ワールドニュース

ワールドニュース


シスコ、コペンハーゲン国連気候変動会議の公式テクノロジー パートナーに選定

Cisco TelePresence により、世界の気候変動交渉における円滑な議論を支援

  * 当資料は、米国で発表されたニュースリリースの抄訳です。

2009年6月3日、デンマーク コペンハーゲン発

米国シスコ(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ: CSCO、以下シスコ)は本日、2009 年 12 月 7 から18 日の 10 日間、コペンハーゲンで開催される「コペンハーゲン国連気候変動会議(COP15)」の公式テクノロジー パートナーとして、シスコがデンマーク外務省に選定されたことを発表しました。

シスコはデンマーク政府と共に、会議場となる Bella Centre と世界中の都市を接続するため、TelePresence™ システムとネットワーキング ソリューションの導入を進めています。TelePresence を導入することで、政府代表者をはじめ、政府間組織(IGO)や非政府組織(NGO)、報道関係者は、今回の会議で初めて、コペンハーゲンに居ながらにして、自国や他の場所にいる関係者と重要な会議や気候交渉を行うことができるようになります。新システムの導入は、できるだけ環境に配慮し、連携のとれた COP15 の実現を目指すデンマーク政府の取り組みの一環として行われます。Cisco TelePresence はまた、国連と主催国であるデンマークが会議開催前に仮想的な対面式のコラボレーションを行うためにも使用されます。

締約国会議は、国連気候変動枠組条約の締約国が年に 1 度開く会議で、気候変動の問題に対する取り組みの進捗状況を評価するために開催されます。コペンハーゲンで開かれる COP15 会議の目的は、人間の活動によって排出される温室効果ガスの削減に向けて、世界中のすべての国が国際的な合意を結ぶことにあります。

「COP15 では、我々の地球についてさまざまな交渉が行われます。デンマークは、主催国として、その責任の重さを十分承知しています。コペンハーゲンで開催される COP15 で意欲的な合意に達するために、会議に参加するすべての関係者ならびに市民団体の代表者の方々が効率的かつ持続可能な方法で協力できるよう、革新的な手段を見つけることが私たちの大きな望みです。この目標を達成するために、シスコを公式テクノロジー パートナーに迎えられたことを心から喜んでいます」と、デンマーク王国外務省部局長ズベン・オーリン氏は述べています。

Cisco TelePresence は、ネットワークを使って対面によるライブ コラボレーション体験を実現するものであり、かつてない新しいコラボレーションを可能にします。Cisco TelePresence を利用することにより、人々は移動することなく「対面式」のミーティングを仮想的に行うことができ、コンテンツの共有、高品質ビデオの録画やイベントの開催を支援します。これらの機能はいずれも、ネットワークの力を利用して、臨場感あふれる対面式のエクスペリエンスを提供します。デンマーク国内で開かれる COP15 会議の出席者は、Cisco TelePresence を利用して、自国の同僚や関係者と対面でコミュニケーションをとることができます。

「テクノロジーは、世界の環境問題を解決する上で、重要な役割を果たしています。ビデオや仮想化、ユニファイド コミュニケーションなどのイネーブリング テクノロジーは、エネルギーの消費量や出張の必要性を減らし、より効率的で持続可能なライフスタイルの実現に役立ちます。Cisco TelePresence とネットワーキング ソリューションによって、 COP15 の参加者は、環境への影響を最小限に抑えながら、自国の専門家と効率よく連携をとることができ、合意の達成に必要なあらゆる情報を共有することができます」と、シスコ グローバル ポリシー&ガバメント アフェア担当シニア バイスプレジデント兼 EcoBoard 共同議長、ローラ・イプセンは述べています。

シスコは、事業活動、文化、製品、カスタマー ソリューションにおいて、高い水準の環境責任を果たすべく取り組んでいます。シスコは、テクノロジーの力によって、世界の環境対策やエネルギー対策のあり方を変えることができると考えています。社内では、160 カ所以上に 482 ユニットの TelePresence を導入し、出張による温室効果ガス排出量を約 123,000 メトリックトン削減することに成功しました。

デンマーク外務省について

デンマークは、主催国として、国連気候変動事務局と緊密に連携をとり、COP15 開催にあたって実務全般の責任を負っています。デンマーク国内では、デンマーク王国外務省が COP15 に関するロジスティクスおよびコミュニケーションを担当します。詳細につきましては、www.cop15.dk をご覧ください。

COP15 について

COP15 は、国連気候変動枠組条約の第15回年次締約国会議です。詳細につきましては、www.unfccc.int をご覧ください。

シスコシステムズ合同会社について

シスコシステムズ合同会社は、米国シスコ(NASDAQ:CSCO)の日本法人です。シスコは、ビジネスの基盤となるインテリジェントなネットワーキングソリューションから、音声、映像、データ、ストレージ、セキュリティ、エンターテイメントをはじめとする新しい分野、そして、人々の仕事や生活、娯楽、学習のあり方を一変させることのできるネットワーク プラットフォームの提案を目指しています。 シスコの会社概要・詳細は以下のWebサイトでご参照頂けます。
<http://www.cisco.com/jp>

# # #

*Cisco、Cisco Systems、およびCisco Systemsロゴは、Cisco Systems, Inc.またはその関連会社の米国およびその他の一定の国における登録商標または商標です。本書類またはウェブサイトに掲載されているその他の商標はそれぞれの権利者の財産です。「パートナー」または「partner」という用語の使用はCisco と他社との間のパートナーシップ関係を意味するものではありません。(0905R)

お問い合わせ