Cisco 共有ポートアダプタ/SPA インターフェイス プロセッサ

Cisco 1 ポート チャネライズド STM-1/OC-3 共有ポート アダプタ バージョン 2

データ シート





Cisco 1 ポート チャネライズド STM-1/OC-3 共有ポート アダプタ バージョン 2



今日ビジネスで成功するためには、帯域幅の拡大と機能に富んだサービスの提供により、競争優位性を維持する必要があります。企業顧客へさらに優れたサービスを提供するために、サービス プロバイダーはスケーラブルなソリューションを必要としています。ソリューションはサービスの俊敏性や柔軟性を向上させるだけでなく、ネットワークの複雑性を全体的に軽減し、新たなサービスのプロビジョニングに要する時間を少なくし、総所有コストを削減できることが求められます。Cisco® 1 ポート チャネライズド STM-1/OC-3 共有ポート アダプタ(SPA)バージョン 2 は、アグリゲーション機器の数量、およびエッジ ルータとバックボーン ルータ間に必要な相互接続を大幅に減らし、このようなニーズに応えます。Cisco 1 ポート チャネライズド STM-1/OC-3 SPA は、Cisco 7600、Cisco ASR 1000 および ASR 9000 シリーズ アグリゲーション サービス ルータへ T1/E1 アグリゲーションのサポートを提供します。この SPA は通信会社およびインターネット サービス プロバイダー(ISP)向けに設計され、1 つの OC-3/STM-1 ポートを搭載しています。このポートは、複数のチャネル(SONET 環境の場合は n x T1、T1、フラクショナル T1、または DS-0、SDH 環境の場合は n x E1、E1、フラクショナル E1、または 64 kbps)を設定可能です。


Cisco Interface Flexibility(I-Flex)アプローチにより、SPA と SPA インターフェイス プロセッサ(SIP)を 1 つにまとめ、拡張性の高い設計によりデータ サービス、音声サービス、およびビデオ サービスの優先順位付けができるようになっています。このモジュラ ポート アダプタは、シスコのルーティング プラットフォーム間で交換可能となっているため、企業およびサービス プロバイダーのお客様は、スロットを効率よく運用できます。Cisco I-Flex の設計は、接続オプションを最大限に活用できるほか、ラインレートのパフォーマンスを提供するプログラマブル インターフェイス プロセッサによる高度なサービス インテリジェンスを備えています。Cisco I-Flex は、サービス提供の迅速化により収益を向上させ、総所有コスト全体を効率的に削減しながら、プレミアム サービスを提供するための豊富なサービス品質(QoS)機能のセットを提供します。このデータ シートには、図 1 に示すように、Cisco 1 ポート チャネライズド STM-1/OC-3 SPA バージョン 2 の仕様が含まれています。

図 1 Cisco 1 ポート チャネライズド STM-1/OC-3 SPA バージョン 2

図 1 Cisco 1 ポート チャネライズド STM-1/OC-3 SPA バージョン 2


製品概要


Cisco 1 ポート チャネライズド STM-1/OC-3 SPA バージョン 2 は SDH フレーミング モードに設定されている場合、63 の独立した E1 チャネルへのチャネル化をサポートします(VC-12 マッピング)。SONET フレーミング モードに設定されている場合、この SPA は 84 の独立した T1 チャネルへのチャネル化をサポートします(VT1.5 マッピングまたは STS-1 への CT-3 マッピング)。

マルチリンク ポイントツーポイント プロトコル(MLPPP)は、ハードウェア内でサポートされ、これにより T1 より大きいリンク アグリゲーションが可能になります。最大 12 の独立した T1 をマルチリンク バンドル内で組み合わせ、1 つの IP リンクのように見せることができます。これによりサービス プロバイダーは、回線および Customer Premises Equipment(CPE; 顧客宅内機器)インフラストラクチャを T3 ファシリティに移行する必要なく、T1 より大きな帯域幅を徐々にプロビジョニングできます。各 SPA では最大 42 のマルチリンク バンドルが設定でき、各バンドルでは 2 つ以上の T1 リンクを設定できます。

