Cisco Server Provisioner

イントロダクション


サーバのプロビジョニングを自動化

Cisco Server Provisioner を使用すると、ラックサーバやブレードサーバへのオペレーティング システムやハイパーバイザのインストール作業の自動化が実現できます。このソフトウェアは、「ベア メタル プロビジョニング」と呼ばれるプロセスを実行します

プロビジョニングの自動化には以下のような利点があります。

  • 作業時間の短縮と手動作業によるエラーの削減を実現
  • 導入をスピードアップ
  • 運用コストを削減
  • 拡張性の向上
  • ハードウェア使用率とサーバ動作の予測性を向上

混在環境でプロビジョニングを実行

Cisco Server Provisioner は一般的な OS やハイパーバイザ アーキテクチャおよびその各製品独自の特長的な機能をサポートしており、一貫して正確なプロビジョニングを実現しています。Cisco Server Provisioner は以下のソフトウェアをサポートしています。

  • Red Hat:Red Hat Enterprise Linux、CentOS、Fedora
  • Microsoft:Windows Server 2008 R2、Windows 7、Windows Server 2003、Windows XP
  • VMware:ESXi、ESX
  • Debian ベース:Debian、Ubuntu
  • SUSE ベース:Novell SUSE Linux Enterprise Server(SLES)、openSUSE

規模の大小や異種混合環境であるかどうかにかかわらず、データセンターの全体的な効率性を向上させることが可能です。このプロビジョニング支援ソフトウェアを使用すると、サーバやブレードの管理、バックアップ、再利用をすばやく一貫して行うことができます。

お問い合わせ