アプリケーション ネットワーキング サービス

Cisco Content Router 4430およびContent Router 4430-B

注意: 本製品は既に生産⁄販売を終了しております。



PDF GetAcro データシート

Cisco Content Router 4430およびContent Router 4430-BインテリジェントなコンテントルーティングによるハイパフォーマンスWebサイトの作成



[目次]
[シスコのコンテントルーティング技術]
[SODAによるHTTPリダイレクション]
[DNSリダイレクション]
[コンテントルータの用途]
[Cisco CR 4430によるエンタープライズCDN]
[CR 4430-Bによるグローバルサーバ負荷分散]
[Cisco CR 4430の仕様]
[物理および環境特性]
[電気特性]
[認定]


 Cisco Content Router 4430(CR 4430)は公衆または専用ネットワーク経由で高度なWebサービスを実現する、コンパクトかつハイパフォーマンスなソリューションです。Cisco ECDN(Enterprise Content-Delivery Network)またはContent Router 1.1ソフトウェアによって、ユーザにファイルを配信するのに最適なコンテントエンジンを判断し、Webブラウザのリクエストをルーティングします。

 Cisco CR 4430は特許を得たルーティング技術に基づき、企業または公衆サービスプロバイダのネットワーク上にある、ネットワークWebサイトの冗長性、スケーラビリティ、およびパフォーマンスを強化します。DNS(Domain Name System)またはHTTP(Hypertext Transfer Protocol)によるリダイレクションを使用することで、Cisco CR 4430は公衆ネットワーク経由で、または企業ファイアウォールによるセキュリティを越えてユーザリクエストをリダイレトします。Cisco CR 4430は、シスコのエンドツーエンドコンテントネットワーキングソリューションの主要コンポーネントのひとつです。
シスコのコンテントルーティング技術

SODAによるHTTPリダイレクション  Cisco SODA(Self-Organizing Distributed Architecture)は、複数のCDNデバイスが1つの協調システムとして自らを自動的に組織化することを可能とするシスコの特許技術です。Cisco CDM(Content Distribution Manager)はネットワークポリシーを定義し、次に帯域幅、ネットワーク輻輳、NAT、および地理的な位置について最適化されたコンテントルーティングテーブルを構築し、そのSODAネットワーク情報を自動的にCisco CR 4430に送ります。ユーザ定義のルールセットに基づき、Webサイト全体を配信することも、コンテンツの一部のみを配信することもできます。デスクトップユーザがWebサイトからCDN対応のコンテンツを選択すると、そのデスクトップブラウザはコンテントルータに接続されます。Cisco CR 4430は送信元IPアドレスに基づいてユーザを識別し、LAN経由で配信できるようにブラウザをCisco Content Engine(CE)デバイスにリダイレクトします。 DNSリダイレクション  Cisco CR 4430-Bは、DNSリクエストを特定のドメイン名にリダイレクトします。コンテントルータは、各ミラーサイトに配置されたCRA(Content Routing Agent)に、コンテントサイトのオリジンサーバのIPアドレス(A-Record)をローカルなDNSサーバに送るよう伝えます。DNSリクエストに対してネットワークから最初に返ってきた応答が採用されるため、このIPアドレスがクライアントに採用され、最初に応答したサーバに接続します。

 Cisco CR 4430-Bの場合、オリジンWebサーバに少なくとも1つのCR 4430-Bを置き、それぞれのミラーサイトごとにCisco CE-500シリーズを配備してCRA機能を実行します。

return to top
コンテントルータの用途

Cisco CR 4430によるエンタープライズCDN  ECDNにCisco CR 4430を導入すれば、リダイレクションがコンテントルータで実行されるため、CDMはネットワークポリシー設定のためのデバイスとして使用できるようになります。その結果、高速なリダイレクションとルーティングが可能になるだけでなく、コンテントポリシーのパフォーマンスがネットワーク全体にわたって向上します。Cisco CR 4430をECDNで使用し、Cisco CSS 11000シリーズ(コンテントサービススイッチ)のレイヤ5-7による負荷分散を行うことで、ユーザのリクエストは常にオンラインのリダイレクションデバイスが受信することになります。1つのECDNネットワークには最大5台までのCisco CR 4430を配備して、アベイラビリティとパフォーマンスをさらに高めることができます(図1参照)。

図1:ECDNコンテントルーティング
図1:ECDNコンテントルーティング CR 4430-Bによるグローバルサーバ負荷分散  コンテントルータの場合、通常、オリジンデータセンタの近くに少なくとも1台のCR 4430-Bまたはバックアップ用コンテントルータを設置し、それぞれのミラーサイトにはCRAなどのハードウェアデバイスを設置します。エージェントは、Cisco Content Engine 500シリーズやCisco CSS 11000コンテントサービススイッチなどの専用プラットフォームに常駐し、将来的にはIPルータに常駐することも可能になります。Cisco CR 4430-BとCRAは対になって、「このコンテントユーザにはどのWebサイトが最適か?」という、ネットワーキングの基本的な質問に回答します。図2の場合、この質問に対する回答が3つのウェブサイトからユーザに送り返され(最初にユーザに到達したサイトが最も近くにある)、3つのウェブサイトのアベイラビリティと負荷を追跡することによって、どのサイトにルーティングするかが決まります。

図2:Cisco CR 4430-Bによるグローバルサーバ負荷分散
図2:Cisco CR 4430-Bによるグローバルサーバ負荷分散
return to top
Cisco CR 4430の仕様
表1にCisco CR 4430の発注情報を示します。

表1:発注情報
パーツ番号 仕様
Cisco CR 4430 HTTPリダイレクションを提供するコンテントルータ(ECDN製品と一緒に使用)
Cisco CR 4430-B DNSベースのリダイレクションを提供するコンテントルータ
プロセッサ 600-MHz PIII
RAM 1 GB
ネットワークインタフェースカード 10/100BaseT
内蔵ストレージ 18 GB
CDM互換性(Cisco CR 4430のみ) Cisco CDM 4650および4630
コンテントスイッチとの互換性 Cisco CSS 11050、11150、および11800
コンテントルーティングエージェント(CRA)(CR 4430-Bのみ)
  • Cache 2.5.1ソフトウェアが稼動するCisco CE-505、CE-550、CE-570、CE-507、CE-560、およびCE-590
  • WebNS 5.0ソフトウェアが稼動するCisco CSS 11000
ラックユニット(RU) 1 RU
ソフトウェアイメージ Cisco CR 4430:ECDN V3.0.1以上
  Cisco CR 4430-B:Cisco CR 4430-B-SW-1.1
物理および環境特性
  • 寸法:43.7×444.5×358.9 cm(1.72×17.5×14.13インチ)
  • 重量:5.7 kg(12.5 ポンド)
  • 動作温度:0~45℃(32~113°F)
  • 保管温度:-25~70℃(-13~158°F)
  • 相対湿度:95%(結露しないこと)
電気特性
  • 入力電圧AC:ユニバーサル入力100-127V、200-240V、50-60 Hz
  • 消費電力:130W(定格)
  • 電流AC:最大2A
認定
  • 安全性:UL 1950、CAS 950、EN60950: GS Mark
  • EMC:FCC Part 15 Class A、EN55022 Class A、EN50082-1、VCCI Class 1
  • 工場認証:UL、TUV、BABT 340

return to top 更新日:2001年8月28日



お問い合わせ