ホットスワップ可能でサービス透過的な Online Insertion and Removal(OIR; 活性挿抜)をサポートする Cisco 1 ポート チャネライズド STM-1/OC-3 SPA バージョン 2 は、キャリア カードやその他の SPA に影響を与えることなく、SPA を取り外すことができます。

用途


1 ポート STM-1/OC-3 SPA バージョン 2 では、DS-0/E1 接続から T3/E3 接続へ帯域幅をアップグレードすることでサービスを拡張できます。ルータにインターフェイスを追加する必要はありません。

サービス プロバイダーは導入済みの SDH を使用し、音声回線とデータ回線の両方を顧客宅内へプロビジョニングできます。Cisco 1 ポート チャネライズド STM-1/OC-3 SPA バージョン 2 は、既存の SDH インフラストラクチャを活用し、通信機器とルーティング機器両方の側面からプロビジョニング コストを大幅に削減できます。

サービス プロバイダーは、複数の T1/E1 専用回線を持つ顧客を 1 つの SPA にまとめて接続することができるため、アグリゲーション機器の数量、およびエッジ ルータとリモート ルータ間に必要な相互接続を大幅に削減できます。また、この SPA は単一ルータ(エッジおよびバックボーン)による Point Of Presence(POP)アーキテクチャのサポートも実現します。

ポイントツーポイント プロトコル(PPP)およびフレーム リレーの両方をサポートしているため、Cisco 1 ポート チャネライズド STM-1/OC-3 SPA バージョン 2 では、フレーム リレー ネットワークから SDH ネットワーク上でグルーミングする IP 専用回線による直接接続に簡単に移行することができ、Cisco 7600 シリーズ、ASR 1000 シリーズ、および ASR 9000 シリーズ ルータ上で高帯域幅のフル機能アグリゲーション ソリューションへの移行をシンプル化できます。

一般的な STM-1 アプリケーションを図 2 に示します。

図 2 一般的な STM-1 アプリケーション

図 2 一般的な STM-1 アプリケーション


主な特長とメリット


Cisco 1 ポート チャネライズド STM-1/OC-3 SPA バージョン 2 には、次のようなさまざまな利点があります。

  • T1 へのチャネライズド OC-3、E1 へのチャネライズド STM-1、クリア チャネル T3/E3、サブレート T3/E3、フルレート T1、クリア チャネル E1、チャネライズド T1/E1、およびフラクショナル T1/E1 のサポート
  • 最大 84 の T1(または 3 つの T3)ポート、63 の E1(または 3 つの E3)ポート、または 1024 の n X DS-0 チャネル
  • MLPPP、Multilink Frame Relay(MLFR)など、主要なすべてのカプセル化のサポート
  • フレーム リレー(FRF.12)および MLPPP 上での Link Fragmentation and Interleaving(LFI)のサポート
  • 1 + 1 SONET 自動保護スイッチング(APS)および SDH Linear Multiplexer Section Protection(MSP)プロトコルのサポート

