Cisco NAM 2000 シリーズ アプライアンス

Cisco Network Analysis Module 2200 シリーズ アプライアンス(ソフトウェア 5.0 を使用)

データ シート





Cisco Network Analysis Module 2200 シリーズ アプライアンス(ソフトウェア 5.0 を使用)



重要なのは「知ること」です。誰がネットワークを使用しているのか、どのアプリケーションがネットワーク上で動作しているのか、ネットワークがどのように機能しているのか、ネットワーク上のトラフィックがどのように使用されどのように機能しているかを知ることは、ビジネスに不可欠なアプリケーションの提供を管理し、改善するための基盤となります。Quality Of Service(QoS)ポリシーを確立および検証し、WAN 最適化プロジェクトに着手し、Voice over IP(VoIP)を展開するための基盤は、「知ること」です。また、設定変更により、気付かないうちにアプリケーション パフォーマンスが低下した場合にそれを検知するための基盤でもあり、ビジネス プランニング システムのパフォーマンス不良の原因がネットワークではなくアプリケーションであることを証明し、適切な対応が取れるようにするための基盤でもあります。


製品の概要


Cisco NAM 2200 シリーズ アプライアンスは、「知ること」を手助けします。これらのアプライアンスは、ネットワークとアプリケーションに対する比類のない可視性をもたらします。ユーザとクリティカルなアプリケーションの間のトラフィック フローを分析することで、ネットワークが厳しいビジネス要件を満たせるようにします。さらに、問題が発生した場合は、これらのアプライアンスによって問題を迅速に検出し、数日かかっていた問題解決までの時間をわずか数分に短縮することができます。

図 1 Cisco NAM トラフィック サマリー ダッシュボード

図 1 Cisco NAM トラフィック サマリー ダッシュボード
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon

Cisco NAM 製品ファミリである Cisco NAM 2200 シリーズ アプライアンスは、きめ細かなトラフィック分析、リッチ アプリケーション パフォーマンス メトリック、包括的な音声分析、深い洞察をもたらすパケット キャプチャを提供することで、シスコ ボーダレス ネットワークおよびシスコ データセンターを管理し、運用効率を高めることに役立ちます。これらのアプライアンスでは、ダッシュボードにグラフィカル ユーザ インターフェイス(GUI)(図 1)が組み込まれているため、ネットワークのパフォーマンスやワークフローを即座に把握できます。このため、問題の検出と解決を迅速に行うことができます。履歴データを保持する新しいパフォーマンス データベースも組み込まれているので、過去にネットワーク パフォーマンスを低下させたイベントが発生した際に何が起こったかを把握できます。これはすべてどこからでもリモート アクセスでき、ネットワークのパフォーマンスをいつでも知ることができます。

図 2 NAM 2220 および NAM 2204 アプライアンス

図 2 NAM 2220 および NAM 2204 アプライアンス
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon

シスコは、Cisco NAM 2220 アプライアンスと Cisco NAM 2204 アプライアンスの 2 つのアプライアンス モデル(図 2)を提供しています。Cisco NAM 2220 アプライアンスは、高速の高密度環境でのアプリケーション モニタリング用に 2 個の 10 ギガビット イーサネット モニタリング インターフェイスと 6 個の 146 GB Serial Attached SCSI(SAS)ハード ディスク ドライブ(RAID 設定)を備えています。Cisco NAM 2220 では、冗長電源を選択できます。アップタイムを長くするために、ハード ディスク ドライブと電源のどちらもホットスワップ可能になっています。Cisco NAM 2204 は、4 個の 1 ギガビット イーサネット モニタリング インターフェイスと 2 個の 250 GB Serial Advanced Technology Attachment(SATA)ハード ディスク ドライブを備えており、スケーラビリティに優れたマルチギガビット スイッチングおよびルーティング環境における、さまざまなパフォーマンス分析のニーズに応えることができます。

Cisco NAM アプライアンスは、どこにでも導入が可能です。これらのアプライアンスは、展開されているシスコのボーダレス ネットワーク同士を結び付ける役割を果たし、ネットワーク内の個別の場所の間や内部において、アプリケーションに対する可視性をもたらします。これらのアプライアンスをシスコ データセンター内に導入すると、物理、仮想の両環境でアプリケーションの安定的で効率的な提供が促進されます。

