CiscoWorks Internetwork Performance Monitor

イントロダクション

注意: 本製品は既に生産/販売を終了しております。


 CiscoWorks Internetwork Performance Monitor (IPM) は、ネットワーク応答時間およびアベイラビリティのトラブルシューティングアプリケーションです。このツールにより、ネットワークエンジニアはリアルタイムレポートや履歴レポートを利用して、過負荷や遅延といったネットワークパフォーマンスについての予防的なトラブルシューティングが可能になります。

 企業のネットワークは、規模、範囲、戦略的重要性がますます大きくなっています。そのため、ネットワーク管理者はネットワークのパフォーマンスおよびアベイラビリティを維持管理するための多くの課題に直面しています。応答時間パターンの分析、およびリアルタイムのパフォーマンスレポートや履歴レポートといった機能が、今日の企業ネットワークにおいて最優先の要件となっています。

 IPM は、ネットワーク応答時間およびアベイラビリティの事前測定(リアルタイム分析および履歴分析を含む)によって、これらの要件を満たします。IPM はシスコが提供する企業ネットワーク管理ツールである CiscoWorks ファミリの一部になっており、企業ネットワーク全体についてのパフォーマンス監視ソリューションを提供します。また Web 標準を利用して、他の CiscoWorks 製品とデバイスのインベントリ情報を共有することもできます。

 IPM を使用して、ネットワーク管理者はパフォーマンスの問題を切り離し、ボトルネックを探し出し、遅延やジッタを診断し、ネットワークのパフォーマンス傾向を識別することができます。IPM により、ネットワーク管理者はパスおよびホップのパフォーマンス分析を実行することができ、これにより、ネットワークパフォーマンス問題の原因となっているネットワークデバイスを簡単に識別できます。IPM は 2 つのネットワークデバイス間で使用されるネットワークパスを特定し、それぞれのパスにおける各ルータホップの応答時間を表示することができます。

 さらに IPM は、SNA と IP ネットワーク間についての優れたパフォーマンス監視ソリューションも提供します。ネットワーク管理者はリアルタイムの応答時間データを集めたり、長期トレンド情報を調べることができるため、ネットワークパフォーマンスの診断と管理における推測的な判断がなくなり、ユーザーに対して一定レベルの応答時間を提供することができます。

 IPM バージョン 2.1 は、CiscoWorks Routed WAN Management Solution のなかのネットワーク管理アプリケーションの 1つとして提供され、Sun Solaris サーバ、Sun Solaris アプリケーションで実行することができます。

イメージ

製品資料

お問い合わせ