製品仕様


表 1 に、Cisco 1 ポート チャネライズド STM-1/OC-3 SPA バージョン 2 の製品仕様を示します。表 2 に光学パラメータを示します。

表 1 製品仕様

機能 内容
製品の互換性
  • Cisco 7600 シリーズ ルータ
  • Cisco ASR 1000 シリーズ ルータ
  • Cisco ASR 9000 シリーズ ルータ
最小ソフトウェア バージョン
  • Cisco 7600 シリーズ ルータ:Cisco IOS® ソフトウェア リリース 15.4(2)S および Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.12.0.0S
  • Cisco ASR 1000 シリーズ ルータと Cisco IOS XE ソフトウェア リリース 3.12.0、3.11.2、および 3.10.3
  • Cisco ASR 9000 シリーズ ルータと Cisco IOS XR ソフトウェア リリース 5.2.0
プロトコル シリアル カプセル化:
  • HDLC
  • PPP(ポイントツーポイント プロトコル)、RFC 1662
  • フレーム リレー、RFC 1490
マルチリンク サポート(バンドル当たりのリンク数によるバンドル制限、バンドル当たり最大 12 のリンク)
  • マルチリンク PPP(MLPPP)、RFC 1990
  • フレーム リレー(FRF.12)および MLPPP 上での Link Fragmentation and Interleaving(LFI)
ネットワーク プロトコル:
  • IPv4/IPv6
カード、ポート、スロット 1 ポート
接続性 OC-3/STM-1 小型フォーム ファクタ(SFP)光モジュール(表 2 の光パラメータを参照してください)
特長および機能 最大 84 の T1 ポート(または 3 つの T3 ポート)、63 の E1 ポート(または 3 つの E3 ポート)
最大 1022 の n X DS-0 チャネル(n は 1 〜 24)(T3 ポートの設定なし)
最大 400 の n X DS-0 チャネル(n は 1 〜 24)(1 つまたは複数の T3 ポートを設定)
T1 へのチャネライズド OC-3、E1 へのチャネライズド STM-1、クリア チャネル T3/E3、サブレート T3/E3、フルレート T1、クリア チャネル E1、およびチャネライズド T1/E1 のサポート
SONET 多重化:
  • OC-3 <-> STS-3 <-> STS-1 <-> VTG <-> VT1.5 <-> T1 <-> N x DS-0
  • OC-3 <-> STS-3 <-> STS-1 <-> T3 <-> T1 <-> N x DS-0
  • OC-3 <-> STS-3 <-> STS-1 <-> T3
  • OC-3 <-> STS-3 <-> STS-1 <-> T3 <-> E1 <-> n x DS-0
SDH 多重化:
  • STM-1 <-> AUG <-> AU-4 <-> VC-4 <-> TUG-3 <-> TUG-2 <-> TU-12 <-> VC-12 <-> E1 <-> n x DS-0
  • STM-1 <-> AUG <-> AU-4 <-> VC-4 <-> TUG-3 <-> TU-3 <-> VC-3 <-> T3/E3
  • T1 または E1 ごとに単独選択可能な内部または回線(ループ)クロッキング
ループバック機能:
  • T3 および T1 レベルのローカルおよびリモート ループバック
  • STM-1/OC-3、T3/E3、および T1/E1 レベルのネットワーク ループバック
  • 埋め込まれたループバック コマンドへの応答
  • 送信された信号へのループバック コマンドの挿入
  • チャネル単位のビット エラー レート テスト(BERT)パターンの生成および検出
  • 最大 32 ビット長のプログラマブル擬似乱数パターン
  • T3/E3:すべて 0、すべて 1、215、220、220 QRSS、223、交互の 0 と 1、1-in-8、および 3-in-24
  • T1/E1:すべて 0、すべて 1、211、215、220、220 QRSS、223、交互の 0 と 1、1-in-8、および 3-in-24
  • 32 ビット エラーカウントとビットカウント レジスタ
  • 最大 10-2 のビット エラー レートによるテスト パターンの検出
  • エラー統計と障害数を保持するための 15 分間隔の 24 時間の履歴
  • 16 および 32 ビットの巡回冗長検査(CRC)。デフォルトは 16 ビット
SONET/SDH-specific の機能:
  • G.707、G.783、G.784、G.957、G.958、および GR-253 準拠
  • SONET/SDH アラームおよびシグナル イベントのサポート:
    • 信号損失ビット エラー レート(SF-BER)
    • 信号劣化ビット エラー レート(SD-BER)
    • 信号ラベル ペイロード構築(C2)
    • パス トレース バイト(J1)
  • セクション
    • 信号損失(LoS)
    • フレーム損失(LoF)
    • B1 のエラー カウント
ライン
  • 回線アラーム検出信号(LAIS)
  • 回線リモート障害検出(LRDI)
  • 回線リモート エラー検出(LREI)
  • B2 のエラー カウント
  パス
  • パス アラーム検出信号(PAIS)
  • パス リモート障害検出(PRDI)
  • パス リモート エラー検出(PREI)
  • B3 のエラー カウント
  • ポインタ損失(LOP)
  • 新規ポインタ イベント(NEWPTR)
  • ポジティブ スタッフィング イベント(PSE)
  • ネガティブ スタッフィング イベント(NSE)
  • パス無装備検出信号(PUNEQ)
  • パス ペイロード不一致検出信号(PPLM)
T3-specific の機能:
  • 28 の DS-1 回線または 21 の E1 回線(1 つの T3 に多重化)を装備したチャネライズド T3