NAM ソフトウェア 5.0 の革新的な機能


NAM ソフトウェア 5.0 は、俊敏性をもたらします。ネットワークで何が起こっているのか、問題がどこに潜んでいるのかをすぐに知ることができます。NAM ソフトウェア 5.0 は、正しいデータを迅速に入手するための新たな拡張機能を提供します。アプリケーション パフォーマンスの低下に関するヘルプ デスクへの問い合わせに対応するためのデータ、Cisco Wide Area Application Services(WAAS)の導入前後のアプリケーション パフォーマンスを把握するためのデータ、御社の海外拠点の VoIP パフォーマンスの堅牢性を確認するためのデータ、あるいは物理サーバから仮想マシンへの移行によってアプリケーション パフォーマンスも飛躍的に向上したかどうかを知るためのデータなど、必要なデータがすぐに手に入ります。

図 3 アプリケーション パフォーマンスのトラブルシューティング ワークフロー

図 3 アプリケーション パフォーマンスのトラブルシューティング ワークフロー
※画像をクリックすると、大きな画面で表示されますpopup_icon

  • 設計が一新された GUI がもたらすシンプルなモニタリングとトラブルシューティング:Cisco NAM の新しい GUI には、ネットワーク パフォーマンスの概要を総合的にグラフィカルに表示する、設定済みのダッシュボードが含まれているため、すべてが適切に機能しているかどうかや、問題が起こり始めていないかどうかを即座に把握できます。また、コンテキスト対応ナビゲーション、インタラクティブ レポート、ワンクリック パケット キャプチャなどの役立つ機能を備えたワークフローも含まれています(図 3)。NAM の GUI により、問題解決までの時間だけでなく、この製品について知るための時間も短縮できるため、新たなビジネス構想を進めるための時間を増やすことが可能になります。
  • ワン ボックス内での NetFlow とパケット データ分析により、比類のないレベルの広さと深さを提供:NetFlow とパケット データが互いに補完し合うことで、ワン ボックス内で強力なモニタリング ソリューションが提供されます。さらに強化された NetFlow のレポート機能により、誰がネットワークを使用しているのか、どのアプリケーションを使用しているのか、どれだけの帯域幅が使用されているのかといった、トラフィック使用に関する情報を幅広く確認できます。調査が必要なトラフィックを突き止め、パケットベースのデータを使用して「より深部への探査」を行うことで、パフォーマンスを低下させている問題を迅速に見きわめて対処できます。
  • パフォーマンス データベースで過去の事例を振り返る:Cisco NAM に組み込まれたパフォーマンス データベースが、計算された履歴データを保存するので、過去の事例を振り返って、あるイベントが発生した際にネットワークで何が起こったかを知ることができます。異常なイベントは、発生した後そのまま忘れ去られてしまうことが非常に多いものです。しかし、Cisco NAM のパフォーマンス データベースを使用すれば、過去の事例を振り返り、その事実を見きわめ、問題を早期に解決できます。
  • NetFlow バージョン 9 データ エクスポートによって拡張されたネットワーク レポート:この新機能では分析結果を標準フォーマットにエクスポートすることで、計算された NAM データをすでにお持ちの社内またはサードパーティのレポート作成アプリケーションに入力することができます。これにより、付加価値を高め、既存の投資を増強することができます。
  • サイトベースのモニタリングによる柔軟なレポート作成:この機能により、論理グループ別、またはネットワーク トポロジをミラーリングするために作成したサイト別に、ネットワークおよびアプリケーションのパフォーマンスを確認できます。たとえば、地域別、部門別、または管理している顧客のネットワーク別にサイトを作成し、サイトごとにパフォーマンス データを確認できます。これにより、アプリケーションのパフォーマンス状況を、グローバルとローカルの両方の視点で簡単に参照できるようになります。
  • Network-Based Application Recognition(NBAR)により、アプリケーション識別の安定性が向上:Cisco NAM は、アプリケーションの検出および識別用にシスコが独自開発したアプリケーション分類テクノロジーの NBAR によって生成される標準的なアプリケーション識別子をサポートします。これにより、シスコ ネットワーク内でのアプリケーション認識が安定し、ユーザ エクスペリエンスがよりシンプルなものになります。
  • Packet Capture Error Scan によって問題を迅速に検出:Cisco NAM の Packet Capture Error Scan 機能により、パケットレベルの異常が検知され、根本原因の分析がより迅速に行われて、「干し草の山の中から針 1 本を捜すような」手作業のパケット データの調査を回避できます。

Cisco NAM 2200 シリーズ アプライアンスの機能と利点


Cisco NAM は、ネットワーク パフォーマンスに対するマルチレイヤの可視性をもたらすことで、アプリケーション提供に関するさまざまな課題を抱えた今日のハイパーコネクテッド ワールドにおいても適切にナビゲートできるさまざまな機能(表 1)を提供します。これらの機能は「知ること」の基盤になり、ネットワークおよびアプリケーション パフォーマンスの管理と改善における優位性をもたらします。

