X-LF-25-UP Cisco Prime Infrastructure 1.x から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 25 デバイス
L-PI2X-LF-50-UP Cisco Prime Infrastructure 1.x から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 50 デバイス
L-PI2X-LF-100-UP Cisco Prime Infrastructure 1.x から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 100 デバイス
L-PI2X-LF-500-UP Cisco Prime Infrastructure 1.x から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 500 デバイス
L-PI2X-LF-1K-UP Cisco Prime Infrastructure 1.x から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 1000 デバイス
L-PI2X-LF-2.5K-UP Cisco Prime Infrastructure 1.x から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 2500 デバイス
L-PI2X-LF-5K-UP Cisco Prime Infrastructure 1.x から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 5000 デバイス
L-PI2X-LF-10K-UP Cisco Prime Infrastructure 1.x から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 10,000 デバイス


1.x アシュアランス ライセンスのアップグレード


Cisco Prime Assurance Manger ライセンスまたは Cisco Prime Infrastructure 1.x アシュアランス インターフェイス ベース ライセンスをお持ちの場合は、代わりとなる Cisco Prime Infrastructure 2.x アシュアランス デバイス ベース ライセンスをリクエストできます。ライセンスの交換は 1 対 1 で行われ、インターフェイス ベースのアシュアランス ライセンスがデバイス ベースのアシュアランス ライセンスと交換されます。100 以上のアシュアランス ライセンスをお持ちの場合は、コレクタ ライセンスを受け取ることもできます。
ask-prime-infrastructure@cisco.com にリクエストを送信してください。送信の際には、既存のライセンス ファイル、製品認証キー、SO 番号、Cisco Prime Infrastructure 2.x システムの VUDI をお知らせください。

Cisco LMS の既存のお客様向けオーダー情報


Cisco Prime LMS 4.0 または 4.1 の有効な SAS 契約がある場合は、Product Upgrade Tool を使用して Cisco Prime Infrastructure 2.0 を無償でオーダーできます。詳細については、http://www.cisco.com/upgrade/ を参照してください。それ以外の場合は、既存の Cisco LMS 製品(バージョン 4.1 以前)の合計ライセンス数を確認し、表 5 に示された Cisco Prime Infrastructure メジャー リリース アップグレードのライセンスを同じ数だけオーダーします。Cisco Commerce Workspace を使用する場合は、トップレベル製品番号 R-L-PI2X-U-K9 を入力してオプションにアクセスします。アップグレード製品番号は 2 セットあり、どちらか 1 セットのみ選択可能です。最初のセットはCisco Prime Product Assured Software Subscription がオプションでオーダー可能で、1 年間または 2 年間の Cisco Prime Product Assured Software Subscription を選択できます。もう一つのセットは最初のセットよりも安価ですが、3 年間または 5 年間の Cisco Prime Product Assured Software Subscription 契約が必須です。

必要な導入オプションが仮想アプライアンスではなく物理アプライアンスである場合は、物理アプライアンスを購入します。表 2 を参照してください。

表 5 Cisco LMS の既存のお客様用 Cisco Prime Infrastructure 2.0 のメジャー リリース アップグレード製品番号

製品番号 説明
R-L-PI2X-U-K9 LMS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのアップグレード
ソフトウェアおよびベース ライセンス オプション
R-PI20-SW-K9 Cisco Prime Infrastructure 2.0 ソフトウェア
L-PI2X-BASE Cisco Prime Infrastructure 2.x ベース ライセンス
ライセンス(Cisco Prime Product Assured Software Subscription オプション、1 年または 2 年契約)
L-L-PI2X-50-U LMS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 50 デバイス
L-L-PI2X-100-U LMS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 100 デバイス
L-L-PI2X-300-U LMS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 300 デバイス
L-L-PI2X-500-U LMS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 500 デバイス
L-L-PI2X-750-U LMS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 750 デバイス
L-L-PI2X-1K-U LMS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 1000 デバイス
L-L-PI2X-1.5K-U LMS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 1500 デバイス
L-L-PI2X-2.5K-U LMS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード:2500 デバイス
L-L-PI2X-5K-U LMS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード:5000 デバイス
L-L-PI2X-10K-U LMS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード:10,000 デバイス
ライセンス(Cisco Prime Product Assured Software Subscription 、3 年または 5 年契約が必須)
L-L-PI2X-50-UP LMS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 50 デバイス
L-L-PI2X-100-UP LMS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 100 デバイス
L-L-PI2X-300-UP LMS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 300 デバイス
L-L-PI2X-500-UP LMS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 500 デバイス
L-L-PI2X-750-UP LMS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 750 デバイス
L-L-PI2X-1K-UP LMS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 1000 デバイス
L-L-PI2X-1.5K-UP LMS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 1500 デバイス
L-L-PI2X-2.5K-UP LMS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 2500 デバイス
L-L-PI2X-5K-UP LMS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 5000 デバイス
L-L-PI2X-10K-UP LMS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 10,000 デバイス


