コラボレーション

Cisco Unified Intelligence Suite 7.5


注意 :本製品は既に生産/販売を終了しております。本製品を含むシリーズ全体については Cisco Unified Intelligence Center をご覧ください。

 

データ シート





Cisco Unified Intelligence Suite 7.5



シスコ ユニファイド コミュニケーションは、固定/モバイル ネットワーク上の音声、ビデオ、データ、およびモバイルのアプリケーションを一つにまとめて、いつでもどこからでも容易にコラボレーションを実現するソリューションです。

製品の概要

シスコ ユニファイド コミュニケーション プラットフォームは、お客様が音声、Web、電子メール メッセージング、ビデオなどのさまざまなチャネルを通して、単純なトランザクションをユニークで内容の充実した顧客中心サービスに進化させることを可能にし、従来のコンタクト センターを超えた顧客ケアを実現します。このような新しい形態のコミュニケーションでは、顧客サービス レベルを確実に維持するために正確なレポート作成が不可欠です。必要なときにいつでも、どこからでも正しいデータにアクセスできることが重要です。

Cisco Unified Intelligence Suiteは、直感的であると同時に柔軟性のある高度なレポート処理プラットフォームであり、オプションとして提供されます。どのようなリソースを使用するかに関係なく、すべてのチャネルのあらゆるコンタクトに関する詳細なレポートを 1 つのインターフェイスから作成できます。

Cisco Unified Intelligence Suiteは、堅牢で拡張性の高い Web 2.0 フレームワークを基盤としており、お客様は従来のコンタクト センターのレポート処理の範囲を拡大し、情報ポータルを通して実質的にあらゆるソースのデータを簡単に統合し、組織全体で共有できます。

機能と利点

Cisco Unified Intelligence Suiteは、最先端のオープン プラットフォームです。エンタープライズのあらゆる面について、安全性の高い独自の情報を提供し、任意のレベルで個々のコンタクトの詳細を取得できます。
このスイートを構成するコンポーネントは、Intelligence Center Premium とデータ リポジトリのアーカイバの 2 つです。

Intelligence Center Premium

Intelligence Center Premium は、インテリジェンス スイートの基盤を構成する Web ベースのグラフィカル ユーザ インターフェイスです。使いやすいウィザード ベースのアプリケーションによって、リアルタイム レポートおよび履歴レポートの機能を提供します。インタラクティブなグリッド、XSLT(XML Stylesheet Language Transformations)、チャート、ゲージ、RSS(Really Simple Syndication)フィードなど、さまざまな表示形式を選択することができます(図 2)。さらに、表示するカラムを選び、必要に合わせて順序の指定、フィルタ基準の適用、値の書式設定、カラム名の変更を行うことにより、レポートの内容を選択できます。

ダッシュボードでは、複数のオブジェクトをグループ化し、コンタクト センターに関する統計を一目で包括的に把握できます(図 1)。

図 1 シスコ ユニファイド インテリジェンス スイート

図 1 Cisco Unified Intelligence Suite


管理者は、個々のユーザまたはユーザ グループに権限を付与することで、機能、レポート、およびデータへのアクセスを制御できます。管理者はユーザまたはグループに対して、データが存在するタイム ゾーン、言語、その他のインターフェイス設定を定義したデフォルト値を決定します。

この製品のいくつかの機能を使用することで、Cisco Unified Intelligence Suite プラットフォームを拡張して、従来のコンタクト センターにおけるレポート作成の範囲を超え、エンタープライズ全体の情報ポータルへと進化させることができます。新しい種類のソースから入手したデータを使用して、ビジネスの効率と実効性を向上させることができます。たとえば、RSS フィードを使用して業界関連データのリアルタイム ストリームを購読したり、ネットワークの任意の場所からデータを発行して、コンタクト センターにおける状況の変化についてリアルタイムでデータを提供します。また、HTML post を使用して外部の Web ページからライブ コンテンツを取り込んだり、独自の Web ページを設計して、エンタープライズ内のあらゆるリソースについてリアルタイムの統計を示す概略図を表示できます(図 1)。