表 1 Cisco NAM 2200 シリーズ アプライアンスの機能と利点

機能 利点
導入における柔軟性 Cisco NAM アプライアンスはすべての機能を備えたデバイスなので、ネットワークのどの箇所にでも導入し、重要なアプリケーション トラフィックをモニタすることができます。また、導入後に設置場所を変更して新たな要求をサポートすることも可能なため、投資保護を継続できます。
アプリケーション パフォーマンス インテリジェンス TCP ベースのアプリケーションに対する、トランザクションを意識した分析を表示することでエンド ユーザ エクスペリエンスの特徴を示し、アプリケーションの応答時間にかかわる問題がネットワーク、サーバ、アプリケーション自体のいずれにあるのかを特定します。
きめ細かなトラフィック分析 重要なネットワーク リソースを使用するホスト、カンバセーション、アプリケーションに関する、短期および長期のパフォーマンス データを表示します。
包括的な音声品質モニタリング Mean Opinion Score(MOS; 平均オピニオン評点)や、ジッタ、パケット損失などの重要なパフォーマンス インジケータ(KPI)に関するきめ細かなレポートを集積することで、音声サービスの提供についてエンド ユーザがどのように感じているかを把握し、エクスペリエンスを改善することができます。
履歴分析 Cisco NAM のパフォーマンス データベースを使用して過去の事例を振り返ることで、ネットワーク パフォーマンスを低下させたイベントが発生した際に何が起こったかを把握し、問題解決時間を短縮することができます。
WAN のために最適化されたネットワークに対する可視性 WAAS がどの程度アプリケーション提供を向上させたか(アプリケーション遅延の減少など)を示す、エンドツーエンドのプルーフ ポイントを得ることができます。
深い洞察をもたらすパケット キャプチャ トリガベースのキャプチャ、フィルタ、デコード、Packet Capture Error Scan などのキャプチャ機能を使用して、トラブルシューティングの俊敏性を高めます。
Virtual Switching System(VSS; 仮想スイッチング システム)展開のモニタリング VSS 環境内の両方の仮想スイッチをモニタすることで、管理オーバーヘッドを抑えながら運用効率を高めることができます。
Nexus 1000V 展開に対する可視性 仮想マシン間のインタラクションや仮想インターフェイスを含めた、仮想マシン(VM)ネットワークに対する可視性を得ることで、Cisco Nexus 1000V スイッチ環境の運用管理を簡略化します。vMotion の動作によって中断されることなく、VM をモニタします。
導入前後のメトリック 導入前後のトラフィック分析にかかわる有益なデータを収集することで、新規アプリケーションの導入、QoS ポリシーの確立、サーバの統合、VoIP の導入など、ネットワーク リソースの変更を計画および検証する際に役立てることができます。
オープンなインターフェイス 規格に基づいた API(設定用に XML/REST、データ エクスポート用に NetFlow バージョン 9)を使用することで、NAM の設定と計算済み NAM データのエクスポートが容易になります。
いつでもどこでもアクセス可能 組み込みのトラフィック アナライザの Web インターフェイスに、どのデスクトップからでもアクセスできます。これにより、リモート サイトにスタッフを派遣したり、WAN 接続経由で大量のデータを中央サイトに送信したりする必要がなくなります。