  • Digital Link、ADC/Kentrox、Larscom、Adtran、および Verilink のデータ サービス ユニット(DSU)に対してサブレートおよびスクランブリングのフォーマットをサポートする非チャネライズド T3
  • C ビットまたは M23/M13 のフレーミング
  • メンテナンス データ リンク(MDL)
  • T3 遠端アラームと制御(FEAC)チャネルのサポート
  • アラーム モニタリング
  • アラーム表示信号(AIS)
  • フレーム同期外れ(OOF)
  • 遠端側受信障害(FERF)
  • パフォーマンス データ収集:
    • フレーミング ビット エラー(FERR)(F ビットまたは M ビット エラー)
    • P ビット エラー カウント(パスパリティ エラー)
    • C ビット エラー カウント
    • 遠端ブロック エラー(FEBE)カウント
E3-specific の機能:
  • G.751 のフレーミング
  • アラーム モニタリング
  • AIS
  • OOF
  • FERF
  • パフォーマンス データ収集:
    • フレーミング パターン エラー
    • BIP-8 エラー カウント(パスパリティ エラー)
    • FEBE カウント
  • T1-specific の機能:
    • D4 スーパー フレーム(SF)または拡張スーパー フレーム(ESF)のフレーミング
    • ANSI T1.403 および AT&T TR 54016 ファシリティ データ リンク(FDL)のサポート
    • アラーム モニタリング
    • AIS
    • OOF
    • 遠端アラーム障害(黄色または長距離アラーム)
パフォーマンス データ収集:
  • CRC およびビット エラー
  • フレーミング ビット エラー
  • ライン エラー秒数
  • 遠端エラー秒数
  • 遠端重大エラー秒数
  • 遠端無効秒数
E1-specific の機能:
  • ITU-T G.703 および G.704 適合の、CRC4 または非 CRC4 フレーミング
  • アラーム モニタリング
  • AIS
  • OOF
  • リモート アラーム表示(RAI)
  • パフォーマンス データ収集
  • CRC およびビット エラー
  • フレーミング ビット エラー
  • FEBE
信頼性とアベイラビリティ OIR
現場交換可能 SFP 光ファイバ モジュール
1 + 1 SONET 自動保護スイッチング(APS)および SDH Linear Multiplexer Section Protection(MSP)プロトコルのサポート
単一 SPA ソフトウェア リセット
MIB RFC 2558 MIB(SONET/SDH)
RFC 2495 MIB(T1/E1)
RFC 2496 MIB(T3/E3)
ネットワーク管理 簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)
物理仕様 重量:0.34 kg(0.75 ポンド)
高さ:2.03 cm(0.8 インチ)
幅:17.15 cm(6.75 インチ)
奥行:18.49 cm(7.28 インチ)
法規制の遵守 CE マーキング
安全性:UL/CSA/IEC/EN 60950-1、IEC/EN 60825 Laser Safety、AS/NZS 60950、FDA Code of Federal Regulations Laser Safety
EMC:FCC Part 15 Class A、ICES 003 Class A、AS/NZS 3548 Class A、CISPR 22 Class B(最大 1 GHz)、EN55022 Class B(最大 1 GHz)、VCCI Class A、BSMI Class A、EN 300 386 Telecommunications Network Equipment(EMC)、EN50082-1/EN61000-6-1 Generic Immunity Standard、EN55022 Information Technology Equipment(妨害波)、EN55024 Information Technology Equipment(イミュニティ)、IEC/EN61000-3-2 Power Line Harmonics、IEC/EN61000-3-3 Voltage Fluctuations and Flicker、IEC/EN61000-4-2 Electrostatic Discharge Immunity(8 kV 接触放電、15 kV 大気放電)、IEC/EN61000-4-3 Radiated Immunity(10 V/m)、IEC/EN61000-4-4 Electrical Fast Transient Immunity(2 kV 電源線、1 kV 信号線)、IEC/EN61000-4-5 Surge AC Port(4kV CM、2kV DM)、IEC/EN61000-4-5 Surge Signal Port(1 kV)、IEC/EN61000-4-5 Surge DC Port(1 kV)、IEC/EN61000-4-6 Immunity to Conducted Disturbances(10 Vrms)、IEC/EN61000-4-8 Power Frequency Magnetic Field Immunity(30 A/m)、IEC/EN61000-4-11 Voltage Dips, Short Interruptions, and Voltage Variations、GR-1089-CORE NEBS EMC and Safety、GR-63-CORE NEBS Physical Protection、SR-3580 NEBS Criteria Levels(レベル 3)
通信(OC3):GR-253
通信(STM-1):G.783、G.957
環境仕様 動作温度:5 〜 40 °C(41 〜 104 °F)
保管温度:-40 〜 70 °C(-38 〜 150 °F)
動作湿度:5 〜 85 % 相対湿度(RH)
保管相対湿度:5 〜 95 % 相対湿度(RH)