Cisco Prime NCS 1.0 の既存のお客様向けオーダー情報


Cisco Prime NCS 1.0 の有効な SASU サービス契約をお持ちで、LMS の使用にご関心がない場合は、アップグレードのためのオーダーは一切必要ありません。Cisco.com から必要なソフトウェアをダウンロードして、Cisco Prime Infrastructure 2.0 にアップグレードできます。LMS の使用にご関心がある方は、Product Upgrade Tool を使用して、Cisco Prime Infrastructure 2.0 へのアップグレードをオーダーしてください。詳細については、
http://www.cisco.com/upgrade/ を参照してください。

有効なサービス契約をお持ちでない場合は、既存の Cisco Prime NCS 1.0 製品の合計ライセンス数を確認し、表 6 に示された Cisco Prime Infrastructure メジャー リリース アップグレードのライセンスを同じ数だけオーダーします。Cisco Commerce Workspace を使用する場合は、トップレベル製品番号 R-N-PI2X-U-K9 を入力してオプションにアクセスします。アップグレード製品番号は 2 セットあり、どちらか 1 セットのみ選択可能です。最初のセットは Cisco Prime Product Assured Software Subscription がオプションでオーダー可能で、1 年間または 2 年間の Cisco Prime Product Assured Software Subscription を選択できます。もう一つのセットは最初のセットよりも安価ですが、3 年間または 5 年間の Cisco Prime Product Assured Software Subscription 契約が必須です。

必要な導入オプションが仮想アプライアンスではなく物理アプライアンスである場合は、物理アプライアンスを購入します。表 2 を参照してください。

表 6 NCS 1.0 の既存のお客様用 Cisco Prime Infrastructure 2.0 メジャー リリース アップグレード製品番号

製品番号 説明
R-N-PI2X-U-K9 NCS 1.0 から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのアップグレード
ソフトウェア
R-PI20-SW-K9 Cisco Prime Infrastructure 2.0 ソフトウェア
ライセンス(Cisco Prime Product Assured Software Subscription オプション、1 年または 2 年契約)
L-N-PI2X-50-U NCS 1.0 から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 50 デバイス
L-N-PI2X-100-U NCS 1.0 から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 100 デバイス
L-N-PI2X-500-U NCS 1.0 から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 500 デバイス
L-N-PI2X-1K-U NCS 1.0 から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 1000 デバイス
L-N-PI2X-2.5K-U NCS 1.0 から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 2500 デバイス
L-N-PI2X-5K-U NCS 1.0 から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 5000 デバイス
L-N-PI2X-10K-U NCS 1.0 から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 10,000 デバイス
ライセンス(Cisco Prime Product Assured Software Subscription 、3 年または 5 年契約が必須)
L-N-PI2X-50-UP NCS 1.0 から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 50 デバイス
L-N-PI2X-100-UP NCS 1.0 から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 100 デバイス
L-N-PI2X-500-UP NCS 1.0 から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 500 デバイス
L-N-PI2X-1K-UP NCS 1.0 から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 1000 デバイス
L-N-PI2X-2.5K-UP NCS 1.0 から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 2500 デバイス
L-N-PI2X-5K-UP NCS 1.0 から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 5000 デバイス
L-N-PI2X-10K-UP NCS 1.0 から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 10,000 デバイス