製品仕様


表 2 に製品の仕様を示します。

表 2 製品仕様

NAM 2204 の機能 説明
シャーシ 1 ラック ユニット(RU)(4 ポスト ラック マウント付き)
プロセッサ Intel E6400 Core 2 Duo
メモリ 8 GB SDRAM
ハード ディスク ドライブ 2 個の 250 GB SATA サーバ グレード
モニタリング ポート 4 個の 1 Gb 10/100/1000Base-T RJ-45 または 4 個の 1 Gb Small Form-Factor Pluggable(SFP)(1000BASE-T、SX LC コネクタ、および LX LC コネクタを含む)
管理ポート 10/100/1000 RJ-45
物理寸法 寸法(高さ×幅×奥行):4.3 x 43.2 x 50.8 cm(1.7 x 17.0 x 20.0 インチ)、ベゼルまたは取り付け用ハードウェアは奥行きに含まれません
消費電力 350 W(最大出力、電源定格)
発熱量 1660 BTU/時
重量 15.9 kg(35.0 ポンド)
動作環境
  • 動作温度:10 〜 35 °C(50 〜 95 °F)
  • 非動作時温度および保管温度:-40 〜 70 °C(-40 〜 158 °F)
  • 非動作時相対湿度:95%(+35 °C において結露しないこと)
  • 動作高度および非動作時高度:2,000 m(40 °C)
NAM 2220 の機能 説明
シャーシ 2 RU(4 ポスト ラック マウント付き)
プロセッサ 2 個の Intel Xeon E5440 Quad Core
メモリ 16 GB SDRAM
ハード ディスク ドライブ 6 個の 146 GB SAS、ホットスワップ可能、RAID 1(2 個のオペレーティング システム ドライブ)、RAID 0(4 個のキャプチャ データ ストレージ ドライブ)
モニタリング ポート 2 個の 10 Gb XFP(10 Gb 850 nm SR および 10 Gb 1310 nm LR を含む)
管理ポート 10/100/1000 RJ-45
物理寸法 寸法(高さ×幅×奥行):8.8 x 43.2 x 50.8 cm(3.54 x 17.0 x 20.0 インチ)、ベゼルまたは取り付け用ハードウェアは奥行きに含まれません
消費電力 600 W(最大出力、電源定格)
発熱量 1200 BTU/時
重量 20.3 kg(44.7 ポンド)
動作環境
  • 動作温度:10 〜 35 °C(50 〜 95 °F)
  • 非動作時温度および保管温度:-40 〜 70 °C(-40 〜 158 °F)
  • 非動作時相対湿度:50 〜 90%(+35 °C において結露しないこと)
  • 動作高度および非動作時高度:3,000 m(40 °C)
全 NAM アプライアンス 説明
試験済みプラットフォーム Cisco Catalyst 4500 シリーズ、Catalyst 6500 シリーズ、Cisco 7600 シリーズ、Cisco Nexus 7000 シリーズで試験済みです。適用される制限事項については、NAM 5.0 のリリース ノートをご覧ください。
サポートされているトポロジおよびデータ ソース
  • LAN:Switched Port Analyzer(SPAN; スイッチド ポート アナライザ)、Remote SPAN(RSPAN)、Encapsulated RSPAN(ERSPAN)、VLAN アクセス コントロール リスト(VACL)ベースのキャプチャ、NetFlow(バージョン 1、5、6、7、8、9)、WAAS Flow Agent
  • WAN:ローカルおよびリモート デバイスからの NetFlow(バージョン 1、5、6、7、8、9)、FlexWAN/Optical Service Module(OSM; オプティカル サービス モジュール)と Shared Port Adapter(SPA; 共有ポート アダプタ)インターフェイス用の VACL ベースのキャプチャ、WAAS Flow Agent
サポートされているインターフェイス
  • 組み込みの Web ベースの Cisco NAM トラフィック アナライザによる HTTP/HTTPS
  • 標準準拠アプリケーションによる Simple Network Management Protocol Version 1(SNMPv1)、v2c、v3
NAM トラフィック アナライザ
  • NAM ソフトウェア 5.0
  • Web ベース:Microsoft Internet Explorer 8.0 以降または Firefox 3.6 以降が必要、英語と日本語の両バージョンをサポート
  • Secure Sockets Layer(SSL)セキュリティ(256 ビットまでの暗号化)をサポート
  • ロールベースのユーザ許可と認証(ローカルで、または TACACS+ を使用)
MIB Cisco NAM は標準に準拠し、次の主要な MIB グループをサポートしています。
  • MIB-II(RFC 1213) - Exterior Gateway Protocol(EGP)および伝送を除くすべてのグループ
  • RMON(RFC 2819) - アラームおよびイベント グループのみ
  • RMON2(RFC 2021) - trapDestTable のみ
  • Cisco Discovery Protocol
  • EntityMIB(RFC 2737)
全 NAM アプライアンス 説明
プロトコル Cisco NAM は、多数の固有のプロトコルを識別し、未知のプロトコルを自動的に検出します。また、NAM では、プロトコルを単一のポートまたは一定の範囲のポートで定義することで、プロトコル エンジンのカスタマイズが可能です。サポートされているプロトコルには、以下のようなものがあります(すべてが記載されているわけではありません)。
  • TCP および User Datagram Protocol(UDP)over IP(IPv6 を含む)
  • HTTP および HTTPS
  • VoIP(Skinny Client Control Protocol(SCCP)、Real-Time Protocol/Real-Time Control Protocol(RTP/RTCP)、Media Gateway Control Protocol(MGCP)、Session Initiation Protocol(SIP)など)
    SigTran プロトコル
  • モバイル IP プロトコル(General Packet Radio Service(GPRS)トンネリング プロトコル(GTP)を含む)
  • ストレージ エリア ネットワーク プロトコル
  • データベース プロトコル
  • ピアツーピア プロトコル
  • スイッチおよびルータ プロトコル
  • シスコ独自のプロトコル
  • TCP/UDP ポートによる未知のプロトコル、Remote Procedure Call(RPC; リモート プロシージャ コール)プログラム番号など
認定および適合規格 適合規格:
  • CE マーキング(89/366/EEC および 2006/95/EC)
安全性:
  • UL 60950-1
  • CAN/CSA-C22.2 No. 60950-1
  • EN60950-1
  • IEC 60950-1
  • AS/NZS 60950-1
EMC:
  • 47CFR Part 15 Class A(FCC 規制)
  • AS/NZS CISPR22 Class A
  • CNS13438 Class A
  • EN55022 Class A
  • ICES003 Class A
  • VCCI Class A
  • EN50082-1
  • EN61000-6-1
  • EN55024
  • EN61000-3-2
  • EN61000-3-3
  • CISPR2