これらは、Cisco Unified Intelligence Suiteで使用できるツールのほんの一部です。表 1 は、高度な機能の全一覧です。

表 1 Cisco Unified Intelligence Suiteの機能と利点

機能 利点
データ ソース ウィザード このウィザードを使用すると、カスタム データ ソースを追加することによってCisco Unified Intelligence Suiteを進化させ、あらゆるリレーショナル データに関するレポートを作成できる汎用ビジネス インテリジェンス ツールにすることができます。
パーマリンク パーマリンクを使用すると、レポートを独立した URL として公開して、他の Web ページ、電子メール メッセージ、インスタント メッセージ、およびドキュメントからアクセスすることができます。
クエリ文字列パラメータ パーマリンク(レポートの URL)にフィルタ パラメータを渡して、レポートを動的に生成できます。この機能は、カスタマイズしたレポートを他のシステムに統合する場合に便利です。たとえば、カスタム エージェント デスクトップでアクティブなエージェントの ID を渡すことにより、そのエージェントのデータだけを表示できます。
XML 統合 この機能は、パーマリンクを公開してレポート データをエンドポイントとして XML 形式で提供し、他のシステムで使用できるようにします。これにより、レポート データを使用して外部プログラムに入力パラメータを渡すことが可能になります。
高度な Excel 統合 Excel の「Web クエリから外部データを取り込み」機能を使用してCisco Unified Intelligence Suiteのレポートにアクセスし、クエリを実行できます。レポート設計者はこの機能を使用することにより、大量で複雑な Excel のワークシートやファイルを自動処理するためのマクロを作成できます。
XSLT と WYSIWYG(What You See Is What You Get) XSLT を使用すると、レポート データの表示をすべて制御できます。高度な Web 2.0 テクノロジーを利用することで、JavaScript を使用して他のアプリケーションやシステムを起動する関数を XSLT に含めることもできます。これにより、レポートの表示に他のアプリケーションとの相互運用やインターフェイスを含めることができます。
SQL(Structured Query Language)Query SQL Query を使用すると、Cisco Unified Intelligence Suiteにカスタム SQL クエリを直接入力して、新規レポートを作成できます(サードパーティのレポート作成ソフトウェアは不要になります)。この機能には、SQL Server が接続されたサーバを使用して、1 つのレポート内でデータベースを相互リンクする機能が含まれています。
RSS RSS 機能は、履歴レポート データを HTML 形式の RSS フィードで公開します。これは、任意の RSS 2.0 リーダーで読み込むことができます。外部の RSS フィードを、Cisco Unified Intelligence Suiteでレポートおよびダッシュボードとして使用することもできます。
ストアド プロシージャ

この機能により、SQL クエリの代わりに独自の Microsoft SQL ストアド プロシージャをレポートのデータ ソースとして使用できます。Cisco Unified Intelligence Suiteを視覚的にわかりやすいフロントエンドとして使用して、カスタム ストアド プロシージャを呼び出し、データ入力処理を実行したり、一般的な操作として、ストアド プロシージャから利用できる任意の関数を使用することができます。

HTML post HTML post を使用すると、Cisco Unified Intelligence Suiteのダッシュボードまたはレポート内に他の Web ページや Web サイトを取り込むことができます。
レポートのインポート この機能を使用すると、Cisco Unified Intelligence Suiteのレポート テンプレートを XML ファイルとしてエクスポートできます。他の顧客、パートナー、およびシスコから受け取った新しいレポート テンプレートをエクスポートおよびインポートすることができます。


図 2  	XSLT とインターネット フィードの使用

図 2 XSLT とインターネット フィードの使用


Archiver

Archiver は外部の Microsoft SQL Server データ リポジトリであり、Cisco Unified Intelligence Suiteに優れた拡張性と柔軟性をもらたします。Archiver には、サードパーティの Automatic Call Distributor(ACD; 自動着呼分配機能)や独自の顧客データベースなど、複数のソースのデータを統合する機能と、統合したデータを週、月、および年の間隔で要約する機能があります。これらの機能により、レポート処理のすべてのニーズに対して 1 つのインターフェイスを使用し、ディスク領域の使用率を最適化しながら大量のデータに関するレポートを作成することが可能になります。