表 2 光学パラメータ

OC-3/STM-1 トランシーバ タイプ 送信出力 最大受信電力、dBm 受信感度、dBm 減衰範囲、dB ステーション間の公称距離
マルチモード(MM)短距離 最小 -20 dBm 〜 最大 -14 dBm(1270 〜 1380 nm の場合) -8 -23 0 〜 7 2 km まで
シングル モード短距離(SR) 最小 -15 dBm 〜 最大 -8 dBm(1260 〜 1360 nm の場合) -8 -23 0 〜 7 2 km まで
シングル モード中距離(IR-1) 最小 -15 dBm 〜 最大 -8 dBm(1261 〜 1360 nm の場合) -8 -28 0 〜 12 15 km まで
シングル モード長距離(LR-1) 最小 -5 dBm 〜 最大 0 dBm(1263 〜 1360 nm の場合) -10 -34 10 〜 28 40 km まで
シングル モード長距離(LR-2) 最小 -5 dBm 〜 最大 0 dBm(1480 〜 1580 nm の場合) -10 -34 10 〜 28 80 km まで


サポートしていない機能


Cisco 1 ポート チャネライズド STM-1/OC-3 SPA バージョン 2 は次の機能をサポートしていません。

  • E3 多重化(チャネライズド E3)
  • MLPPP または MLFR(バンドル内不均衡スピード リンク、または T1 より高速のスピード リンク対応)
  • n x DS-0 チャネル レベルでのループ バック
  • SONET/SDH(PoS)上での非チャネライズド STM-1/OC-3 パケット

発注情報


シスコ製品の購入方法については、購入案内のページを参照してください。表 3 に Cisco 1 ポート チャネライズド STM-1/OC-3 SPA バージョン 2 の発注情報を示します。

表 3 発注情報

製品名 製品番号
1 ポート チャネライズド STM-1/OC-3 〜 DS-0 共有ポート アダプタ バージョン 2 SPA-1CHSTM1/OC3V2
OC-3/STM-1 SFP、マルチモード ファイバ、短距離 SFP-OC3-MM
OC-3/STM-1 SFP、シングル モード ファイバ、短距離 SFP-OC3-SR
OC-3/STM-1 SFP、シングル モード ファイバ、中距離(IR-1) SFP-OC3-IR1
OC-3/STM-1 SFP、シングル モード ファイバ、長距離(LR-1) SFP-OC3-LR1
OC-3/STM-1 SFP、シングル モード ファイバ、長距離(LR-2) SFP-OC3-LR2



サービスとサポート


シスコは、お客様の成功を支援する幅広いサービス プログラムを用意しています。これらのサービスは、スタッフ、プロセス、ツール、パートナーをそれぞれに組み合わせて提供され、お客様から高い評価を受けています。ネットワークへの投資を無駄にすることなく、ネットワーク運用を最適化し、ネットワーク インテリジェンスの強化や事業拡張を進めていただくために、シスコのサービスをぜひお役立てください。シスコ サービスの詳細については、シスコ テクニカル サポート サービス または シスコ アドバンスド サービス を参照してください。

詳細情報


Cisco 1 ポート チャネライズド STM-1/OC-3 SPA バージョン 2 の詳細については、http://www.cisco.com/web/JP/product/hs/ifmodule/spa/index.html を参照するか、最寄りのシスコ代理店にお問い合わせください。