Cisco WCS の既存のお客様向けオーダー情報


Cisco WCS の有効な SASU 契約がある場合は、Product Upgrade Tool を使用して Prime Infrastructure 2.0 を無償でオーダーできます。詳細については、http://www.cisco.com/upgrade/ を参照してください。それ以外の場合は、既存の Cisco WCS 製品の合計ライセンス数を確認し、表 7 に示された Cisco Prime Infrastructure メジャー リリース アップグレードのライセンスを同じ数だけオーダーします。Cisco Commerce Workspace を使用する場合は、トップレベル製品番号 R-W-PI2X-U-K9 を入力してオプションにアクセスします。アップグレード製品番号は 2 セットあり、どちらか 1 セットのみ選択可能です。最初のセットは Cisco Prime Product Assured Software Subscription がオプションでオーダー可能で、1 年間または 2 年間の Cisco Prime Product Assured Software Subscription を選択できます。もう一つのセットは最初のセットよりも安価ですが、3 年間または 5 年間の Cisco Prime Product Assured Software Subscription 契約が必須です。

必要な導入オプションが仮想アプライアンスではなく物理アプライアンスである場合は、物理アプライアンスを購入します。表 2 を参照してください。

表 7 Cisco WCS の既存のお客様用 Cisco Prime Infrastructure 2.0 のメジャー リリース アップグレード製品番号

製品番号 説明
R-W-PI2X-U-K9 WCS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのアップグレード
ソフトウェアおよびベース ライセンス オプション
R-PI20-SW-K9 Cisco Prime Infrastructure 2.0 ソフトウェア
L-PI2X-BASE Cisco Prime Infrastructure 2.x ベース ライセンス
ライセンス(Cisco Prime Product Assured Software Subscription オプション、1 年または 2 年契約)
L-W-PI2X-50-U WCS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 50 デバイス
L-W-PI2X-100-U WCS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 100 デバイス
L-W-PI2X-500-U WCS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 500 デバイス
L-W-PI2X-1K-U WCS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 1000 デバイス
L-W-PI2X-2.5K-U WCS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 2500 デバイス
L-W-PI2X-5K-U WCS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 5000 デバイス
L-W-PI2X-10K-U WCS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 10,000 デバイス
ライセンス(Cisco Prime Product Assured Software Subscription 、3 年または 5 年契約が必須)
L-W-PI2X-50-UP WCS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 50 デバイス
L-W-PI2X-100-UP WCS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 100 デバイス
L-W-PI2X-500-UP WCS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 500 デバイス
L-W-PI2X-1K-UP WCS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 1000 デバイス
L-W-PI2X-2.5K-UP WCS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 2500 デバイス
L-W-PI2X-5K-UP WCS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 5000 デバイス
L-W-PI2X-10K-UP WCS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 10,000 デバイス


オーダー例


さまざまなシナリオに応じた Cisco Prime Infrastructure 2.0 のオーダー例を以下に示します。

例 1:新規のお客様が Cisco Prime Infrastructure 2.0 とライフサイクルを購入して、7000 デバイス(うち 500 台で NetFlow が有効)で構成されるネットワークを管理する必要がある場合。ESW と Cisco Prime Product Assured Software Subscription は未選択。次の製品番号と数量をオーダーする。

製品番号 説明 数量
R-PI2X-K9 Cisco Prime Infrastructure 2.x 1
ソフトウェアおよびベース ライセンス オプション
R-PI20-SW-K9 Cisco Prime Infrastructure 2.0 ソフトウェア 1
L-PI2X-BASE Cisco Prime Infrastructure 2.x ベース ライセンス 1
ライフサイクル ライセンス オプション
L-PI2X-LF-1K Cisco Prime Infrastructure 2.x ライフサイクル 1000 デバイス ライセンス 2
L-PI2X-LF-5K Cisco Prime Infrastructure 2.x ライフサイクル 5000 デバイス ライセンス 1
アシュアランス ライセンス オプション
L-PI2X-AS-500 Cisco Prime Infrastructure 2.x アシュアランス 500 デバイス ライセンス 1


例 2:お客様が現在 100 デバイスの LMS 3.2 ライセンスを所有しており、Cisco Prime Infrastructure 2.0(ESW および Cisco Prime Product Assured Software Subscription なし)にアップグレードしたい場合。次の製品番号と数量をオーダーする。

製品番号 説明 数量
R-L-PI2X-U-K9 LMS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのアップグレード 1
ソフトウェアおよびベース ライセンス オプション
R-PI20-SW-K9 Cisco Prime Infrastructure 2.0 ソフトウェア 1
L-PI2X-BASE Cisco Prime Infrastructure 2.x ベース ライセンス 1
ライセンス(Cisco Prime Product Assured Software Subscription オプション、1 年または 2 年契約)
L-L-PI2X-100-U LMS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 100 デバイス 1