Archiver フレームワークでは複数のデータ ポイントへの接続ができるので、サードパーティのデータ ソースから直接、「接続してレポート作成」することも、Extract Transform and Load(ETL)レイヤを通してデータを「インポートして変換」することもできます。ETL レイヤを通して統合されたデータは、シスコ コンタクト センターのデータとリンクされて集約され、統合レポート作成に使用できます。 

データ ソースが定義されると、Cisco Unified Intelligence Suiteのすべての機能がそのデータ ソースにも適用されます。これには、カスタム選択リストを作成する機能や、レポート、ダッシュボード、および個々のデータ行へのアクセスを制御する機能が含まれます。

ドリルダウン機能も拡張されて、レポート間にリンクを定義できるようになります。ハイパーリンクを通してレポート間を移動し、ドリルアップ、ドリルダウン、およびドリルアクロスの機能を使用して、異なる 2 つのソースからレポートをリンクすることができます。

製品の機能比較

表 2 に、Cisco Unified Intelligence Suiteと Cisco WebView の機能の比較を示します。コンタクト センターのレポート処理を検討する場合は、これらの製品の違いを理解することが重要です。

表 2 製品の機能比較

機能 シスコ ユニファイド インテリジェンス スイート Cisco WebView
レポート機能
データ ソース 定義可能 ICM/UCCE のみ
リアルタイム レポートおよび履歴レポート
ダッシュボード  
レポートを電子メール送信、印刷、またはエクスポートするスケジュールの設定
定義可能なしきい値
ドリルダウン カスタマイズ可能 事前定義済み
レポート ウィザード  
チャート ウィザード  
個人別保存レポート
フィーチャ セットの制御  
定義可能なユーザ グループ  
ゲージ  
データ コレクション(論理パーティション)  
RSS フィード  
パーマリンク  
サードパーティ データの統合および変換  
複数データ ソースからのレポート作成(外部および統合)  
クエリ文字列パラメータ  
高度な Excel 統合  
XSLT および WYSIWYG  
ストアド プロシージャ  
HTML post  


注:グレーのカラムは高度な統合機能です。シスコはこれらの機能を完全にサポートしていますが、統合に対するサポートを提供すること、およびパフォーマンスへの悪影響がないように対処することは、これらの機能を使用するお客様の責任となります。

システム要件

Cisco Unified Intelligence Suiteには、表 3 に示す 2 種類のサーバが必要です。

表 3 システム要件

製品コンポーネント サーバ要件
Cisco Unified Intelligence Suite Premium Cisco MCS 7845 Media Convergence Server、4 GB RAM、Windows Server 2003
Archiver GEN-50-004 デュアルコアまたはクワッドコア プロセッサ、12 GB RAM、Windows Server Enterprise Edition、SQL Server Enterprise Edition


発注情報

シスコ製品の購入方法の詳細については、「発注方法」(http://www.cisco.com/web/JP/ordering/index.html)および表 4 を参照してください。

表 4 発注情報

製品名 製品番号
Cisco Unified Intelligence Suite IPCE-RPT-ISUITE


シスコ ユニファイド コミュニケーション サービス

シスコ ユニファイド コミュニケーション サービスは、セキュアで復元力のあるシスコ ユニファイド コミュニケーション ソリューションを展開することで、コストの節約と生産性の向上をスピードアップするサービスです。シスコと認定パートナーが提供するサービスはいずれも、固定/モバイル ネットワーク上の音声、ビデオ、データ、およびモバイルのアプリケーションの一本化に関する実証された方法論に基づいています。サービスに対するシスコ独自のライフサイクル アプローチを通して、お客様の真のビジネス優位性確立を加速する、さまざまなテクノロジーを提供します。

関連情報

Cisco Unified Intelligence Suite の詳細については、www.cisco.com/jp/go/ccreports/ を参照してください。

お問い合わせ