保証に関する情報


保証については、Cisco.com の製品保証 [英語] のページを参照してください。

発注情報


シスコ製品の購入方法については、「購入案内」を参照してください。製品番号については、表 3 をご覧ください。ソフトウェアをダウンロードするには Cisco Software Center にアクセスしてください。

新しく Cisco NAM を購入されるお客様は、Cisco NAM デバイスを注文される際のソフトウェア オプションとして NAM ソフトウェア 5.0、製品番号 NAM-APPL-SW-5.0 をご選択ください。このソフトウェアをあらかじめインストールした NAM ハードウェアをお届けします。現在 Cisco NAM をお持ちのお客様は、Cisco SMARTnet® 契約のアクセス権限を使用して、Cisco.com の Software Center から NAM ソフトウェア 5.0 を無料でダウンロードしていただけます。

表 3 発注情報

Cisco NAM 2204-RJ45 アプライアンス 製品番号
Cisco NAM 2204 アプライアンス、4 個の 1 ギガビット イーサネット、RJ-45 NAM2204-RJ45
Cisco NAM ソフトウェア 5.0 NAM-APPL-SW-5.0
Cisco NAM 2204-SFP アプライアンス 製品番号
Cisco NAM 2204 アプライアンス、4 個の 1 ギガビット イーサネット、SFP NAM2204-SFP
1000BASE-T SFP(スペア用) GLC-T(=)
GE SFP、LC コネクタ SX トランシーバ(スペア用) GLC-SX-MM(=)
GE SFP、LC コネクタ LX/LH トランシーバ(スペア用) GLC-LH-SM(=)
Cisco NAM ソフトウェア 5.0 NAM-APPL-SW-5.0
Cisco NAM 2220 アプライアンス 製品番号
Cisco NAM 2220 アプライアンス、2 個の 10 ギガビット イーサネット NAM2220
ハード ディスク ドライブ 6 個(146 GB) NAM2220-HDD-6X146G
RAM DIMM、16 GB NAM2220-DIMM-16GB
第 2 AC 電源 NAM2220-AC-PS(=)
XFP、10 GE、短距離(スペア用) XFP-10GBASE-SR(=)
XFP、10 GE、長距離(スペア用) XFP-10GBASE-LR(=)
Cisco NAM ソフトウェア 5.0 NAM-APPL-SW-5.0


シスコのサービス


シスコのサービスは、ネットワーク、アプリケーション、およびそれらの利用者の連携を強化します。ネットワークは今、人、情報、アイデアのより高度な統合を必要とする世界において、戦略的プラットフォームとなっています。製品とサービスを組み合わせ、ビジネス ニーズと機会に沿ったソリューションを形成することによって、ネットワークをより効果的に利用することができます。

サービスに対するシスコ独自のライフサイクル アプローチでは、ネットワークのライフサイクルの各段階で必要なアクティビティを定義し、優れたサービスの確約を支援しています。シスコと優れたパートナーのネットワーク、そしてお客様の力を結合するコラボレーティブなサービス提供により、シスコは最高の成果を達成します。

関連情報


Cisco NAM 2200 シリーズ アプライアンスの詳細については、http://www.cisco.com/jp/go/nam/ をご覧いただくか、最寄りの代理店までお問い合わせください。E メールで Cisco NAM 製品マーケティング グループ(nam-info@cisco.com)までお問い合わせいただくこともできます。