例 3:お客様が現在 600 デバイスの LMS 1.0 ライセンスを所有しており、Cisco Prime Infrastructure 2.0(ESW および Cisco Prime Product Assured Software Subscription の 3 年オプションを使用)にアップグレードしたい場合。次の製品番号と数量をオーダーする。

製品番号 説明 数量
R-N-PI2X-U-K9 NCS 1.0 から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのアップグレード 1
ソフトウェア
R-PI20-SW-K9 Cisco Prime Infrastructure 2.0 ソフトウェア 1
ライセンス(Cisco Prime Product Assured Software Subscription 、3 年または 5 年契約が必須)
L-N-PI2X-LF-500-UP NCS 1.0 から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 500 デバイス 1
CON-ESW-PI2XLF5H
ESSENTIAL SW Cisco Prime Infrastructure 500 ライフサイクル ライセンス
期間:36 ヵ月
1
UCSS-UPIL-3-500 Cisco Prime Infrastructure ライフサイクル 500 PASS 3 年間 1
L-N-PI2X-LF-100-UP NCS 1.0 から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード PASS 100 デバイス 1
CON-ESW-PI2XLF1H
ESSENTIAL SW Cisco Prime Infrastructure 100 ライフサイクル ライセンス
期間:36 ヵ月
1
UCSS-UPIL-3-100 Cisco Prime Infrastructure ライフサイクル 100 PASS 3 年間 1


例 4:お客様が現在 400 デバイスの LMS 4.1 ライセンスと 150 デバイスの WCS 7.0 を所有しており、Cisco Prime Infrastructure 2.0(ESW および Cisco Prime Product Assured Software Subscription なし)にアップグレードしたい場合。次の製品番号と数量をオーダーする(R-L-PI2X-U-K9 および R-W-PI2X-U-K9 の 2 つのトップレベル製品番号を使用する必要がある)。

製品番号 説明  
Cisco LMS の既存のお客様用のアップグレード製品番号
R-L-PI2X-U-K9 LMS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのアップグレード 1
ソフトウェアおよびベース ライセンス オプション
R-PI20-SW-K9 Cisco Prime Infrastructure 2.0 ソフトウェア 1
L-PI2X-BASE Cisco Prime Infrastructure 2.x ベース ライセンス 1
ライセンス(Cisco Prime Product Assured Software Subscription オプション、1 年または 2 年契約)
L-L-PI2X-100-U LMS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 100 デバイス 1
L-L-PI2X-300-U LMS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 300 デバイス 1
Cisco WCS の既存のお客様用のアップグレード製品番号
R-W-PI2X-U-K9 WCS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのアップグレード 1
ライセンス(Cisco Prime Product Assured Software Subscription オプション、1 年または 2 年契約)
L-W-PI2X-50-U WCS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 50 デバイス 1
L-W-PI2X-100-U WCS から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 100 デバイス 1


注: お客様が Cisco Prime Infrastructure へのアップグレード パスが用意された製品を複数所有している場合は、各製品に適切なアップグレード製品番号を購入することにより、1 つの Cisco Prime Infrastructure に統合して使用できます。

例 5:お客様が現在 500 デバイスの NCS 1.0 ライセンスと有効な SASU 契約を所有しており、Cisco Prime Infrastructure 2.0 にアップグレードしたい場合。Product Upgrade Tool を使用してオーダーする。

製品番号 説明 数量
R-PI20-SW-K9= Cisco Prime Infrastructure 2.0 ソフトウェア 1
L-N-PI2X-500-U= NCS 1.0 から Cisco Prime Infrastructure 2.x へのライフサイクル アップグレード 500 デバイス 1


評価用ソフトウェアおよびライセンス


Cisco Prime Infrastructure 2.0 の評価用ソフトウェアは、Cisco Marketplace からダウンロードできます。詳細については、http://www.cisco.com/go/nmsevals/ を参照してください(要ログイン)。60 日間有効な 100 デバイスまでの評価ライセンスが組み込まれています。

要件に合わせた評価ライセンスが必要な場合は、ask-prime-infrastructure@cisco.com に英語でリクエストを送信してください。

Cisco Technical Assistance Center では、Cisco Prime の評価用ソフトウェアをサポートしていません。

関連情報


Cisco Prime Infrastructure の詳細については、
http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/netmgt/prime_infra/index.html を参照するか、
ask-prime-infrastructure@cisco.com(英語)まで E メールでお問い合わせください。